書き順。 極東ブログ

「a」の書き順

書き順

アルファベットにも書き順はあるの? この記事を読んでくださっている方の中には、学校での英語教育は中学校からだ、という方も多いのではないでしょうか。 そこで質問です。 「アルファベットの書き方って、日本語の文字ほどしつこく教えられました?」 多分答えはNOだと思います。 漢字のように「Aの3画目はどの線でしょう?」とか、テストに出なかったですよね。 なんだかよくわからないうちに、「I have a pen. 」に行っちゃってた記憶。 私もこの仕事を始めるまで、アルファベットの書き順なんて全く気にしてなかったです。 誰にも聞かれないし、例え「そりゃおかしいでしょ」って書き方をしてたとしても誰からも指摘されないし。 書けてて読んでもらえればいいでしょくらいに思っていました。 衝撃の「M」4画 そんな、流浪なアルファベットの書き方をしていた私ですが、子供に英語を教える職に就いた当初、かなりの衝撃を受ける出来事がありました。 幼稚園の年齢の生徒が使用するワークブックには、アルファベットの書き方と書き取りスペースがあります。 そこで私は「う…嘘やろ…今までの私の23年間何やってん…」と膝から崩れ落ちる思いをした訳です。 ワークブックの「M」はこんな風になっていました。 えっ…Mって上から下4本線で書くの!?ほなマクドナルドのロゴはどうやって書くんや。 あれはどう見たって下からぐいんぐいーんって一筆書きでいけちゃううやつやないか。 その他にもそれまでの自分の中の書き方とはまるで違う書き順を持つものが登場しまくったのです。 それでは「なんで敢えてこの書き順」シリーズ、どうぞ。 なので、教科書やドリル、参考書によっては書き順が違ったりもします。 アルファベットが学校で教えられるようになったのは第二次世界大戦後のこと。 書いたことのない、見慣れぬ文字を学ぶのに書き順もわからないと教えられないと、文部科学省が教科書に記載するため、それぞれの文字の書き順を定めたということです。 なるほど、なんとなく書き順が日本語っぽい気もする。 わざと遠回りしちゃう感じとか。 「口(くち)」って漢字も、本来一筆書き出来るのに、わざわざ3画に分けちゃいますもんね。 Aとかの、「折れ線書かずに枝分かれ方式」なんかにはそういった大和魂を感じます。 しかしながらその書き順が「正しい」とはされていないとのこと。 文部科学省の学習指導要領には 「文字や符号を識別し、語と語の区切りなどに注意して正しく書くこと」とあるのみです。 ただ、気になる人もいるかと思うので、文部科学省が発表しているアルファベットの書き順を掲載しておきます。 大文字の書き順 by 文部科学省 前述のMやV、Wなどのわざわざ感はもちろんですが、Eの書き方もなかなかパンチが効いていますよね。 小文字の書き順 by 文部科学省 意外と知られていないのは、i、jの点は後から打つということ。 f、tは縦線が先で横線が後というのも知らない人が結構いるようです。 必ずこの書き順でなければ処刑されるというわけでもないので自己流で良いかとは思いますが、 i、j、f、tの4文字に関しては外国人もこの書き方をしていることが多いです。 書き順問題を外国人に聞いてみた では、実際母国語でアルファベットを使用する国の人たちは、書き順を気にするのでしょうか? 以前同僚だったドイツ人女性は「書き順とか気にしないわ」と言っていました。 確かに「ほぉ、その字そんな書き順で書くんや」と思った記憶があります。 ただ、他の外国人の意見も知りたくて、言語交換アプリ「Hello Talk」で質問してみました。 日本では小学校で平仮名、カタカナ、漢字を学びますが、どの文字にも書き順があり、書き順通りに書くように厳しく教わります。 国語のテストでは「この漢字の書き順の3番目はどれですか」というような設問すらあるくらいです。 その順番通りに書く練習をしたのを覚えているよ。 文字のバランスと、大文字小文字の認識のほうが大切だね。 たいていの場合、幼いころからそれぞれが書きやすいように書いてるって感じね。 なるほど、書き順はあるにはあるようですね。 しかし日本ほど、書き順は厳しくないという意見が100%を占めました。 書き順は混乱せず書けるようになるためには必要 その後私は某英会話教室より独立し、自営業として子供に英語を教え始めました。 ある時ホワイトボードに文字を書き、真似して書いてみるように生徒に伝えると、「ほぉ!その順番で書くか!」というような驚きの書き順で書いていたんです。 なるほど、やはり書き順っていうのは必要だ。 その書き順でないといけません!絶対許しません!などということではありませんが、子供たちが混乱せずに効率よく文字を書くことができるようになるには、やはり書き順から教えるべきなのだ。 ということを実感した出来事でした。 今でも年少さんくらいの、小さな子供はおもしろい書き順でアルファベットを書くことがあります。 書き順はもちろん示していますが、あまりそこでしつこく「そうじゃない!」という風には訂正していません。 書くことそのものが嫌になってしまっては本末転倒ですからね。 ちなみに私の教室のワークブックはすべて私が手作りしていますが、アルファベットの書き順は文部科学省の定めた書き順に則っています。 本当はもっと効率よく、書きやすい書き順で教えたいのですが、学校で習うときに書き順が違うなどで混乱させないためにです。 でもそれぞれ、自分の中で書きやすい書き方が決まってくるので、明らかに書きにくい書き順をしているなど、よほどでなけでば訂正せずにいます。 外国においても、書き順は重視されないというのは 「文字を書けるようになることを重視しているわけで、書くことができるようになればそれで良い」という感覚なのかなぁと思っています。 まとめ 今回はアルファベットの書き順についてのお話でした。 私は職業柄、文部科学省の書き順で書くようにしていますが、 バランスよく書けて、自分が書きやすいと感じるように書けば良いでしょう。 お子さんのワークブックなどにも書き順が示してあるかとは思いますが、あまり訂正せず見守ってあげて良いのではないかと思います。 あまりにも非効率的な書き方をしている場合は、「こんな風に書いたら楽だよ」と示してあげてください。 それでも我流にこだわるようであれば、それでいかせてあげてください(笑)。

