あなたもね 英語。 英語の意味に裏がある「嫌味や皮肉で使われやすい」基礎表現

英会話のフレーズ「あなたもね」は英語でどう言えばいいの?

あなたもね 英語

はじめに 褒められるってとても嬉しいことですよね。 でも、英語で褒められた時にうまく返事できていますか? 完全に受け入れたら自惚れた感じに聞こえちゃうかもしれないし、逆に謙遜して否定したら失礼かもしれないし。 どう答えたらいいか、迷いますよね。 そもそも、欧米人は知らない人に話すきっかけに「外見や身につけているものを褒める」という技を使います。 そんな時は、褒められたものに関して説明したりして仲良くなっちゃいましょう!褒められた時に 日本人は謙遜することが多いと思いますが、 欧米人はまずありがとうと感謝することがとても多いし、逆に好印象に聞こえたりもします。 Thank you. That's very kind of you to say! ありがとう。 そう言ってもらえて嬉しいです。 直訳すると、「あなたがそう言うことは、とても思いやりのあることです。 」となりますが、日本語でこんな風に言ったらかなり上から目線なので、「そう言ってもらえて嬉しです。 」と訳しています。 英語だと決して上から目線には聞こえません。 <例文> Michael: I love your stage costume last night. マイケル:昨晩のステージ衣装よかったよ。 Janet: Thanks. That's very kind of you to say. ジャネット:ありがとう。 嬉しいわ。 Thank you. It means a lot to me. ありがとう。 あなたにそう言ってもらえて嬉しいです。 直訳すると、「(褒めてもらえたことが)自分にとって重要な意味をもつ。 」と言う意味になります。 <例文> Michael: Wow. Your curry is amazing! マイケル:ワォ。 君のカレー最高に美味しい! Janet: Thank you! It means a lot to me to hear that from you. ジャネット:ありがとう。 あなたからそんな風に言ってもらえて嬉しいわ。 Thank you. I'm flattered! ありがとう。 光栄です。 flatterは、「お世辞を言う」という意味もありますが、ここでは「(人を)嬉しがらせる」という意味で使われています。 <例文> Janet: You look stunning with that shiny jacket. ジャネット:そのキラキラのジャケット最高に似合ってるわ。 Michael: Thank you. I'm very much flattered. マイケル:ありがとう。 褒めすぎだよ。 Janet: Your performance always amaze the crowd. ジャネット;あなたのパフォーマンスはいつだって観客を魅了するわね。 Michael: Thank you. I'm flattered to hear that. マイケル; ありがとう。 そう聞けて光栄だよ。 他にも・・・ Thank you. I appreciate it. ありがとう。 感謝します。 Thank you. I'm glad to hear that. ありがとう。 そう聞けて嬉しいです。 Thank you for your compliment. お褒めに預かり感謝いたします。 (かしこまった言い回し) 2. 褒めかえす Thank you. I like your... too! ありがとう。 あなたの〜も素敵です。 外見や身につけているものなどを褒められた時に、このフレーズをよく使います。 相手の身につけているものの中で目立つものや気に入ったところをポイントアウトして褒め返します。 <例文> Michael: Your shirt is really cool! マイケル;君のシャツかっこいいね。 Janet: Thanks, Michael. I love your shirt too. ジャネット:ありがとうマイケル。 あなたのシャツも素敵じゃない。 Thank you. You too! ありがとう。 君もね。 お互いに頑張ったシチュエーションで褒められた時に使えるフレーズ。 もっとカジュアルな言い方だと、 Right back at you! 「そのまま君に返すよ!」というのもあります。 <例文> Michael: That was a great game. Good job out there. マイケル:いい試合だったね。 よく頑張ったよ。 Janet: Thank you. Right back at you! ジャネット;ありがとう。 あなたもね! 3. 謙遜する 欧米人だって謙遜する文化はあります。 ただ、謙遜の仕方で日本と少し違うのは、褒められた時に完全否定をあまりせずにポジティブなニュアンスで表現するところ。 喜んで欲しくて褒めているのに完全否定をされたら、気持ちがよくはないですよね。 I'm still learning. まだ勉強中です。 <例文> Michael: I didn't know you can paint. I loved your painting on the wall. マイケル:君が絵が得意なんて知らなかったよ。 壁に飾ってある君の書いた絵好きだよ。 Janet: Thank you, but I'm still learning. ジャネット;ありがとう。 でもまだまだ勉強中よ。 他にも… I still have a lot to learn. まだ学ぶべきことがたくさんだよ。 Thank you but that's not true. ありがとう、でもそんなことないです。 I'm just lucky. 運が良いだけだよ。 褒められた時の好ましくない答え方 日本語でも同じことですが、明らかに自惚れに聞こえる答え方や否定しすぎてきつく聞こえる言い方がありますので覚えておきましょう。 NGパターン1:そうでしょうね。 Micheal: You look great in that dress. マイケル:君はそのドレスがとても似合うね。 Janet: Oh thanks. I know. ジャネット:あーありがとう。 知ってる。 洋画に出てくる性格の悪い美女が褒められた時に吐き捨てるようなセリフです。 いくら自信があったとしても、この言い方はやめたほうがいいですね。 NGパターン2:たいしたものではありませんが… Michael: Thank you for your wonderful dinner. We had a great time. マイケル:素晴らしいディナーを作ってくれてありがとう。 とてもいい時間を過ごせたよ。 Janet: No. I'm such a bad cook. Sorry for my horrible dinner. ジャネット:いや、私は料理が下手なのよ。 ひどいディナーでごめんね。 日本なら全然アリの答え方だとは思いますが、欧米では若干引かれますので謙遜のしすぎは控えた方がベターです。 最後に 褒められた時の答え方のNG例で書いたように、欧米人、特にアメリカ人に対して謙遜しすぎると引かれます。 謙遜する気持ちは決して悪いことではありませんが、「褒めてもらえて嬉しい」という気持ちを伝えることにフォーカスして返事をするようにすると、褒めた側も気持ちがいいものです。 もっと詳しく練習したいなら、eikaiwaNOWの先生にじっくり教えてもらってはいかがでしょうか?.

