関東梅雨明け予想 2020。 東北地方の梅雨明け&梅雨入り予想!2020年はいつになる?|梅雨明け・梅雨入り予想【2020】

北陸地方の梅雨明け&梅雨入り予想!2020年はいつになる?|梅雨明け・梅雨入り予想【2020】

関東梅雨明け予想 2020

関東・甲信地方の2020年の梅雨入り時期を予想! ショッピングはもちろん、ライブや美術展など年中沢山のイベントが行われる関東地方。 定期的に遊びに行くという方も多いのではないでしょうか。 できれば傘を持たずにお家を出たいですよね。 おでかけの計画を立てるのにぴったりな関東・甲信地方の2020年の梅雨入り予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、 関東・甲信地方の最も早い梅雨入りは1963年の5月6日、 最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日でした。 また過去68年間の関東の梅雨入りの平年時期は6月8日となっていますので、屋外でのイベントや、結婚式などの大切な予定は5月中に済ませておくと良さそうですね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨入りを予想すると、 2020年は6月1日から6月14日くらいとなるでしょう。 関東・甲信地方の2020年の梅雨明け時期を予想! 1度梅雨の期間に入ってしまうと、とっても待ち遠しい梅雨明け。 からっと晴れた空や温かい日差しが恋しくなりますね。 じめじめとした梅雨が明けるといよいよ夏本番。 2020年の関東・甲信地方の梅雨明け予想をお届けします。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、 関東・甲信地方の最も早い梅雨明けは2018年の6月29日、最も遅い梅雨明けは、1982年の8月4日でした。 最も早いと言っても6月中に梅雨明けをしたのは過去68年間でたった1回のみなので、6月中の梅雨明けの確率はかなり低いと言えるでしょう。 また8月に入ってからの梅雨明けは過去68年間で4回と、8月の梅雨明けになる確率も低そうです。 また68年間の関東の梅雨明け時期は7月21日となっており、中旬と下旬の境目である18日~22日頃に梅雨明けすることも多いようですね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨明けを予想すると、2020年は7月15日から7月29日くらいとなるでしょう。 関東・甲信地方の2020年の梅雨期間の傾向は? 梅雨入り・梅雨明けの時期が早くなったり遅くなったりするのは、近年のように異常気象が発生する前からある梅雨の大きな特徴ですが、梅雨の期間に影響はあるのでしょうか。 2020年の関東・甲信地方の梅雨期間の傾向を予想してみましょう。 気象庁の1951年~2018年までの過去データによると、関東・甲信地方の最も短い梅雨期間は1978年と2018年の23日間でした。 過去68年間で25日以内だったのはこの2度のみですので、これはとても短いと言えますね。 ただし30日以内だった年は13回ほどありますので、近年のような集中豪雨が発生するような気候が続けば今年も十分ありえるかもしれません。 また最も長い梅雨期間は1963年の79日でした。 これはとても珍しいケースで、過去68年間で70日以上だったのはこの1度きりです。 平均が41日のところ、次いで長かった1998年の61日とも10日以上の差がありますで、70日以上続く年は滅多にないと言えますね。 これらのデータから関東・甲信地方の梅雨期間を予想すると、2020年は33日~43日くらいとなるでしょう。 まとめ 2020年の関東・甲信地方の梅雨入りと梅雨明け、梅雨期間の予想はいかがでしたか? 過ごしやすい気候の春から夏に向かう季節は、遊園地や公園でもイベントが盛りだくさんです。 ぜひおでかけの計画の参考にしてみてくださいね。