次の

「必」の書き順は、ひとつじゃない?

書き順

「はてな」()に寄せられていたアンパサンド(&という記号)についての質問が面白かった。 "&(アンパサンド)"の正しい書き順を教えてほしい、というのだ()。 &の書き順を教えて下さい。 正確に知りたいので、それを証明するサイトも添えて紹介して下さい。 ただ単に個人的な意見はご遠慮下さい。 まいったな、全然わからない。 この記号は私も日常使っているし、ちょっとしたプログラムコードのメモ書きとかでも使うのだが、その正しい書き順は?と言われるとまるでわからない。 こういうのは本当に困った。 どきっとする。 私は小学生のころ、数字の"5"を上の横棒から先に書いて、それから下の丸みを書いていた。 「ら」の要領である。 中学生のときに気が付いてなおした。 この質問に寄せられた回答はいくつかあるが率直に言って正答というには遠い。 というか、回答のなかにも意見としてあるのだが、正しい筆順はたぶん存在しないのかもしれない。 私もそう思う。 それにはいくつか理由もある。 一つには、私の経験だが、大学のころ同級生や教員に米人が多かったのだが、彼らのノートや板書を見て呆れたものだ。 こいつら英語の大文字と小文字の違いを知らないんじゃないか?というレベルなのである。 チャーリー・ブラウンの漫画でライナス・シュローダーがカボチャ大王に手紙を書いているののほうがはるかにまし。 おまえって本当にプリンストンのマスター持ってんのか、とか訊きたくなったが、やめた。 気にしてないようだし。 ついでに言うと、米人はけっこうスペリングもめちゃくちゃ。 筆記体なんて書けるヤツはまずいない。 でも、悪貨は良貨を駆逐する。 気が付くと、私も似たようなことになっていた。 ひどい手書きだ。 さらに悪いことに私は大学でギリシア語を勉強していたのであの文字の癖まで英語に出てきた。 米人並の悪筆になった。 正しい筆順なんか関係ないの世界だ。 もう一つの理由は後回しにする。 のだが、関連してこういうアンケート質問が出された()。 これも面白い。 結果も添えておく。 身近のものに書かせてみたら、これも同じ。 なぜそう書くかと訊いてみたら、そのほうがバランスとりやすいとのこと。 そうか? 先の質問に戻る。 私は考えたのだ。 手書きの正書法について、直接はわからないが、推理すればなんとかわかるのではないか? それには"&"という記号の意味と成立史がヒントになるに違いない、と。 そもそも、なんで"&"という形なのか? 知ってますか? "&"の形状の理由は、この質問の回答にもあるが、「eとt」が元になっている。 フランス語の接続詞"et"と同じ。 つまり、これには英語の"and"の意味がある。 "et"の元はラテン語。 この二字が。 どう"&"の形状の元になっているかは後で説明するとして、この回答には、カリグラフィーのサイトが紹介されていて興味深い。 "セルティックハーフアンシャル2 celtic half-uncial2 "()である。 最近ではやらなくなったが、私もカリグラフィーの専用のペン(たしかstemと言うのだが辞書にはこの言葉はないみたいだ)を持っていた。 インクもわざわざ古文書っぽくこげ茶色を選んで使った。 で、アンパサンド記号のカリグラフィーなのだが、見るとわかるように、単に「eとt」を単純に組み合わせている。 "&"の形状の書き順の参考にはならない。 それにしても、この「eとt」を組み合わせの形状と"&"の形状には、随分形状に開きがある。 どうしたことか。 ここまで見てきた"&"であるローマン・アンパサンドの他に、もう一つのアンパサンド、イタリック・アンパサンドがあるのだが、こちらは先のカリグラフィーのように、EとTの組み合わせであることがわかる。 するとたぶん、ローマン・アンパサンドの形状のほうも基本はEとTには違いないのだろう。 なお、英語のフォントセットにはローマンではなくこちらのイタリックが含まれているのもある。 問題はローマン・アンパサンドの形状がどのように「eとt」に由来するかなのだが、これは、このようだ。 単純に図解したほうがいいだろう。 というわけで、eとtとで色分けした参考の図解を見てほしい。 つまり、こういうこと。 あるいはちょっとこの色分けは誤解もあるかもしれない。 というのも、tについては、ここでTのように見える部分はセリフ(うろこ)によるものかもしれない。 だとするとtの形状は交差部分を指すのかもしれない。 いずれにせよ、ローマン・アンパサンドの形状の由来はこういうことだろう。 問題はここからだ。 