うしみつそく。 口コミ一覧 : 麺ダイニング うしみつ (麺dining うしみつ)

うしみつ(丑三つ)時

うしみつそく

トロッコ問題トロッコ問題あるいはトロリー問題とは、「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という形で功利主義と義務論の対立を扱った倫理学上の問題・課題。 人間は一体どのように倫理・道徳的なジレンマを解決するかについて知りたい場合は、この問題は有用な手がかりとなると考えられており、道徳心理学、神経倫理学では重要な論題として扱われている。 まず前提として、以下のようなトラブル a が発生したものとする。 a 線路を走っていたトロッコの制御が不能になった。 このままでは前方で作業中だった5人が猛スピードのトロッコに避ける間もなく轢き殺されてしまう。 そしてA氏が以下の状況に置かれているものとする。 1 この時たまたまA氏は線路の分岐器のすぐ側にいた。 A氏がトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。 しかしその別路線でもB氏が1人で作業しており、5人の代わりにB氏がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。 A氏はトロッコを別路線に引き込むべきか? なお、A氏は上述の手段以外では助けることができないものとする。 また法的な責任は問われず、道徳的な見解だけが問題にされている。 あなたは道徳的に見て「許される」あるいは「許されない」で答えよ、という課題である。 つまり単純化すれば「5人を助ける為に他の1人を殺してもよいか」という問題である。 功利主義に基づくなら一人を犠牲にして五人を助けるべきである。 しかし義務論に従えば、誰かを他の目的のために利用すべきではなく、何もするべきではない。 名無しさん• 2020年07月26日 12:55• 「切り替えを頼まれている」とか「切り替え担当者」という条件下でない限り俺は手を出さないな 見て見ぬふりをする 担当者なら直線にする 下手に曲がらせたら脱線して二次災害おきるからな(データ取りの為にそれもまた一考の余地あるがではあるが) そもそも心理テスト敵には良いのかもしれないけど実際の条件に当てはめると まず切り替えが遠隔なら問題ないけど猛スピードで走ってきているならば近づくのは容易ではない(物理的な切り替えって作業はポイントのほぼほぼ真横にしかない)し、仮に遠隔だとしても衝突先に確実に複数人or1人居るのを確認できるほどの余裕なんて無いでしょ(人数数える猶予があるなら退避命令出せるし) だから実際問題としては破綻しているし、考察する意味ってのは無いし、するだけ無駄 事実上あり得る問題にするべきだね• 名無しさん• 2020年07月26日 22:28• いずれにせよ、人の命の是非を判断する権利は人には無いのだが、このトロッコ問題に自分が遭遇したら、1人の方も5人の方も自分が知らない他人て条件なら、ギリギリまで葛藤すると思うが、1人の方を犠牲にするだろうな… それは1人を自分の選択で死なせた罪の意識に一生苦しむ現実が恐ろしい、ましてやそれが5人だったらまともに社会生活遅れず心療内科ズブズブな一生を送る事になるさ… 仮に手を出さずに1人は生きて5人が見殺しになった現場に居た事実を『仕方無かった』『手を出せる訳が無かった』で自分を納得させて生きる事が出来るだろうか?… カンファレンスで討論するならジョークも無理難題な回答も良いけど、結局自分がホントにトロッコ問題と同じ状況に陥ったら現実答えは2つ、多くの命を助けるかその場から逃げ出すかしかないだろう?• 名無しさん• 2020年07月26日 23:21• ワイは信念を持って「レバーは引かない」やで。 責任をとるべきは工事監督なり工事の責任者やろ。 なんで、たまたま居合わせたワイが責任と選択を迫られなあかんねん。 仮にワイが責任者でも「レバーは引かない」やけどな。 工事手順を示してるのに、トロッコの先で作業をしてる5人が悪い。 これは100人でも1000人でも変わらん。 作業手順を守らないやつのために作業手順を守ってる1人を犠牲にすることは許されん。 もしも、ワイの作った作業手順が間違ってたら、それはワイの責任や。 やっぱり「レバーは引かない」やね。 5人には犠牲になってもらってその責任はワイが負うやで。 その場合でもその場の思い付きで作業手順の急な変更はあり得へんで。 二次災害の元やからな。

次の

口コミ一覧 : 麺ダイニング うしみつ (麺dining うしみつ)

