大東駿介 デビュー。 野ブタ大東駿介の当時の年齢は?ネタバレは修二のいじめに関係?

野ブタ大東駿介の当時の年齢は?ネタバレは修二のいじめに関係?

大東駿介 デビュー

大東駿介と従兄弟は幼少期から仲が良かった 大東駿介さんご自身は一人っ子ですが、幼少期は近隣に親戚がたくさん住んでいました。 そんな環境で育った大東駿介さんは、いとこ達ともよく遊んでいたようです。 その中でも 8歳年上のいとことは仲がよく、色々な遊びを教えてもらったと語っています。 この 8歳年上の従兄こそ、長年の付き合いで大東駿介さんが「兄貴」とも読んでいる方だということです。 小学校時代の大東駿介さんはとても活発な性格で、学級委員に立候補するほどだったそうですが、その背景には友人やこういったお兄さん的な存在の従兄弟との関係も影響していたのかもしれませんね。 特に幼い頃って、年上への憧れは強いですし、従兄弟のお兄さんの存在は大東駿介さんにとっては憧れや自信に繋がる部分があったのかもしれませんね。 大東駿介と従兄弟は上京時代同居していた 小学3年生で両親の離婚と父親の失踪、そして中学1年生で母親も突然の失踪をしてしまった大東駿介さん。 そんな大東駿介さんを引き取ったのが、近くに住んでいる伯母でした。 そしてその伯母の家にいたのが幼少期から兄貴と慕う従兄弟。 高校時代には「 役者になりたい」という思いを唯一相談したのがこの従兄だったそうです。 8歳年上ということもあり、高校の大東駿介さんから相談されたときには従兄弟は25歳前後だと思われます。 それなりに社会経験もしていて、何よりも幼い頃から色々な場面で支えてくれていた従兄を尊敬する気持ちも強かったのでしょうね。 そんな兄貴分の従兄とは、高校を卒業後東京でしばらく同居生活を送ったようです。 同居生活を送る中で、「対人恐怖症を治そう」と思った大東駿介さん。 当時大東駿介さんにとって「一番怖い人種のいる一番怖い職業」で働こうと思い立ち、原宿のおしゃれなカフェでバイトをします。 そのバイト先の店長であるオーストラリア人のジュリアンさんに「相手に興味を持って聞け」と緊張しないで話す会話の方法を教えてもらい、徐々に対人恐怖症を克服。 恐怖が好奇心へと変化していったそうです。 上京後もバイトで当初は精神的にきつい時期もあったでしょうが、それを支えたのが同居している従兄やバイト先の店長だったのかもしれませんね。 生い立ちは壮絶な大東駿介さんですが、周囲の環境はとても恵まれているようにも感じます。 スポンサーリンク 大東駿介と従兄弟の現在の関係は? 大東駿介さんとその従兄弟の現在の関係は、特に明らかになっていません。 しかし大東駿介さんに幼少期から慕われ、相談にのったり支えたりしているお兄さんなので、現在も良好な関係であることは間違いないでしょう。 従兄はすでに40代ですので、もしかしたらすでに結婚されてお子さんもいらっしゃるかもしれませんね。 そして東京で大東駿介さんと暮らしていたということもあり、東京近辺で埼葛されている個もしれません。 だとすると、時々会って近況報告のようなものもされているのかも!?なんて感じます。 弟のような存在の大東駿介さんが、大人気の俳優になったことで誇らしく、またこれまでの生い立ちを考えると従兄的には安心した気持ちもあるかもしれませんね。 まとめ 大東駿介さんの従兄についてまとめました。 幼少期から一緒に遊び、大東駿介さんから兄貴と慕われていた8歳年上の従兄のお兄さん。 つらい経験をした大東駿介さんを支え、夢を応援して同居生活も送ったほどの深い関係であることが分かりました。 現在のお二人の関係も良好であることは間違いないでしょう。 こちらの記事も一緒にどうぞ!.

次の

大東駿介現在は?彼女はかよりん?本名や経歴等のプロフィール!

