呪術 廻 戦 89。 【呪術廻戦】最新話「第89話」ネタバレと感想【渋谷事変⑦】

【呪術廻戦】89話のネタバレと感想|呪術廻戦のネタバレ考察

呪術 廻 戦 89

-------------------------------------------------- 真人との遭遇 満杯に詰め込まれて電車でやってきた改造呪霊の群れ。 普通の呪霊とは違い一般人にもその姿が見える為、ホームは更なる大混乱に。 そんな状況に違和感を感じていた五条。 壁となる 人間が減れば自分が有利になっていくだけに敵の狙いが分からずにいました。 そこで五条を直接狙ってきた真人。 無下限の術式によって守られている五条に攻撃を仕掛けて、 本当に当たらない事を確かめます。 一方で真人が虎杖や七海の戦った相手だと気付く五条。 「 人間のキショい所1つ教えてやるよ。 いーっぱいいる所」 真人は五条に攻撃を食らいながらも余裕そうに口を開きます。 その瞬間、先程まで花御が塞いでいた 駅の吹き抜けから大量の人間が落下。 それで五条はここにいる以外にも敵となる呪霊がいる事を確信します。 「 渋谷に閉じ込めている一般人を次々に投入するつもりか!!」 五条の想定する犠牲 吹き抜けから大量の人々が落ちてきたそのタイミングで、脹相と真人はそれぞれに構えます。 「 赤血操術、百斂、超新星」 「 無為転変、多重魂、撥体」 放たれた二人の大技によって、 五条の周りの人々は一瞬で血の海に沈んでいきます。 そしてそのタイミングに合わせて漏瑚も攻撃に参加。 五条はその攻撃を受け流すとそのまま手を取ります。 しかし 漏瑚は躊躇なく自分の手を切断して脱出。 人々の間をすり抜けて距離をとっていきます。 周りでは 改造呪霊達による惨劇が繰り広げられる中で立ち尽くす五条。 そんな姿を見ながら真人は考えていました。 五条が虎杖とは違って冷酷さを持ち合わせている事を。 だからこそ 五条は「ある程度」の犠牲を前提として、自分達を確実に祓いにくる。 しかし死者が増え、生者も増え続ける状況ではその 「ある程度」という天秤はもはや機能しないとも考えていました。 五条が今やらなければならないのは、 領域展開の「無量空処」を展開して、領域内の呪霊と人間を皆殺しにする事。 そうすれば領域外にいる人間達を救うことは出来るから。 しかしそれさえも出来ないと漏瑚は考えます。 五条の想定している犠牲とは、 呪霊に殺される人間の事であり五条悟に殺される人間ではないのだから。 「 考えろ!!迷え!!集中するのだ!!」 -------------------------------------------------- 一瞬の無限 完全に五条を追い詰めつつあった呪霊達。 しかし 次の五条の動きで一瞬でその表情が変わります。 真人も「マジか?」と珍しく焦った顔に。 何かを決断したような強い表情で 五条は領域展開を発動。 「無量空処」を発動した瞬間、領域内にいたもの達は永遠のように襲ってくる情報で完全に動きが止まります。 それこそが五条悟の狙いで、彼は 領域展開を僅か0. 2秒だけ展開していたのです。 領域展開を一瞬だけ展開して解除した後、 時間が止まったような世界で一人動き続ける五条。 2秒という時間は五条が勘で設定した時間。 それはおそらく非術師が廃人にならず、そして後遺症も残らないであろう無量空処の滞在時間。 とはいえそれには何の根拠もなく、 0. 2秒の間に改造人間や非術師の脳には時間にして役半年分の情報が流し込まれて気を失っていました。 とはいえその程度のレベルの無量空処だったのです。 もちろん特級呪霊はすぐに目を覚ますかもしれず、 カウンターを考慮して狙うのは改造人間だけ。 止まり続ける人々の間を立った一人で駆け抜けながらも祓い続ける五条。 現代最強とされた呪術師である五条は、 放たれた1000体もの改造人間達を僅か299秒で鏖殺していました。 