グッバイ 君 の 運命 の 人 は 僕 じゃ ない 歌詞 ひらがな。 「君の運命の人は僕じゃない」|あゆみ / ayumimu|note

Official髭男dism の曲の特徴 &m.tonton.com.myderの歌い方解説 【前半編】

グッバイ 君 の 運命 の 人 は 僕 じゃ ない 歌詞 ひらがな

さて、今日は髭男dismが先日MVを公開した新曲「Pretender」について、その歌詞の意味を徹底解釈していきたいと思います。 皆さんもリリース前からMVを聴き込んで、是非覚えてカラオケで歌っちゃってください^^ それでは、その歌詞の意味を一緒に見ていきましょう! 1. 楽曲について 今回紹介する 楽曲「Pretender」は、2019年5月15日にリリースされる、髭男dismの2nd Singleです。 映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌にも抜擢されています。 髭男dismは同じく『コンフィデンスマンJP』のドラマ版の主題歌を2018年に「ノーダウト」で務めていますが、まさに「ノーダウト」が出世曲となって、徐々にを広げてきました。 その「ノーダウト」の場合は、演じる天才詐欺師が主人公、という「コンフィデンスマンJP」のストーリーに合わせて「嘘」をテーマとした楽曲になっていました。 その意味でも、「Pretender」が今回の映画を踏まえてどのような楽曲に仕上がっているのかが、非常に楽しみなところです。 MVの撮影地は台湾・だそうですが、ギラギラと光るネオンの世界観は映画を意識したものでしょう。 ミュージックビデオは全編にわたり台湾で撮影されており、台湾の夜景をバックに背負った彼らの演奏シーンや、台湾の現地モデル、俳優のキャストによるドラマシーンも収められている。 また、今回の『コンフィデンスマンJP』は副題が "ロマンス編"。 楽曲の中にも「ロマンス」のフレーズが登場します。 その意味でも、映画も合わせて見るとより楽しめるかもしれません。 歌詞について それでは、「Pretender」の歌詞を見ていきましょう。 君との恋愛は、始まる前に自分が思っていた通り、ひとり芝居だった。 距離感はずっと近いけれど、二人が本気になることはなく、結局は他人事のように真剣になれなかったのでしょう。 【2】1番Bメロ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 「ごめんね」という二人の間のコミュニケーションにも、感情や熱はなくて、あまりにドライです。 そんな状態がいつしか日常になってしまっているのでしょう。 慣れれば特に何を思うことはないのかもしれませんが、は、「ロマンス」という感情は成立しないのだと、ふとした瞬間に気づかされるのです。 【3】1番C メロ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから まるで芝居のように、自分自身のキャター設定や二人の関係を選べたら、この「ロマンス」にはまだ可能性があったのかもしれません。 ただ、実際は 君と僕とでは「」が違っていて、あらゆるものが決して交わることがありません。 性格も価値観も違ったら、と「たら」「れば」を繰り返すこと自体が、無駄なのは自分も一番理解しています。 【4】1番サビ グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 どんなに工夫したところで、 僕も君との関係が続かないことは分かっているのでしょう。 だから、自分から君に「グッバイ」を告げます。 運命の人かもしれないと思い、必死にそうなろうとして、でもなれなかったから、この判断は「辛いけど否めない」ものでしょう。 ただ、 思い入れもあるからこそ、分かっていてもきっぱり離れることもできない。 髪に触れると、君の感覚がよみがえり、「痛い」と「甘い」の相反する思いが胸を締め付けます。 これだけの苦しい思いを抱えるなんて、僕にとって君はどのような存在なのか。 答えは自分の中にもないし、(もっとじっくり考えれば出るかもしれないけれど)「分かりたくも」ありません。 