大東駿介 デビュー

小学3年生のときに大東駿介の両親離婚で父親が失踪 大東駿介さんは、 幼少期時代とても活発で、立候補で学級委員をやったり児童会役員をやったりするような、まさに輪の中心にいるような子供でした! 短距離走も得意でスポーツ万能!そこにきてイケメンですから、小学生時代はかなりモテモテだったようで、なんとバレンタインデーにはチョコレートを20個ももらったという武勇伝もお持ちです! 周りの女子の気持ちがよくわかりますw この頃の大東駿介さんの憧れは仮面ライダーだったようで、このことが役者を目指す原動力となったようです。 そしてそんな輝かしい学生生活を送っていた大東駿介さんですが、 小学校3年生のときに突然両親が離婚。 この離婚の事実も、 母親が友人に話していたのを耳にしたことで知ったそうです… 普通親ならば、離婚する前に子供に直接伝えるものだと思いますが… なんでも 大東駿介さんのお父さんはタクシードライバーで、普段からなかなか顔を合わせる時間もなく。 唯一大東駿介さんの堪能日にだけ父親の運転するタクシーの中で会うことができたそうです。 何だか織姫と彦星のような… 元々あまり交流もなかった父親だったこともあり、父親が自然とフェードアウトしていったことに、気づくのも遅くなってしまったのかもしれませんね。 しかし、小学校3年生ならば、それなりに理解できる年頃ですし、理由があるとしても離婚前に一言伝えてほしいですよね。 知らぬ間に、しかも別れも言えずに父親はいなくなってしまった… こんなことがまだ10歳前後の子供だった大東駿介さんにとっては、とてもショックな出来事だったのではないでしょうか。 中学1年生のときに大東駿介の母親が失踪 父親がいなくなり、母親と二人で暮らしていた大東駿介さん。 そのまま 地元の公立中学校「堺市立旭中学校」へ進学したそうです。 中学生になり思春期ということもあって 一気に人見知りになった大東駿介さん。 人見知り仲間としてできた同級生の仲良し5人組でいつも過ごしていたようです。 小学生時代から早かった足を生かして陸上部に所属していたようです! そんな中学生になった大東駿介さんの母親が突如失踪します。 大東駿介さんの自宅は生活する住居スペースと、母親が営むクリーニング店が併設されており、普段から母親が外出する際にはお店の表のシャッターが半分閉じられた状態というのが日常でした。 とある日、 大東駿介さんが中学校から自宅に戻ると、シャッターが半分閉じられた状態で空いており、自宅の階段に少しばかりの現金がおいてありました。 ただの外出だと思った大東駿介さんですが、母親は戻ってこず、3日、4日…と過ぎていき、ついに戻ってくることはありませんでした。 今でこそこういった問題は育児放棄や虐待として社会的にも大問題になりかねませんが、当時はまだそういった認識が甘かったのかもしれませんね。 母親が現金も底をつき、ついには店のレジの中のお金も… 最終的に1円玉を集めて10円の駄菓子を購入して耐え忍んでいたようです。 このときに購入していたのが 「どんどん焼き」という駄菓子。 あられと豆が入っていることから栄養価が高いだろうと、中学生ながら考えて購入していたようです。 思春期の育ち盛りの男の子がどんどん焼きで耐えしのぐ生活は、とてもつらかったでしょうね。 そしてそれ以上に大東駿介さんは周りの目も気にしていたようです。 コンビニとかで買うと恥ずかしいから、一つの店で1個。 また自転車こいで違うコンビニで1個。 かわいそうなやつと思われたくなかった。 ヤフーニュース 1円玉を10枚出して駄菓子を買うという行為時代にも抵抗があったようです。 特に中学生という思春期にこのような境遇の恥ずかしさは人一倍感じてしまうのかもしれません。 何も悪くないのに自分を責めてしまう当時の大東駿介さんの気持ちが、とても切ないですね… スポンサーリンク ライフラインも途絶え引きこもりがちに… 食事はもちろんのこと、光熱費や水道料金も支払われなくなったのでしょう。 ついにいえのライフラインも途絶えてしまった大東駿介さんは、家に引きこもり生活を贈ります。 大東駿介さんが 小学5年生だったときに母親が拾ってきたウサギと2人で生活していたようで、ウサギのフンだらけの部屋で寝ていたようです。 しかし同時にそのウサギが唯一の友人であり、心の支えとなっていたと語っています。 鏡に映る自分になにか話しかけたり、ウサギに話を聞いてもらったりしながら過ごし、暗くなる夜に怯え、夜が明けて朝が到来、街が動き始める音にも恐怖を感じるように唸っていったと言います。 若干13歳にして、精神的にここまで追い詰められていた大東駿介さん。 とてもつらく悲しい日々だったでしょうね。 中学時代に助けてくれた親友と担任の存在 こんな辛い生活を送っていた大東駿介さんですが、手を差し伸べてくれた仲間がいました。 それが人見知り仲間として仲良くなった仲良し5人組。 なんとその中には現在芸人として活躍している 金属バットの小林圭輔さんもいたんだとか! すごいことですよね!! 