うしみつそく

トロッコ問題トロッコ問題あるいはトロリー問題とは、「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という形で功利主義と義務論の対立を扱った倫理学上の問題・課題。 人間は一体どのように倫理・道徳的なジレンマを解決するかについて知りたい場合は、この問題は有用な手がかりとなると考えられており、道徳心理学、神経倫理学では重要な論題として扱われている。 まず前提として、以下のようなトラブル a が発生したものとする。 a 線路を走っていたトロッコの制御が不能になった。 このままでは前方で作業中だった5人が猛スピードのトロッコに避ける間もなく轢き殺されてしまう。 そしてA氏が以下の状況に置かれているものとする。 1 この時たまたまA氏は線路の分岐器のすぐ側にいた。 A氏がトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。 しかしその別路線でもB氏が1人で作業しており、5人の代わりにB氏がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。 A氏はトロッコを別路線に引き込むべきか? なお、A氏は上述の手段以外では助けることができないものとする。 また法的な責任は問われず、道徳的な見解だけが問題にされている。 あなたは道徳的に見て「許される」あるいは「許されない」で答えよ、という課題である。 つまり単純化すれば「5人を助ける為に他の1人を殺してもよいか」という問題である。 功利主義に基づくなら一人を犠牲にして五人を助けるべきである。 しかし義務論に従えば、誰かを他の目的のために利用すべきではなく、何もするべきではない。 名無しさん• 2020年07月26日 12:55• 「切り替えを頼まれている」とか「切り替え担当者」という条件下でない限り俺は手を出さないな 見て見ぬふりをする 担当者なら直線にする 下手に曲がらせたら脱線して二次災害おきるからな(データ取りの為にそれもまた一考の余地あるがではあるが) そもそも心理テスト敵には良いのかもしれないけど実際の条件に当てはめると まず切り替えが遠隔なら問題ないけど猛スピードで走ってきているならば近づくのは容易ではない(物理的な切り替えって作業はポイントのほぼほぼ真横にしかない)し、仮に遠隔だとしても衝突先に確実に複数人or1人居るのを確認できるほどの余裕なんて無いでしょ(人数数える猶予があるなら退避命令出せるし) だから実際問題としては破綻しているし、考察する意味ってのは無いし、するだけ無駄 事実上あり得る問題にするべきだね• 名無しさん• 2020年07月26日 22:28• いずれにせよ、人の命の是非を判断する権利は人には無いのだが、このトロッコ問題に自分が遭遇したら、1人の方も5人の方も自分が知らない他人て条件なら、ギリギリまで葛藤すると思うが、1人の方を犠牲にするだろうな… それは1人を自分の選択で死なせた罪の意識に一生苦しむ現実が恐ろしい、ましてやそれが5人だったらまともに社会生活遅れず心療内科ズブズブな一生を送る事になるさ… 仮に手を出さずに1人は生きて5人が見殺しになった現場に居た事実を『仕方無かった』『手を出せる訳が無かった』で自分を納得させて生きる事が出来るだろうか?… カンファレンスで討論するならジョークも無理難題な回答も良いけど、結局自分がホントにトロッコ問題と同じ状況に陥ったら現実答えは2つ、多くの命を助けるかその場から逃げ出すかしかないだろう?• 名無しさん• 2020年07月26日 23:21• ワイは信念を持って「レバーは引かない」やで。 責任をとるべきは工事監督なり工事の責任者やろ。 なんで、たまたま居合わせたワイが責任と選択を迫られなあかんねん。 仮にワイが責任者でも「レバーは引かない」やけどな。 工事手順を示してるのに、トロッコの先で作業をしてる5人が悪い。 これは100人でも1000人でも変わらん。 作業手順を守らないやつのために作業手順を守ってる1人を犠牲にすることは許されん。 もしも、ワイの作った作業手順が間違ってたら、それはワイの責任や。 やっぱり「レバーは引かない」やね。 5人には犠牲になってもらってその責任はワイが負うやで。 その場合でもその場の思い付きで作業手順の急な変更はあり得へんで。 二次災害の元やからな。

