梅雨時の挨拶文。 【例文】梅雨の挨拶って?ビジネスメール・手紙に書くべき時候の挨拶例

6月・梅雨の時候のあいさつ、季節の挨拶文例! 75個の書き出し、結びの言葉まとめ!

梅雨時の挨拶文

時候の挨拶 手紙の中で頭語の後にくるのが時候のあいさつです。 季節にふれるあいさつは手紙のもっている美しい伝統のひとつです。 時候の慣用句もありますが、自分なりの表現で、季節感をうまく工夫して相手に伝えると良いでしょう。 また、時候のあいさつのあとには、安否を気づかうあいさつが続きます。 ここでは季節感あふれる時候のあいさつをご紹介します。 かしこまったお手紙には月ごとの定型句を、親しい方へのお手紙には少しカジュアルな表現を用いると良いでしょう。 <お詫び・お見舞いの場合> お詫びの手紙では、申し訳ないという気持ちを伝えることが最大の目的です。 時候のあいさつは書かずに、単刀直入に本題に入りましょう。 また、お見舞いの手紙では、相手の体調を気遣う気持ちを伝えることが大切です。 容態や被害の状況に応じて時候のあいさつは省きましょう。 <ビジネスの場合> ビジネスで時候のあいさつを使う場合、「~の候」という古くからの漢語調のあいさつだけでは事務的な印象を与えてしまいます。 ビジネスだからこそ、ほんのひと手間かける心遣いで仕事までもできる印象に。 ご自分が五感でその時に感じた言葉を加える工夫をしましょう。