次の

梅雨明け予想2020年【関東甲信】

関東梅雨明け予想 2020

Contents• 東北地方の梅雨入り&梅雨明けとは?メカニズムと決め方について 冒頭の天気図を見ると停滞前線(紫色)が沖縄にかぶっています。 では停滞前線はなぜ引き起こされるのかということも含め理解しましょう。 ここでは梅雨の予想のためにまず梅雨の定義やメカニズムを理解してもらい 定性的観点と定量的観点で梅雨の時期を予想しようと思います。 梅雨の発生メカニズムに関しては、 北のオホーツク海方面の冷たい高気圧から吹き出す冷たい北よりの風と、 南側の太平洋高気圧から吹き出す暖かく湿った南よりの風がぶつかりあったところに、 梅雨前線が発生します。 そして、2方向から風がぶつかると、上昇気流が起こります。 これが雲を発生させ、雨をたくさん降らせるのです。 次に梅雨入り及び梅雨明けの定義についておおむね理解していただきたいと思います。 梅雨明けの決め方 1. 雨が2日以上続いていた後 2. 梅雨前線が北上して、前日と本日が晴れ 3. さらに週間天気予報で5日以上が晴れ(または一部曇り) 【2020】東北地方の梅雨入り&梅雨明け予想 まずは、梅雨入りや梅雨明けの予想をするにあたって考慮する点を下記に示します。 1:東北地方を中心として全国的に気温が高い 東北地方では今年、去年の最高気温を例年より1カ月ほど早く記録しています。 もし高気圧がぶつかり上昇気流が発生した場合、 雲ができやすいためより雨が降りやすくなるでしょう。 2:南西モンスーン(雨期)の国内降雨量が例年並みであるということ 梅雨の発生は地球規模の大きな大気の流れによるものであると研究でいわれています。 そのため海外での梅雨の発生は日本の梅雨発生に関係してきます。 データ参照元: 3:5月10日時点で北のオホーツク海高気圧と南東の太平洋高気圧が出現していること 梅雨発生においてこちらがぶつかっていることによって起こります。 そのため、それらの高気圧がいつ発生するかが梅雨の時期を決めるネックとなってきます。 これらのことを考慮すると以下のことが言えます。 現状からわかる梅雨に直接かかわる考察として、 気温が例年より高いため停滞前線発生後の梅雨の発生が早く、 梅雨の期間の総降雨量が多いと予想できます。 一方で、モンスーンの国内降雨量が例年並みであることから 降水量がなだらかである可能があります。 よって、期間が長くなだらかな梅雨になる可能性がある。 そして梅雨を発生させる高気圧の出現や沖縄での梅雨入りから、 例年より梅雨入りが遅くなることは考えづらいと言えるのではないでしょうか。 ここまでは定性的な部分から梅雨の時期を予想しましたが ここからは定量的な部分にアプローチしたいと思っています。 以下のグラフをご覧ください。 東北地方の過去69年の梅雨入り日の推移(グラフ) 東北(北部・南部)地方の梅雨入りは大きな振れ幅がないように思えます。 東北地方の過去69年の梅雨明け日の推移(グラフ) 一方、梅雨明けに大きな振れ幅があることがわかりますね。 1951年~2019年の過去69年の移動平均の値は、 梅雨入りは東北南部が6月11日ごろ、東北北部が6月14日ごろ。 梅雨明けは東北南部が7月22日ごろ、東北南部が7月26日ごろ。 梅雨入りは 比較的早い。 梅雨明けは 梅雨が長く続くことから遅くなる。 という定性的な傾向を踏まえて、 具体的な時期は以下の期間になるのではないかと予想いたします! 都道府県 梅雨入り予想 梅雨明け予想 山形 6月4日ごろ~6月11日ごろ 7月22日ごろ~29日ごろ 宮城 6月4日ごろ~6月11日ごろ 7月22日ごろ~29日ごろ 福島 6月4日ごろ~6月11日ごろ 7月22日ごろ~29日ごろ 青森 6月7日ごろ~6月14日ごろ 7月26日ごろ~8月2日ごろ 秋田 6月7日ごろ~6月14日ごろ 7月26日ごろ~8月2日ごろ 岩手 6月7日ごろ~6月14日ごろ 7月26日ごろ~8月2日ごろ もちろん気象系専門機関発表のデータをもとに考えた結果ですが、 あくまでも個人的な予想となります。 東北(北部・南部)の梅雨明け&梅雨入りの状況(2020年・平年・昨年) 最後に東北の梅雨明け&梅雨入りの状況を以下のテーブルにまとめました。 2020年5月14日現在、 東北は梅雨入りも梅雨明けもしていない状況です。 東北南部 令和2年 平年差 去年差 平年 去年 梅雨入り 6月12日ごろ 6月7日ごろ 梅雨明け 7月25日ごろ 7月25日ごろ 東北北部 令和2年 平年差 去年差 平年 去年 梅雨入り 6月14日ごろ 6月15日ごろ 梅雨明け 7月28日ごろ 7月31日ごろ データ参照元: 東北(北部・南部)の梅雨明け&梅雨入り予想!2020年はいつになる?まとめ ここでまとめに入ろうと思います。 ・北のオホーツク海高気圧と南東の太平洋高気圧の衝突が梅雨前線を引き起こしているということ。 ・海外のモンスーンの動向が日本の梅雨の訪れに影響があるということ。 ・期間が長くなだらかな梅雨になる可能性がある。 ・例年より梅雨入りが早くなる可能性がある。 以上だけでも覚えていただけたらなと思っています。 最後までご覧いただきありがとうございます。