この「ロマンス」が成立しなくても、目の前の君が「綺麗」であるということだけが事実なのが、なんとも悲しいです。 【5】2番Bメロ 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ さて、そんな風に悩み苦しむ僕にとって、「誰かが偉そうに語る愛の論理」は、遠くにうすぼんやりと見える程度で、何も具体的にイメージできないような、「知らない街の夜景」程度のものにしか思えません。 【6】2番Cメロ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ 改めて、二人の「」を選ぶことができたらどんなに良かったでしょう。 ただ、自分の気持ちに任せて、「好きだ」と後先考えず「無責任に」言えたら良いけれど、そう願っても叶わないとわかっているから、虚しい気持ちが募るばかりです。 【7】2番サビ グッバイ 繋いだ手の向こうに 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry… そりゃ苦しいよな 今手を繋いでいても、この「ロマンス」に終わりは見えている。 取り繕って引き延ばしても、この先の未来には君はいないことが分かっていて、その事実を想像すると苦しくて、思わず泣けてしまうのでしょう。 【8】ラスサビ グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 最終サビは1番サビの繰り返しとなり、最後のフレーズに入ります。 恋が始まり終わるまでの一連が「ロマンス」というものであれば、なんだかんだ「悪くない」 と思える。 永遠や約束というような、聞き心地のいい結末は待っていないけれど、この「ロマンス」がどうなったとしても君が「とても綺麗だ」ということだけは、やはり確かなこととして残っているのでしょう。 ピアノを入れるとより曲全体がルで、自然な印象になると思うのですが、 今回「Pretender」はピアノに加えて、電気的なの音を多めに取り入れています。 その中でも 最も印象的なのは、間奏部分かもしれません。 通常ギターソロが入るようなポイントですが、今回はがその役割を担っています。 これって 髭男ではあまり聴かない、新しい音ですよね。 リリースするたびに、髭男の良さはブラさないながらも、必ず何か新しさを加えてくるのは本当にさすがだと思います。 人によって、どんな音なのかの印象が違いそうなのも面白いですね。 たとえば、サビの中にある 「それじゃ僕にとって君は何?」というフレーズ。 「君にとって僕は何?」であれば理解しやすいですが、"僕"目線の曲の中でこのフレーズを考えると少し不思議な気もしてきます。 「僕にとっての君」は、最初は「想いを寄せる人」であり、やがて「彼女」になり、これから先別れてしまったら「何でもないただの他人」になる。 それが普通の解釈ですが、ひょっとしたらもうずいぶん前に関係性が壊れている以上、すでにずっと前から 「僕にとっての君」はただの「彼女のような人/彼女のように思いたい人」だったのかもしれません。 僕も薄ぼんやりとそう気づいていて、よくよく考えると否が応でもその結末に辿り着いてしまう。 だから「分かりたくもない」と思ってしまうのだとしたら、曲の内容により深みが出るなーなんて思ったりしてます(笑) そういえば、タイトルの「Pretender」も、「ノーダウト」の時ほどは直接的に曲中で言及がありませんね。 pretendは英語で、「~のふりをする」なので、 pretenderは「ふりをする人」。 もしかすると、当然 君も、僕でさえも、お互いの「運命のヒト」の「ふりをしていた人」なのかもしれません。 最後に さて、いかがでしたでしょうか。 私はさすが髭男だなぁと、あっという間に大好きな一曲になってしまいました。 4月30日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』6月号にて、「『Pretender』ができるまで」というインタビューが掲載されるそうです!こちらも合わせて読んでみると、より楽曲を楽しめるかもしれません。 GWを控え、も増えてきますね!気候もいいので、是非皆さん楽しい音楽ライフを過ごしてくださいね!^^ それでは。 trasheep.

