カエル b ジャック。 カエルBジャックはこう使え!|きなこ|note

カエルBジャック@らんぶる

カエル b ジャック

久々に学生らしく学校に通っています。 らんぶるです。 時間が有り余っているため、今週は毎日更新に挑戦してみます。 本日フィーチャーするカードはこちら。 先日公開されたばかりのカエルBジャック。 呪文を打つ時にクリーチャーをタップしてマナとしても良い、という効果でした。 ベイBと異なりクリーチャーを出し続けて無限リソースとするのは難しいため、どちらかというとコントロールデッキに入れてリソースを維持し続けるカードであるという風に公式のページで説明されていました。 しかし、本当にそうなのか?というところが疑問ですが、おそらくそんなことはないでしょう。 なんせ、今のデュエマにはGR召喚というギミックがあります。 呪文を打ちながら盤面を確保していくことはあまり難しくないはずです。 往年の白緑メタリカに近い動きができるように、まずは草案を二つほど出してみることにします。 イメージとしてはラブエルフィンがクリスタ、コバンザがバーナインです。 締めはシャコガイルを轟覇天で出して勝ちます。 2T目 エルフィン 3T目 コバンザかカエルB 4T目 出てない方を出し、コンボ起動。 3コスト以下の呪文は多いので、ハマればこのターン中にスコーラーまでたどり着ける。 最大枚数で逆転のオーロラが打てればほぼ確定。 5T目 轟覇天シャコ アアルaka天国と超GRチャージャーが実質マナ消費なしで手札と盤面を増やしますので、デッキを深くまで掘っていくことができます。 コンボ最速起動は4ターン目ですので、超GRチャージャーもしくは黒豆でマナを6枚以上にしておくことでマリゴルドによるシステムクリーチャーの増量が見込めます。 基本的な動きは上の構築と変わりませんが、マノミドローや銀河の裁きによって横の展開と呪文の追加詠唱を行うことができるため、はまり始めた時の伸び率はこちらの方が上だと考えられます。 エクストラターンを得た場合は、追加ターンでカルマインカとラフルルを用意します。 カルマインカをクリーチャー止めに採用していますが、革命0トリガーが怖い場合はマリゴルドで単騎マグナムを狙うようにするのもいいかもしれません。 安定するループデッキを構築できる人はかなり凄いな、と前々から思っていましたが、自分でやってみるとやはり予想以上に枠がカツカツで、まだ理想論を抜け出せていないような感じがあります。 何かデッキに対するご意見がありましたら、ぜひよろしくお願いします。 今日はこの辺で。