次の

うしみつ、富士とヒマワリ

うしみつそく

「丑三つ時」の意味とは?時間はいつ? 最初に「丑三つ時」の読み方と意味を紹介します。 「丑三つ時」の読み方は「うしみつどき」 漢字では「丑三つ時」と書きます。 読み方は「うしみつどき」です。 「丑三つ時」の時刻は「午前2時から2時30分まで」 日本には数字で表す時刻の他に、「延喜法(えんぎほう)」と呼ばれる時間の表示方法があり、丑三つ時はこの「延喜法」を使って表示する時間となります。 「丑三つ時」は「丑の刻」を4等分した3番目の時刻、「午前2時から2時30分」となります。 「丑三つ時」の由来とは? 由来は干支で時間を表す 「延喜法」 先ほどご紹介したように、「丑三つ時」とは日本古来の時間の表示方法である「 延喜法」が由来です。 「延喜法」とは、24時間を「十二支」で示すもので、 一つの干支を2時間の枠と考えます。 つまり、12の干支で、2時間ずつ進行して24時間を刻みます。 時刻の読み方に関しては、 一つの干支をさらに4つに分けて、 「一つ時(一刻)」「二つ時(二刻)」「三つ時(三刻)」「四つ時(四刻)」とします。 「延喜法」の起点「子(ね)」は午後11時から午前1時 「延喜法」では、最初の干支である「子(ね)」は午後11時から午前1時までです。 「子」を基準に、順番に「丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」と2時間ごとに進んでいきます。 最後に「亥の刻」である午後9時から午後11時が終わると、24時間が終わる計算になります。 「丑の刻」の3番目「三つ時」を丑三つ時と読む 「延喜法」で考えると、「丑の刻」は「午前1時から3時」の2時間です。 丑の刻を30分間隔で4等分し、3番目にくる時間帯 「午前2時から2時30分まで=丑三つ時」という意味になります。 「丑三つ時」に幽霊やおばけが出るのは本当? 「丑三つ時」には不気味なことが起こったり幽霊やお化けが出ると言われていますが、一体本当なのでしょうか? 「丑三つ時」は鬼門の方角である 「丑三つ時」に幽霊やおばけが出るというのは、古代中国の「陰陽五行(いんようごぎょう)」という自然界における思想がベースになっています。 「陰陽五行」は自然界に存在する全てのものを2つの項目「陰(いん)」と「陽(よう)」に分けて考えるスタイルで、例を挙げれば「月は陰、太陽が陽」「裏は陰、表は陽」などです。 陰陽五行の思想によれば、「丑は陰」で「寅が陽」となり、その中間にある「丑寅(午前3時)」は「鬼門」つまり「鬼が出入りする」方角となるため、近い時刻の「丑三つ時」が「鬼門」と深い関係があると解釈されたと考えられています。 「丑三つ時」は最も「陰」の強い時間 「丑三つ時」に幽霊やおばけが出ると言われるのは、陰陽五行の思想において最も「陰」の強い時間であるからでしょう。 「丑の刻」は昔からの言い伝えで「常世(死後の世界)に通じる時刻」とされてきました。 人はおろか、自然界の生き物や草木も眠る不気味な時間帯が「丑三つ時」であることも「幽霊やおばけ説」が色濃く残る由縁だと考えられています。 「丑三つ時」の怖い話「呪いのわら人形」について 「丑三つ時」が最も「陰」の強い時間帯ということあり、「丑の刻」に関する「怖い話」も実際に存在します。 呪いを成就させるための「丑の刻参り」について解説しましょう。 「丑の刻参り」はわら人形を打つ「呪術」の一つ 「丑の刻参り」は呪いを成就させるために行う「わら人形」を使った儀式です。 白装束に身を包み、頭部につけた鉄輪に火を灯したろうそくを指し、わら人形を「五寸釘」で打ち込む姿は誰もが身の毛がよだつことでしょう。 そして、この儀式が行われるのが「丑寅の刻(午前3時ごろ)」で、「丑の刻参り」と名づけられました。 「丑の刻参り」は「宇治の橋姫」が夫を別の女性に奪われてしまった憎しみから、二人を呪うために「鬼」になろうと決意した女性の話が始まりとされています。 以後、能の「鉄輪」において「丑の刻参り」が再現され、現代の「丑の刻参り」へと形を整えていきました。 「丑の刻参り」は心願成就の儀式だった? 「丑の刻参り」は憎しみを解き放つための「呪術」として知られていますが、もともとは願いを成就させるための儀式でした。 しかし、「陰陽五行」の「陰」の思想や「鬼門」と関連付けられ、「呪いの風習」として形を変え人々に根付いていったのです。 「丑の国参り」の必須アイテムは「相手の髪の毛や爪」 もう一つ、「丑の刻参り」で知っておきたいのは「わら人形に入れるアイテム」です。 憎しみの対象となる相手の髪の毛や爪をわら人形に入れることで、相手を擬人化させるのが本意となります。 ちなみに「丑の刻参り」は一週間に渡り毎日「丑の刻」である午前2時に行う「呪いの儀式」ですが、この行いは誰にも見られてはならないこととなっています。 もし、誰かに見つかったとしたら、相手にかけている呪いが自分に降りかかってしまうため、呪いをかける側も必死であることでしょう。 まとめ 「丑三つ時」は干支で数える昔の表示方法「延喜法」で、丑の刻「午前2時から2時30分まで」を指しています。 「丑三つ時」にはおばけや幽霊が出ると言われていますが、その背景には「鬼門の方角」であることや、陰陽五行の思想が大きく影響しています。 「丑三つ時」は言葉が伝えるイメージ通り、「陰」「不吉」「呪い」という言葉が当てはまる言葉ですが、由来を辿ることで言葉の意味を深めることができます。 ぜひ、一味違ったコミュニケーションのスパイスとして「丑三つ時」のうんちくを取り入れてみませんか?.

次の