次の

ネイティブはどう答える?英語で褒められた時の返事をマスターしよう ・ eikaiwaNOW・英会話なう・eikaiwaNOW

あなたもね 英語

「私も(~です)」か「私も(~ではありません)」で大きく2つに分かれます英語には、「私も」を表す表現がたくさんあるため、使い分けがややこしく感じられますね。 英語では、「私も(~です)」か「私も(~ではありません)」かによって、表現が大きく2つに分かれます。 相手の肯定的な発言に対する「私も(~です)」は、Me too. やSo ~ I. を、相手の否定的な発言に対する「私も(~ではありません)」には、Me neither. やNeither ~ I. を用います。 Me ~. で答える例は次のとおりです。 1. A I like coffee. (私はコーヒーが好きです) B Me too. (私も[コーヒーが好きです]) 2. A I don't like coffee. (私はコーヒーが好きではありません) B Me neither. (私も[コーヒーが好きではありません]) So ~ I. や Neither ~ I. は、相手の使った動詞(助動詞)の種類と時制に合わせて、~に来る語を使い分けます。 be動詞の場合、 1. A I'm tired. (私は疲れました) B So am I. (私も[疲れました]) 2. A I'm not tired. (私は疲れていません) B Neither am I. (私も[疲れていません]) のようになります。 一般動詞の場合はdoやdidに置き換えます。 1. A I have a dog. (私は犬を飼っています) B So do I. (私も[犬を飼っています]) 2. A I don't have a dog. (私は犬を飼っていません) B Neither do I. (私も[犬を飼っていません]) という具合です。 助動詞は、 1. A I can play the violin. (私はバイオリンを弾けます) B So can I. (私も[バイオリンを弾けます]) 2. A I can't play the violin. (私はバイオリンを弾けません) B Neither can I. (私も[バイオリンを弾けません]) となります。 me as well という表現もご提示くださいましたが、これは通常、「その上、~もまた」という追加的な意味を表します。 (私は教師であり作家でもある)と、文末にas well とするのが一般的です。