それだけの事を実行して、流石に五条の息も切れます。 しかしその瞬間、 自分のすぐ横に落ちている謎の立体物に気が付く五条。 「 獄門疆、開門」 五条が気付いたのと同時に、夏油はその言葉を口にするのでした。 -------------------------------------------------- 呪術廻戦89話ネタバレの感想考察 五条悟の決断と圧倒的で規格外過ぎる戦いが描かれた今回。 色々な意味で予想以上に苦しい展開となっていますね。 まず気になったのは 大量の改造人間を連れてきた真人達呪霊側の狙いです。 改造人間達によって人間が減ってしまえば、五条も感じたように困るのは呪霊の方でしたからね。 しかしそこで更に一般人を追加。 死者はどんどん増えるも、生者もどんどん追加される。 そんな訳の分からない状態で 五条に決断させないまま消費させるのが目的という感じでしたね。 本気を出せばいつでも五条は勝利できる中で、 ギリギリ領域展開を使わせないまま削っていく。 敵キャラとは思えないくらいに嫌らしいやり方でしたね。 しかしそんな 呪霊側の予想を遥かに超えてくるのが五条悟という男。 迷いながらもすぐに領域展開する事を決断し、そして すぐさま実行に移していくのが流石すぎます。 しかも それが0. 2秒という一瞬の領域展開だというのが良い感じに中二病感があって最高ですね。 とはいえ五条にとってはたったの0. 2秒であっても、一般人にとっては半年分の情報を一気に詰め込まれた形。 想像するだけでも嫌な現象ですよね。 そして皆が気を失っている間に改造人間達を祓いまくった五条。 僅か 300秒弱で1000体の改造人間を皆殺しにした訳ですが、一瞬五条にしては遅いなと思ってしまいました。 が、人々の間に紛れ込みまくっている改造人間をただのパンチとかだけで祓っている訳ですから、 まあ圧倒的なレベルですよね。 もちろんこの間に特級達を撃破出来れば最高でしたが、もしも 目覚めて領域展開されてしまうのを恐れたという意味合いが強そうです。 カウンターを考慮してと書かれていましたが、 相手に領域展開されたら五条も領域展開を使わないとならない訳で、そうなると0. 2秒程度での展開では留まらずに 人々を押しつぶしてしまうという感じなのかなぁと思いました。 この辺りについては結構難しい気がしますね。 とはいえとにかく圧倒的な強い覚悟と、 それを成し遂げらる圧倒的な実力。 その2つを兼ね備えていなければ絶対にこんな展開は無理だったはずです。 しかし 五条本人以外でこんな展開を読めていた男がいるのであれば、 それはやはり夏油なのでしょう。 ここまでの事を全て五条の行動パターンを読み切った上で作戦を立てていたのかもしれません。 逆の意味で五条を信頼していたからこそ立てられた作戦と言えるのかもですが。 獄門疆がどういう力を持つのかはまだ明らかになっていませんが、おそらく これによって五条の封印が成されてしまう展開になるのだと思われます。 そうなった場合、その先の展開がどうなるかは全然分かりません。 それだけに 非常に怖くもあり、楽しみでもありますね。 -------------------------------------------------- 呪術廻戦89話ネタバレまとめ 再び渋谷での五条の戦いが描かれた今回。 呪霊側の動きから色々と不穏さを感じさせてきますね。 改造人間だらけの満員電車というのは 『呪術廻戦』らしいダークな展開でもありましたね。 惨劇が続いていますし 出来るだけ被害を押さえて欲しい所ですが、この感じだとまだまだ大量に被害者が出てしまいそうな気もします。 真人が遂に五条の前に姿を現しましたし、 似た者同士での戦いになっていくのでしょう。 これでもまだ五条有利と考えたい所ですが、この先の展開は読みづらいですね。 どちらが主導権を握っていくのか注目です!! 次回の『呪術廻戦』第90話を楽しみに待ちましょう! >>>.

