ゴリランダー 相性補完。 【ポケモン剣盾】「サザンガルド構築」の他の相棒たちを考えてみた「サザンドラ」+「ギルガルド」【ポケモン構築】

【ソードシールド】ゴリランダーの育成論!高火力高耐久の器用なアタッカー!【ポケモン剣盾】

ゴリランダー 相性補完

ダイマックスすると「エアスラッシュ」は「ダイジェット」に変わり素早さが上昇するようになるため、先手を取りやすくなり一匹で多くのポケモンを倒すことができるようになります。 技の命中率が低いことに不安がある場合。 必中の格闘技。 鋼や岩タイプに使用する技として。 「てんのめぐみ」ではないため「エアスラッシュ」の怯み効果の発動確率が減ってしまいますが、その分ダイマックス時の瞬間火力を上げることができるため、急所を考慮せずに耐久調整を行っているポケモンを返り討ちにすることができます。 技の命中率が低いことに不安がある場合。 ダイマックスした相手はひるまないため、前作のときほどの活躍はできなくなりましたが、戦術としては未だ脅威的なものとなっています。 ナットレイなどの対策になる。 自身と異なるタイプの技の選択肢、威力重視。 ナットレイなどの対策になる。 技の威力が上がるため、アタッカーとしての能力も上昇する。 トゲキッスの役割と立ち回り てんのめぐみで相手の行動を阻害する 「トゲキッス」は、技の追加効果の発生確率を2倍にする特性である「てんのめぐみ」を持っています。 それによって相手の行動を大きく阻害できるその能力は脅威的で、過去作でも幾度も見られてきた、トゲキッスが得意としている戦法となっています。 高耐久でじゃくてんほけんと好相性 「トゲキッス」はHPは低いものの防御と特防が高いため、ダイマックスでHPを2倍にすると、弱点の技でも耐えることができます。 そのため「じゃくてんほけん」との相性が良く、元々の特攻の高さと相まって強力な攻撃を放つ事ができるようになります。 トゲキッスと相性の良いポケモン トゲキッスと相性補完のよいポケモン 「トゲキッス」と相性補完のよい、地面タイプのポケモンがおすすめです。 地面タイプのポケモンは物理アタッカーが多く、特殊アタッカーのトゲキッスと役割を分担できます。 また「水・地面」「水・電気」の複合タイプを持つポケモンは、鋼タイプを半減以下で受けることができます。 こちらは、トゲキッスの苦手な「ヒートロトム」にも有効なので、自分のパーティーに合わせて編成しましょう。 ポケモン 説明 ・特性「かたやぶり」で「ふゆう」の敵にも地面技を当てれる ・「つのドリル」で苦手な相手を強引に突破できる ・特性「ちからもち」により、物理攻撃が強力 ・技範囲が広いので、相手の弱点をつきやすい ・弱点が草のみであり、トゲキッスと相性補完がよい ・平均以上の耐久性能を持っている ・特殊アタッカーとしても優秀 トゲキッスをサポートできるポケモン 「あくび」や「リフレクター」などによる起点作りで、「トゲキッス」をサポートできるポケモンと相性が良いです。 起点を作ることで、「ダイジェット」による素早さ上昇や、「わるだくみ」による特攻上昇を狙いやすくなります。 例えば、「あくび」を使用すると、相手はポケモンの交代を迫られます。 これにより、トゲキッスより素早さの高いポケモンの確認や、トゲキッスが起点にできるポケモンへ対面操作が可能です。 ポケモン 説明 ・「あくび」や「ステルスロック」で、トゲキッスをサポートできる ・物理耐久が高い ・「あくび」で起点を作れる ・特殊耐久が高い ・弱点の格闘タイプには、トゲキッスで対処できる ・「おにび」で相手物理アタッカーの機能停止を狙える ・素早さが高いため、「リフレクター」や「ひかりのかべ」などを、先制で使いやすい トゲキッスの対策 タイプ相性で有利なポケモンを使う 「トゲキッス」と戦う場合、トゲキッスが使う技の多くを半減で受けることができるポケモンを使いつつ、弱点の技で攻撃していきましょう。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。

