ファイルストレージ ログイン。 MEGA|無料で50GB使えるオンラインストレージ!容量不足解消にも!

無料で使えるオンラインストレージ18選!容量無制限・登録不要など比較表つき

ファイルストレージ ログイン

Outline• オンラインストレージとは そもそもオンラインストレージとはどんなものなのでしょうか? ここでは、オンラインストレージの特徴について紹介します。 オンラインストレージとは オンラインストレージとは、インターネット上のストレージにファイルやデータを保存することができるサービスのことであり、クラウドストレージとも呼ばれます。 USBメモリーやHDD(ハードディスクドライブ)、SSD(ソリッドステートドライブ)などの機器にファイルを保存してデータを管理するのと同じように、インターネット上のストレージにファイルをアップロードすることでデータを管理することができます。 インターネット上のストレージに保存してファイルを管理するため、インターネットにつながる環境にいる限りどんなデバイスからでもそのファイルを閲覧・編集でき、また自分以外の人とも共同でそのファイルを管理することが可能です。 オンラインストレージ導入のメリット 効率的にデータ管理ができるオンラインストレージは、さまざまなビジネスシーンで活用することが可能です。 ここでは、オンラインストレージを導入する具体的なメリットをいくつか紹介します。 そのため、営業先から情報を確認したいときでも、インターネット環境さえあれば、その情報にアクセスすることが可能となります。 1つのオンラインストレージに情報を集約することができるため、効率的に情報共有をおこなえるようになり、業務の生産性を向上させることが可能となります。 オンラインストレージはデータが自動で保存される仕組みになっているため、バックアップを取る手間を省くことができます。 保存されたデータは、複数人で共有して、同時に作業をすることが可能です。 オンラインストレージ導入のデメリット オンラインストレージにはメリットがあると同時に、デメリットも存在します。 ここで紹介するデメリットを理解したうえで、オンラインストレージを利用するようにしましょう。 導入後の失敗を防ぐためには、事前に機能や操作性を十分に確認し、自社に必要な要件が満たされているのかを確認しましょう。 そのため、トラブルが発生したときに、その原因の解消が遅れてしまうと、業務に支障をきたすことになります。 こういったことを少しでも防ぐためにも、事前に運営会社のデータセンターの管理体制を確認しておきましょう。 また、誤ってデータを第三者に公開してしまう人為的なミスも考えられるため、社員のセキュリティに対する意識を高める必要があります。 無料版オンラインストレージと有料版オンラインストレージ オンラインストレージのなかには、無料で使えるものもあればお金を払って有料で使うものもあります。 ここでは、無料版と有料版のオンラインストレージの違いについて紹介します。 無料版オンラインストレージ 無料で使えるオンラインストレージは、フリーミアムで提供されているものがほとんどです。 容量に制限があったり、保存期間に制限があったりなど、少し使いづらい点もあるかもしれませんが、個人で使う分には十分である場合がほとんどでしょう。 法人で使う場合は少し物足りなく感じてしまうかもしれないので、 有料版を使うためのお試しとして使ってみる方が良いかもしれません。 有料版オンラインストレージ 無料版のオンラインストレージを利用していて、容量が足りなくなったり保存期間が短かったりと、物足りなくなった場合に多くの人や企業は有料版のオンラインストレージへ移行します。 有料版オンラインストレージのなかには、容量が無制限で使えるものやサポート体制が充実しているものなど、多種多様のものがあるので自分に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。 オンラインストレージを導入する際に抑えておきたいポイント トルテオ編集部 ここでは、無料版オンラインストレージを導入する前に抑えておきたいポイントを紹介します。 オンラインストレージサービスによって機能や特徴が異なる場合がほとんどなので、ここで紹介するポイントを切り口にして自分に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。 無料で使える容量 無料版オンラインストレージのなかには、ある程度の容量までは無料で使えて、さらに保存できる容量を増やしたい場合は料金が発生するものもあります。 そのため、あらかじめ各オンラインストレージサービスが無料で提供している保存可能容量を把握しておき、「データを保存しきれなかった」といったが起こらないようにしておきましょう。 有料版の有無 多くの無料版オンラインストレージサービスは、そのまま有料版へ移行することができますが、なかには有料版のサービスを提供していないものもあります。 「自分は無料版だけでいい」と思っていても、もしかしたら容量の追加や機能の追加をしたくなることがあるかもしれません。 そのため、さらに機能や容量を追加することができる余地が残されているのかどうかはあらかじめ把握しておくべきでしょう。 保存期間 オンラインストレージサービスのなかには、ファイルを保存することができる期間に制限があるものがあります。 せっかく保存したファイルが知らない間に消えていたというようなことが起こらないように、あらかじめファイルを保存できる期間をチェックしておきましょう。 スマホアプリ対応 オンラインストレージのなかには、スマホアプリに対応しているものもあります。 通勤電車に乗っているときや営業先へ移動するときなど、パソコンが使いづらい環境にいる場合でも、スマホアプリに対応しているオンラインストレージならスマホでファイルを管理することができます。 そのため、スマホアプリ対応のオンラインストレージの方が便利に使うことができるのではないでしょうか。 会員登録の有無 オンラインストレージのなかには、会員登録をすることなく利用できるものもあります。 手軽に手っ取り早く活用したのであれば、会員登録が必要ないものを選んでみてもいいかもしれません。 容量無制限で使える無料オンラインストレージサービス2選 ここでは、容量無制限で使える無料オンラインストレージサービスを紹介します。 ファイルの容量を気にせずに、無制限にファイルの転送・共有をしたい人におすすめします。 保存容量無制限で、1ファイル当たり2GBまでのファイルをアップロード可能なファイル転送サービス• 登録なしで利用することができ、メールで共有できない大容量のファイルでも気軽に共有することが可能• どこにしようか迷われている方は、ここの中から探してみてもいいかもしれません。 5億人以上のユーザー、30万以上のチームに使われているオンラインストレージサービス• PowerPointやPhotoshopなど、サイズが大きなファイルも容易に共有することができる• ところどころ英語説明のみの箇所があるので、英語を読める方にはおすすめです。 音楽や動画、画像、文書など形式を問わずに簡単にアップロード・共有することができるオンラインストレージサービス• テクニカルサポートが24時間営業しているため、土日や深夜にエラーが起きても対応してくれる• 説明やサポートなど、すべて日本語で対応できるため、安心して利用することができるでしょう。 「ボード」機能が搭載されており、仕事仲間や友達など特定のメンバー間でのファイル共有が簡単にできるオンラインストレージサービス• それぞれのファイルにコメントなどのメッセージを残すことができ、COREDRIVE上だけでやり取りが完結する• ましてや、法人で本格的にオンラインストレージを使いたいとなると、もっと膨大な量のファイルやデータを保存する必要があるでしょう。 さらに保存容量を増やしたい、保存期間を長くしたいといった場合は有料版のオンラインストレージに移行してみるのも良いかもしれません。

