吉田 晴乃 さん。 経団連初の女性役員吉田晴乃社長ってこんな人: Wach auf !

「取り戻せない時間があるから」 シングルマザーで社長で経団連役員・吉田晴乃さんが願う「女性活躍」のカタチ

吉田 晴乃 さん

沖縄県経営者協会女性リーダー部会での講演会後、インタビューに答える吉田晴乃BTジャパン代表取締役社長=2018年6月6日、那覇市泉崎の琉球新報社 「女性初の経団連役員」 「イギリス最大手の通信事業者BTグループの日本法人CEO」 「フォーチュン誌が選出する『World's Greatest Leaders 50』で唯一の日本人」 華やかな経歴に負けない圧倒的なエネルギーと存在感を放つ経営者・吉田晴乃さん。 変化が激しい時代にあって、経済成長の鍵となるのは多様性を認め合うダイバーシティーだと訴え、女性の登用や地位向上を目指す取り組みを続けている。 シングルマザーとして娘を育てながら国内外でグローバルに働き続けてきた彼女が目指す「女性の登用」「働き方改革」とは-。 沖縄県経営者協会女性リーダー部会での講演のために6月6日に来県した吉田さんに「女性活躍」の狙いや現状、向かうべき方向性について聞いた。 米電子・通信機器メーカーのモトローラの日本法人に就職。 1990年代にカナダに移住し、通信会社に入社。 99年に渡米しNTTなど5社で働き、2012年から現職。 女性初の経団連役員。 政府の規制改革推進会議委員を務める。 慶応大卒。 世界中のあらゆる企業が、異なる価値観や発想を持つ人たちが集まるダイバーシティ(多様性)によって革新を生み、生産的活動につなげようとしています。 女性活用もその一つです。 しかし日本の女性は仕事と家事の両立に悩んでいる。 分担すべき男性も長時間労働です。 日本の現状を凝縮してまとめた動画があるので、ご覧いただきたいです。 長時間労働が問題です。 ダイバーシティーを推進するには三つのコアがあります。 一つはトップリーダーの意志です。 二つ目はテクノロジーを使って働き方改革をしなければならない。 家庭という物理的な縛りがある中で、日本企業のように長時間労働を強いられたら、母親としては難しい。 だったらそれをつなぐ新しいイノベーションを使うべきです。 女性が社会進出したのは家電などによる家事からの解放が大きい。 オフィスでもその改革はできます。 テレワークが進む今、在宅勤務はその一例です。 でも日本企業はまだ19世紀のよう。 便利な技術を使い切れていないのが実情です。 三つ目はそうした働き方をきちんと評価するマネージメントが必要です。 BT社長で、初の経団連役員で、という経歴を拝見するとエリート街道を順調に進んできたように思えます。 とんでもない、若いころは裏街道まっしぐらでしたよ。 大学卒業直前に原因不明の病にかかって新卒で就職できませんでした。 回復して働き始めてからも、親の反対を押し切って国際結婚してカナダに渡ったけど離婚。 娘を抱えてとにかく働かなくてはならなかった。 でもそれがITとの出会いになりました。 成長途中の産業でしたからチャレンジできたんです。 営業だったので自分の成果を明確に数字で世界に打ち出すことができたんです。 そしてそれなりのポジションをつけてもらえた。 できるんだっていう体験続きだったわけですよ。 ものすごく面白かった。 ITという新しいフィールドで、自分で市場をつくっている感があったんです。 あったかしら。 気がつきもしないくらい必死でした。 その必死感って大事なんですよ。 シングルマザーとして海外で生きていくためには選ぶ余地なんかなかった。 生きていけりゃもうけもん、ってくらいの無謀感ですよ。 大企業で女性の役員が出てきましたが、彼女たちにはメンター(助言者)やロールモデルがいません。 最初にメンタープログラムの必要性を訴えました。 次にしたのはウーマノミクス・プロジェクト、女性たちによって兆単位の経済成長の可能性があるということです。 米国は「インディウーマンマーケット」という新指標を打ち出しています。 25歳以上のキャリアウーマンが生み出す新しい市場のことです。 女性がアイディアを出していろんなヒット商品が生まれてきた。 さらに女性が消費者となることでもっと消費が伸びる。 政府は「女性が輝く」とメッセージを出すけど、輝けって言ったって経済界は動きません。 私たちの貢献を数字で表したいと考えています。 例えば沖縄の観光を伸ばしていくのにお金を落とすのは誰か。 女性ですよ。 世界の消費者市場は18兆ドルで、うち12兆ドルは女性が決めていると言われています。 日本はこの比率がもっと高い。 家庭での暮らしをみれば分かります。 ある自動車メーカーのトップが言うには、男は車の色も決めさせてもらえないそうですよ。 私は進んでいないとは思っていません。 今、感じるのは躍動感です。 日本の女性の底力はすごいと思っています。 ただ、世界の中ではジェンダーギャップが114位とかになる。 欧米社会は30年、40年は先を行っているんです。 日本の女性の力を活用しない手はないと思う。 私が(地位の一定割合を女性に割り当てる)クオーター制が嫌だと感じるのは、数字が目標になってしまうからです。 その目標に至る議論をすっ飛ばして数字さえ達成すればいいとなるから。 働きながら子育てをする女性にアドバイスを。 テクノロジーを駆使してください。 家で働ける仕事も増えています。 そもそもオフィスにいて隣の人とどのくらい話していますか。 けっこうみんなパソコンばかりを見て仕事をしているんじゃないですか。 在宅勤務ができる環境なら、娘が風邪を引いても預けないでいられました。 ただ、在宅勤務などを推進するには、多様な働き方による貢献度を数値化して評価されるフェアな仕組みがないといけません。 上司の前で常に汗かいている人だけがいいポジションに上がるっていう文化では達成できません。 決して取り戻せない時間があります。 私自身、娘が幼いときはシングルマザーであることを隠して働いていました。 生きていかねばならなかったとはいえ、振り返ると罪深く思います。 忘れられない記憶があります。 娘が5歳のころ、その日は母の日でしたが取引先とゴルフに行って帰ってきたら、娘は泣き疲れて眠っていました。 机の上には、娘が何日もかけて描いたであろう私の絵が置いてありました。 「ママはいつも私の心の中にいるよ」というメッセージを添えて。 その絵は今も大切に社長室に飾ってあります。 私は娘のために頑張ったつもりだけど、娘から見たら「ママはいつも仕事を選ぶ」と…。 100の言い訳はあったとしても、娘にはかわいそうな思いをさせたことは事実です。 後輩たちにはこんな思いはさせたくありません。 でもね、娘はいつまでも5歳ではありません。 今24歳になり社会に出た娘にとって、私は最高のメンターになれると思います。 社会人の先輩として、女性同士のアドバイスができる。