次の

【対策方法4選】夢特性ゴリランダーが強すぎてカプ・ブルルな件【徹底解説】

ゴリランダー 相性補完

こんにちは。 S7お疲れ様でした。 今期は最終日潜れませんでしたが、レート2000を達成することができました。 結果こそ高くはありませんが納得の行く構築を組むことができたので、見ていただけると幸いです。 そこで、草食によりゴリランダーの高火力の一貫を切れ、交代先に大きな負荷をかけられるを採用した。 ここで、の苦手なドラパルトやエースバーンをごまかせ、相性補完に優れたを採用。 次に、この2匹と相性がよく、使い慣れたを入れた。 また、現環境において、圧倒的な性能を持つのエースバーンや電磁波搭載の可能性から初手エースバーンの抑制ができるドラパルトは、相手の選出を大きく制限できると感じたので、アシレナットの2匹と相性のよい構成で投入。 最後はやイエッサンが重く、それらに強いチョッキを入れて構築が完成した。 サイクルを回し相手のをごまかしながらアタッカーを通す。 炎技は採用していないが、もハイボで確3のため、有利に立ち回れる。 また、草結びでHDカバも確1なので、エースバーンに強い並びの多くに強いである。 さらに、ノーマルタイプのおかげでと並べるとドラパルトの一致技の一貫を切れたり、などのフェアリーにも高火力の打点があった点はドラゴンの中でも優秀だと感じた。 しかし、に対して一致技を両方無効にされたり、鈍足のわりに耐久は高くなかったりなどの理由でかなり運用が難しかった。 それでも、ホームの集計圏内の150位には入っても不思議でないと思うし、このとともに戦えて楽しかった。 により、の皮を剥がしながら交代できるなど アッキ発動は痛いが 、便利だった。 とはいえ使用頻度は高くなかったので、リフレクターを採用した方が扱いやすかったのではないかと思う。 悪くはなかったが、草技はやはり欲しい場面が多かった。 守るは切りたくないが、1度試そうと思った。 それでも選出率は高く、勝ちに大きく貢献しただった。 1度舞った時の制圧力は圧巻だった。 また、不意討ちの使用頻度は思った以上に高く、出した試合ではかなり活躍したので、AS竜舞はもっと増えてもいいと思った。 球により耐久は下がってしまうが、それを補って余りある性能だと感じた。 途中までは耐久振りスカーフで使っていたが、火力が足りなかったため、変更は正解だと感じた。 バトンは対面操作とダイウォールの両立のため。 捨て身媒体のダイアタックは扱いやすかった。 その他のフェアリーなど後投げ可能な範囲が広く、扱いやすかった。 先に砂を展開すればエースバーンの上から叩けることを考えて砂掻きにしたが、型破りにしてに強くしてもよいと思う。 アシレナット 1 サイクルを回しながらエースを通す 対受け構築:ナットドラパ ステロを撒いてからドラゴンを通す キッス入り:ドリュアシレ 1 どの選出であってもアシレのHP管理がとても重要 読んでいただきありがとうございました。 大きく環境が変化しますが、潜る機会があれば上位を目指して頑張ろうと思います。 その際にはよろしくお願いします! Megaketsuban.

