お 雑煮 北海道。 北海道

青森 八戸 南郷 くじら雑煮

お 雑煮 北海道

お雑煮に地域差があるのをご存知ですか? お正月といえば「お雑煮」を食べる方も多いのではないでしょうか? お雑煮とは、土地の産物とお餅をひとつの鍋で煮た料理で、室町時代ごろにうまれ、江戸時代ごろに縁起の良い食事として広まりました。 神様に捧げたのちにありがたくいただく食事であったため、その土地の特上の食材を使用していたことから、お雑煮は地域によって味付けなどが異なる料理となりました。 夫婦が違う出身地でどちらのお雑煮にするか、なんて話も聞きますよね。 その違いは以下の2点です。 ・餅の形の違い 丸餅と角餅(切り餅) ・餅の調理の仕方 焼き餅と煮餅 にお雑煮文化圏マップが掲載されていたので、引用させていただきます。 (画像引用:) マップをみると、丸餅と角餅は東西の違いであるということがわかります。 よく見ると香川県の一部地域では餡の入ったあんもちを白味噌の汁にいれるお雑煮なんて珍しいものもあります。 かつてはお餅の形に東西の違いはなく、どちらも丸餅を使用していたそうです。 丸い形が望月や鏡を模した縁起の良い形と考えられていたことから、お餅をついてひとつひとつ丸めていました。 しかし、江戸時代の江戸は他の地域に比べると人工が多く、いちいちお餅を丸くするには手間がかかるため、合理的にお餅を大量生産するために、ついたお餅を板状にしてのし餅をつくり、それを切った切り餅にするようになりました。 (参照:) 丸餅・角餅の地域分布はこのような歴史的な理由があったかもしれませんが、現在もこのように丸餅・角餅がそれぞれの地域で根付いているのは、丸餅・角餅がそれぞれの地域で一般的に流通していることが大きな理由かもしれません。 筆者は東京在住なので、スーパーでよく見かけるのはやはり角餅です。 またお餅を焼くか、他の具材と一緒に煮るかというお餅の調理方法の違いもだいたい東西の違いとなっています。 丸餅は煮る、角餅は焼いてお雑煮にするところが多いようです。 すまし汁や白味噌などが主です。 こちらも先に紹介されたマップでだいたいの味付けがわかります。 日本全土ではすまし汁のお雑煮が多いようです。 ですが、もともと雑煮は味噌仕立てのものだったと言われています。 というのも、武士の多い関東では「みそがつく=失敗し評判をおとす」として味噌仕立てではなく、すまし汁が好まれ主流になったと言われています。 一方、味噌は関西と四国の一部地域で主に使用され、味噌でも白味噌を使用するところが多いです。 これは、当時文化の中心であった京都で白味噌を用いて作られていたことから広まったと言われています。 また、鳥取・島根ではあずき汁のお雑煮なのだそう。 あずき汁というと、筆者はお雑煮というよりお汁粉って感じがするので面白いと思いました! 出汁に使用するものも、昆布やかつおぶし、鶏、アゴやいりこという地域もあり、地域により様々です。 そのため、地域によってバラバラです。 例えば、広島県は牡蠣が有名ですが、牡蠣をお雑煮に入れることもあるそうです。 他には、東北では山菜やきのこ、新潟は鮭・いくら、千葉は海苔、福岡はブリ、鹿児島はさつま揚げを入れる方もいるそうですよ! 北海道と沖縄のお雑煮 マップに北海道と沖縄がないのが気になりますよね。 マップにも書かれていますが、北海道と沖縄は古来より伝統的な雑煮文化はありません。 ですが、もともとは食べる習慣はなかったかもしれませんが、移り住んだ人がお雑煮文化を持ち込んだことにより、現在はお雑煮を食べる家庭も多いです。 もちろん食べないという家庭もありますが、それは北海道・沖縄に限ったことではないでしょう。 北海道の雑煮は、角餅・醤油のすまし汁・鶏肉・野菜が入っており、いくらを盛り付ける家庭もあるそうです。 豪華ですね! 一方沖縄はお雑煮を食べたり、イナムドゥチという郷土料理(豚のモツをつかった白味噌仕立ての汁物)を食べたりするそうです。