次の

Pretender 歌詞「Official髭男dism」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

グッバイ 君 の 運命 の 人 は 僕 じゃ ない 歌詞 ひらがな

今回はOfficial髭男dismさんの Pretenderをカバーしました。 26 Release!! 春茶 M2 新世界のユーツ feat. SiN M3 会いたくて feat. こぴ M4 夏恋慕 feat. 春茶 M5 春に揺られど君想う feat. こぴ M6 ラブレター feat. 春茶 M7 言葉さがし feat. Caption authors Indonesian• Caption author English United Kingdom• Caption author Chinese• Caption authors Thai• Caption author English United States• Caption authors Korean• Caption author Turkish• Caption author Malay• Caption author Portuguese Brazil• Caption authors English• Show more Show less.

次の

Official髭男dism の曲の特徴 &m.tonton.com.myderの歌い方解説 【前半編】

グッバイ 君 の 運命 の 人 は 僕 じゃ ない 歌詞 ひらがな

「万有引力とは/ひき合う孤独の力である/宇宙はひずんでいる/それ故みんなはもとめ合う」 『二十億光年の孤独』より 現代詩にほとんど触れたことのない人でも、きっとこのフレーズには聞き覚えがあることでしょう。 谷川俊太郎作 『二十億光年の孤独』の一節です。 谷川俊太郎の作品には、学生時代、国語の教科書や合唱コンクールの課題曲として出合ったという記憶のある方も多いのではないでしょうか。 1952年に『二十億光年の孤独』で鮮烈なデビューを果たした谷川は、85歳のいまもエッセイや絵本の執筆、翻訳といった多彩な活動を行いながら、精力的に詩を作り続けています。 彼の詩に対してもしも、難解、暗い、わからない……なんてイメージを思っているとしたら、それは大間違い。 谷川俊太郎は、 言葉遊びのような詩から ほのぼのとした詩、時には 怖い詩まで、カメレオンのようにいくつもの作風を使い分ける異色の詩人なのです。 ( 合わせて読みたい: ) 1. 2007年に詩集『私』の中の1編として発表されたこの詩からは、谷川俊太郎の持ち味である控えめなユーモアが感じられます。 「言葉どもに揉まれながら暮らしてきましたから/どちらかと言うと無言を好みます」という1行には、思わずクスッと笑ってしまう読者も多いのではないでしょうか。 飄々と進む『自己紹介』は、 「私の書く言葉には値段がつくことがあります」というハッとするような言葉で終わります。 彼は自分のホームページ上の文章でかつて、詩の値段についてこんな風に語ったこともあります。 詩は金融市場とは無縁ですが、詩をお金の力が届かない聖域に祭り上げるのも、誤魔化しのように思えます。 もう死んでしまった「俺」が自分の葬式を眺めながら語るという、奇妙な1編です。 知人が白いベンツでやってくる、近所の子どもが自分のパソコンをいじっている……といった残酷なまでに現実的なシーンを、語り手である「俺」はさして気にする様子もなく見つめています。 最後の連の、 「俺はおとつい死んだから/もう今日に何の意味もない/おかげで意味じゃないものがよく分る」 という3行からは、もうこの世に未練のない死者の視点だからこその空虚さと、強い説得力が感じられます。 谷川俊太郎は詩の中で触れられている「意味」というものについて、2005年のインタビューの中で、哲学者・鶴見俊輔の言葉を借りながらこう語っています。 無意味なことも、意味あることと同じように大事だって思えると、僕はいいと思う。 (哲学者の)鶴見俊輔さんが、nonsenseは世界の肌触りだって言うんです。 人間は世界の意味を一所懸命つけようとしてるけど、意味だけでは追求しきれないものが世界であって、それを肌触りって言ってるんだと思うんだけど。 『baby mammoth』2号より 『ふくらはぎ』の中で「俺」が語る「意味じゃないもの」とは、まさにこの「世界の肌触り」のようなものなのでしょう。 生への執着を一切感じさせない「俺」が、唯一の未練のように 「もっとしつこく触っておけばよかったなあ/あのひとのふくらはぎに」という本能的な願いをポロリとこぼすのは、実はとても正しく、馬鹿にできないことのようにも思えてきます。 「何ももたずに私はあなたとぼんやりしにいく」(『川』)、「だが何にもまして幸せなのは/かたわらにひとりのひとがいて/いつでも好きなときにその手に触れることができるということ」(『足し算と引き算』)……など、谷川俊太郎の詩には、好きな人とただ一緒にいることが至上の幸せである、という素朴な感覚が色濃く表れています。 