次の

KDDI ファイルストレージ: 料金・価格

ファイルストレージ ログイン

また、アップロードされたファイルはすべて暗号化された状態でストレージへ格納されます。 グループ作成・アクセス権設定機能 グループとグループ専用のフォルダを作成し、そのグループに参加しているメンバーのみ、該当のフォルダにアクセスさせることができます。 特定作業時の共有メンバーあてメール通知機能 グループフォルダ単位のファイルアップロード 更新含む 、ダウンロードを契機に通知メールを出す機能を備えています。 ユーザーごと容量割当機能 管理者権限のユーザーが各ユーザー専用のユーザーフォルダごとにMB単位で利用可能な容量を設定することができます。 ウイルスチェック機能 ファイルのアップロード時にウイルスチェックを実施します。 IPアドレス制限機能 ユーザー単位でログインする際のアクセス元IPアドレスを制限することができます。 また、IPアドレスだけでなく、ネットワークアドレス 例: 192. 168. 255. 0 、ドメイン 例: example. com の指定も可能です。 パスワードポリシー設定 管理者権限のユーザーにて、パスワードの長さ・有効期限・履歴の記録・複雑さなどのポリシーを設定する事が可能です。 セッションタイムアウト機能 30分間無操作の場合、セッションを切断し、ログインから操作をタイムアウト機能が具備されています。 これによりアカウントを持っていないユーザーへの一時的なファイル展開が可能です。 また、アクセス回数などの制限を設けることもできます。 Windowsクライアントアプリ クライアントアプリをインストールする事により、ブラウザーを介さずにファイル・フォルダのWeb公開が可能です。 また、ローカルフォルダとの同期も可能です。 1 Windows8. 1 Enterprise• 0以上がインストールされていること デバイス利用環境 専用アプリ無償提供 iOS 対応Ver iOS 7以上•

