トゲキッス まひるみ型。 【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と弱点・対策まとめ【てんめぐまひるみ型】

トゲキッス まひるみ型

多弱点・多耐性・高種族値とサイクル戦に向くポケモンであり、味方との相互補完が行いやすい。 の一致技を両方無効にできるのは特筆に値する。 高い特攻に反して一致技の威力は低く、わるだくみを積まないと決定力に欠けるものの、 特性「」+エアスラッシュでの6割怯みにより下を制圧する力は圧倒的。 元ノーマルということもありサブウェポンも豊富。 第七世代では強力なフェアリーの増加に伴うどくタイプとはがねタイプのメジャー化、およびフェアリー枠争いによる採用機会の減少、 麻痺・でんじはの性能低下、ミストフィールドを展開するの登場などやや逆風が強いが、 ZあくびによるS上昇手段の増加などプラス要素もある。 H252振りはHP実数値192となり定数ダメージの面で効率が悪くなるので非推奨。 たべのこし・オボンのみを持つ場合のみ選択肢に入る。 最新世代の考察はに、 前世代の考察はにあります。 特性考察 はりきり 命中が安定しなくなるものの、物理技の威力がこだわりハチマキを持たせた場合と同等の1. 5倍になる。 ちなみに特殊技を撃つ場合は命中低下しない。 てんのめぐみ エアスラッシュのひるみ率が6割となり、エアスラッシュ連打による一方的なハメが狙える。 たとえ不利対面であっても上さえ取れていれば強引な突破が見込める強力な特性。 ただし半端なSであるため、何らかのSサポートは必須。 きょううん 隠れ特性。 他2つに比べるとやや見劣りするが、Zワザ化で急所ランクをあげる補助技(ねごと、おいかぜ)と組み合わせることで確定急所コンボが狙える。 なお、3種の特性はいずれもレシーバーを持つに受け継がせても強力な特性。 トゲキッスの特性により戦術も変わってくるため型バレしにくく、ダブルで組ませるのも一興。 退場技はないが、豊富な補助技とこのゆびとまれを覚えるので他のポケモンと比較すれば退場は狙いやすい。 技考察 特殊技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 マジカルシャイン 妖 80 120 100 - タイプ一致の主力技。 ムーンフォースは覚えない。 一貫性も高い。 はどうだん 闘 80 - 必中 飛行半減の岩・鋼に刺さる。 範囲命中威力ともに優秀。 サイコショック 超 80 100 - 特防の高い相手を意識するなら。 くさむすび 草 ~120 100 - でんじは無効の地面や飛行半減の岩に通るが、一貫性は低い。 てんのめぐみなら特防ダウンも期待できる。 きあいパンチ 闘 150 100 80 優先度-3 過去作教え技。 交代で出てくるや等に通る。 変化技 タイプ 命中 備考 はねやすめ 飛 - 優秀な回復技。 でんじは 電 90 エアスラッシュと合わせて、高い確率で相手を封じ込める。 サンムーンで命中率と効果が下がった。 トリック 超 100 過去作教え技。 こだわりスカーフやこだわりメガネを押し付け耐久型を機能停止に。 メガストーンとZクリスタル持ちには通用せず、逆にこちらが機能停止になるので注意。 どくどく 毒 90 鋼が出てきやすいのでやや撒きにくい。 電気タイプに。 アンコール 無 100 エアスラッシュの怯みを嫌って引く場合も多く決まり難い。 あくび 無 - 呼ぶ電気にはボルトチェンジ持ちが多いので注意。 ZあくびでSが上昇し上からエアスラッシュを撃てるように。 わるだくみ 悪 - タマゴ技。 交代読み等で1回でも積めば十分な火力が出るが、遅いので抜き性能は微妙。 Zワザ考察• Zオウムがえし 必中かつAを2段階上昇させつつ相手の技をZワザ化して返す。 はりきり型向け。 Zねごと 急所率を上げて特性込みで確定急所にしつつ自分の技をZワザ化する。 きょううん型向け。 Zおいかぜ 急所率を上げて確定急所にしつつ素早さ2倍。 きょううん向け。 通常の怯みキッスとは異なり、相手の電磁波による対策を許さない。 眠っている間は電磁波が効かず、先手いびきで怯ませることが可能。 また、ねむるで毒々を寄せ付けないので、3発でトゲキッスを落とせない毒々頼みの耐久型は封殺できる。 