次の

【ソードシールド】ゴリランダーの育成論!高火力高耐久の器用なアタッカー!【ポケモン剣盾】

ゴリランダー 相性補完

霊がメインの場合と闘がメインの場合の両方がある。 特に前者は霊半減以下の無悪の両方に闘で弱点を突ける完璧な組み合わせ。 後者でも闘が半減以下の超霊毒虫飛妖のうち2つに弱点をとれる。 シャドークローの威力や気合玉の命中率など、物理特殊どちらにしても 威力や命中に難があるため使用者が少ないが、優秀な組み合わせであることに変わりはない。 水がメインの組み合わせ。 大半の水タイプが使用できる。 水を半減する、水竜草のうち2つに弱点を突ける。 水タイプのポケモンが冷凍ビームなどをサブウェポンとして採用することが多い。 水に両方半減される。 習得者は少ないが、氷技にフリーズドライを採用する場合は水にも弱点を突けるため、範囲が非常に広くなる。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 5属性の弱点を突ける。 竜がメインの組み合わせ。 竜を半減する鋼に炎で弱点をとる。 非常に止めるのが難しい組み合わせ。 ドラゴンタイプのポケモンが大文字や炎のパンチなどをサブウェポンに持ちこの技範囲を扱うことが多い。 竜がメインの組み合わせ。 竜を半減する鋼に地で弱点を突く。 「ドラゴンタイプ+鋼対策技」の組み合わせではとが両方とも一致で扱える。 電を半減以下にできる地草竜電のうち、3つに弱点をつける。 氷から見た場合は対水のみだが、フリーズドライを覚えず、電気タイプの技を覚えるポケモンが対水を想定して採用されることも。 単純な抜群範囲はそれほど広い部類ではないものの、補完が極めて優秀な組み合わせ。 電タイプのポケモンが「めざめるパワー氷」をサブウェポンに持ちこの技範囲を扱うことが多い。 妖がメインの組み合わせ。 妖を半減する、炎毒鋼の全てに地で弱点が突ける完璧な組み合わせ。 この範囲を扱える妖は少なく、特殊ならばめざめるパワー地面が使われる。 地面ポケモンから見ると苦手タイプへの補完が一切無いため、優先度は高くない。 飛がメインの場合と、地がメインの場合の両方がある。 前者の場合、飛を半減する電岩鋼の全ての弱点を突く完璧な組み合わせ。 後者の場合、地を半減以下にする飛虫草のうち2つに弱点を突く。 飛闘の組み合わせの影に隠れがちだったが、飛闘を半減以下にするギルガルドに地が抜群であるため、採用率は上がっている。 毒に耐性を持つ毒・岩・鋼に地が抜群。 地半減の草に毒が抜群となる。 基本は毒メインのポケモンが相性補完を求めて地を採用する。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 6属性の弱点を突ける。 超がメインの組み合わせ。 超を半減以下にする悪超鋼のうち、1つに弱点を突く。 主に超タイプが鋼を相手取るためにこの範囲を持つ。 かつて高威力の炎技を扱える超ポケモンは少なかったが、第8世代では技マシンでマジカルフレイムが配られ、この範囲は一般的になった。 炎ポケモンから見ると苦手タイプへの補完が一切無いため、こちらはこの範囲が取られることはまずない。 竜がメインの組み合わせ。 竜を半減する鋼に闘で弱点を突く。 虫鋼複合のハッサムや超鋼複合のメタグロスに竜半減闘等倍となるため、竜炎の組み合わせの影に隠れがち。 妖に両方半減以下にされる。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 5属性に弱点を突ける。 飛行半減の鋼に炎で弱点を突く、飛行がメインの相性補完。 等倍範囲の広い飛行技の一貫性が高まるうえ、双方半減の岩タイプがマイナーなので止まりづらい。 鋼タイプをメインウェポンとするポケモンが炎電鋼の弱点を突くために採用する。 地面タイプが不一致鋼技を採用することは少ない。 草半減の炎・飛行・虫に岩で弱点が突け、岩半減の地面に草が抜群を取れる。 岩タイプで草技を扱えるポケモンは少ないため、草タイプがサブとして岩技を採用するケースが多い。 