次の

吉田晴乃さん死去の前日、人生最後になった渾身の演説全文 (1/3):日経doors

吉田 晴乃 さん

20190715 熊井泰明、大砂雅子 追悼:吉田晴乃さんが残した「女性活躍」 吉田晴乃さんが 6月 30日に心不全で亡くなりました( 55歳)。 亡くなる前日の G20大阪サミット特別イベントでは、渾身の演説を担当された(全文は日経 ARIAで公開されています)とのことですから、全く突然の訃報としか言いようがありません。 あまりご存知のない方のため、吉田さんについて少しご紹介させて頂きます。 BTジャパンCEO、初の女性経団連審議員会副議長、規制改革推進会議委員などの重責を歴任し、 2017年にはフォーチュン誌が選ぶ World's Greatest Leaders 50の一人に日本人としてただ一人選出されたこともあります。 経営者としては、いろいろな事情や状況を抱えた社員が活躍できる会社を、という主張をされて来たことでも知られています。 こう書くと、何か順風満帆で来た方のように見えますが、大学卒業のスタート時点から大病やいろいろな問題に直面し、それを乗り越えて圧倒的なキャリアを築いてきた方です。 モトローラ日本法人、カナダの通信会社、 NNTコミュニケーションズなどでキャリアを磨きました。 カナダ人との離婚後にはシングルマザーとして子育てにも邁進し、「娘世代が私たち世代と同じ苦労をしなくて済むように女性活躍を進めたい」という視点から、女性活躍の場を広げることにも力を注いでこられました。 「 100%の力を、母親、CEO、経団連役員、政府委員の 4等分すれば良いかというと、それぞれに 100%が求められ、これまでの 400%の力を発揮しなければなりません」と言い切る方ですから、もしかしたら激務で燃え尽きてしまったのかも知れません。 一度だけ同席したことがありますが、隙のないスーツに高いヒールの靴で会議室に登場すると、出席者が思わず起立して迎えた光景を覚えています。 圧倒的かつ不思議な存在感を持つ方でもありました。 (熊井) 写真で拝見しただけですが、日本人離れした美貌と威圧感のあるお姿を見ると、この日本社会で女性がトップに上り詰めるには、このような方でないと無理だと感じさせるものがありました。 次に続く世代は、普通の女性たちにも男性と同様のチャンスがあってほしいものです。 たぶん、吉田さんもそれを望んでいたことでしょう。 (大砂) まだまだリーダーとして活躍して頂きたかった方だけに、突然の訃報は残念としか言いようがありません。 「花粉( Le Pollen)」(作詞 ピエール・バルー、作曲 高橋幸弘)という曲をご存知の方はほとんどおられないでしょう。 「私たちは過去の人々から花粉を受け継いで花を咲かせ、次の人々に残していく」という歌なのですが、昨年から訃報が相次ぐ中でなかなか染みる内容になっています。 私たちは吉田さんの残した「花粉」を花開かせ、次世代に送る義務があると思います。 心からご冥福をお祈りいたします。