次の

時候のあいさつ文・梅雨の季節の挨拶文・梅雨の季語

梅雨時の挨拶文

梅雨の季節の挨拶文でワンランク上の手紙やメールを 手紙やメールに時候の挨拶を入れることで、相手に「教養を身につけた素敵な人」といった印象を持ってもらうことができます。 そこで、これからの梅雨の時期にふさわしい季節の挨拶文についてご紹介していきます。 時候の挨拶とは、季節を表す言葉を用いた挨拶の文章です。 これは手紙の最初に書きます。 「漢語調(ビジネス)」と「口語調(カジュアル)」がある 時候の挨拶には「漢語調」と「口語調」の2種類あります。 ビジネスシーンで使われることが多い「漢語調」 「漢語調」とは、古い中国の言葉が用いられた形態の語種です。 この「候」は、季節や気候の意味を表す言葉です。 また、時候の挨拶では、「候」は「そうろう」ではなく「こう」と読みます。 漢語調は改まった印象を与えるため、ビジネス文書や手紙によく使われます。 カジュアルなシーンで使われることが多い「口語調」 「口語調」は、話し言葉のようなカジュアルな雰囲気があります。 たとえば、「新緑が美しい季節となりました」や「暑い日が続いていますが」といった感じです。 口語調を使う場合は、やわらかく、親しみやすい手紙を送りたい場合に適しています。 「漢語調」と「口語調」は、手紙を送る相手やシーンによって使い分けるとよいでしょう。 手紙とメールで違いはあるの? 時候の挨拶は、手紙の場合でも、メールの場合でもとくに違いはありません。 ただし、メールの場合に漢語調の時候の挨拶を入れると、やや堅苦しい印象となりますので、口語調のほうがおすすめかもしれません。 また、要件を早急に伝える場合のメールや、お詫びのメールなどには、時候の挨拶は不要でしょう。 それは「梅雨入り」「梅雨の中休み」「梅雨明け」です。 ここでは、それらの時期に合った季語と、シーン別の挨拶例文をご紹介します。 梅雨入りの季語 梅雨入りの頃の使える季語には、次のようなものがあります。 入梅/梅雨/長梅雨/長雨/梅雨の月/梅雨の星/黒南風(くろばえ)/青梅雨 使う時期は梅雨入り直後がよいでしょう。 日本の梅雨入りは、地域によって異なるため、手紙を送る相手が住んでいる地域が梅雨入りしているか確認してから使うようにしましょう。 梅雨入りの挨拶例文(ビジネス) ・「入梅の折、貴社におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」 ・「長雨の候、ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます」 梅雨入りの挨拶例文(カジュアル) ・「入梅のみぎり、いかがお過ごしでしょうか」 ・「梅雨の季節となりました」 ・「黒南風の候、しっとりとした風の中に緑が香る季節となりました」 梅雨の中休みの季語 梅雨の中休みとは、梅雨の間に晴れ間が続くことです。 そんなときに使える季語には、 梅雨晴れ/梅雨夕焼け などがあります。 情景が浮かぶ美しい言葉です。 梅雨の中休みの挨拶例文(ビジネス) ・「梅雨晴れの候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます」 ・「梅雨晴れの候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」 梅雨の中休みの挨拶例文(カジュアル) ・「梅雨晴れで、夏本番を思わせる暑さとなりました」 ・「梅雨の中休みで青空がひろがり、久しぶりに気持ちよく過ごしています」 ・「梅雨夕焼けが美しい時期を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか? 梅雨明けの季語 梅雨明けの頃の季語には、 梅雨明け/梅雨あがる などがあります。 梅雨明け宣言が出される時期は地域差がありますが、多くの場合7月下旬頃ですので、その頃を目安に使うとよいでしょう。 梅雨明けの挨拶例文(ビジネス) ・「梅雨明けの候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます」 ・「梅雨明けのみぎり、貴殿ますますご健勝のこととお喜び申し上げます」 梅雨明けの挨拶例文(カジュアル) ・「ようやく梅雨もあがり、気持ちのいい青空が広がっています」 ・「雨上がり、草木の緑も一層深まったように感じられます」 ・「梅雨が明け、いよいよ夏本番ですね」 紫陽花の季語 梅雨の花のといえば「紫陽花」です。 紫陽花には別名が多いのも特徴的。 たとえば、「かたしろぐさ」「四葩の花」「七変化」「刺繍花」「瓊花(たまばな)」といった呼ばれ方をすることもあります。 時候の挨拶に使う際には、 「紫陽花の色」「紫陽花の花」「紫陽花の葉」などとするのもおすすめです。 なお、6月を象徴とする花ですので、時候の挨拶に使う場合は6月中~7月頭にしましょう。 親しい方への手紙の結び 親しい方への手紙であれば、「梅雨」に関連したキーワードと「相手の健康・幸せ」を願う言葉を組み合わせた結びにします。 たとえば、 ・「梅雨冷えで肌寒い日もありますので、お身体ご自愛ください」 ・「梅雨が明けると本格的な夏がやってきます。 暑さで体調を崩さぬようお元気でお過ごしください」 ・「梅雨明けにお会いできるのを楽しみにしております」 などです。 ビジネスでの手紙の結び ビジネスでの手紙の場合は、季節の挨拶は不要です。 ・「末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます」 ・「まずは略儀ながらお礼かたがたご挨拶申し上げます」 ・「皆様のますますのご活躍を祈念いたしております」 などで結びの挨拶としましょう。 ここでは、6月下旬と6月全般に使える季語と例文をご紹介していきます。 梅雨以降(6月下旬)の季語 6月下旬の季語には、次のようなものがあります。 夏至/短夜(みじかよ)/霖雨(りんう)/半年 「夏至」は、二十四節気のひとつで6月21日頃~7月6日頃を指す言葉です。 また、「短夜」は、夏至で日が長くなり、夜が短くなることを示しています。 「霖雨」は長雨の別称で、行く日も降り続く雨のこと。 「半年」は6月で1年の半分が終わることを表しています。 梅雨以降(6月下旬)の挨拶例文(ビジネス) ・「夏至の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます」 ・「霖雨の折、貴社一層ご発展のことと存じます。 」 ・「貴社におかれましては、実り多い半年であったことを実感なさっているとお察ししております」 梅雨以降(6月下旬)の挨拶例文(カジュアル) ・「今年もはや半年が過ぎようとしています」 ・「短夜のみぎり、日一日と夏めいてまいりました」 ・「夏至を迎え、梅雨もそろそろ明けるころとなりました」 6月の季語 6月を通して使える季語には、 向暑(こうしょ)/水無月(みなづき)/麦秋(ばくしゅう)/青葉/深緑 などがあります。 「向暑」とは、文字通り暑さに向かうことを意味します。 「水無月」は陰暦の6月のこと。 「麦秋」は、6月が麦の収穫期であることから。 「青葉」や「深緑」は、6月頃は草木の緑が深まることを示す言葉です。 親しい方への手紙の結び 親しい方への手紙の結びであれば、 ・「季節は夏に向かっております。 くれぐれもお身体を大切になさってください」 ・「暑さで体調を崩さぬようお元気でお過ごしください」 ・「本格的な夏を待ちわびつつ、まずは御礼のみにて失礼いたします」 などです。 ビジネスでの手紙の結び ビジネスでの手紙の場合は、季節の挨拶はなくてもよいでしょう。 ・「末筆ながら、より一層のご繁栄を祈念いたしております」 ・「一層のご活躍をお祈り申し上げます」 などで結びとします。 梅雨の時候の挨拶は、情景を切り取る豊かな言葉で 梅雨時期の挨拶には、ついつい「うっとおしい雨」や「蒸し蒸しとした暑さ」などと書きたくなってしまいますね。 しかし、これらの言葉は相手にも不快な思いが伝わってしまうこともあるため、避けたほうが賢明です。 6月の美しい情景を切り取るような豊かな言葉で、季節の挨拶をしたいものです。 関連記事•