両者鋼に半減されるが、岩技を覚えられるポケモンは地面・格闘技も覚えることが多いため、比較的対策しやすい。 特殊岩技の威力が低いため、採用するポケモンの大半は物理型である。 妖半減の炎に岩が、岩半減の闘に妖が抜群。 双方に無効タイプが存在せず一貫性が高いが鋼に半減される。 相性補完と等倍範囲の両面で優れた組み合わせだが、双方とも威力100未満の技が多い。 タイプ一致でないと等倍だと十分な火力が出ないうえ、現状では双方をタイプ一致で扱えるポケモンが限られる。 また、岩メインのポケモンで高威力の妖技を覚えるポケモンは非常に少ない。 主にストーンエッジなどの高威力物理岩技をサブで扱える妖主体のポケモンが補完で採用する範囲。 主に物理鋼が炎・水・電へ等倍以上の打点を求めて岩技を採用する。 両タイプに無効化手段が無いため、鋼に双方半減という点を加味しても等倍範囲が広い組み合わせ。 実戦では双方との補完に優れる地や闘を同時採用し、鋼への打点とするのが一般的。 竜をメインとするポケモンが妖に鋼で弱点を突く目的で採用する。 共に鋼に半減されるので、サブやもう一つの一致技で鋼に高打点で弱点を突ける竜で採用する。 竜が覚えられる鋼技が威力が低いことと、メジャーな妖複合の水妖・電妖に鋼が等倍な点がネック。 双方一致で扱えるポケモンが禁止伝説ののみであることもあり、採用率はあまり高くない。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 4属性に弱点をつける。 無半減の鋼に炎で打点を得る、無をメインとする相性補完。 主にだいもんじなどの高威力特殊炎技を使用できる特殊メインの無が採用する範囲。 双方半減の岩が少ないため等倍範囲も広い。 物理でも採用価値はあるものの、無が覚える物理炎技はほのおのパンチやほのおのキバ止まり。 炎弱点を持つ鋼が多いとはいえ威力が低く、4倍ピンポイントの採用になりがち。 物理メインの無の場合は地や闘といった技威力の高い組み合わせに落ち着く場合が多い。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 6属性の弱点を突ける。 電気は草対策に炎技を、炎が水対策に電気技をそれぞれ採用する。 双方が竜に半減されるが、多くのポケモンが止まりやすいすべての鋼複合に対して等倍以上を取れる組み合わせ。 実戦ではめざめるパワー氷や格闘技・地面技をあわせて採用するケースが多く、突破力をさらに高めやすい。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 7属性に弱点をつける。 妖半減の鋼に炎で、炎半減の竜に妖で弱点をつける。 炎タイプに双方半減以下となる。 現状双方をタイプ一致で扱えるポケモンは存在せず、主に妖が鋼への打点として炎技を補完採用する。 高威力の炎技を習得できる妖は少なかったが、第8世代ではマジカルフレイムを覚えるポケモンが増えた。 などの炎4倍鋼には効果てきめんで採用率は高い。 妖半減の鋼に闘で弱点をつく、妖メインの相性補完。 両半減の毒がマイナーなうえ、やといったメジャーな高耐久無に対する打点にもなる。 きあいだまやばかぢからといった高威力闘技を習得できるポケモンに特に人気のある組み合わせ。 めざめるパワーでも選択肢となるタイプだが、格闘4倍筆頭のには妖で2倍弱点が突ける。 環境には闘等倍以下の鋼も多いので、特殊妖のめざめるパワーの選択タイプとしては炎・地に比べると少数派。 また、闘メインのポケモンからすれば等倍範囲はそれなりだが補完がない。 高威力の妖技を習得できる闘も現状いないため、闘メインのポケモンが採用することはまずない。 竜をメインとするポケモンが妖に毒で弱点を突く目的で採用する。 共に鋼に半減以下にされるので、採用する竜のほとんどは持ち物や特性・積み技による威力補強を施す。 威力補強が十分であれば、高威力の竜技により半減でも鋼にゴリ押しが狙える。 サブやもう一つの一致技で鋼に高打点で弱点を突ける場合も多く、鋼による安易な対策が通用しない場合が多い。 超無効の悪に妖が抜群で、妖半減の毒に超が抜群になる。 