私が姑を殺しネタバレ結末。 ルパンの娘最終回はいつ?放送日と結末予想や予告動画を調査

わたしの幸せな結婚5章(小説)のネタバレと感想・結末【美世の異能が発動するキッカケ?話は終結へと向かう!】

私が姑を殺しネタバレ結末

そこでイエスは言った。 私の手や足を見よ。 まさに私だ。 触れてみよ。 湖の岸辺では中年の日本人が慣れない手つきで釣り糸を垂れています。 大雨の早朝、巡査部長のジョングは、高麗人参農家のチョの妻が殺害されたと連絡を受け、おっとり刀で出勤します。 田舎家の現場には慟哭や罵声が飛び交い、犯人のパク・フングクは血まみれで手錠をかけられ、デキモノだらけの顔で縁側で茫洋と座り込んでいました。 室内は荒らされ血の海で、チョの妻は全身を20か所以上刺されて死亡、チョの遺体は麻袋に詰められ転がっていました。 殺害現場は少し離れたフングクの養豚場で、警官たちはチョを呼び出して殺害後、その家に行き妻も殺した痴情のもつれだと推測します。 ジョングは養豚場の軒下にあった、枯れた穂の束のようなモノに気づきますが、その物置からは不気味な呪術道具や巣のような寝床が見つかります。 ある晩の派出所勤務の際、ジョングは部下のソンボクから、健康食品店のトッキが罠に掛かった鹿の死骸を背負ったはずみで谷に落ち、気づけば最近村に住み付いた日本人のよそ者が褌一丁で鹿の死骸にかぶりつくのを目撃、真っ赤な眼をしたそいつに襲われたと肉屋のビョンギュから聞いた、奴が来て以来村人の不審死や事件が相次ぎ、怪しいと噂になってると言われます。 けれどジョングは半信半疑で、フングクの事件は、血液検査の結果幻覚性の毒キノコが原因だと断定され、家からも大量にキノコが見つかったと話します。 その時、落雷で停電となり、ジョングが外にボロボロの女がいたと騒ぎますが、誰もいませんでした。 日々は平穏に過ぎ、ジョングは車での夫婦の営みを娘に見られ、ピンクの髪留めや菓子でご機嫌を取ります。 しかしある夜、大火事の現場で錯乱した火元の家の妻に襲い掛かられ腰を抜かした彼は、やじ馬の中にいて、騒動を見つめる件の日本人と目が合います。 彼は派出所に戻ってもへこんだままで、着替えを届けに来たヒョジンを不愛想に追い返しますが、娘が落とした髪留めを拾おうとして、火元の家の妻は、昨夜派出所に現れた女だったと思い出します。 つまり彼女は昨夜から様子が変で、その顔にも発疹が出ていたのです。 けれど翌朝、その妻はその家の敷地にある高い木の枝で首を吊った遺体で発見され、刑事は家族の死因は焼死ではなく刺殺で、妻はその容疑者だったと言い、証拠の包丁が焼け跡のタンスの下から発見されます。 コクソン警察署には報道陣が詰めかけ騒動となりますが、ジョングはビョンギュの肉屋に呼ばれ、火元の家の妻は以前、件の日本人に襲われ、以来夜中に裸で歩き回り、先日彼の妻が目撃した時には全身が湿疹で覆われ狂乱していたと言うのです。 焼け跡の見張りの最中、ジョングは日本人の仕業かもと言い出し、一転冗談だった笑うソンボクに、加害者は皆湿疹が出てたから皮膚科に掛かったかもと言い調べに行かせます。 その時、火元の妻が縊死していた木の下に緑の上着の若い女がいて、彼らにしつこく石を投げつけ、ソンボクがいなくなった途端「あの女 火元の妻 が家の中で殺したのよ」と呟きます。 彼女は身内ではないと言いながらも、 狂った 火元の妻のために姑が祈祷師を呼び、それを嫌がった妻が家族を殺したと言い、彼を現場に誘い、焦げた包丁で刺す仕草をして見せ、姑は頭をかち割られたから一番苦しんだ、自分はそれを見たと言うのです。 けれどその時ソンボクから電話があり、応対している間に女は消え、焼け跡を探すうち、裏の竹藪で、褌一丁で動物の死骸にかぶりつく赤い眼の日本人を発見、襲われたところで目覚めます。 すでにどこまでが夢でどこからが現実なのか、訳が判りません。 時間は朝8時。 ヒョジンは高熱で寝込んでいて、またもや遅刻した彼は始末書を書かされます。 皮膚科では発疹の原因は不明だったと聞いたジョングは、キノコは無関係だと言いソンボクと共に鹿の一件の健康食品屋のトッキに会いに行きます。 ソンボクは笑いをこらえていましたが、ジョングはトッキに件の日本人の棲み処までの案内を頼みます。 3人は山の奥の鹿の残骸にたどり着きますが、棲み処まで行く行かないと揉めるうち、トッキは再び転がり落ち、立ち上がった瞬間被雷し倒れます。 