徐々に引きこもりで不登校になっていった大東駿介さんの自宅のドアを突然破壊して家に押しかけてきたようです! それからというもの大東駿介さんの家は5人のたまり場となります。 後にその5人と大東駿介さんは一緒にパロディや劇をビデオで撮影したり、自電車で大阪の天神祭に行き、帰り道にタイヤのパンクで5時間かけて徒歩で帰宅するなんて言う、いわゆる青春を送った大事な仲間となったようです。 友達の存在の大きさって本当にすごいですよね! ちなみに金属バットの小林圭輔さん曰く、当時の大東駿介さんについてはそこまで窮地に立たされていたとは思っていなかったようで、「あまり親が家にいない家だなぁ」程度の認識だったようです。 何も知らず意識していなかったことが、逆に大東駿介さんの救いになっていた部分は大きいのかもしれませんね! そしてもうひとり、 当時の大東駿介さんを助けてくれたのが、担任の先生だったということです。 中学で給食は出ていましたが、お弁当の日等給食が出ない日には、担任の先生がいない所で大東駿介さんにパンを手渡してくれたようです。 「その時食べたチョコスティックパンとジャムマーガリンのコッペパンが、今でも大好きですね。 」 スポニチ このように語っており、大東駿介さんにとっていい思い出であることが分かります。 両親にはおいていかれ辛い状況だった大東駿介さんですが、友人や周りの環境にはマグマれていたことで救われた部分も大きかったのではないでしょうか。 スポンサーリンク 叔母の家に引き取られて生活を始める そんな大変な生活を送っていた大東駿介さんですが、ちゃんとし時期は不明ですが、 中学生半ばに叔母の家に引き取られ、そこで我が個のように大事に育てられました。 環境の変化は大東駿介さんにとって大変なできごとだったでしょうは、結果としては優しい叔母さんに引き取られたことで、一般的な生活を遅れるようになり、我が個のように育ててもらったおかげで、心も身体も回復したのではないでしょうか。 また高校にも無事進学。 大阪府立堺工科高等学校に通います。 この頃の大東駿介さんは、中学時代の人見知りが更にひどくなっており 「対人恐怖症レベルの病的な人見知り」という非常に大変な状況だったと言います。 人と目が合うだけで手が汗でびっしょりになってしまうほどだったんだとか。 両親がいなくなり、ひどい環境の中で生活していたという過去の精神的なものが影響していたのかもしれませんね。 「眼鏡をかけてみたら『人ってこんな目で俺のこと見てるんや』と思って。 そこからめちゃくちゃ怖くなって」と眼鏡やコンタクトレンズを漬けずに過ごし、手汗もとまらなかったという高校生活 モデルプレス 精神的なものは、すぐに良くなるものではありませんよね。 しかし一方でこのような状態の中でも「役者になりたい」という気持ちを持ち、役者の道を進もうと決めたのもこの頃だったようです。 小学生の頃の仮面ライダーになりたいというあこがれを持ち続け、辛い状況を乗り越えて役者を目指した高校時代の大東駿介さん。 自身の強さももちろんですが、やはり周りの友人や大人の支えも大きかったのかなと感じます。 まとめ いかがでしたか。 大東駿介さんの両親の離婚や失踪、生い立ちについてをまとめました。 小学校3年生で両親の離婚を間接的に知り、その後中学1年生のときには母親が失踪。 お金もなくなりライフラインも途絶えてしまった生活を送り、とても壮絶な幼少期を過ごした大東駿介さん。 そんな大東駿介さんを支えたのが、当時の親友や周りの大人、親戚でした。 今の大東駿介さんがいるのも周囲の支えがあったからこそなのかなと感じます。 こちらの記事も一緒にどうぞ!.

次の

大東駿介って誰?出演ドラマや映画は?プロフィール紹介!【画像】

大東駿介 デビュー

画像:tvlife. jp また、そこでの話題があまりに壮絶であったことからか、 大東駿介さんがその時代に救いとなったお笑い番組 『めちゃイケ』に出演していた憧れの 岡村隆史さんが出演する 『おかべろ』にも2020年2月に出演し、改めて 大東駿介さんのその頃の時代の厳しすぎる生活が浮き彫りとなりました。 大東駿介、派手さはないけれど、コンスタントにいろんな作品に出続けていて、どれもしっかりといい仕事をしているので、俳優さんとしてとても信頼が置ける。 小栗旬をベースに、最近は山田孝之みも入ってきた感じ。 色気も実力もあるので、そのうち風が吹く俳優さんのひとりではないかと思っている。 父親が蒸発した後、母親も失踪して自宅へ帰らないまま別れ 大東駿介さんは1986年3月、 大阪府堺市に誕生しています。 2020年は 34歳ということで、今回若い時代について調べていきますが、とはいえ今現在でもまだまだお若い俳優さんです。 画像:映画. com 大東駿介さんは身長が 182㎝と長身である事から、俳優としてだけでなく モデルとしても活躍しているようです。 近所にはいとこや親戚も 大東駿介さんが生まれた1986年(昭和61年)は チェルノブイリで原子力発電所の事故があった年であり、国内においては一般的に バブル経済が始まった年と言われている年です。 