次の

人に話したくなる!?お雑煮の地域性を見分けるポイント

お 雑煮 北海道

丸餅vs角餅 お雑煮天下分け目の戦い 私は生まれも育ちも関東なので、お雑煮はずっと角餅で育ってきました。 しかし嫁の実家(兵庫県)でお雑煮を食べたとき、丸い餅と味に驚きました。 実はお雑煮の丸餅と角餅には、日本のある地域で境目があるんです。 みなさん知っていましたか。 その場所の境目は、戦国時代を終わりにさせるために西軍と東軍がぶつかり合った「関ケ原」です。 戦国末期に徳川家康が天下分け目の決戦を制した場所は、食文化的にも分かれ目だったんです。 また関ケ原を境目にしているのは、雑煮の餅の形だけではなく味付けも分かれています。 関ヶ原の東側では、汁の味付けは醤油のすまし仕立てで、西側では、白味噌仕立てです。 関東人の私には、西側のお雑煮は味噌汁に餅をいれたように感じてしまい、正直違和感がありました。 雑煮について調べていてわかったことですが、昔北海道と沖縄県にはお雑煮を食べる文化がなかったらしいです。 ウィキペディアによると、今でも沖縄では、正月にお雑煮を食べるところは少ないらしいです。 鳥取の雑煮は甘い! 日本のお雑煮の餅事情 おおよそ岐阜県関ケ原を通るラインを境に東西に分けられる。 天下分け目の戦いが繰り広げられた関ケ原は、食文化の東西の分かれ目でもあった。 分岐ライン:石川県金沢、岐阜県高山、岐阜県関ケ原、三重県四日市、和歌山県新宮 北海道・沖縄はもともとお雑煮を食べる文化が無く、本州からの移住者によって伝えられている。 丸餅文化• ルーツは平安時代、公家たちが正月祝いに中国伝来のワンタンをもちに代えてあわびの汁で煮て食べていたものといわれている。 丸餅は「円満」という意味をもつ縁起ものである。 古風で、京都の文化を受けたと土地に広まった 角餅文化• 京都から伝わった雑煮だが、江戸は人口が多かったため、手っ取り早く数が作れる角餅が使われた。 江戸の文化を受けた土地に広がった。 東北地方は、寒冷と乾燥のため丸もちにするとヒビが入ってしまうため角餅にしたともいわれている。

次の

こんなお雑煮あるの!?知れば知るほど面白い全国各地のお雑煮

お 雑煮 北海道

(パフォーマー) あけましておめでとうございます。 今年は9連休の方も多かったようですが、皆様素敵な新年を迎えられたでしょうか。 意外ですか? イクラは全国共通、お雑煮に欠かせない具だとずっと思っていましたが、数年前から色々な方とお雑煮について話をするようになって以来、我が家以外でイクラをトッピングする家庭に出会った事がありません。 私が食べてきたイクラ入りお雑煮は母方の祖父母の出身地、新潟県のレシピだそうですが、北海道や東北でもイクラを具に使うようです。 我が家のお雑煮ではイクラを人参、大根などと共に茹で、醤油で味つけして盛り付ける時に更に生のイクラを飾ります。 イクラの塩加減がいい塩梅で、何より赤い彩りがお正月らしく、我が家では欠かせないお雑煮の具なのですが、私の周りの人には不思議がられるばかりです。 今年も新潟式のお雑煮を準備しながら、兵庫出身の母に兵庫式のお雑煮を聞いたところ、驚いた事に、「知らない」と言われてしまいました。 東京で生まれ育った私も母の新潟風お節を年々食べてきましたので、伝統的な東京式お雑煮にどんな具が入るのか皆目見当が付きませんでした。 しかたない、図書館に行こう!ということで、母が30年ほど前に買った料理の事典で色々調べてきました。 思った通り、どのお雑煮も地方色が出ているな・・と思いつつページをめくっていると、思わず目が釘付けになったお雑煮が二つ。 一つは島根県のお雑煮。 黒いものが山盛りになっていて、一瞬ぎくっとしましたが、これは岩海苔だそうです。 他には丸餅と鰹節だけというシンプルさですが、出汁はトビウオを干したものからとるそうで磯の味が香ってきそうです。 もう一つは鳥取県のお雑煮。 小豆と丸餅と書いてあり、どう見てもこれはお汁粉では? と思いましたが、島根も含め出雲地方で食べられてきた小豆雑煮というお雑煮で、お汁粉ほど甘くないのだそうです。 同じ日本のお正月文化とはいえ、お雑煮の中身は本当に色々。 その地方、地方で、具もこんなにも変わってくるんですね。 お雑煮がどんなものなのか、友人や職場の方々と話してみると、地方の文化や歴史的背景がわかって面白いかもしれません。 【あわせて読みたい】• (磯村かのん・通訳/起業家)• (デイビット・セイン・英会話講師)• (安藤美冬・株式会社スプリー代表取締役/自分をつくる学校学長)• (知夏七未・パフォーマー) 知夏七未(ちなつ・ななみ)1985年、東京生まれ。 幼少期よりバレエ、ジャズダンスを学びショービジネスを志すも、国際政治経済や世界の子供たちの状況にも興味を持ち上智大学英語科へ入学。 在学中NYへ渡米、現地でダンスカンパニー団員、キッズダンススクールアシスタントなどとして活動。 帰国後はショー活動と国際交流活動とを同時に実現でき、語学を生かせる場としてページェント(ミスコン)モデル業界へ。 日本代表として約60か国の女性たちと世界大会へ参加。

次の