彼は意識不明で病院に運ばれ、2人は号泣する彼の妻に詫びます。 が、その時、同病院に入院中だったフングクの容体が急変したと知らせが入り、2人も様子を見に行きますが、全身が発疹で覆われ、激しい痙攣と硬直を繰り返すうち首の骨が折れ、大量に吐血し絶命する惨い死に様でした。 2人はその後、焼肉屋に寄りますが肉は喉を通らず、ジョングは「明日こそ奴の棲み処に行かないと」とこぼし、女性客の首筋に同じ発疹が出ているのに気づき「何が起こってるんだ、訳が分からん…」と呟きます。 その夜、ヒョジンは高熱にうなされ「知らないおじさんが玄関を叩いて入って来るの」と怯え、泣き続けていましたが、翌朝にはけろりと起き出し大量の魚を貪り食っていました。 祖母は、嫌いな魚をあんなに食べるのはおかしい、隣のお婆さんに評判の祈祷師を紹介してもらうと言い出し、ジョングも了解します。 いよいよ日本人の棲み処に乗り込む段となり、ソンボクは十字架を下げ、幼い頃日本にいたという甥、助祭神父のヤン・イサムを通訳として連れて来ます。 その棲み処は山の中腹のあばら家で、留守でしたが、庭には獰猛な黒犬が繋がれていました。 2人は、不法侵入だと言うイサムに見張りをさせ、乱暴に家探しをし、居間では能面や春本などを見つけて驚きます。 が、ジョングは次の間の奥に蝋燭が灯った祭壇を見つけカギを壊して侵入、ソンボクは居間の隠し部屋を見つけ覗き込みます。 祭壇の部屋は縄飾りや古い日本人の写真で囲まれ、祭壇には血塗れのヤギの骸骨や角、生魚などが捧げられ、血塗れの首の無い仏像が縄で縛られていました。 また隠し部屋は1畳ほどの狭い空間で、壁はこれまでの事件の被害者や加害者の隠し撮り写真と無惨な遺体写真、現場写真などが隙間なく貼られ、足元にはその所持品らしきものがありました。 その時、イサムが黒犬にズボンを噛まれ悲鳴を上げます。 ジョングは慌てて彼を助け出しますが、黒犬の鎖の杭が抜け、2人は家の中に逃げ込み必死で戸口を押さえます。 ソンボクはその間も愕然としたまま動けません。 間もなく件の日本人が帰宅し、黒犬をなだめ攻撃が止みます。 日本人は、黒犬を繋いで無言で部屋に入り、3人を一瞥し隠し部屋の扉を閉めます。 イサムは日本語で謝りますが返事はありませんでした。 彼は急ぎ自宅に戻りヒョジンにズックを見せますが私のじゃないと言われ、山に住んでる日本人を知ってるか?と聞くと1、2回会ったとは言うものの、問い詰める彼を睨みつけ「一体何が大事なんだ!しつこく言いやがって!」と恫喝します。 その夜、ジョングは寝入った娘のカバンを調べ、ノートが破かれ、焼け焦げや残虐な殺害シーンの落書きや意味不明の言葉で埋め尽くされ、そのカオスの中に鬼のような異様な姿が浮かび上がっているのを見て慄然とし、夜着の裾をめくります。 案の定、下着周辺から上に発疹が出来始めているのを知り頭を抱えた瞬間、娘が「一体どういうつもりだ!この変態野郎!!!」と絶叫します。 ヒョジンは、母親や祖母に抑えられ庭に連れ出されても彼を罵り続け「お前らぶっ殺してやる!」と狂乱していました。 祖母は落ち込む彼に、祈祷師に相談したら「この家にいた悪霊に取り憑かれた、このままでは死人が出る」と言われたと話します。 翌朝ジョングはイサムを強引に連れ出し日本人宅に向かいます。 日本人は素直に応じますが、隠し部屋は片づけられ、写真は台所で燃やしたと言い証拠もありません。 ジョングはイラついて訪韓の目的を聞き、イサムは逐一きれいな日本語で通訳しますが「旅行。 正直に言っても信じないだろ?」と言う彼にキレ、韓国語で罵倒し、単なる旅行者が死人の写真を飾るか?!お前何者だ?!お前の悪事や娘に何をしたかまで全部知ってんだ!と怒鳴り、「全てを整理して静かに出て行け!コクソン 谷城 は俺の縄張りだ!下手なマネすると命はないぞ!」と脅します。 それでも日本人は諌めるように彼をじっと見つめ黙っています。 それにキレた彼は、庭にあったツルハシで祈祷部屋を破壊、襲い掛かった黒犬を返り討ちにしますが、それでも日本人は動揺すら見せず、こうなるぞ?判ったか?3日待ってやる、通訳しろと言うジョングにイサムは絶句します。 日本人は、彼らが引き上げた後、まだ息がある犬にカラスが集っても見向きもせず、縁側に座りブツブツと何か呟いていました。 ジョングの妻はヒョジンを皮膚科に診せ、死んだ犯人たちと同じ症状だが原因は不明だと言われたと怯えます。