最も有効にネタ技「いびき」を使える型であることは保証する。 おくびょうHS252B6エアスラ・怪風・いびき・ねむる@食べ残しで使ったらこええ 眠るで回復=電磁波使われても持ち直せる 怪しい風=低率で火力防御力上昇 普通鋼で止まるのにグロス捩り潰すわ、死に出しから鬼畜仕様のキノガッサ潰すわで大活躍。 最速エアスラなので汎用性はあり、素眠りにより相手耐久型を封殺できるので相手耐久型に役割を持てる。 立ち回りとしては相手耐久型に繰り出して、初手悪巧み。 悪巧みの際、相手が交代しなければ、悪巧みのおかげで相手は交換がしづらくなる模様なので積みの起点! カムラ発動まで悪巧みし続け、眠るで素眠りすると、ほぼ交代してくる。 恐らく相手は耐久型では突破できないことと、眠っている間に突破しようという2点が交代の理由と思われる。 次のターンに起きてエアスラ。 余裕で3タテができる。 もちろん悪巧みの際相手が交代することもあるが、たいてい交代先は電磁波無効ポケモンなので、 相手次第でこちら交代となるが、一部の地面タイプ相手であれば1積エアスラ2発で突破できる。 あとこの配分で先発のラティオスを起点にしやすい。 C182眼鏡ラティの流星群 83. 問題は大抵の耐久型が冷凍ビームか10万ボルトを所持しており、耐久型からの確定数がたいてい確定3であること。 素眠り中いびきで1回怯ませないと耐久型を封じることができない。 いびき無効のブルンゲルなどは無理。 また、カムラを消費して引っ込めると自力で先制するしかなく、眠ったまま交代すると無力かつ起きるまでのターン数が 不明 2ターン固定ではなくなる になる点は辛いところ。 あと先制技を誘いやすい。 波動弾で砂ガブに回避されないのが最大の個性。 ただし多少無理が生ずる。 バンギラスのスカーフ・ヨプ・タスキ・最速で対策されるので、持ち物や素早さを割った上で場に出すことが望ましい。 持ち物はカバルドンの欠伸、バンギラスの電磁波の両方に可能な限り対応するため、ラムのみ一択。 特性は天の恵みに価値がなく、張り切りは神速の命中不安を生むため、強運一択。 選択肢はドリュウズのタスキ持ちにタイマンで勝つ場合神速、これがないと岩雪崩2発で打ち負ける。 タスキドリュウズを捨て、対受けループに活躍の幅を広げるなら眠るで選択。 悪巧みと波動弾でラッキーを突破できる。 地面タイプの浮遊や鋼タイプは無理。 ちょうはつされたらおしまい。 悪巧み+破壊光線は大抵のやつが確1。 鋼には大文字、電磁波受けの地面にはパワフルソーラー。 鋼とかミカルゲとかヌケニンとかが出てきたら大文字。 この3つだとバンギラスやソルロックで止まる。 一応草結びで対策は可能だが…。 ? 努力値:AorC252 S252 or AorC252 H252 持ち物:こだわりスカーフorいのちのたまorせんせいのつめ 確定技:ゆびをふる(しんそく、はねやすめ、プレゼント) 真面目に対戦でゆびをふる型。 究極の運ゲ。 トゲキッスの高いポテンシャルを活かし、ゆびをふるで何が出ても存分に戦えるようにする。 ゆびをふるで物理技が出ても泣かないようにはりきり。 むしろ特殊受けの突破口が見えてくる。 コスモパワーなど防御系の補助技が出ても、トゲキッスの種族値なら存分にいけるハズ。 ゆびをふる以外には、襷で耐えられたとき用にしんそく、耐久系の補助技を活かすためにはねやすめを。 ただしこうやって使い勝手のいい技をそろえていくとゆびをふるがいつのまにか消えてるのでほどほどに。 究極に運ゲ頼りならせんせいのツメもどうぞ。 究極に運ゲ頼りならプレゼントもどうぞ。 晴れパ型 特性:てんのめぐみ 性格:ひかえめorおくびょう 努力値:特攻252 素早さ252 持ち物:いのちのたま、たつじんのおび、あついいわ 確定技:ソーラービーム、だいもんじorかえんほうしゃ 選択技:エアスラッシュ、はかいこうせん、サイコキネシス、シャドーボール、はどうだん、しんそく、にほんばれ 自ら晴らすか、アタッカーに専念するかはパーティと相談。 フライゴンにできてキッスにできない理由は無い。 何となく作ってみたものの、普通に善戦できてしまうのでネタ要素は薄い。 どんな型であれ一応戦えてしまうポテンシャルの高さがキッスの怖いところ。 の攻撃力上昇技を手に入れたトゲキッス。 とくに優先度が2になったしんそくとの相性がよい。 しかし火力インフレの今では積みにくいかもしれない。 