次の

吉田晴乃氏に、感謝を込めて。|理学療法×ロボティクス|note

吉田 晴乃 さん

2019年6月30日、吉田晴乃さんが55歳の若さで亡くなった。 衝撃的だった。 私はこれまで、吉田さん講演を2回聞いたことがある。 一人の女性として、彼女の芯の強さとしなやかさに強烈に憧れ、ひそかなファンである。 これまでNoteには記事を書いたことがなかったが、 彼女への感謝を込めて、彼女から学んだことと思いをつづりたいと思う。 まずはじめに 吉田晴乃さんは、何足もの草鞋(現実にはとっても素敵なヒール)を履いた女性リーダーだ。 ・BTジャパン株式会社代表取締役社長 ・元日本経済団体連合会審議員会副議長 ・内閣府規制改革推進会議委員 ・お母さん 2015年に経団連初の女性役員として就任していて 2017年には、フォーチュン誌によるWorld's Greatest Leaders 50の一人に日本人としてただ一人選出されたお方である。 これほどの大量の役割とタスクをどうこなしているのか? この疑問に対して吉田さんが語るのは「Digital Possible」である。 「私は現在、『BTジャパンの社長』『経団連役員』『規制改革推進会議委員』『一人娘の母親』と、異なる4足のわらじを履いている状態です。 これらすべての役割で100%の力を発揮し、利益と成果を出せているのは、どこからでも情報やリソースにアクセスできるモバイル環境があるから。 sbbit. ICT 端末とサービスの進化によって、今やスマートフォンさえあれば、いつどこにいても仕事ができる(できてしまう)。 ここで ICT 化の可能性について考えてみたい。 ICT 端末とサービスの進化と普及が 進めば、例えば子育て中の女性や出勤困難な方の在宅就労が可能になるだろう。 また「あそこは遠くて通えないから」という地理的な理由で挑戦することを断念していた人々には、人生の選択肢が一気に増えるはずだ。 さらに近い将来には、遠隔医療を通して地域在住高 齢者の健康管理が可能になるだろう。 こうした例は氷山の一角に過ぎず、ICT 化は業界や 国境を超えて私たちに多大な恩恵をもたらしてくれると考えられる。 しかしこのような肯定的な可能性が広がる一方で、ICT には限界も存在する。 その限界こそ吉田様が「Digital Impossible」と表現していたもの、すなわち、どれだけ ICT 化やそ の他の技術革新が進んでも技術が人間の代わりをできない部分だ。 では一体、ICT に実現 できないものなにか。 それは端的に言えば、人が「直接」会って行う感情のやり取りではないかと思う。 人と人との間の直接的な交流の中で生まれる感情の交信、本能的あるいは直観的に受け取るもの、相手の微妙な表情変化の無意識レベルでの認知、ノンバーバルコミュニケーション、その場の雰囲気や互いがまとう空気。 こうしたデータとして表しにくい部分にこそ、技術で代わることができない人間間の尊いやりとりがあるのではないか。 (いつか技術が追いつく可能性があるにしても、) ICT 化が進んだ社会においても、人が大切にしていかなければいけない部分ではないだろうか。 人と人との間の ネットワークを作るきっかけとなり、人々の社会交流を活発化し、Digital Possible 浸透時代の幕開けの引き金となるだろう。 しかしこれは同時に、人が直接会う機会を減らす可能性があ るという矛盾を考えなければならない。 各業界で ICT 化が現実化してきている中、これからは Digital Impossible にも目を向けていかなければいけないフェーズに差し掛かってい るのかもしれない。 新技術を世の中に普及させる際には、Possible と Impossible、メリッ トとリスクを把握した上でそのバランスを考え、自分なりの倫理観をもって取り組む必要性を感じる。 そして、最新技術に埋もれないだけの人間としての自分の価値を見いだすことで、どう社会貢献できるかを考えたいと感じる。 長くなってしまったが、 吉田様が講演の中で、何度も繰り返されていた言葉がある。 「もっと、もっと。 」 、そして「Pursue it. 」である。 一人ひとりがもっと貪欲に、自分の価値観の下に 幸せを追及していくべきだ、そんな人が増えたら日本はどんなに素敵な国になるでしょうとおっしゃりながら。 私はそのときの吉田様の目の中に、吉田様が思い描く理想の社会のビジョンを見たように思う。 リーダーは自分が理想とする明確なビジョンをもっていて、どんな弊害があってもそのゴールを見続け、信念をもって進み続けることができる人なのではないか。 吉田様に出会ったことで、私の中で「信念(ビジョン)があるリーダー像」というものが具体化されたように感じる。 確固たる信念をもち数字で結果を打ち出していく強さをもちながらも、 娘を想う気持ちを忘れず女性の優しさやしなやかさを併せ持つ女性リーダー。 私が初めて聞いた、女性のトップリーダーの講演が吉田様でよかったと心から思う。 私も今後の人生・キャリアプランを考える過程において、もっと貪欲に自分が理想とする社会像を追い求め、より具体的な ビジョンの確立を目指していこうと思う。 私のように吉田さんから大きな影響を受けた人はたくさんいるんだろうな。 ・・・なんだかまとまりのない記事になってしまったけれど・・・。 吉田さん、本当にありがとうございました。

次の