次の

『彼岸島48日後』最新152話ネタバレ・考察!三つ巴戦の決着の結末は?!

私が姑を殺しネタバレ結末

「美食探偵明智五郎」原作最新刊までのざっくりあらすじ この物語の主人公の名は明智五郎。 名家で育った彼は祖父譲りの美食家である。 探偵の仕事の傍ら、毎日美味しいものを食べ歩いている明智。 そんな彼の周りで、食にまつわる殺人事件が次々と起きていく。 すべてのはじまり 全ての事件の発端は、たったひとつの浮気調査だった。 夫の浮気を疑う女性から依頼を受け、調査をした明智は、浮気現場の証拠を押さえる。 調査の報告を受けた女性は、自分の旦那が毎日他の女性の作る昼食を食べている事を知り、その恨みから旦那を殺してしまう。 彼が殺されたニュースを見た明智は、犯人があの依頼主の女性だと気が付き、急いで彼女に連絡を取る。 食後、彼女の自殺を阻止しようとする明智だったが、女性は彼の目の前で崖から身投げしてしまう。 マリアの誕生 それからしばらくたったある日、明智はマリア・マグダラと名乗る人物から絵葉書を受け取る。 そのマリアとは、彼の目の前で自殺したはずだったあの女性だったのである。 マリアは、誰かに恨みを持っている人間を見つけ、その人たちを誘導し殺人を裏で演出していく。 明智の事を自分の恋人だと話すマリアは、まるで恋の駆け引きをしているかのように次々と殺人を楽しんでいく。 殺人 マリアの最初の依頼主となったのは青森のリンゴ園の娘だった。 上京した彼氏に浮気をされていた彼女は、その恨みを晴らす為、マリアに依頼をした。 都内のホテルに泊まっていた彼氏とその浮気相手に、マリア自ら手作りのリンゴジャムを食べさせ、2人を毒殺したのだった。 明智は助手、小林苺の力を借り、真相にたどり着くもマリアにたどり着くことはできない。 そして次の事件の舞台は、明智の事務所近くのフレンチ料理屋。 味の分からない素人がレストランを酷評したことで、店の経営が傾いてしまった。 そんなシェフは、実はマリアとは長年の付き合いだった。 彼女の演出のおかげで、シェフは警察に疑われる事もなく事件は終わってしまうが、もちろん明智だけは真相を解明する。 解明はしたものの、捕まえることも、マリアにたどり着くことも出来ず、再びマリアに敗北してしまう。 3つ目の殺人依頼は、れいぞう子と呼ばれる主婦からだった。 姑から毎週送られてくる手料理が彼女の冷蔵庫を埋め尽し、得意の料理を旦那にふるまう機会がなくなってしまったれいぞう子。 そのせいで彼女は心を病み、マリアに相談をする。 マリアの指示で冷蔵庫の中身を処分していた彼女は、夫に激怒され、そのまま彼を刺し殺す。 それを聞いたマリアは、彼女の家にシェフを送りこみ、2人は証拠隠滅の為に旦那の遺体の解体を始める。 解体された遺体は、皮肉にも綺麗に包装され冷蔵庫に並べられた。 そのバラバラにされた旦那は偶然にも明智の同級生だった。 同窓会に来なかった彼を不思議に思い、家まで訪ねた明智はすぐに異変に気付く。 れいぞう子と接触し、家の中に入ることに成功するも2人に逃げられてしまうのであった。 冷蔵庫の遺体は見つかり警察が動くも、何の証拠もない為に、事件はそのまま幕を閉じる。 