光の粉が絡むと攻撃が当たる確率は4. がむしゃらとフェイントを両立できるポケモンは複数いるが、レベル2以下で両立できるポケモンは皆無。 あとはあくびでペースを乱せる。 それだけである。 しかも、あちらは特性で毒無効。 どうする・・・ メトロボイス型 特性:てんのめぐみ 性格:ひかえめorおくびょう 努力値:HC252orCS252 持ち物:メトロノーム 確定技:エコーボイス ハピナスの方にあったエコーボイス型を移植&改良。 メトロノームを持たせてエコーボイスを6回連打すれば威力は400となり、H無振りの奇跡ラッキーはD全振りでも確定二発という超火力。 実戦で使うなら他のポケモンで麻痺撒き・壁貼りなどのサポートはほぼ必須。 てか3発まで打てれば無双できたようなもので、3発目の威力がタイプ一致、メトロ込で252という破壊力。 やはり問題は1発目。 自分はトゲキッスにアンコールを覚えさせて、相手の補助技を読んで繰り出してアンコで縛ってからエコボするようにしてる。 電磁波サポートがあればなおおいしいから、この型使うなら味方のサポートは必須だと思った。 エアスラ連打したいときもあるから、 それはそれでメトロノームがいかされる。 試行回数も増やせるし。 それだけ。 肝心の自主退場技を習得できなかったり、威力の低いまひるみで自分から壁ターンを浪費しに行く辺りがアレだが、 こんなのでも普通に戦えてしまったりする。 ネタにもなりきれない。 まず1ターン目はZあくび、相手は次ターン眠ってしまう状態になる。 2ターン目にわるだくみ。 交代せずトゲキッスを倒した場合は後手催眠になるので死に出しで積みアタッカーの起点にする。 対トゲキッス• 注意すべき点 特性「てんのめぐみ」からのエアスラッシュによる高い嵌め性能。 耐久も高く、フェアリー・飛行の耐性も優秀。 こだわりメガネやこだわりスカーフ、ラムのみやトツゲキチョッキ、ゴツゴツメットなど持ち物の幅も広い。 サブの炎や格闘の搭載率が高いのでそれらに強ければなおよい。 耐久は物理の方が低めなのでパーティに岩、鋼などでトゲキッスの弱点を突けるポケモンがいればよりベター。 覚える技 レベルアップ• トゲキッス No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 技03 サイコショック 80 100 エスパー 特殊 10 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技19 はねやすめ - - ひこう 変化 10 技20 しんぴのまもり - - ノーマル 変化 25 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10 技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技33 リフレクター - - エスパー 変化 20 技35 かえんほうしゃ 90 100 ほのお 特殊 15 技38 だいもんじ 110 85 ほのお 特殊 5 技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技49 エコーボイス 40 100 ノーマル 特殊 15 技51 はがねのつばさ 70 90 はがね 物理 25 技56 なげつける - 100 あく 物理 10 技67 スマートホーン 70 必中 はがね 物理 10 トゲチック時のみ 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技73 でんじは - 90 でんき 変化 20 技76 そらをとぶ 90 95 ひこう 物理 15 技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10 技85 ゆめくい 100 100 エスパー 特殊 15 技86 くさむすび - 100 くさ 特殊 20 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技99 マジカルシャイン 80 100 フェアリー 特殊 10 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の