画像:cinema. jp また、 男女雇用機会均等法施行、 おニャン子クラブが大ブーム、 土井たか子さんが日本主要政党で初となる女性党首となった年であり、女性の活躍がめざましく進んできた時代でもありました。 また「葬式ごっこ」で話題となった中野富士見中学 いじめ事件が起こっており、富士写真フイルムが世界初の 使い捨てカメラ 「写ルンです」を発売しています。 まだまだ 日本に 大きな熱量があった時代。 大東駿介さんはそんな時代に大阪堺市で ひとりっ子として誕生しているわけですが、近隣に親戚もたくさん住んでいたようです。 いとこ達とは幼少期からよく遊び、中でも 8歳年上のいとこからは色々な遊びを教えてもらっていたようです。 この いとこが後に 大東駿介さんの 兄貴と慕う存在となった方かと思われます。 画像:『チマタの噺』 かなり活発な少年時代。 そういった活発な少年であり、後に 陸上部に所属し短距離走を得意としていたことを勘案すると、小学校時代から 大東駿介さんは運動神経もかなり良かったのではないかと思います。 画像:twitter 運動神経がいい男の子は 小学校時代のモテのエース。 そして例に漏れず、 小学校時代の 大東駿介さんは 女の子からモテモテだったそうで、 バレンタインデーのチョコを20個も貰ったこともあったほどです。 一般の小学生で 20個はかなりの武勇伝!しかし、 小学校6年生の時には引越しすることが決まったことで意識した女の子に 大東駿介さんが片想いをしていたという切なくて実らない初恋もありました。 画像:ザ・テレビジョン この時代に 大東駿介少年が見た 『仮面ライダー』への憧れが、後に役者を目指す原動力となっていくことになります。 ここまでだけを聞けば、ごくごく一般的な少年の小学生時代という風景を思い浮かべますけれども、 大東駿介さんには同時代にとても衝撃的な事が起こっています。 職業柄、普段からなかなか自宅で顔を合わせる機会もなかったそうです。 唯一、 誕生日の日だけ、父親の「職場」である タクシーの中で会う事が出来たという切ない思い出を持っています。 切ない・・・。 jp そうしている内に 大東駿介さんは 父親とはいつの間にか全く会う事が出来なくなり、 小学校3年生の時に母親が友人に 「離婚した」という話をしていたことで、 そこで初めて両親の関係と状況を理解できたそうです。 何かしら理由があったのかもしれませんが、 大東駿介さんは何も知らされずに無言で 父親に去られてしまったという事になります。 子供の心で、どんな風にそれを受け止めたのだろう・・・と思うととても切なくなる内容です。 画像:ザ・テレビジョン 時間が経ってから、 父親の居場所が分かったが 会うことをしなかった。 見つかったという連絡があっても「会うもんか」と意地を張って再会せず、 30歳手前になって「やっぱり会おう」と思った時に亡くなっていたことを知った。 父親も俳優をしていた時期があった。 引用元: やっぱり会おう と思った時には すでに他界。 すべてがすべて、切なすぎるエピソードとなっている 大東駿介さんと父親の思い出です。 たった一つだけ、 大東駿介さんの 父親も俳優を目指している時期があったというのが、とても数奇な親子の運命です。 jp そのお話によれば、 大東駿介さんと、映画 『望郷』の中の 航という人物には 「とある共通点」がありました。 航の思う 父親像を自分と比べたとき、重なったところが結構多いんです。 僕も父親を亡くしているんですが、父親に対する思いをないがしろにしているというか、父親についてあんまり考えたことがない。 劇中で、 航も教職について生徒と関わることで、初めて教師だった父親が見えてくる。 僕は親父と向き合ってこなかったけど、台本と向き合っていくうちに、つまり 仕事を通して、父親と向き合っていくことになったんです。 そういうところは 航と一緒で、 大きなきっかけをもらった作品だと思います。 画像:映画『望郷』 できることは 祈りを返すことだけだ。 よく生きていることを 見ていて欲しい。 中学校では現在も特技として挙げている「陸上競技」、 短距離走の選手として部活に所属していました。 画像:『おかべろ』 中学時代、 一気に 「人見知り」に。 小学生の時には活発で女子生徒からもモテモテの 大東駿介さんでしたが、中学生になると急激に 「人見知り」となってしまったようです。 もともと思春期を迎えたことによってそうした状況となったことも理由としてあったようで、この時にできた 大東駿介さんの 地元の仲良しの同級生仲間5人は皆、 人見知り気味でお互いそうした性質を共有していたようです。 画像:『おかべろ』 彼らの存在によって、その後の 大東駿介さんは精神的に支えられることになるわけですが、 大東駿介さんが 「極度の人見知り」になっていく過程として、もう一つ強烈な事実が中学生の 大東駿介さんを襲っていました。 母親がまさかの失踪。 