次の

カエルB ジャック【デュエルマスターズトレカお買得価格通販:トレコロ】

カエル b ジャック

こんばんは。 深夜vault部の大竹 utarokeee です。 今回も前回同様、新デッキの紹介です。 マナドライブをはじめとしたGRクリーチャー各種のインフレとともにGR召喚するというテキストを持つカードも多様化し、様々な組み合わせに目が向けられています。 煌銀河最終形態 ギラングレイルです。 GR召喚を12回するという圧倒的なインパクトを誇るテキストに加えてシンパシーも持ち合わせているため、理論上1コストで詠唱することも可能ですが現状はラッキーダーツやクランヴィアなどのデッキに採用されるだけでシンパシーのテキストはほぼ参照されていません。 そんな中、シンパシーというテキストに焦点を当てたのがこのデッキが出来たキッカケでした。 しかしシンパシーがあるからといって、12コストの呪文の詠唱はそこまで簡単ではありません。 そんな不可能を可能にするのが以下のカードです。 カエルBジャックです。 ですがギラングレイルと組み合わせることでシンパシーのテキストを2倍使うことが可能となります。 また、ギラングレイルから出たクリーチャーを使ってその後の呪文の詠唱コストを下げることが出来るため、カード同士のかみ合いの良さはこれ以上ないと言っていいでしょう。 そんな2種のカードの組み合わせに最後のピースがハマることによって先攻4ターン目というフィニッシュスピードの早さと安定性が確保でき、各種環境デッキと肩を並べられる新デッキが完成しました。 デッキの動きは画像の通りです。 ネロティウスを使って場やマナを整理しギラングレイルをプレイ。 ロッキーロックの効果でマーチスをGR召喚しマーチスの効果で魔神轟怒ブランドをGR召喚。 そのままダイレクト攻撃で勝ちとなります。 上記画像にないカードの採用理由、使い方は次項で解説します。 各カード解説 ステップル、ジャスミン 初動枠、3ターン目にカエルやコートニー、ズーネヨマを置けるとかなり楽になるデッキなので2コストのマナ加速を採用しています。 逆転のオーロラ 4ターン目に必ずプレイしたいカードなので8枚採用しています。 大地と生命と轟破の決断 基本的には複数のクリーチャーを踏み倒すために使用しますが、マッハファイター付与で相手の場を荒らすことも多々あります。 ネロティウス カエル、ギラングレイルに続いてこのデッキの核となるカードです。 ギラングレイルのコストを下げるためにクリーチャーを展開するだけでなく、2枚目の決断やギラングレイル、オールデリートなどはマナに行くため、1枚のネロティウスで拡張されるリソースは想像以上です。 カエルBジャック ギラングレイル、オールデリートを撃つためのコンボパーツとしてだけでなく、3ターン目までに召喚出来れば初動として数えることも出来ます。 常に山札の中に多くの回答があるデッキなので1ドローの効果もそれほど馬鹿に出来ません。 薫風妖精コートニー ギラングレイル、オールデリートを撃つためのコンボパーツです。 カエルBジャックの召喚の補助にもなるため、2ターン目に召喚するパターンも少なくありません。 サンナップ ネロティウスから出て1番強いカードです。 光マナをアンタップさせることでコートニーがいない状態でもギラングレイルをプレイ出来るようになります。 宣凶師ベリックス マナのギラングレイル、オールデリートを拾うためのカードです。 ダンディナスオ マナに必要なカードが多いデッキなので文句なく強いです。 このカードのおかげでオールデリートを安定して拾うことが可能になっています。 ギラングレイル デッキコンセプトです。 ステップルからズーネヨマパンツァー、そのままオーロラと動いた場合はそのまま10マナでこのカードをプレイ出来るのでこの動きは覚えておいて損はないでしょう。 オールデリート このデッキのフィニッシュです。 メインデッキの枠を1枠しか食わずに安全にフィニッシュ出来るカードを探した結果オールデリートに行き着きました。 オールデリートを撃つ前にはマナに光文明のカードがあるかしっかりと確認しましょう。 マーチス フィニッシュに使うコンボパーツです。 クリスマの出し直し、ヘルエグリゴリで破壊した天啓、マリゴルドの出し直しとしても活躍します。 天啓CX-20 オールデリートを手札に加えるための最高効率のカードです。 マリゴルドIII ネロティウスを出すことで山札を5枚掘ったり、コートニーを出したりと多くの仕事があります。 ヘルエグリゴリ 天啓やマリゴルドの効果をマーチスと組み合わせて繰り返し使うためのカードです。 このクリーチャーの効果が余ってしまった場合はロッキーロックを破壊対象にすることで帳消しにできます。 またこの方法で魔神轟怒ブランドの超天フィーバーを達成させることもできます。 魔神轟怒ブランド ダイレクトアタッカーとしての採用です。 2枚目の採用理由としては、禁断があるなどオールデリートがプレイ出来ない対面に対して打点を作るためです。 クリスマIII オールデリートをマナから回収するためのカードです。 