等倍範囲でみても炎に超が、超に妖が通りやすいので、抜群範囲の狭さを加味しても優秀な相性補完。 物理で両タイプの高威力技を習得するポケモンはいないので、特殊型での採用が主。 鋼に双方半減されるので、実戦ではきあいだまやめざめるパワー炎・地面などを組み合わせることが多い。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 5属性に弱点を突ける。 単タイプで見ると双方半減の岩タイプがマイナーなので通りはまずまず良い。 主に毒無効の鋼に対する打点として、毒メインのポケモンが炎技を採用する。 毒技の範囲が狭いので炎メインのポケモンが毒技を積極的に補完採用することは少ないが、 など炎耐性を持つ妖複合へのピンポイント打点として採用することはありうる。 特殊な例に言及するとを筆頭にどくみがまも戦術を扱うポケモンが、鋼対策として炎技を同時採用することも多い。 状態異常の毒と炎技双方に耐性を持つポケモンは非常に少なく、高いハメ性能を持つ。 超がメインの組み合わせ。 超を半減以下にする鋼悪超のうち、2つに弱点を突く。 エスパータイプのポケモンがきあいだまなどをサブウェポンとして採用することが多い。 闘が使っても毒対策にはなるが、それなら地震でいいのであまりつかわれない。 超に両方半減される。 25倍、特性「もふもふ」には2倍 7属性の弱点を突ける。 炎がメインの場合と、草がメインの場合の両方がある。 前者の場合、炎を半減する炎水岩竜のうち2つに弱点を突くことができ、さらに炎の弱点である水岩地の全てに弱点を突ける、 ソーラービームをもととしたZ技も検討される程優秀な組み合わせ。 後者の場合、草を半減する草虫炎飛竜毒鋼のうち3つに弱点を突け、めざめるパワーを使ってでも習得させる程。 特に晴れパーティでは 炎技とソーラービームとウェザーボールの性能が上がるため脅威となる。 炎や竜に半減される。 虫半減の炎、毒、鋼に地面が抜群で、地面半減の草には虫が刺さるので計4タイプを補完できる組み合わせ。 双方の抜群が被らないので抜群範囲も非常に広いが、飛行に両者半減以下にされる。 等倍以下に抑えるポケモンは多いが、耐性を持つポケモンはややマイナー寄りな飛行複合タイプが多い。 主に虫タイプが相性補完を求めて、じしんやめざめるパワー地面を搭載する。 電無効の地に水で弱点を突き、水に対しては電で弱点を突く。 両者をタイプ一致で使えるポケモン、もしくは水主体の特殊ATが同タイプへの有効打として電を採用する。 電主体のポケモンは地対策としては草にも弱点を突ける氷を優先するケースが多く、採用率は低め。 共に草・竜に半減されるため、相性補完に氷技を同時採用する場合がほとんど。 水半減の同タイプに草が通り、草半減の炎に水で弱点を突ける。 主に水主体の特殊エースが同タイプへの有効打として草技を採用する。 草・竜に共に半減されるが氷技が双方に一貫するので、れいとうビームを同時採用することでそれらにも容易に対策ができる。 電無効の地に草で弱点を突き、草半減の飛には電が刺さる。 主に電メインのポケモンが地に対する打点を求めて、くさむすびやめざめるパワー草などを採用する。 共に草・竜に半減されるので、範囲の狭い草メインのポケモンが電を補完採用するケースは少ない。 例外として、攻撃技ではないがなどの草が地を呼びづらいことを利用して、でんじはを搭載することはある。 氷半減の氷・鋼に炎が抜群で通り、炎半減の竜には氷が刺さるので計3タイプの補完が見込める。 炎・水に双方半減以下に抑えられる。 両タイプとの補完に優れる電メインのポケモンが両者をサブ技に仕込むケースも多い。 草半減の炎・毒・鋼に地で弱点を突き、3タイプの補完ができる。 草・虫・飛の3属性に半減以下にされるが、いずれもマイナー気味なポケモンが多い。 逆に水・鋼などのメジャー相手に等倍以上を狙いやすいため、耐性を持つ相手が多い割に扱いやすい。 地からすると相性補完が無く、そもそも草技を覚える地が少ないので採用率は低い。 草が範囲を広げるために地を補完採用することがほとんど。

次の