エスティマ 重量 税。 エスティマ ハイブリッドの自動車税&重量税はいくら?【2020年版の税金計算】|くるまね自動車税金&維持費解説書

【2020最新】13年超えの車の自動車税・重量税の増税額一覧《早見表》

エスティマ 重量 税

エスティマHV燃料代 エスティマHV実燃費=12. 任意保険に関しては各個人で大きく違います(年齢や等級の問題)のでこちらでは金額をお答えすることが不可能になっています。 で保険料を見積もることが可能ですから保険見直しも兼ねて調べてみましょう。 4L燃料代 【エスティマ2. 4L・2WD】 エスティマ2. 4L実燃費=7. 4L・4WD】 エスティマ2. 4L実燃費=7. 任意保険に関しては各個人で大きく違います(年齢や等級の問題)のでこちらでは金額をお答えすることが不可能になっています。 で保険料を見積もることが可能ですから保険見直しも兼ねて調べてみましょう。 エスティマの維持費を考える ファミリー向けミニバンとして根強い人気があるエスティマですが、維持費を見るとやはりハイブリッドが安いですね。 燃料代やエコカー減税が効いているのでLLサイズのミニバンとは思えない程の維持費になっています。 ガソリン車の方はやはり維持費が高めですが、3. 5L車が無くなり普通のミニバンの維持費という感じになりました。 長く乗るという前提で購入される方が多いと思いますので、やはりハイブリッド車が良いと思います。

次の

自動車税・重量税・軽自動車税の早見表「13年超・18年超の割増付き」【2020年更新】 | 車査定のトリセツ

エスティマ 重量 税

登録が基準日以後のほうが1割ほど得になりますが、排気量が大きい場合にはそれほど変わりません。 なお、登録から13年経過した場合にも基準日以前から1割ほど、基準日以後の場合には2割超の上昇と、自動車税が高くなる点も注目してください。 自動車税は排気量別と経年で課税額が異なる 自動車税の早見表を見てわかるように、排気量によって課税額が変わってきます。 排気量については、1リットル以下より500cc刻みで段階的に課税額が高くなり、最終的には6リットル超という区分です。 自動車税額の調べ方は、区分内の排気量と経年を参照して課税される金額が決まります。 例:3500ccの税金なら「3000超~3500以下」の区分、2400ccの税金なら「2000超~2500以下」の区分 自動車税を調べるときには、あなたの車について排気量を調べることが重要です。 また、ガソリン車とLPG車は初度登録から13年経過した場合には重課税となりますが、ディーゼルの場合には初度登録から11年経過で重課税となります。 初度登録とは 初度登録とは、普通車なら運輸支局に初めて登録申請をして受理された年で、軽自動車なら軽自動車協会に初めて届出申請をして受理された年です。 初度登録の確認は車検証によって確認することが可能です。 ただし、電気自動車やガソリンハイブリッド自動車などについては重課税の適用外です。 旧基準による自動車税の月割計算例 自動車税の月割り早見表です。 自動車の排気量に基づいて税額区分がされる自動車税ですが、月割計算をすることが出来ます。 こちらに掲載している情報は自家用・乗用車の月割り自動車税早見表になります。 表の見方ですが、登録月と排気量を参照したうえで対応した月割りの自動車税額となっています。 (例:1000cc以下の排気量を4月に登録した場合には年額29500円の11か月分に相当する27000円となる) 購入した月の次の月から3月までの年度による月割計算になり、3月に購入した場合には0円になることを確認してください。 自動車重量税は自動車の重量によって課税額が異なる 自動車重量税の課税額における特徴として、初度登録から13年経過及び18年経過で重課税になるという点で、13年に加えて18年についても重課が適用されます。 この初度登録から13年経過及び18年経過に対する考え方は国土交通省の文書で次のように記載がありますが、離島で登録している自動車以外においては難しく考える必要はありません。 車の重量によって道路などに掛かる負担を課税根拠にしている点で、期間経過の重課については道路負担の増加に直接的な因果関係が見られないことから、一つの疑問がある重課税項目といえます。 軽自動車税の早見表 軽自動車税に関しては次のようになります。 意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。 「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、 質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。 逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。 またネットだと有利な事が多く 「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。 もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、 ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。 初度登録より13年・18年による重課税はなぜ行われる理由は、環境性能に優れた自動車を普及させるために、古くなった自動車の買い替え需要創出を行うためです。 その理由に、経年による重課の適用についてはエコカーなどが適用除外となっています。 また、一般財団法人:自動車検査登録情報協会では、平成30年3月末において自動車の平均使用年数を「13. 24年」となっている点も無関係ではないと言えます。 ただし、このような重課税の施策については環境負荷を考えるならば、古くなった自動車の廃棄と新たに取得する自動車による環境負荷を考えると、必ずしも自動車の買い替えが環境負荷に良い影響を及ばすわけではないという意見(通称:自動車税の旧車いじめ)もあることから、自動車産業への景気刺激措置の性格が大きいとの判断ができます。 自動車購入時の車輌税が複雑すぎます。 大雑把で良いので簡単に分かる方法はありませんか?.