オールデリートをプレイしたタイミングでGRゾーンの上2枚をマーチスと魔神轟怒ブランドにしなければいけないので1枚でも2枚でも使用できる回数に差が出ません。 ロッキーロック フィニッシュパーツです。 ロッキーの効果で出たGRクリーチャーはタップして出るのでそこだけ注意しましょう。 不採用カード リンネの裁徒、ぱくちーたー マナ回収枠として採用候補でした。 リンネの裁徒はマナ回収が任意でシャッフと相討ちできるパワーを持つブロッカーで、ぱくちーたーはクリーチャーも回収できる点が強みです。 しかし、今回は2コストで他のカードとのくっつきがいいベリックスを採用しました。 スズラン、ラララライフ 採用することで最速3キルも狙えるようになるスーパーカード達ですが、デッキスロットの圧迫やマナに必要パーツを集める必要のあるデッキとスズランが噛み合わないなどの理由で今回は不採用としました。 ラッキーダーツ 基本的にこのデッキの負けパターンはネイチャーミラーの速度負けやコンボパーツの不揃いなのでそれを解決できる可能性のあるカードとして採用候補でした。 1ターン目に撃った場合のアタリカードとしてはオーロラとギラングレイル、オールデリート、ネイチャーです。 トレジャーマップ 初動の安定化とパーツ集めのカードとしてかなり重宝しますがネロティウスでのハズレになってしまうことと2コストマナ加速札をプレイせずとも4キルが狙えることから不採用としました。 オールデリートのボトム落ちはネイチャーでケア出来ます。 メイプル超もみ人、ホルデガンス(青銅の鎧、ホルモン) 4ターン目に逆転のオーロラをプレイ出来れば勝ちを狙えるデッキなので9枚目以降の初動として一時期採用していましたが、サンナップに枠を譲りました。 ちなみに採用するならばジョーカーズ偽装出来るメイプル超もみ人、ラララライフを警戒させられるホルデガンスが優先で青銅の鎧を採用する理由はキモいイラストのプロモカードを使いたい以外にありません。 ミッツァイル 旧ネロティウスのフィニッシャーだったカードです。 シャッフをプレイされても勝ち筋になるところは魅力的ですが召喚時にコートニーが必須なこととそもそも現状の構築でかなり安定してギラングレイルに到達できることを考慮して不採用としました。 稀なケースですが覚えておく事で危ない橋を渡ってしまうことが減るかもしれません。 手なりでブースト札を抱えないことが大切です。 ギラングレイルをプレイする前に出来るだけ山札を掘る オールデリートを確実に手札に加えるためにギラングレイルをプレイする前に出来るだけ山札を掘りましょう。 エグリゴリの効果をロッキーロックに当てて超天フィーバー達成 禁断がある対面には基本的に魔神轟怒ブランドで殴ることになりますがその時に必須の超天フィーバーを1番簡単に達成する方法です。 パーフェクトネイチャーのパンプアップを魔神轟怒ブランドに使ってボルシャックドギラゴンをケア これも禁断がある対面でのテクニックです。 超天フィーバーを達成している魔神轟怒ブランドにパーフェクトネイチャーのパンプアップを2回当てる事で攻撃中のパワーが15000となり、ボルシャックドギラゴンとのバトルに勝つ事が出来るようになります。 相手の零龍の破壊の儀だけが残っている状況ならばジャスミンは自壊させない ヘルエグリゴリで2体破壊する事が確定しているため、ジャスミンは破壊させず、オールデリートはベリックスでマナから拾うか天啓で引くことになります。 おわりに 今回は記事をご購入頂きありがとうございました。 使えば使うほどクセになる、とても楽しいデッキなので是非組んで頂ければと思います。 常にTwitterのDMを解放しているので何かありましたらお気軽にどうぞ。 writer 大竹 utarokeee special thanks 深夜vault部.

次の

カエルB ジャックの考察

カエル b ジャック

詳しくは対象のをご確認ください。 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。 商品説明 掲載している写真は、ご使用のコンピュータの環境や撮影の光加減によって実際の商品のイメージと多少異なることがございます。 当サイトの掲載商品は弊社実店舗での販売と併用しておりますので、ご注文を頂いた商品につきましては、店舗在庫を確認の上発送させて頂きます。 実店舗との併売の為、人気商品・品薄商品等、店舗在庫切れの場合がございます。 万が一そういった商品ご注文頂いた際には、ご注文をキャンセルさせていただく場合や、お時間を頂き発送となる場合がございます。 又、シングルトレカの同一カードにつきましては実店舗との都合により上限を4枚とさせていただきますのでご了承下さい。 シングルトレカは店頭で買取した商品をご提供させて頂いております。 中には初期キズ、すりキズ、ソリなどといった中古品特有の商品もあります。 プレイ用としての状態である事のご理解をお願い致します。 又、在庫として掲載されていても著しく状態の悪い商品もあり発送出来ない場合もございますのでご了承下さい。

次の