suruga-ya. やがて 母親がお金を置いて家に帰らない期間は2日、3日、7日・・・とその日数を増していき、とうとう全く帰ってこない日々が訪れたそうです。 店のレジの現金を使って、 耐え忍ぶ日々。 画像:映画『誰も知らない』 この状況が実際にあった直後の2004年に公開された 映画 『誰も知らない』という「1987年 巣鴨子供置き去り事件」という育児放棄事件を元につくらた衝撃の作品がありましたが、 大東駿介さんの当時の生活はかなり近い状況と言えそうです。 その物語では、主演を務める 柳楽優弥さん演じる兄弟の長男が、現金が尽きてライフラインの途絶えた自宅で幼い弟たち3人を守りながら共に生きていこうとする生活を描いた映画でした。 しかし、 大東駿介はひとりっ子。 とはいえ、それ以外の食事に関してはクリーニング店のレジの中の現金を使って凌ぐしかなかったようです。 日に日に現金も尽きていく中で、とうとう 1円玉を集めて10円玉の駄菓子を買って耐え忍んでいたそうです。 このお菓子が主食となっていったそうです。 どんどん焼きに助けられた。 画像:Amazon 少し豆が入っている。 もち米で出来たあられの中に少し豆が混じっていることで、栄養価がいいだろうと当時、中学生の 大東駿介さんは考えていたそうです。 けれども、この 「どんどん焼きを全て1円玉で買う」という行為が 大東駿介さんにとっては耐え難かったようで、1店舗で1つだけしか買わないようにして、自転車をこいで どんどん焼きを買うためにいろいろな店を訪ねて買い歩いていたそうです。 コンビニとかで買うと恥ずかしいから、一つの店で1個。 また自転車こいで違うコンビニで1個。 かわいそうなやつと思われたくなかった 画像:Yahoo! ニュース 大東駿介さんのこの時期の話をするテレビや記事を見回してみると、こうしてつらい現実が起こっている現実に対して 必死で自分自身の自尊心を保とうとしている状況が浮かび上がっています。 それはきっと、 自分が誇りある生き方をするため。 映画 『誰も知らない』の中でも、兄弟の壮絶な生活に気づいた 不登校の女子中学生・沙希が過酷な状況に置かれた 兄弟を助けようと、知らない男性とカラオケをして手に入れたお金を渡そうとしますが、 主人公が拒否するシーンがあります。 画像:映画『誰も知らない』 そこには、人間として生きることを 最後まで放棄しない誇りと強さがあります。 当時の 大東駿介さんの クラス担任の先生だったそうです。 先生は、どこかでパンを購入してきてくれて、 他の生徒が目にすることがない廊下などでそっと 大東駿介さんに手渡してくれたそうです。 画像:ヤマザキ 「そのとき食べた スティックチョコパンと ジャムマーガリンのコッペパンが、いまでも大好きですね。 昨日もスティックチョコパン食べました」と笑顔をみせた。 引用元:スポニチ 昨日も食べました(笑) 画像:ヤマザキ 俳優として活躍し、知名度も生活力も十分手にしたであろう今現在でも、 大東駿介さんにとっては菓子パンの美味しさだけでなく当時の 担任の先生の優しさがつまった 何物にも代えられない大切な味となっているようです。 その中にお笑い芸人「金属バット」の小林圭輔も 陸上部の部活でも 「短距離」選手として活躍し、担任の先生にも助けられていた 大東駿介さんでしたが、 母親が「帰ってこない」時間が続いたことや極貧生活による疲弊から次第に 「引きこもり」の生活へ突入していったそうです。 画像:oricon 当時は 「世の中に怒りしかなかった」 たった12歳、13歳の子供が両親に置いて行かれ、そう思うのも無理はない気がします。 そこからは自宅に 「引きこもり生活」となり、小学校5年生の時に母親が拾ってきた ウサギとたった二人で過ごしていたそうです。 大東駿介さんにとって、その ウサギは友人であり、その生活における 心の支えだったようです。 「引きこもり生活」になった経緯について、 大東駿介さんは多くを語っていませんが、この時期には 自宅の家のライフラインが途絶えたという話をされています。 水も自由にならないような生活だった可能性があることを考えると、おのずと語られない 「引きこもり生活」になった理由の背景が浮かび出てくる印象があります。 その頃の自分について、 大東駿介さんは 「野良犬みたいになっていた」 「助けてくれる人にも牙をむいていた」 と語っています。 鏡に映る自分自身に何かを話しかけたり、 ウサギに話を聞いて貰ったりしながら、暗くなる 「夜」の到来に日々怯え、そこから夜が明けて町が動き始める音がする朝を迎えると、ますます外界が怖くなっていったそうです。 自分は社会に出ちゃいけないんじゃないかと思えて 引用元:サンスポ その未来の全く見えない 「引きこもり生活」を打破してくれたのは、 中学校の地元の同級生友人たちでした。 彼らとは入学当初から 「人見知り同士」として皆意気投合していた5人組だったようで、突然、 大東駿介さんの自宅のドアを壊して家に押しかけてきて、そのうちに 大東駿介さんの自宅が 仲間5人のたまり場のようになったそうです。 