S8使用構築~まひるみPT~【ポケモンUSUMシングルレート】

トゲキッス まひるみ型

図鑑説明 もめごとの る ばしょには けっして あらわれない。 ちかごろは すがたを みかけなくなった。 、、、、、 がいの そんざいを みとめあい むだに あらそわない ひとのために さまざまな を わけあたえる。 、、 あらそいの ない へいわな とちに トゲキッスは おとずれ さまざまな を わけあたえると いわれる。 あらそいごとや もめごとが る ばしょには すがたを みせない。 ちかごろは ほとんど みかけない。 を あたえる そんざいと いわれており おおむかしから えんぎものに えがかれてきた。 以降に登場する新の一種で、にの石を使うとする。 したことにより特攻が大幅上昇し、強な技をせるようになった。 一致技の「スラッシュ」は3割ので相手がひるむと言うを持つ。 ここに「てんの(の発生率2倍)」を加えると、何と 6割ので相手がひるむ。 これを生かし、で素さを奪った上にスラッシュを連発させひるませ続ける所謂「」戦法がされた。 相手にした場合術中にハマる前に仕留めたいところだが、性も結構高く回復技持ちなのでなかなか沈まない。 怯まず行動できるまで耐えようにも、この特攻からの一致スラッシュをそう何度も耐え切れるなど少ない。 結局は大の技一撃で落とすのが最大の対処法と言える。 友人との対戦で使うと嫌われるので注意しよう…。 XDで厳選すれば向きの優秀な補助技である手助けと、安定した特殊技であるも使用可。 はの恵みがあればので火傷、、のどれかを発生させることができる強な代物だが、厳選の高さが。 後に同様の戦法によりフォルムのが「ずっとミーのでしゅ!」で猛威を振るうのは内緒。 他にもができたりする。 上記のばかりが立っていたが、もう一つの「はりきり(命中率0. 8倍で攻撃1. 5倍)」を利用した、通称「はり」も近年は台頭してきている。 命中が安定しなくなるので少々くさくなるが、一致の優先度が高い先制技「しんそく」でを一撃で倒せたり、きあいで振りのみのを一撃で倒せたりと、だと思って対応すると間違いなく粉々に粉砕される。 図鑑説明と実際の強さが食い違っているところでは、といい勝負であろう。 むしろこいつこそ 界のといえる。 のトゲキッスは化け物か!• では、・の手持ちとして、から席を奪う形で参戦している。 が、ではに場所を取られた。 が、で復帰。 勝負どころでは のも使用する。 余談だが、非で波動弾をおぼえられるはと系とトゲキッスだけである。 波導の?なにそれおいしいの?• 第代ではに変更となった。 但し、の攻撃技は「」しか習得できないので、変更による耐性変化がか。 的にはのを両方効に出来、の強な になれるとは限らない。 あいつやも覚えるしなあ…。 一方でやがになってしまい、これらの技の需要は減った。 アニメのトゲキッス ではそっくりのビアから、「に連れて行ってほしい」っという願いによりから譲り受け、の手持ちとして加わる。 因みにこのトゲキッス、ビアに育てられた為か、使用技 1、はどうだん 2、 3、スラッシュ 4、しんり と持ち技もかなりである。 の手持ちに加わった後、のせいからを守ってはしたり、2個に増えた際にははじいたものをとにさせた。 また、のできまじめで丁寧なおさま口調であることがわかった。 お絵カキコ 関連動画 関連静画 関連商品 関連記事• の鳴きが「トゥース」のときがある.