今度こそマリアにたどり着く一歩手前だったが、やはり届かなかった。 その頃、マリアはパリで日本人の商社マンと出会っていた。 一晩の恋を楽しんだ2人だったが、彼の結婚指輪を見つけてしまったマリアは、翌朝彼を毒殺してしまう。 その後すぐに帰国したマリアは、殺人をさせた3人に迎えられ、早速次の殺人の準備に取り掛かる。 最後のターゲットになったのは、アイドル、ココのストーカー男。 壮大な演出を考えたマリアは、彼女の手駒になった3人の協力を借り、1週間かけてストーカー男を殺す。 1週間後に男が死ぬことをマリアから聞いた明智は、彼女の演出のカラクリを明らかにするも、阻止する事は出来ず、男は死んでしまう。 このように次々と起こった殺人事件たち。 警察が真相にたどり着くことは一度もなかったものの、明智はほぼ全ての事件の真相を解明していった。 とは言え、彼はいつもマリアよりも一歩遅く、彼女の殺人を食い止めることには成功しなかった。 しかし、最新刊で初めて、マリアの殺人を未遂で止めることに成功する。 明智と苺の関係に嫉妬したマリアは、苺を騙し船で誘拐、海の真ん中に苺を突き落とす。 明智は何とか間に合い、苺を救出した。 その後、明智とマリアは海に飛び込み、お互いへの愛をささやき合う。 マリアにプロポーズをした明智だったが、まだ殺しが終わってないからという理由で断られ、5巻は幕を閉じる。 数々の人を殺してきたマリア、狂ってはいるものの、自分が罪人だという自覚はきっとあるんではないでしょうか。 という事は、彼女も死ななければいけない存在なのです。 しかし自分が死ぬ前に、彼女が生んでしまった殺人犯たち全員を殺さないといけません。 そして最後に残った自分は自殺をする、ということです。 派手な演出での殺人を繰り返してきたマリアですから、もちろん自殺をするのにも美しくて壮大な演出をするのではないでしょうか。 フィナーレにふさわしいドラマッチクな死に方をしてくれると思います。 そしてきっと最期の時は、他でもない明智と過ごすことを選ぶのではないでしょうか。 最期くらい彼を独り占めして、愛しい彼に愛されながら美しいまま死んでいくのがマリアらしいような気もします。 そして何より忘れてはいけないのが、最後の晩餐です。 この漫画で1番頻出する単語といっても過言ではないくらいに、このストーリーは最後の晩餐が毎回カギとなっています。 ここまで明智に劣らない食への愛や知識を見せてきたマリアですが、そんな彼女はとっておきの最後の晩餐を準備するはずです。 きっとまた1巻の時のように、明智を安心させ眠らせたところで、誰にも見つからない場所に行き1人死んでいくのではないかと思います。 マリアに本気で恋をしているのかよく分からない明智ですが、どちらにせよ彼女の死は彼に重くのしかかるような気がします。 そんな時、きっと苺が彼を救ってくれるのではないでしょうか。 私の個人的な願いでもありますが、苺の作るご飯を食べて彼は元気を取り戻し、元通り、ただの食好きな探偵として平凡な毎日を送ると思います。 そして、きっと苺と明智の関係もゆっくりながら進展していくような気もします。 こればっかりは最終回を観るまで分からない!最終回までハラハラドキドキが止まりません。 【関連記事】.