次の

漫画「呪術廻戦」89話のネタバレと無料読み放題

呪術 廻 戦 89

呪術廻戦【112話】最新話ネタバレ 持っていた10本全ての指を虎杖の口の中に押し込んだ漏瑚は、菜々子と美々子が生きていることに気が付きさっさとトドメを刺してしまおうとします。 右手で虎杖を押さえているため、左腕を上げる漏瑚。 そこに漏瑚の左腕はありません。 漏瑚、菜々子、美々子は目を見開きます。 宿儺が目覚めていたのです。 1秒の間にどけと言う宿儺から漏瑚はすぐに距離を取りました。 3人は宿儺から五条とは真逆の圧倒的強さを感じ取っていました。 どちらが動いても殺されるという恐怖を直感しているのです。 菜々子は息をして殺されることはないかと、恐れながらゆっくりと息をします。 その時、宿儺は頭が高いと言いました。 瞬時に美々子の頭を掴んで地面に伏せる菜々子。 無意識に体が動いたものの、片膝をつく体勢になった漏瑚の頭頂部は、宿儺によって斬り飛ばされてしまいます。 血が噴き出した漏瑚の頭。 宿儺はこれを、片膝をつくだけで充分だと甘く見た結果だと笑っています。 宿儺は指1本分、菜々子たちから話を聞くことにしました。 菜々子は今の夏油を殺して本当の夏油を解放してほしいと頼みました。 大好きな夏油を殺した五条のことも許せない菜々子と美々子ですが、それは夏油のたった1人の親友であるから仕方がないと思っています。 しかし今夏油の中に入っている者は絶対に許されないのです。 菜々子はもう1本の指を引き替えに今の夏油を殺して欲しいともう1度頼みました。 しかし、その後宿儺に言われて顔を上げた美々子の頭が斬り飛ばされてしまいました。 1本の指っで宿儺を従わせることなど不可能なのです。 菜々子は怒りからすぐにスマホを宿儺に向けますが、同時に頭部を半分に斬られ、その頭もばらばらにされてしまいました。 続いて宿儺は漏瑚に質問しました。 漏瑚は何の用事もないが一時ではなくずっと虎杖の肉体を自由にするための縛りを作るべきであることを伝えます。 必死の漏瑚に、虎杖の肉体を今奪う必要は無いと告げる宿儺は、自分には計画があるのだと言います。 しかし、あまりに必死な漏瑚を見て笑う宿儺は、指の礼として漏瑚が自分に一撃でも入れることが出来れば呪霊の下に着き、手始めに1人を除いた渋谷の人間全員を皆殺しにすると約束しました。

次の

呪術廻戦89話を無料で読めるサイトはここしかない?zip・rar・漫画村は?

呪術 廻 戦 89

89話のネタバレ 出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦89話」 五条悟が領域展開「無量空処」を発動 88話で大量の改造人間と共に電車で渋谷に突撃してきた真人。 改造人間に襲われる一般人を見て五条悟は「 人間が減って困るのは呪霊 オマエら の方だろ!?」と困惑します。 真人はすかさず五条に攻撃を仕掛けますが、呪術を発動している五条にはヒットしません。 真人「ハハッ、マジで当たんない!! 人間のキショい所1つ教えてやるよ。 いーっぱいいる所。 」 戦いを楽しんでいる様子です。 五条にとって真人は初見でしたが、顔のツギハギから七海・虎杖が以前戦った相手だと認識します。 次の瞬間、花御の木で塞がれていた吹き抜けが開き、上階にいた大量の一般人が降ってきました!渋谷に閉じ込めている一般人を次々に投入するつもりのようです。 脹相、真人は一般人に向けて呪術を発動し大量に殺害。 まさにカオスな状況です。 呪霊たちは冷酷さを持ち合わせる五条は多少の犠牲を前提として自分たちを祓ってくるだろうと想定していました。 つまり 五条悟は人間を巻き込んで殺してしまう領域展開を発動させないと真人・漏瑚は踏んでいたのです。 しかし次の瞬間、五条悟は領域展開「無量空処」を発動させました! 0. 2秒の「無量空処」。 これは五条悟が勘で設定した非術士が廃人にならず後遺症も残らないであろう無量空処の滞在時間です。 一般人は立ったまま気を失いましたが、2ヶ月後に社会復帰を果たしました。 このレベルの無量空処では特級呪霊たちを数分足止めできる程度でしたが、領域解除後、五条悟は改造人間1000体を299秒で鏖殺 おうさつ してしまうのでした。 五条の真横に獄門彊が。。。 ! 領域展開で改造人間を一掃した五条の真横にあの「獄門彊」の姿が。 そしてついに、 夏油「 獄門彊、開門」 ここで89話は終了しています。 89話の感想 夏油・獄門彊の登場で次回がアツい 89話はついに五条悟が領域展開「無量空処」を発動させ、改造人間を一掃するという五条悟のカッコよさが際立つ話でしたね。 さらに最後の獄門彊と夏油の登場によって続きが楽しみとなりました。 獄門彊の真の効果とは?五条悟は本当に封印されてしまうのか? 次回もセンターカラーとなることから、アツい展開が予想されます! 次に読みたい記事 前後のネタバレ 前の話 次の話 ネタバレと感想一覧 【ネタバレ一覧】 こちらの記事では呪術廻戦のネタバレと感想の記事を一覧で掲載しています。 最新話はもちろん、ジャンプ本誌とコミックで分けて掲載しているので、ネタバレ記事をお探しの方はぜひご利用ください。

次の