tv-ranking. 5人で保健室に入り浸ったこともあったり、 大東駿介さんが最も過酷な極貧生活に置かれていたはずの中学2年生の事には、皆で自転車で 大坂の天神祭を訪れ、帰り道で3人の自転車のタイヤがパンクしたことから5時間みんなで歩いて帰ってきたという リバーフェニックスばりの青春も謳歌していたようです。 I never had any friends later on like the ones I had when I was 12. Jesus, does anyone? (12歳のときのような友だちは、もう二度とできない。 大東駿介さんの自宅でみんなで過ごした中学時代の時間が原風景となっているようなそれぞれの進路です。 画像:connect. vision 「金属バット」の 小林圭輔さんによると、当時、5人の友人たちは誰も 大東駿介さんがそこまでの窮地にあるという認識が無く、それにしても 「あまり親が家にいない家だなあ」という事は何となく感じており、それだけにみんなの 「たまり場」として定着していたというような話をされていたそうです。 画像:デイリー 一方、その話とは裏腹に、友達の中には 大東駿介さんを自分の自宅へ招き、帰りにその子の家のお母さんに 「夕飯食べていきなさいね」と言われ、夕食をごちそうになったこともあったそうです。 そこに並べられた料理が お寿司に カレーライス、 焼きそば・・・と炭水化物バイキングのような物凄い料理の数々で、当時は 「一般家庭の夕飯ってすごく豪華なんだな」と思っていたそうですが、 「今思うと自分の為にきっと用意してくれていたんだと思う」とその当時を振り返り、その温かい友人家族のお気持ちに感謝をしていました。 特に 岡村隆史さんは自分にとっての救世主的存在だったようです。 会うなり、大々的に告白。 画像:『おかべろ』 同じくめちゃイケメンバーだった 加藤浩次さんとも共演を果たし、色々な相談にのって貰ったり、喝を入れて貰ったりできるようになった今の自分自身に本人がビックリしているようでした。 画像:『おかべろ』 記念写真1枚撮るにも大興奮の 大東駿介さんでした。 生きてるもんですね ありがとうございます。 大きな過去の壮絶体験を話す回だったにもかかわらず、これだけの爽やかで清々しい笑顔ができる 大東駿介さんがバケモノのように見えます。 ホントに強い。 中学生時代の話に戻るとその後、ようやく 大東駿介さんは 叔母の家へ引き取られ、そこで幸い、 我が子のように育てられたそうです。 この間にどんな経緯があったのかは不明ですが、それなりに大事件という事になったはずです。 しかし、そうした人々の働き掛けがあって、高校にも進学できることになったようです。 当時の心境について 大東駿介さんは別のインタビューではこのように語る姿もありました。 本人は 「大変だった時期とかも、ちょっと面白いと思っていた」とポジティブに過ごしていたそうで、当時からすでに芸能界入りを目標にしていたゆえ 「自分を商売道具にできたなたら、どんな経験も財産」と、大東いわく 考え方の「逃げ道」を持つことができていたのだという。 引用元:モデルプレス また、 大東駿介さんが出演した2018年1月の舞台で 手塚治虫原作・ 浦沢直樹作画の漫画を舞台化した 『プルートゥ』では、おそらくその時代に苦しみながらもそれを自身の想像力で乗り越えた、と思われる部分について、 「自分が人よりも誇れる唯一の特別な部分」と語っています。 oricon. これは 自分が人よりも誇れる、唯一の特別な部分。 画像:デイリー こうした気持ちがあるからこそ、両親に対しては悲しい思いもあった半面、 「自分に無二の力を与えてくれた人でもある」という消化の仕方を 大東駿介さんはしているのかもしれません。 立派としか言いようがありません・・・。 余談ですが、私も同じように ひとりっ子時代が長く、両親が共働きだったこともあり、両親の間、つまり 大人である夫婦の間には家族なのに決して入れて貰えない 邪魔者でした。 私がおてんばで育てにくい子だったことも要因としてはありますが、常に何かすると日々 父親に殴られ、口を封じ込められてしつけをされている状況でした。 (今日も殴られた、今日も殴られたと途中から「正」の字を書いていましたw) 周りの友達やいとこ達には兄弟姉妹がいるけれど、私にはそこでも全く味方が居ないということに成長とともに気付き、せっかく楽しく遊べて嬉しかったのに(いつもひとりだから)最終的にはいつも決まって のけ者にされる・・・という大人になって思うと悲壮感漂う時代が幼少期に続いていました。 しかし同時に、そうした境遇下でもひとりで遊び、ひとりで寝て、ひとりで過ごすという事が当たり前で苦でなかったことや、そこで 自然の力と自分だけしかない世界を感じたり、 空想の世界で暮らしたりという時間がとても豊かで楽しかったものとして今も記憶に残っています。 想像力は生き延びるための力。 