次の

タイミングよく返そう!「あなたもね!」を表す英語フレーズ

あなたもね 英語

ネイティブがよく使う「楽しかった」を表すフレーズ11選 I had a great time today! (今日はとても楽しかった!) A: I had a great time today! (今日はとても楽しかった!) B:Me too! 友達と出掛けて、その日の最後にこのフレーズを伝えてあげれば、あなたがいかに楽しめたかが伝わるでしょう。 It was so fun! (とても楽しかった!) A: How was Disneyland? (ディズニーランドはどうだった?) B: It was so fun! 漠然と楽しかった感情を指すのではなく、具体的に何かやどこかが楽しかったときに使ってみましょう。 I really enjoyed it! (とても楽しかった!) A: Did you have fun at the party? (パーティーは楽しかった?) B: Yeah, I really enjoyed it! よって、この文でも、旅行やパーティーなど、何か具体的なイベントを指して「楽しかった」という感情が表現できます。 例文の会話文は、どちらの文章にも「楽しかった」という日本語が登場しますが、英語では違う表現が使われていることに着目しましょう! It was awesome! (素晴らしかった!) A: How was the baseball game? (野球の試合はどうだった?) B: It was awesome! I got to see three home runs! もっと口語的な言い方をすると、「最高!」というニュアンスが強いです。 最高に楽しかったと感じる行事や出来事があったときに、このフレーズを使ってみてください。 (今の映画、すごく面白い映画だったね!) B: Yeah, the action scenes were amazing! (うん、アクションシーンが凄かったね!) 映画を観終わった後に、一緒に観に行った人にすぐに感想を伝えたい場合は、このフレーズを使ってみましょう。 How fun was that? (すごく楽しかったね!) A: Oh my gosh! How fun was that ride? 若者言葉で言うと、「どんだけ楽しいの!」というニュアンスです。 興奮の度合いが高く、相手に同意を求めたいときに役に立つフレーズです。 I had a blast! (最高に楽しかった!) A: Did you go to the party yesterday? (昨日はパーティーに行ったの?) B: Yeah, I had a blast! つまり、今回のようなシチュエーションでは、パーティーがとても盛り上がったということを表しています。 自分のテンションがとても上がり、ノリノリな状態であったことを表わすのに適したフレーズです。 Today was the best day of my life! (今日は人生で最高の日だった!) A: Today was the best day of my life! I had a great time, too! (そう言ってもらえて嬉しいよ!私もとても楽しかった!) 少しオーバーな表現かもしれませんが、それくらい楽しめたということを表わしているフレーズなので、最高に楽しかったときに使ってみてください。 恋人とのデートやお友達とのお出掛けの最後にこれを伝えてあげれば、相手もとても喜んでくれることでしょう。 (ハワイには行ったことある?) B: Yes! I loved Hawaii! The food was great! しかし、今はハワイが嫌いという意味ではなく、ハワイで過ごした日々が最高だったということを指すために過去形を使っています。 どこか旅行先をおすすめするときに使えるフレーズです。 Those were the good old days. (あの頃は楽しかった。 ) A: Do you remember how we used to play in the park all day long? (公園で一日中一緒に遊んでいた頃を覚えてる?) B: Of course. Those were the good old days. (もちろん。 あの頃は楽しかったね。 ) つい最近の楽しかったことではなく、昔を懐かしんで「楽しかった」と言う際に使えるフレーズです。 今が楽しくないという意味ではありませんが、「ああ、いい時代だったなぁ」というノスタルジックな感情を表現するのに適しています。 英語には「懐かしい」ということを表すドンピシャの言葉がないので、懐かしい気持ちを表したいときにも使える便利なフレーズです。 Thank you so much for having me today! (今日は招待してくれて本当にありがとう!) A: Thank you so much for having me today! (今日は招待してくれて本当にありがとう!) B: Thank you for coming! It was a great pleasure to have you as our guest. (こちらこそ来てくれてありがとう!君がお客様として来てくれて、とても嬉しかったよ。 ) 「楽しかった」という感情は、必ずしも「楽しかった」と言わなくても伝わります。 楽しかった気持ちを伝えるために、最高の笑顔で感謝をしてみましょう。 新しい英語の知識は英会話で実際に使うことが大切 英会話の新しい知識を覚えても、実際に英会話で使う練習をしなければ知識が定着せず忘れてしまいます。 そうなると、せっかくの勉強も意味がありません。 日本にいながらでも英会話の実践的な練習をする方法として、• オンライン英会話• スマートフォンのアプリ これらを活用して勉強することをおすすめします。 特におすすめのオンライン英会話2つとスマートフォンのアプリがありますので、どちらかを使ってみてください。 まずは無料体験で実際にサービスを使ってみて、自分がより楽しく英会話の勉強ができそうな方を選ぶのがおすすめです。 プロがおすすめするオンライン英会話.

次の