これでローマン・アンパサンドの仕組みがわかったのだから、ここから手書きの正書法が類推できないか。 色分け図を見るとわかるが、この記号を「eとt」筆順を考慮した組み合わせとして描けというなら、一筋書きはできないのだ。 色分け分岐地点で、eに向かう方向とtに向かう方向が逆になるからだ。 これは矛盾。 よって、背理法的に、「eとt」の組み合わせからは"&"の手書きの正書法は推察できない。 というと、なーんだ、というオチになってしまった。 あとは、一般的な手書きの正書法からこの形状を描く場合の合理性を類推するだけなのだが、どうもその類推の根拠は弱いみたいだ。 デッドエンド。 標題はウソです。 ごめん。 ところで、この質問の回答や追記「いわし」にも言及があるのだが、実は、プログラマーは別として、普通の英米人は"&"の形状を使わない。 じゃなにを使うかというと、これがまた変な形状を使う。 私も使うのだが、「す」みたいのがあるのだ。 なんでこれがアンパサンドなんだよとぼやきたくもなるが、どうもこれは「+(プラス記号)」のようだ。 もう一つは「3」の左右逆向きに縦棒を引くアレだ。 アレとか言ってしまったが、こちらはPalmなんかの手書き入力のときによく使う。 こちらのほうは、それなりに「eとt」の組み合わせだというのが理解しやすい。 ということで、学生諸君わかったかな?とか言いそうになるが、こうしたことはあまり教えてもらえないのではないか。 米人とかに訊いてもわけわかんない答えになりそうだしね。 ついでに、この記号をなぜ「アンパサンド」と呼ぶかなのだが、これは、"and per se and"から来ている。 "per se"という熟語は大学受験生とかも覚えておいたほうがいいだろう。 「それ自体は」という意味だ。 もとはラテン語だ。 語形からは英語だと"for itself"に近いようだが、意味的には"by itself"ということになる。 発音は「ぱーすぃー」。 例文を添えておくと、"Winny isn't evil per se. "「Winny自体が悪いんじゃない」。 含みは、「表面的にはWinnyが悪いように見えるのだが、その本質から考えれば悪いとは言えない」ということ。 アンパサンド ampersand の語源"and per se and"は、「andといってもつまりandそれ自体」ということ。 含みとしては、AとNとDの略語とかじゃないということ。 「"&"はだからぁANDなんだよぉ」ということでもある。 ところで、手書きの正書法なんてパソコンが普及した現代ではどうでもいいようだが、今回の"&"の筆順の疑問でも思うのだが、これらは活字の文化の派生だ。 つまり、活字側から手書きの正書法を類推したくなってしまうという傾向が現代にはある。 これは困ったことかなと私は思う。 現在初等教育で教えているのか気になるのだが、「くにがまえ」と、構えではない「口(くち)」とは手書きの正書法では形状が違う。 ところがこれは康煕字典ですら明朝体という版組の文字を使っているため、わからない。 この違いを知っていてもどってことない些細なことのようだが、歴史・文化を愛することに僅かだが関わっているようにも思うのだ。 やっとたどり着いた感じです。 もうじき60歳になるものですが、この文字だけ綺麗にかけないのです。 何か不自然です。 私は、右の留めから始めてSの反対のように書くのですが、バランスが悪いのです。 英語の得意な商社マンに聞いたことがありましたが、米国人はイプシロンみたいに書いているということでしたので、今はそうしています。 昔、高校生のころ、この文字?記号の由来を見たことがあったのですが、てっきりエンドマークと思っていたので、検索に時間がかかりました。 私と同じような疑問を持っている人や、それを解明しようとする人がいらっしゃったとは驚きです。 とても参考になりました。 有難うございました。 投稿: su 2009. 31 13:47.

次の

「様」の漢字の書き順は変わったのか・15画目の書き順

書き順

飛の書き順・筆順と書き方 高解像度版です。 環境によっては表示されません。 その場合は下の低解像度版をご覧ください。 「飛」の書き順の画像。 美しい高解像度版です。 拡大しても縮小しても美しく表示されます。 漢字の書き方の確認、書道・硬筆のお手本としてもご利用いただけます。 PC・タブレット・スマートフォンで確認できます。 他の漢字画像のイメージもご用意。 ページ上部のボタンから、他の漢字の書き順・筆順が検索できます。 上記の書き順画像が表示されない場合は、下記の低解像度版からご確認ください。 飛の書き順 低解像度版.

次の