アメリカン ロイヤル ロード。 投資信託

投資信託

アメリカン ロイヤル ロード

2019年最後の追加型株式ファンドの新規設定は、「」です。 設定日 2019年12月27日(金) 当初募集額 1,482億72百万円 取扱金融機関 みずほ銀行、みずほ証券 6月には「」が、1,135億円の資金を集め2015年4月以来、4年2ヵ月ぶりに1,000億円超の新規設定となりましたが、「」は、それを上回る新規設定額です。 「」の運用方針は、以下のとおりです。 への投資を通じて、主として米国の株式の中で、が高いと判断される企業の株式を中心に投資を行い、の長期的な成長を図ることを目的に積極的な運用を行います。 銘柄選択に関しては、個別企業分析に基づく「」を重視した運用を行います。 個別企業分析にあたっては、ティー・ロウ・プライスのアナリストによる独自の企業調査情報を活用します。 テーマを絞ったり、AIやビッグデータを活用したりするのではなく、非常にオーソドックスなアクティブファンドです。 ファンドの愛称は「アメリカン・ロイヤルロード」。 まさに、成長株投資の「王道」ということでしょうか。 「」と同様に、個別企業分析に基づく「」を重視し、主として米国 の株式の中で、成長性が高いと判断される企業を中心に投資しいるファンドは、米国で1950年から運用中のようです。 日本の投資家向けには、新規ファンドですが、運用会社の「ティー・ロウ・プライス」の本国アメリカでは、十分な運用実績のあるファンドと言えます。 ティー・ロウ・プライス・ジャパンのファンドとしては、2019年5月28日設定の「ティー・ロウ・プライス世界厳選成長株式ファンド」シリーズに続く、第二弾ファンドです。 「ティー・ロウ・プライス世界厳選成長株式ファンド」シリーズには、為替ヘッジの有無と分配方針の異なる4種類のコースがあります。 「」 「」 「」 「」 運用方針は、以下のとおりです。 への投資を通じて、世界各国の株式(エマージング・マーケットも含みます)の中で、が高いと判断される企業の株式を中心に投資を行い、の長期的な成長を図ることを目的に積極的な運用を行います。 主として、上場会社の普通株式および優先株、新株予約権付社債、米国(ADR)、欧州(EDR)、グローバル(GDR)といった株関連の証券へ投資をします。 銘柄選択に関しては、個別企業分析に基づく「」を重視した運用を行います。 個別企業分析にあたっては、ティー・ロウ・プライスのアナリストによる独自の企業調査情報を活用します。 「」の運用方針と比べると、投資対象が世界各国の株式となっている以外は、ほぼ同じです。 両ファンドとも、同一の運用戦略で運用している米国のファンドが「」を重視し、が高いと判断される企業の株式に投資することで、好成績を残しているのも同様です。 企業の成長性に着目したグロース型のファンドの値動きは、短期的には市場全体の動きよりも大きくなるケースがあり、に比べるとハイ・リスクになるのが一般的です。 「」による銘柄選択効果を期待するには、短期的な値動きの大きさに気を奪われることなく、中長期の投資スタンスで臨むことが重要といえるでしょう。 【関連記事】 配信元:NTTデータ エービック 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

先週の流入額上位−「アメリカン・ロイヤルロード」がトップ返り咲き、「テンバガー・ハンター」はランク外

アメリカン ロイヤル ロード

QUICK資産運用研究所=西本ゆき ティー・ロウ・プライス・ジャパンが運用する「ティー・ロウ・プライス 米国成長株式ファンド<愛称:アメリカン・ロイヤルロード>」(AW31119C)の純資産総額(残高)が3000億円を突破した。 21日の残高は3049億円。 コロナ禍による不安定な相場でも資金流入が続いている。 同ファンドは主に米国株式のうち成長性が高いと判断した企業に投資する。 最新の月次レポート(4月30日時点)では、組み入れ首位がアマゾン・ドット・コム、2位がマイクロソフト、3位がグーグルの親会社アルファベットと続く。 販売会社はみずほ銀行とみずほ証券の2社。 21日時点の年初来リターンは1. 55%のプラス。 3月下旬に約25%のマイナスに落ち込む局面もあったが、徐々に持ち直している。 運用開始は2019年12月で、当初設定額(1482億円)は年間最大だった。 今年に入ってからも5月21日時点の推計で1481億円の資金流入超となり、ETF(上場投信)を除く国内公募追加型株式投資信託の中で最も多い。

次の

投資信託

アメリカン ロイヤル ロード

QUICK資産運用研究所=西本ゆき ティー・ロウ・プライス・ジャパンが運用する「ティー・ロウ・プライス 米国成長株式ファンド<愛称:アメリカン・ロイヤルロード>」(AW31119C)の純資産総額(残高)が3000億円を突破した。 21日の残高は3049億円。 コロナ禍による不安定な相場でも資金流入が続いている。 同ファンドは主に米国株式のうち成長性が高いと判断した企業に投資する。 最新の月次レポート(4月30日時点)では、組み入れ首位がアマゾン・ドット・コム、2位がマイクロソフト、3位がグーグルの親会社アルファベットと続く。 販売会社はみずほ銀行とみずほ証券の2社。 21日時点の年初来リターンは1. 55%のプラス。 3月下旬に約25%のマイナスに落ち込む局面もあったが、徐々に持ち直している。 運用開始は2019年12月で、当初設定額(1482億円)は年間最大だった。 今年に入ってからも5月21日時点の推計で1481億円の資金流入超となり、ETF(上場投信)を除く国内公募追加型株式投資信託の中で最も多い。

次の