次の

無料で使えるオンラインストレージ18選!容量無制限・登録不要など比較表つき

ファイルストレージ ログイン

ログインIDやパスワードによる認証に加えて、インターネット回線による認証や端末認証など、より高度なセキュリティを実現したストレージサービスです。 NTTグループが運営する国内最大級のデータセンター(お客様専用の保管領域)に、インターネット経由でお手軽に保管が可能です。 会計事務所内のデータは、外付けハードディスクやDVDなどにバックアップを行い事務所内で保管する方法が一般的です。 しかし、この方法では火災や水害、地震などの大規模な災害時には大切な情報資産が消滅してしまい、業務の再開が困難になる恐れがあります。 「クラウドストレ~ジ」を利用すると、万が一大規模な災害が起きた場合でもデータセンターに保管したデータを使って復旧でき、スムーズに業務の再開が可能です。 簡単操作で安心アップロード・ダウンロード ストレージ領域には、オンラインストレージ領域、セキュリティバックアップ領域の2つの領域を用意しております。 オンラインストレージ領域はインターネット回線であればどこからでもアクセス可能な領域、セキュリティバックアップ領域は専用ツールからのみアクセス可能な領域となっており、保管するお客様の情報資産の種別により各領域を使い分けてご利用いただけます。 データセンターへのアップロードは、ドラッグ&ドロップによる簡単な操作でアップロードが可能です。 またストレージ領域に保管しているデータは、ご利用のパソコンやサーバーの指定したフォルダに簡単操作でダウンロードできます。 自動バックアップ機能および復元機能 専用ツールを利用して、あらかじめ設定した周期でお客様が指定したフォルダをまるごと自動バックアップする機能です。 本機能をご利用いただくための専用ツールを提供いたします。 また、自動バックアップしたデータを、一括で復元できる機能も提供しています。 スマートフォンやタブレットでも、専用アプリを利用して、撮影した写真や動画、端末に保存しているファイルのバックアップをすることができます。 端末認証機能および回線認証機能 端末認証機能は、お客様がログインIDに対して端末認証キーを払い出し、ご利用される端末ごとに初回ログイン時に払い出された端末認証キーを登録します。 一度登録された端末認証キーは他の端末ではご利用できませんので、ログインIDやパスワードが万が一流出しても事前に端末認証キーを登録していない端末からはアクセスできません。 回線認証機能は、ご契約されているフレッツ光回線の個々の情報を独自技術で読み取り、認証を実施するセキュアな認証機能です。 本機能により、フレッツ光回線経由でのみストレージ領域にアクセス可能となります。 遠隔ロック機能およびアクセスログ確認機能 遠隔ロック機能は、万が一端末認証済みの端末を紛失した場合でも、簡単な操作で該当端末からのアクセスを遠隔ロックし、遮断することができるので、外出先からも安心して利用が可能です。 アクセスログ確認機能は、「いつ」・「誰が」・「どの」ファイルに「何を」したのかを自動で収集し、簡単に検索・閲覧・確認できる機能です。 ログインIDごとの操作履歴管理や、ファイルごとのアクセス・操作履歴管理に関するすべてのログを自動収集し、Web上での閲覧やCSVファイルでの出力が可能です。 世代管理機能 間違ってデータを上書きしてしまった場合も、元に戻せる機能です。 最大10世代前までさかのぼれるので安心です。 ファイル共有機能 ストレージ領域にアップロードしたファイルを、事務所内で共有するだけでなく、顧問先と共有したり、本サービスを契約しているお客様同士で共有することができます。 スマートフォンやタブレットでも、インストールした専用アプリで本機能を利用できます。 スケジューラ機能および掲示板機能 スケジュール、掲示板を管理・共有できる機能です。 事務所内でのグループウェアとしてご活用いただけます。 スマートフォンやタブレットでも、インストールした専用アプリで本機能を利用できます。 ファイルプレビュー機能 Word、Excel、PowerPointのファイル、PDFファイル、テキストファイルの内容をプレビューで確認できます。 スマートフォンやタブレットでも、インストールした専用アプリで本機能を利用できます。

次の