次の

鍵のかかった部屋4話あらすじネタバレ・密室内にタランチュラ?|みやびカフェ

私が姑を殺しネタバレ結末

もくじ• 映画「ひとよ」の原作 松本紀保プロデュース アフタートーク第4弾です! 4月13日 金 19時30分の回~終演後、女優、劇作家、演出家であり劇団KAKUTA主宰 桑原裕子さんをお招き致します。 いつも拝見する度思う、どこか欠けている人々の切なさを描く桑原さんが「Farewell」の世界をどう感じてくださるか。 ひとよを劇団に書き下ろしたのは、2011年の夏で、福島生まれの桑原裕子さんが震災への思いも含めて書いてます! 震災が起きた直後に書かれた作品ですが、震災の話ではありません! ひとつの家族を通じて 「本当の再生とはなにか、私たちはどう歩み出せばいいのか」を、まだ見つけられてないまま模索している時期に書かれています。 」 15年前、ある田舎のタクシー会社で起きた 「ひと夜」の出来事で、運命が変わった家族! 母親が父親を殺した事件・・・! その後、母親と長男、次男、長女の4人がバラバラになってしまいます。 一家は「ひとよ」の出来事に囚われたまま別々の人生を歩んで、15年後に再会します。 今も営業を続けるそのタクシー会社へ、家族の待つ家へ、再び戻ってきたことには意味があるのか? 皆さん、大雨大丈夫でしょうか? 宣伝部は、自宅の窓を開けたまま撮影現場に来ちゃいました😂 稲村家 は、しっかり戸締りしてると思います! 【】 雨粒は落下中の空気抵抗により、まんじゅう型。 — 映画『ひとよ』 hitoyomovie 稲村家の家族は、葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうと家族がもがきます。 これからの家族の岐路と15年越しに向き合う一家が辿り着く先とは・・・「家族の絆と究極の愛のかたち」を問いかけます。 スポンサーリンク 映画「ひとよ」のキャスト 佐藤健、20代最後の一日に落語の名作「死神」を披露!30th ANNIVERSARY EVENT — 2Tkrblog 2Tkrblog 主演の佐藤健 つい先日、30才になって、アニバーサリーイベントを埼玉で開催していた佐藤健さんです! 主人公の稲村雄二のキャストは、佐藤健さんで、ひとよで人生が変わった稲村家の次男雄二を演じます。 母親が起こした事件を許せない息子で、やさぐれている風貌! 15年前の事件に縛られて、家族と距離をおいて、東京でうだつのあがらないフリーライターとして働いています。 お金のために母親の事件をネタに記事を書く。 佐藤健さんは、2月に公開された映画「サムライマラソン」や「るろうに剣心」の真っすぐな侍のイメージが強いので、長髪に髭の今までにないやさぐれた雰囲気が楽しみです。 長男・鈴木亮平 稲村家の長男の大樹役のキャストは、鈴木亮平さんです。 事件のことで悩み続けた長男、事件で就職の内定を取り消されています。 妻二三子(MEGUMI)の実家の町の電気屋で働いていて、幼少期から人とのコミュニケーションに苦手意識を持っています。 稲村家の兄弟で唯一、妻と子供、家庭を持ってますが、二三子に思い悩んで、別居中です。 両親は亡くなっていると妻に言って結婚していた! 事件のことを知らなかった妻と、こはる(田中裕子)はかみ合わず、大樹と離婚騒ぎになります! 長女・松岡茉優 2人の妹・長女の園子を、松岡茉優さんが演じます。 子供たちのために父親を殺してくれた母親を信じ続ける長女です。 園子は、15年前の事件によって、美容師になる夢を諦めて、スナックで働きながら生活しています。 松岡茉優さん、歌上手すぎる! 不器用すぎて気持ちが伝わらない家族をつないでくれる存在です。 田中裕子 3人の母親役・こはるは、田中裕子さんです。 15年前、 子供を守るために父親を殺しましたが、出所して稲村家に戻ってきます。 子供たちを不器用に愛する母親! 他にも、白石監督の常連の音尾琢真さんやタクシードライバーの佐々木蔵之介さんなど、個性的なキャストがいます。 佐藤健さんのおばあちゃんが、おしゃれイズムで、 映画のロケ地が茨城県の大洗だったことを話していました! ひとよでワイルドな佐藤健さんもいいけれど、ドラマ「義母と娘のブルース」の毎回違う職業で登場する、天然ナチュラルな佐藤健さんが見たい! 