また、 大東駿介さん同様、そこに対して 人とは違う価値ある個性という気持ちを幸い持てています。 おそらく想像力が無ければ、耐え難い時間だったに違いないのに、そうした記憶は大きなダメージとして残ってはいません。 とはいえ、私は父親に殴られるたびに自宅の柱に 父親の悪口を憎しみを込めて刀で彫り刻んでいた子供だったので(苦笑)、だいぶ人間性や魂レベルが違うよなあ(笑)と思ってしまいました。 (今思うと相当怖い子供ですw) いい自分へ導く 「思考回路」と 「言葉」をその想像力から自然と導き出してきた様子がうかがえる 大東駿介さん。 画像:『おかべろ』 そして 最も贅沢なもの、と感じたのは 「炭酸水」だったそうです。 水がしゅわしゅわしただけで100円もするというのがビックリで、 贅沢だなあと思ったそうです。 俳優・役者の将来を本格的に目指す。 男子校である 大阪府立堺工科高校へ進学した後の 大東駿介さんは、中学時代の 単なる「人見知り」レベルではなく、 「 対人恐怖症レベルの病的人見知り」となってしまいます。 性格も人と目が合うだけで手がぐっしょり汗でビショビショになってしまうほどだったそうです。 そこからめちゃくちゃ怖くなって」と眼鏡やコンタクトをつけずに過ごし、手汗もとまらなかったという高校生活 引用元:モデルプレス これには中学時代の家庭の問題があった事も考えられますし、親戚の家に引き取られ、馴れない生活と新しい学校という二重の生活の中での影響もあるのかもしれません。 そうして、 「対人恐怖症レベルの人見知り」の高校時代の 大東駿介さんでしたが、一方で 「役者になりたい」という気持ちが高まり、進路を決意したのもこの時期であったようです。 出演した番組 『A-studio』での話によると、 大東駿介さんがその後引き取られた親戚の家にいた 従兄(いとこ)だったようです。 親戚の家で我が子のように育てられたという 大東駿介さんには、こうして兄弟のような存在の 従兄(いとこ)が居てくれたことも大きな救いとなっていたようです。 画像:モデルプレス その兄貴分の 従兄(いとこ)と 大東駿介さんは上京後、東京で 同居生活をしていたようです。 画像:モデルプレス 最も苦手な人種の集まる場所で バイトをするという滝行に挑む。 そのアルバイト先で出会ったのがオーストラリア人の店長の ジュリアンさんでした。 ジュリアンさんは 大東駿介さんに緊張しないで話す会話の極意を教えてくれたそうです。 「相手に興味をもって聞け」と緊張してしまう原因の人との 会話の極意も教えてもらった 引用元:モデルプレス 恐怖が好奇心や興味に変化。 人とのかかわりについても自信を持てる状態となりました。 そのタイミングで受けた オーディションに見事合格。 オーディションでは今までのエピソードからは想像できない事ですが、 大東駿介さんがピースをしながら会場入りしたことが芸能事務所の目に止まったことで、現在に至ったというお話がありました。 上京後1年。 見事に 大東駿介さんは 上京後1年となる 19歳でオーディションに合格します。 をプロデュース』で役者デビュー「人」への興味を膨らませていく 大東駿介さんの役者としての デビュー作は社会現象にもなったドラマ 『野ブタ。 をプロデュース』でした。 画像: 別件で、 大東駿介さんは映画 『クローズZERO』の撮影の際に先輩・ 小栗旬さんから「カメラが回る合図が出た瞬間に前の役者を押しのけて前に出ていた」という 弱肉強食エピソードを聞かされたようです。 比較すると、そういう意味では、圧倒的に脆弱俳優である 大東駿介さんはデビュー作出演当時の様子をこんな風に語っています。 「リハーサルの時点ですぐ人の後ろに隠れてしまうの。 カメラが怖くて」とまだ克服しきれていない人見知りに苦しみながらの撮影となったが「その時散々怒られて、辛いこといっぱいあったけど、それが面白かったですねえ」としみじみ。 「あれくらい無我夢中に、後先考えずにエネルギー持てるってすごかったな」と若さゆえの勢いを振り返っていた。 元々、 大東駿介さんは俳優さんとしても花があるという事なのかもしれません。 自身のそれまでの経験からなのか、 大東駿介さんは他人を押しのけて生き残るというよりは、 共演者ひとりひとりへ興味を持って、それこそ 「おしゃれカフェバイト」ばりに その人の魅力や素晴らしい所を見出している印象を覚えます。 共演した芸能人の方々を決して悪く言ったりせず、それぞれの個性的なエピソードをトーク番組でも語りだす様子は、本当にその共演者お一人お一人との接点を大事にしているのだなあという印象を受けました。 大東駿介さんにとって、中学生時代に 自分の人生を救ってくれたのは「人」だったからだという事に尽きるのだと思います。 「 自分がやることに使命をもちなさい、 自分の生きることに使命を持ちなさい」と言葉を貰った(中略)「僕みたいな人間が、 天海祐希さんに 『使命をもちなさい』と。 