次の

【ポケモン剣盾】トゲキッス強すぎて頭おかしいし、環境にクソほどいるんだが【種族値と育成論】

トゲキッス まひるみ型

まひるみ型は、トゲキッスの凶悪な戦法の一つですが、 最近ではほかの型のほうが多いと思われます。 それはもちろん、まひるみ型が弱いわけではありません。 しかし、ほかの型のほうが多いのはなぜか。 それは、 火力インフレが原因かと思います。 まず、まひるみ型は主にでんじはをうつことから始まります。 あいてをまひにすることで、すばやさを下げ、エアスラッシュで怯ませる、 というのが戦術ですが、そのためには、 敵の一撃を耐えなければなりません。 そんなのトゲキッスなら耐えてしまうじゃんと思った方もいると思います。 しかし、毎回敵にでんじはを仕込むとき、敵の攻撃を受け続けると、 タテ性能が劣ってしまいます。 特に火力インフレの状況ではきついです。 さらに、63の環境では、タテ性能が重視されています。 スカーフ型やはりキッスのタテ性能と比べると、圧倒的に劣ります。 まさしく、環境を逆行していると言うようなものです。 さらに、ほかの型にはほかにもいろいろメリットがあります。 スカーフ型の利点 1. でんじはをうつ手間が省け、タテ性能があがる。 強力な縛り技、スカーフトリックが使える。 ガブリアスやテラキオンなど、苦手な相手も強引に突破できる。 はりキッスの利点 1. しんそくにより、どんな相手にも先制できる。 役割破壊の特殊技を搭載できる。 サンダースなどのでんじはがきかない相手を返り討ちにできる。 しかし、もちろん欠点があります。 スカーフ型の欠点 1. 技が縛られる。 怯まなかったときに後続の負担がおおきくなる。 スカーフ型に弱い。 はりキッスの欠点 1. 鉢巻が多いため、技が縛られる。 命中が下がり、安定しない。 まひるみ型には、ほかの型の欠点とはちがいます。 まひるみ型の利点 1. 拘り系を持たせないので、技が縛られない。 でんじはを仕込むので、怯まなかったときも後続の負担が少なくなる。 スカーフ型の相手に強気に立ち回れる。 まひるみ型の欠点 1. タテ性能がほかの型より劣る。 でんじはをうつときに相手の一撃を耐えなければならない。 ちくでん持ち、地面タイプなど、天敵が多く、有名なので対策されやすい。 なので、扱いやすいということ、でんじはを仕込めるということが まひるみ型の採用理由となります。 性格&努力値 はどうだん 威力90、必中の優秀なサブウェポン いわ、はがねに刺さります。 だいもんじ、かえんほうしゃとの選択 H252バンギラス 確定2 割合: 61. はがねに刺さります。 威力重視。 はどうだん、かえんほうしゃとの選択。 特防特化ナットレイ 乱数1 割合: 90. だいもんじ、はどうだんとの選択。 H252ナットレイ 乱数1 割合: 97. ガブリアスピンポイントですが、採用価値はあります。 厳選しなければなりませんが。 しんそく 襷、がんじょう潰し。 はねやすめ(名無しさん、感謝です。 でんじは後のHP回復技。 さらにひこうタイプを消すので、でんき、いわ、こおりの抜群をさけられる。 第4世代の技マシン限定になります。 被ダメージ A252テラキオンのストーンエッジ 確定2 割合: 82. これくらいでしょうかね。 ありがとうございました。 7〜98. あまり参考にならないと思いますが、もし参考になれば幸いです。 H252ウルガモス 59. 育成論も良いと思います、会員でないのですが内心評価5で。 (テラキも 修正しておきました。 あと、サンダースはこの型だと後続で対処するしかなさそうですね。 コメント&指摘ありがとうございます。 >2 ガブリアスなどの列強メンバーの中では、少ないということです。 コメントありがとうございます。 >3 はねやすめですか。 なるほど、確かにいいですね。 追加しておきました。 あと、あくびについてですが、技スペの関係や、でんじはと アンチシナジーであることから、採用はしていませんが、 ありかもしれません。 コメント&リクエストありがとうございます。 >4 トゲキッスは怯みまくってストレスがたまりますしね(笑 あと、ジュエルについてですが、この型は動かしやすさがウリですので、 ピンポイントはあまりつかいたくなかったので不採用としましたが、 持たせるものがなにもなかったなら、ありかもしれません。 コメントありがとうございます。 >5 参考になります。 ただ、育成論のなかには、ダメージ計算で見にくくなるのが 個人的にいやだったので、書いていません。 コメント&情報提供ありがとうございます。

次の