最後の 「ここがどこかになっていく」というフレーズには、共感を覚える方も多いでしょう。 恋人や親しい友人と一緒に読んで、しみじみと味わいたい詩です。 「ひもにむかってわごむはさけぶ/おまえはもうじだいおくれだ/せろてーぷはだまってきいている/それぞれにやくにたてばそれでいい/それがせろてーぷのたちば」 『ひも また』より 他の近代的な道具に「じだいおくれだ」と馬鹿にされる「ひも」。 ところが、 「せんそうがはじまると/ひももわごむもせろてーぷも/てきみかたのくべつなく/にんげんのためにはたらいた/そのささやかなはたらきが/へいわをもたらすことにはならなかったが」 『ひも また』より 他の道具に混じって唐突に「せんそう」に駆り出され、「にんげんのために」働かされるひもたち。 『ひも』シリーズは、そんな結末で唐突に終わります。 ラブレターをくくらされるのと同じ「ひも」が戦争の道具にも用いられる、という描写からは、人間の営みの多様さだけでなく、その身勝手さも感じずにはいられません。 谷川俊太郎は、押しつけがましくないやさしい言葉で、人間のエゴイズムをこんな風にして説くのです。 「ひも」は果たして、生まれ変わったら「へび」になれるのでしょうか。 「ひも、よく頑張ったね」と声をかけてあげたくなるような、いじらしく切ない作品です。 丘、空、花といった大自然に対し、見境なく欲情して「やれたらやりてえんだよ」などという「おれ」は、一見、ただふざけているだけのようにも思えます。 谷川俊太郎は、特に若い頃、『二十億光年の孤独』や『春』といった作品に代表されるような、宇宙(コスモス)や自然をテーマにした詩を多く作りました。 彼はかつて、哲学者である父・谷川徹三との対談で、自分の中の「コスモス」という感覚についてこう語っています。 コスモスというふうなものを感じ取れたのは、青年のころ、この北軽井沢の中にいたからだと思うのですけれども、十代の終りから二十代の初めにかけて、自分が自然というものと一体になっちゃっているような状態、一体になっている状態がそのまま生きるということで、そこで自分がほんとうに幸せで完全だったような状態があったんですよ。 『対談』より まさに、彼の語る「自然というものと一体になっちゃっているような状態」を描いたのが、この『なんでもおまんこ』なのでしょう。 私たちはこの詩に向き合うとき、生と死は密接不可分であるという事実について思いを馳せずにはいられません。 小学校の国語の授業で読んだ、という方も少なくないかもしれません。 この詩はただ眺めるだけでなく、まず音読をしてみてほしい詩です。 前半の3行(「かっぱかっぱかっぱらった/かっぱらっぱかっぱらった/とってちってた」)と後半の3行(「かっぱなっぱかった/かっぱなっぱいっぱかった/かってきってくった」)の音数が揃っており、自然とリズミカルに読み上げられることが分かると思います。 それはぼくはよくないと思うんですよ。 (中略) 基本的な日本語を美しく発音してね、その言葉に内在しているリズムみたいなものをちゃんと声に出せる訓練をしてるかっていうと、そういうものはすこしもないわけでしょう。 『FORK REPORT』「歌にいたる詩」より と語っています。 これらの詩について、後に彼は 「これは普通の詩よりはるかに書くのが難しいわけです。 ひとつ書くのに一ヶ月かかるのはざらなわけですよ。 」と解説しています。 「きみ」を女性と捉え、幼い男の子の切ない恋心を歌った詩と読むこともできます。 ……しかし谷川は自ら、この『きみ』という詩について、 オレはこれが出たときに、小学生のゲイの詩があるんだっていばったんですけどね。 なんかみんなピンとこなかったみたいなんだけど、これは明かに男の子同士の愛情の話なんですよ。 『ぼくはこうやって詩を書いてきた 谷川俊太郎、詩と人生を語る』より と語っています(谷川は同著の中で、かつて自分も中学生のときに同性愛的な傾向があった、とも言っています)。 「ねむってるのではなくてしんでるのだったら/どんなにうれしいだろう」という1行からは、決して自分だけのものにはならない「きみ」への、屈折した愛情が伝わってきます。 同性愛に限らず、叶わない恋をしたことのあるすべての人にとって『きみ』は、突き刺さるような1編なのではないでしょうか。 おわりに 谷川俊太郎は、自分のことを「デタッチメント」の人間だとたびたび評します。 「他人とは浅い付き合いだから、相手を肯定できるんです」(『考える人』2016年夏号より)という言葉のとおり、彼の詩にはあまり他人への執着や、ベタベタとした感傷は感じられません。 これまでに、子ども向けの詩集から大人のための愛の詩集まで、数多くの作品を発表してきた谷川俊太郎。 読みやすく、高尚すぎない彼の詩は、日常生活のどんなシーンにも馴染みます。 ちょっと疲れたときにはひとりで、あるいは大切な人と、詩集のページをめくってみてはいかがでしょうか。

次の