綾瀬はるかさんとのちょっとズレたむずキュンも面白かった! スポンサーリンク 映画「ひとよ」のネタバレ 母親こはるが父親を殺す 稲村家は田舎の町でタクシー会社を営んでいます。 家族経営の会社だから、母親のこはる(田中裕子)は、深夜まで運転手として働いていました。 ある日、こはるは暴力をふるう夫を殺して、子供たちを守るためにやったと誇らしく話して、自首をして15年後に帰って来ることを誓いました。 夫の暴力から逃れて、明るい未来を想像していたのでしょう。 15年後、こはるが戻る 15年後の父親の法要の日に、こはるが帰ってきます。 タクシー会社は、稲丸タクシーと名前を変えて営業されていました。 こはるの甥の丸井進(音尾琢真) が経営していて、15年前から働いている柴田弓(筒井真理子)や牛久真貴(韓英恵)新人運転手の堂下道生(佐々木蔵之介)で続けられていました。 しかし、子供たちはこはるの願いとは違う人生を歩んでいました。 長男(鈴木亮平)は、妻の二三子(MEGUMI)の実家の電気屋で働き、次男(佐藤健)は、売れないフリーライター、長女は美容師を諦めて、スナックで働いていました。 ワケありな従業員たち タクシー会社の従業員もみんなわけありです。 柴田弓(筒井真理子)は、姑の介護をしながら、秘かに年下の歌川要一(浅利陽介)と付き合っている! 新人運転手の堂下道生(佐々木蔵之介)は、元ヤクザで、足を洗って息子との再会を喜んでいました。 佐藤健のベッドシーン 今日は さんの誕生日です。 おめでとうございます! 稲丸タクシーのドライバーとして働く<モー>こと牛久真貴を演じた韓さん。 佐藤健さんのベッドシーン初めてみました! 激しくワイルドなベッドシーン、貴重です! ひとよの事件が起きる こはるのことが好意的に雑誌で取り上げられて、タクシー会社は好転できると思っていたある日、事件が起きます。 無断欠勤した柴田弓(筒井真理子)が姑を殺してしまったと告白します。 またまた、 ひとよでタクシー会社に暗雲が立ち込める。 こはるの言葉 そんな時に、堂下(佐々木蔵之介)が、今まで息子に渡していたお金が覚せい剤に使われていたものだとわかってやけ酒で泥酔していました。 雄二(佐藤健)の運転で、3人は堂下(佐々木蔵之介)のタクシーを追いかけて、何とかタクシーを止めました。 堂下は、息子と再会して喜んだ 「ひとよ」は何だったんだと悔やみます! そこにこはるが「自分にとって特別なひとよなら、それでいいではないか」と言います。 一度壊れたから、絆が深くなった家族! そして、騒ぎが収まると、園子がこはるの髪を切ることになって、稲村家の家族が庭に出ます。 次の日、雄二は事件のデータを消して、「またね」と言って東京に戻ります。 映画の結末は、ここまでです。 ひとよを見たときに、大樹の右手の人差し指がずっと曲がっていたことに気付きましたか? そのことに関連して、原作では、家族が大爆笑、大号泣で終わります! 原作のラストは・・・! 大樹が空を指をさすと、人差し指が、父親に虐待されて曲がっているので、知らせたい方向を示せない! それを見て家族が大爆笑・・・そして、大号泣・・・寄り添う家族たち。 過去は消せないけど、これからも寄り添って生きていく。 ひとよでワイルドな佐藤健さんもいいけれど、ドラマ「義母と娘のブルース」の毎回違う職業で登場する、天然ナチュラルな佐藤健さんが見たい! 綾瀬はるかさんとのちょっとズレたむずキュンも面白かった! スポンサーリンク 劇団KAKUTAの舞台「ひとよ」を観た人の感想 2011年に書き下ろされて、2011年と2015年に劇団KAKUTAによって舞台化された「ひとよ」の感想がスゴイ! 劇団KAKUTAの「ひとよ」の余韻をまだ引きずっていますが観れてホント良かったです! 吉永さんて…実は神様なんじゃないの? 救いの神。 だから片言な日本語 笑 来週は横浜公演なんですね、また観たいな。 — TY ponyponypony122 また観たい! 劇団kakuta『ひとよ』観劇して来ました。 冒頭から引き込まれました! 出演者の方々のキャラ設定、テンポ、そして脚本…すべてが合致した超素敵な舞台でした。 何度でも観たくなってしまう…。 — TY ponyponypony122 引き込まれました! 劇団KAKUTA 『ひとよ』 大千秋楽観劇。

次の