使命として持っていいんだとすごい自信になった」 引用元:モデルプレス お礼に 「天海降臨」キャップをプレゼント(笑) 画像:twitter なかなか 外ではかぶれない・・・とのことw 大東駿介を「大東きゅん」呼びする天海祐希ママ。 — YAIBA seigiyaiba 天海祐希様が大東駿介をだいとうきゅん!!!!って呼んでて笑った。 天海祐希さんも 大東駿介さんをとても可愛がってくれているようです。 中井貴一さんが初めて 大河ドラマに出演したのもちょうど撮影当時の 大東駿介さんと同じ 25歳という年齢だったという事から、ふたりには共通点がありました。 画像: その際に 中井貴一さんに言われたことは、 「これからNHK大河ドラマの出演というのは俳優人生のターニングポイントになるから」というお話でした。 何かそこから俳優としての指針を語られるのかと思いきや・・・ そういうタイミングで、 お前のターニングポイントに立ち会えることが嬉しい。 画像:twitter なんや、この人!と思った。 中井貴一さんの背中を押してくれるような愛情たっぷりの一言に、 「ちゃんと自分で踏み出していかなければならない」という気持ちにさせてもらったというお話でした。 主人公の 萬田銀次郎を演じる 千原ジュニアさんと 大東駿介さんとの関係も10年という事で 大東駿介さんにとってはデビューしてからの年月の3分の2を過ごしてきたドラマという事になります。 画像:テレビドガッチ 10年前にドラマ 『新・ミナミの帝王』開始した当初は、ドラマの雰囲気や既に芸能界では大御所芸人である 千原ジュニアさんとの距離感を掴めず、 大東駿介さんはとても緊張していたそうです。 現在のような馴染みの出演者同士ではないスタート期のドラマ撮影現場は緊張感が漂っていたようでしたが、そんな1作目のスタジオ撮影で、あろうことか 千原ジュニアさんに とあるトラブルが起こったそうです。 マネージャーが 購入したばかりの千原ジュニアの「iPhone」を 誤って落下。 その張り詰めた緊張感にとっさに気づいた 千原ジュニアさんは、場を和ませようと お前、りんご(アップルマーク) 欠けてるやんけ! 引用元:oricon と マネジャーに言い、その一言で、一気に現場が笑いに包まれたそうです。 画像:テレビドガッチ その 千原ジュニアさんの瞬間的な機転によって、ガラッと切り替えられた場の空気を生で目撃した 大東駿介さんは、とても感動を覚えたようです。 ああ、 この人は優しい人なんやなって思いました。 今でも忘れられない。 あの緊張と緩和が、 ジュニアさんを物語ってて。 あれがすべての始まりでしたね 引用元:oricon これが、 千原ジュニアさんとの交流の第一歩であり、今でも 大東駿介さんが抱く尊敬の気持ちを集約した出来事でもあるようです。 こうして、色々な共演者からそれぞれの素敵なところを感じ、特別の想いを持っている 大東駿介さんでした。 大東駿介さんにとっても特別な思い入れのある映画となったようです。 \公開まであと8日/ 🌈各界からコメント到着🌈 様より 僕には母親の心情が痛く響いて、何故か今はなき母のことを思ってずっとほろほろ泣きました。 母親の、私が産んだ、という責任と深い愛の葛藤が胸に残ります。 最初は 大東駿介さんは HIKARI監督が何をしている人かも知らないで会話をして、友人関係となりそれから約1年後に直接連絡が来て、出演することとなったようです。 出演者には 古田新太、小池栄子、秋山菜津子、 大東駿介、近藤公園、尾上寛之、板垣雄亮、小柳心、福地桃子、大倉孝二、八十田勇一、入江雅人、犬山イヌコ、山西惇が名を連ねる。 そこからまた改めて一緒にということから、何かしらのご縁があるのかもしれません。 また、 ケラリーノ・サンドロヴィッチさんというと、 大槻ケンヂさんと1983年から 「空手バカボン」という音楽活動を行っている方でもあります。 最近たまたま記事にしたばかりのタイミングでお二方の名前に再会したので正直びっくりしています(笑) ケラリーノ・サンドロヴィッチは「 古田新太座長との『ナンセンス三部作』は2016年の『ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~』を以て素敵に完結したわけですが、チームは無くなったわけではありません。 新たな参加者も加わり、 今度は強烈な『ブラックコメディ』を作るつもり。 昨今のひっどい世の中には真っ黒な喜劇で一石、いや、七、八石投じたい」とコメント。 また、映画 『23セカンズ』の際のインタビューで語られていた 大東駿介さんの言葉がとても印象的だったので最後に添えさせていただきたいと思います。 物事を「特別」にするのは、自分の興味。 運命って言っちゃえばあれですけど、 なんか、 自分が生きる中で いかにいろいろなことに興味を持つかで 「運命的」と感じる出会いは増えるんだなと。 何か自分の興味を増やしたことによって、これが 「特別」になるから、自分はここ最近仕事をするときにそれを意識しています。 引用元:『23セカンズ』ロングインタビュー 勝手に物事は 「特別」になっていく。

次の