次の

自賠責保険料・重量税・自動車税一覧表 カーショップルックウインド

エスティマ 重量 税

ガソリン車・LPG車は13年超で増税• ディーゼル車は11年超で増税 で、どれだけ税負担が大きくなるのか?というと、自家用乗用車 普通車 の場合は以下の通りです。 自家用乗用車 普通車 の自動車税 排気量 13年未満の車 13年経過した車 1,000cc以下 29,500円 33,900円 1,000cc超1,500cc以下 34,500円 39,600円 1,500cc超2,000cc以下 39,500円 45,400円 2,000cc超2,500cc以下 45,000円 51,700円 2,500cc超3,000cc以下 51,000円 58,600円 3,000cc超3,500cc以下 58,000円 66,700円 3,500cc超4,000cc以下 66,500円 76,400円 4,000cc超4,500cc以下 76,500円 87,900円 4,500cc超6,000cc以下 88,000円 101,200円 6,000cc超 111,000円 127,600円 電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車、一般乗合バス及び被けん引車については、重課の適用外。 全体としては、初度登録からの期間が13年未満の車の自動車税よりも概ね 「15%」重課される事になります。 中でも 3,500cc超の車の自動車税が年間1万円以上増える事になりますね。 これは結構財布に響きます・・・。 その他の用途車種の場合も概ね15%重課されます(各自治体で税額を確認可能)。 なお、適用外のところに書いていますが、電気自動車やハイブリッド車などは重課の対象外です。 環境への悪影響が少ないのですから、当然と言えば当然ですね。 従って、トヨタのプリウスやホンダのインサイトなどは低年式だったとしても元の税額に据置です。 注:現時点で重課の対象外というだけなので、将来的に燃料電池車やプラグインハイブリッド車などが13年落ちになる頃には、ハイブリッド車にも重課が課される・・・かもしれません。 新規登録から13年経過した軽自動車の軽自動車税 平成27年4月1日以降の各時点で、車検証に記載されている初度検査した日から13年が経過した車のの負担も大きくなっています。 乗用自家用車の軽自動車税 初度検査日 13年未満の軽自動車 13年経過した軽自動車 平成27年3月31日以前 7,200円 12,900円 平成27年4月1日以降 10,800円 12,900円 電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車及び被けん引車は重課の対象外です。 平成27年3月31日以前に初度検査をした車の軽自動車税は、 初度検査から13年が経過するまでは7,200円、13年が経過すると12,900円となります。 軽自動車税の増税と合わせると、実に 1. 8倍もの負担増です。 平成27年4月1日以降に初度検査をした車の軽自動車税は、 初度検査から13年が経過するまでは10,800円、13年が経過すると12,900円となります(重課率は概ね 20%)。 13年以上又は18年以上経過した車の自動車重量税〜早見表あり〜 エコカー減税対象車以外の車が、初度登録年月から13年経過するとの税負担も重くなります。 しかも、18年経過の車は更に重課の対象です。 重量税の金額についてまとめたのが以下の表です。 分かりやすくするために、13年未満等の場合の重量税も載せています。 2年車検の乗用自家用車 普通車 の自動車重量税() 単位:円 (出典:) 例えば、車両重量1. 4tの車の13年経過時の自動車重量税は、車検を受けた時期が平成28年3月31日以前なら32,400円、平成28年4月1日以後なら34,200円となります。 また、18年経過していたとしたら、自動車重量税は37,800円となります。 13年以下か13年超かで、実に 約4割(39%)もの負担増です。 これは痛いですね・・・。 なお、以下のエコカー減税対象車 現行基準 に関しては、13年以上乗っていたとしても増税されません。 課される自動車重量税は表の「エコカー(本則税率)」となります。 車種が決まっていなくてももちろんOK。 中古車は何となく壊れるのが心配・・・と考えのあなたも大丈夫! 「」は「 最長10年保証」や「 100日以内の返品可能」など充実の安心保証。 ここでは日産のエクストレイルを例に挙げます。 エクストレイルと言えば、お手頃価格で購入出来て走行性能が高く、基本装備の充実した人気のSUVですね。 排気量は1,998cc、車両重量1,400kg、経過年数13年という条件だとすると、自動車税と重量税は以下の通りとなります。 同じ車に乗っているだけなのに、負担が増えるなんてキツいですね・・・。 【参考】経過年数の考え方〜自分の車が13年経ってるかどうか判断する方法 「13年経過ってどの時点で判断するの?」と疑問に思った方もいるでしょう。 この点についてはきちんと法律で決められています。 自分の車が初度登録から13年以上経過しているかどうかに関しての判断方法は以下の通り。 「普通車」と「軽自動車」で微妙に違いますね。 普通車・・・「初度登録年月から12年11ヶ月経過後以降に車検を受けた時点」で13年経過。 軽自動車・・・「初度検査年から13年を経過した年の12月以降に車検を受けた時点」で13年経過。 (関連条文:第90条の11の2、第90条の11の3、第51条の3) 従って、仮に平成16年6月に初度登録(初度検査)をした場合、普通車は平成29年5月1日、軽自動車は平成29年12月1日が13年経過した日ですね。 詳細は下記の国土交通省PDF(2ページ)を御覧ください。 実際の車検証を見た方が分かりやすいので、下の画像を見て下さい。 赤枠で囲んだ箇所が初度登録年月ですね。 この年月から13年経過したかどうかを判断すれば良いという訳です。 自動車税&重量税が増税された原因は? なぜ13年落ち以上の車が増税対象になった? 自動車を持つ事でかかる税金には以下の様なものが有ります。 (ガソリン税・軽油税) この中でも、今回増税となったのは 自動車税と自動車重量税ですね。 平成26年の税制改正では、例年の様に法人税や所得税などの改正が行われていますが、その中に 車体課税があり自動車重量税の見直しがされています(参照元:)。 また、自動車税のグリーン化特例によって低年式の自動車に対する自動車税及び軽自動車税の重課に関する規定が加わりました(参照元:)。 「自動車税のグリーン化特例とはなんぞや」という方もいるでしょうから簡単に説明すると、「古くて環境負荷の大きい車の税負担を重くして、新しくて環境負荷の小さな車の税負担は軽くしましょう」という制度です。 もっと砕けた言い方をすると、地球温暖化が進んでいる以上 「環境への負荷が大きい車に乗るのはそろそろ止めてください!税金重くしますよ!その代わり、新車の税金を安くするから乗り換えてください!」という制度ですね。 確かに、古い車の環境性能は新しい車のそれと比べると悪いです。 古い車に乗り続ける事による環境破壊に歯止めをかけよう、という考えに異論の有る方はそんなにいないのではないでしょうか。 独り言:確かに新しい車は燃費が良いので環境には良いでしょう。 しかし、新しい車を作る過程ではCO2がたくさん発生します。 燃費の悪い車に乗り続ける事による環境破壊と、燃費を良い車を作る事による環境破壊。 どっちの方が環境の為になるのでしょうね。 但し、個人的には環境性能の良い車の税金負担を軽くすることによる 「新車の需要喚起」の意味合いの方が強いのかなと思います。 日本全体の景気を良くするために、日本の基幹産業である自動車業界を活気付けようとしたのでしょうね。 要は「環境を破壊しない為に」というのは、自動車の買換えを促進する為の大義名分という訳です。 実際には、その他の増税の影響で新車需要は冷えこんでしまったので、目論みは失敗に終わった様な感じが有りますけどね・・・。 13年という重課のタイミングには車の平均寿命が関連している!? 今の日本の車はしっかりメンテンナンスしていれば20年くらいは普通に乗れるので、たったの13年で重課税にするのはどうなんだろうなぁとも感じますよね。 「そもそも13年という年数は何を基準に決めたの?」って思いませんか? この点については、確信はないですがが関わっているのかな、と考えられます。 上のグラフを見てみると、自動車の寿命は年々長くなって来ており、最近は 12〜13年という事が分かりますよね。 この平均寿命に重課のタイミングを合わせて新しい車に乗り換えさせようとしているのでは?と考える事が出来るのです。 とにもかくにも、税制として決まってしまったものは文句を言っても仕方有りません。 以下で、どの程度税金が増えるのかについて見ていきましょう。 最後に〜13年以上経過した車は買い替えた方が良い〜 税制改正により、新車登録から13年以上経ったいわゆる古い車の自動車税や重量税が高くなる事になりました。 古いというだけで税金が上がってしまうのは辛いところですよね・・・。 しかも、単に税金が上がるというだけではありません。 上述した様に、日本の車は丈夫に出来ているので、メンテナンスをしっかりとしていれば20年でも余裕で乗り続ける事が出来ます。 が、それはメンテナンスをしている事が前提です! 車は経年劣化していくので、13年も乗っているとメンテナンス費用もバカになりません。 税金の増加額よりもメンテナンス費用の増加額の方が大きくなる可能性が高いでしょう。 メンテナンス費用にプラスして税金もアップするという点から、13年落ちの車は売る時の価格が一気に下がる事が予想されますね。 「そろそろが来たかも」と考えている方は、 新車登録から13年経つまでに売った方が良いかもしれません。 なお、愛車を売る際には高値で売れる可能性が高い「 無料一括査定」がオススメです。 複数の買取業者が見積りを出してくれるので、査定額アップが狙えますよ。 勉強になります。 重課税について分かりやすいですねぇ。 私は20歳になった1999年製のTOYOTA MR-Sを所有しており、愛車と長く付き合って行く為に・・・と『13年超車の重課税反対』の運動をしております。 賢くない私が記事を読んでも旧車に対する車税は謎だらけで車を大切に長く乗り続けようとしている人にとっては「悪税」と思えてしまいます。 本当のエコって何なんでしょうねぇ? 私は平日は自転車通勤、雨の場合はHONDA スーパーカブ 110cc 通勤、そして週末に青空天井にしてMR-Sでドライブを楽しんでいます。 エコカーで通勤、週末はお出掛けする方々と比べて旧車=非エコカーの私とどちらの方が地球に優しい行動なのでしょうか? 自己満足ですがエコに対して考え行動しながら重課税を払うのには矛盾を感じています。

次の