次の

梅雨明け2020東京や関東地方はいつ?夏の天気や気温はどうなる?

関東梅雨明け予想 2020

もうすぐ夏・・・の前に、梅雨がやってきます! 年によって気象条件が異なりますので、毎年同じ日から梅雨が始まるわけではありませんよね。 ですが、「この頃が梅雨入り、梅雨明けなのかな?」という大体の予想をすることはできます。 今回は、2020年の関東地方の「梅雨入り」「梅雨明け」はいつ頃なのか調べてみました! 2020年関東地方の梅雨入り・梅雨明けはいつ頃?時期はいつからいつまで? 気象庁が発表している平年値によると関東甲信地方の「梅雨入り」「梅雨明け」は以下の通りとなっています。 「梅雨入り」は6月8日頃 「梅雨明け」は7月21日頃 この平年値から、「梅雨入り」「梅雨明け」は大体この時期であることが予想できます。 平年値とは30年間の「梅雨入り」「梅雨明け」の平均値で、現在は1981年から2010年までの平均値が使われています。 平年値は10年経つごとに更新され、2021年からは1991年から2020年までの平均値が使われることになります。 次に平年値と、実際の梅雨入り、梅雨明けがどれほど違うのか、2011年から2019年の記録で確認してみましょう。 西暦 梅雨入り 梅雨明け 2011年 5月27日頃 7月9日頃 2012年 6月9日頃 7月25日頃 2013年 6月10日頃 7月6日頃 2014年 6月5日頃 7月21日頃 2015年 6月3日頃 7月10日頃 2016年 6月5日頃 7月29日頃 2017年 6月7日頃 7月6日頃 2018年 6月6日頃 6月29日頃 2019年 6月7日頃 7月24日頃 平年値 6月8日頃 7月21日頃 このように平年値と、実際の梅雨入り、梅雨明けの間には、年によってばらつきがあるのがわかりますね。 梅雨入り・梅雨明けの時期は平年値から予想できますが、過去の記録と見比べると大体当たっていることもあれば、大幅にはずれることも有り得るのでその点はご考慮ください。 梅雨入りや梅雨明けはどのように決まるの? 梅雨入りや梅雨明けは、気象庁が発表します。 そのとき「梅雨入り宣言」や「梅雨明け宣言」という報道がありますね。 気象庁はさまざまな気象条件をみて、梅雨入り・梅雨明けの判断材料とします。 「雨が一週間以上続くと予想されると梅雨入り」 「晴れが一週間以上続くと予想されると梅雨明け」 「梅雨前線がその地域に戻ってこない(北上・消滅などで)と判断されたら梅雨明け」 このような判断基準があるともいわれていますが、毎年同じ気象現象が生じるわけではなく、確実に予測することは不可能なため、ある程度の予想で「梅雨入り・梅雨明け宣言」を行います。 そして、最終的に9月に気象台の観測結果を再検討してその年の梅雨入り・梅雨明けを決め、記録として残します。 そのため、6月に「関東地方は6月10日に梅雨入りしたとみられます」と報道があっても、9月の再検討で「関東地方の梅雨入りは6月11日」となることもあるのです。 気象庁の梅雨入り宣言があった直後から晴天が続くこともよくありますし、梅雨明け宣言があったのに全然雨がやまないこともあります。 9月に気象台の観測結果を再検討して梅雨入り・梅雨明けが決定しますので、それまでは梅雨入り・梅雨明けがいつなのかはわからないのですね。 今回紹介した「梅雨入り」「梅雨明け」の時期は平年値を元にした大体の予想ですので参考程度になさってくださいね。

次の