次の

梅雨にふさわしい挨拶文を手書きで!誰にでも伝わるジャンル別編

梅雨時の挨拶文

この頃から本格的に暑くなるとされる。 大暑(たいしょ)…二十四節気のひとつ。 この頃が一年のうちで最も暑い時期とされる。 ・旧暦では 新暦2020年の7月1日は…旧暦では5月11日頃となる。 新暦2020年の8月19日が、旧暦では7月1日 新暦2021年の7月1日は…旧暦では5月22日頃となる。 新暦2021年の8月8日が、旧暦では7月1日 新暦2022年の7月1日は…旧暦では5月11日頃となる。 それでは7月1日から7月7日(小暑)までの間を表す季節の言葉は? (なお、手紙などでは先方に届くまでの日程をふまえ、「小暑」を数日前倒しで使っても構わないとされます。 手紙などでは 「小暑を控え、これから最も暑い時期となります」 「もうすぐ小暑 一年で最も暑い時期へと突入します」などのように間もなく訪れる小暑に触れるほか、 「もうすぐ七夕 子どもたちが飾りを作り始めました」などと7月7日の七夕の行事に触れたり、 「富士山も山開きの頃となりました」のように代表的な山である富士山を取り上げるのも良いでしょう。 富士山の山開きは7月1日(もしくは10日)です。 [7月上旬、中旬、下旬] [個人あての例文] ・拝啓 盛夏の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・拝啓 盛夏の候 貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。 【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。 「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。 親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。 親しい相手への結びの例としては 「取り急ぎ近況報告まで。 」 「取り急ぎお知らせまで。 」 「取り急ぎお見舞い申し上げます。 」 「またお会いしましょう。 お元気で。 」など ・猛暑 ・酷暑 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・梅雨が明けてから用いられることが多い言葉です。 連日猛暑日が続く夏などに使うのが相応しいでしょう。 [7月上旬、中旬、下旬] [個人あての例文] ・拝啓 猛暑の候 いかがお過ごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・拝啓猛暑の候 平素は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 ・七夕 ・天の川 ・星祭り 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・7月7日頃に用います [7月上旬] [個人あての例文] ・天の川が美しい季節となりました。 いかがお過ごしでしょうか。 ・七夕飾りが雨に濡れてさびしそうです。 お元気でいらっしゃいますでしょうか。 ・七夕の飾りが風に揺れて嬉しそうです。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・星祭の候 貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。 7月に使う時候の挨拶(つづき) 7月を表わす言葉 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・小暑 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・7月7日頃をさします。 小暑は、二十四節気のひとつ。 この日から暑さが本格的になることを意味します。 [7月初旬の文例] [個人あて文例] ・拝啓 小暑を過ぎ、いよいよ夏本番といったところです。 お変わりなくお過ごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・拝啓 小暑の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。 「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。 親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。 親しい相手への結びの例としては 「取り急ぎ近況報告まで。 」 「取り急ぎお知らせまで。 」 「取り急ぎお見舞い申し上げます。 」 「またお会いしましょう。 お元気で。 」など ・大暑 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・7月23日頃をさします。 大暑は、二十四節気のひとつ。 この頃が一年で最も暑い時期とされます。 [7月下旬の文例] [個人あて文例] ・拝啓 大暑の候 いかがお過ごしでしょうか。 [ビジネス文書では] ・大暑の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 7月に使う時候の挨拶(つづき) 七月を表わす言葉 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・朝顔市 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・入谷の朝顔市は毎年7月6日から3日間です。 [7月上旬の文例] [個人あて文例] ・懐かしい朝顔市の季節となりました。 お元気でお過ごしでしょうか。 【手紙に使う場合の結び・結語について】頭語と結語はセットになっています。 「拝啓」を用いた場合の結語は「敬具」となります。 親しい間柄の相手に対する手紙で書き出しに[「拝啓」などの頭語を用いない場合には結び・結語も決まった語を用いません。 親しい相手への結びの例としては 「取り急ぎ近況報告まで。 」 「取り急ぎお知らせまで。 」 「取り急ぎお見舞い申し上げます。 」 「またお会いしましょう。 お元気で。 」など ・ほおずき市 解説 挨拶文書き方文例・例文 ・浅草のほおずき市は毎年7月10日頃です。 [7月中旬の文例] [個人あて文例] ・懐かしいほおずき市の季節となりました。 お元気でお過ごしでしょうか。 手紙などでは 「大暑過ぎの猛暑が続いています」 「大暑を過ぎ、子供たちも連日真っ黒になって泳いでいます」などのように過ぎたばかりの大暑に触れるほか、 「文月も残りわずか。 子どもたちも夏休みに突入です」文月は旧暦の7月を表しますです。 「7月も残りわずか。 各地でひまわりが開花しはじめました。 」のように夏を代表する花であるひまわりを取り上げるのも良いでしょう。 (ひまわりの開花時期は地域によって異なります。 ちなみに七夕は時候の挨拶としては新暦の7月の手紙に使うことができますが、季語として使う場合の七夕は「秋」の季語です(旧暦の七夕は新暦の8月にあたるため)。 ・季語とは、俳句の中で、その季節を表わすことばとして用いられるものをさします。 俳句を作る際には、必ずもり込むこととされています。 季題と呼ばれることもあります。 ・季語は1つの俳句に1つだけしか用いません。 季語を2つ以上用いることを、季語を重ねる、季重ね、季語重ねなどと言います。 ・季語をもりこまない俳句のことを、無季俳句と呼びます。 また、川柳のように、世相を風刺的に表わしたり批評したりするものには、季語は不要とされています。 連歌や俳諧でも季の詞(きのことば)、四季の詞という形で用いられることばがあります。 季語の一部を下記に紹介します。 (新暦と旧暦とがありますので、夏と秋の季語の一部を掲載します) なお季語については、別ページでもっと詳しく紹介しています 分類 夏の季語の例 (夏の季語ですが、7月以外の季語も含まれているため注意して使って下さい) 時候 立夏、小暑、晩夏、夏の夕、秋近し、土用、卯月、入梅、梅雨寒、梅雨明け、半夏生、夏の宵、麦の秋、など 天文 五月雲、風薫る、土用東風、夏の雲、梅雨空、朝凪、炎天、日陰、南風、逃げ水、遠雷、白南風(しらはえ)、虹、梅雨、など 地理 山滴る、夏野、赤富士、植田、土用波、清水、五月山、夏の海、青田、卯月野、など 人事 行水、鯉のぼり、衣替え、花火、日傘、風鈴、吹き流し、虫干し、菖蒲湯、暑中見舞い、林間学校、浴衣、水玉 、蜜柑水、麦刈り、金魚鉢、夏帽子、団扇、サンダル、帰省、など 行事 母の日、葵祭、夏場所、子どもの日、武者人形、山開き、川開き、富士詣、など 忌日 桜桃忌、晶子忌、朔太郎忌、扶美子忌、鴎外忌、など 動物 初鰹、ほととぎす、金魚、かぶと虫、鮎、うなぎ、蝉(せみ)、雨蛙、ががんぼ、蛍、蝸牛(かたつむり)、蟻、など 植物 青葉、若葉、若竹、夏草、朝顔、向日葵、葉桜、菖蒲、若葉、早苗、あやめ、百合、牡丹、筍、など 食物 夏大根、ビール、氷水、ラムネ、鮎、鰹、さくらんぼ、土用鰻、トマト、など 分類 秋の季語の例 (秋の季語ですが、7月以外の季語も含まれているため注意して使って下さい) 時候 初秋、仲秋、秋深し、秋の夜、白露、長月、行く秋、文月、稲刈時、残暑、秋惜しむ、晩秋、秋の暮、秋の夜、など 天文 菊日和、秋時雨、星月夜、流星、稲妻、十六夜、鰯雲(いわしぐも)、秋雨、秋時雨、天高し、天の川、名月、秋風、など 地理 山粧う、秋の野、野山の錦、不知火、枯野の色、秋の田、刈田、秋の川、盆波、秋出水、落し水、秋の浜、など 人事 秋の服、灯火親しむ、秋の宿、秋団扇、菊枕、菊人形、夜なべ、月見、紅葉狩、芋煮会、牽牛、織女、稲刈、など 行事 風の盆、おくんち、赤い羽、時代祭、万聖節、敬老の日、運動会、盆踊り、墓参り、七夕、十五夜、、迎え火、秋彼岸、など 忌日 乃木祭、道元忌、太閤忌、広重忌、芭蕉忌、紅葉忌、など 動物 雁、蛇穴に入る、蜻蛉(とんぼ)、白鳥渡る、百舌、鹿、猪、落鮎、秋刀魚、太刀魚、初鮭、秋鯖、など 植物 紅葉、落葉、彼岸花、桔梗、コスモス、鶏頭、菊、栗、萩、芋、彼岸花、など 食物 山葡萄、里芋、秋茄子、柚子味噌、松茸飯、林檎、薩摩芋、西瓜、とうもろこし、柿、など.

次の