パトリック ヴィエラ 背 番号。 サッカーで背番号4の意味、有名選手、役割

なんで?背番号「4」を付ける10名の“攻撃的”サッカー選手

パトリック ヴィエラ 背 番号

世界最高のセントラルハーフとも評された、 パトリック・ヴィエラ。 やはりアーセナルのイメージが強いでしょうかね? そんな ヴィエラの背番号を歴代で紹介します。 アーセナル時代の4番のイメージが強い選手ではありますが、 4以外の番号を付けてプレーしていたことも多いんです。 【所属クラブ】 1993-1995 ASカンヌ 7,13等 1995-1996 ACミラン 4 1996-2005 アーセナル 4 2005-2006 ユヴェントス 4 2006-2010 インテル 14 2010-2011 マンチェスター・シティ 24 【フランス代表】 1998 ワールドカップ 4 2000 ユーロ2000 4 2001 コンフェデレーションズカップ 4 2002 ワールドカップ 4 2004 ユーロ2004 4 2006 ワールドカップ2006 4 Contents• ヴィエラの背番号を歴代で紹介!【クラブ編】 ASカンヌ【1993-1995】 1993-1995 ASカンヌ 7,13等 ヴィエラは1993年に ASカンヌでプロデビューしています。 フランスのリーグ・アンが背番号固定制になったのは…正確には不明なのですが、恐らく欧州の他の国同様に1995-1996シーズンじゃないかと。 なので、 カンヌの頃は背番号固定ではなかったと思われます。 スタメンに1~11までを割り当てる形となり、試合ごとに背番号が違う…という状態でした。 そのため、この時の背番号は 不明となっていますが…7番や13番という記録がありますね。 ACミラン【1995-1996】 1995-1996 ACミラン 4 1995-1996シーズン途中に ACミランに移籍。 しかしミランでは出場機会に恵まれず… 在籍中わずか2試合の出場となっています。 下記動画はリーグ戦ではなくWEFAカップのものですが、ミラン時代の映像をどうぞ。 ヴィエラはリーグ同様に 4番ですが、バッジョが珍しい9番を付けています。 (リーグでは18番) アーセナル【1996-2005】 1996-2005 アーセナル 4 1996-1997シーズンよりイングランドの アーセナルに移籍。 ここで才能を開花させたと言っても過言では無いでしょう。 アーセン・ヴェンゲル監督の目に止まり、チームの中心選手に成長しています。 アーセナル時代の背番号は、加入から退団までの9シーズンを通して 4番だと思うのですが…。 Wikipediaでは1999-2000までは21番になっていますね…。 加入時にはエディ・マクゴールドリックが21番だったような(秋にはレンタルでいなくなりましたが) そして97-98からはルイス・ボア・モルテが21番だったかと思います。 なのでヴィエラは9シーズン全てて4番じゃないでしょうか? アーセナル時代のプレー映像をどうぞ。 (フランス代表のプレーも多いですが) インテル【2006-2010】 2006-2010 インテル 14 ユヴェントスがカルチョスキャンダルでセリエBに降格したため、2006-2007シーズンより インテルに移籍。 インテルでも中心選手として活躍したものの… この頃から怪我が目立つようになった印象もあります。 原因かどうかはわかりませんが…2006-2007シーズンのミラン戦で 負傷したままプレーしていたのが印象的ですね。 本人は交代を申し出たものの、結局代えることなくプレーさせられた…ということがありました。 インテルでは在籍4シーズン全てで 14番を使っています。 これは4番が…インテルのバンディエラである ハビエル・サネッティの番号だったからでしょう。 そんなインテル時代の映像をどうぞ。 マンチェスター・シティ【2010-2011】 2010-2011 マンチェスター・シティ 24 2009-2010シーズン途中、冬の移籍期間に出場機会を求めて マンチェスター・シティに移籍。 ベテランとなったもののしっかりと出場機会を確保し、2010-2011シーズン終了と共に現役を 引退。 そしてそのままマンチェスター・シティのアカデミーコーチに就任しました。 シティでの背番号は 24番となっており、これは既に4番は ネダム・オヌオハが付けていたからだと思われます。 14番は空いていたハズなので…なぜ24番にしたのかは不明ですが…。 そんなシティ時代の映像をどうぞ。 ヴィエラの背番号を歴代で紹介!【フランス代表編】 ワールドカップ【1998】 1998 ワールドカップ 4 フランス代表にデビューしたのは1997年2月の親善試合、オランダ戦です。 そして 1998年ワールドカップの本戦メンバーにも選出。 ディディエ・デシャンらのバックアップメンバーとして、7試合中2試合に出場しています。 4番は不人気なのか…22歳の若手でバックアッパーながら、希望通り背番号は 4番となっています。 ユーロ【2000】 2000 ユーロ2000 4 続く ユーロ2000ではレギュラーの座を掴んだと言って良いでしょう。 途中交代も含みますが、 6試合全てに出場し優勝に貢献しています。 デシャンと並びフランスの中盤の底を務めました。 この時の 背番号も4ですね。 ちょっと長い動画ですが、ユーロ2000での活躍の映像です。

次の

フランス代表、背番号10の系譜。ジダンからムバッペへ…王者たちが受け継いできた誇り高き称号(フットボールチャンネル)日韓ワールドカップ(2002) フランス代表…|dメニューニュース(NTTドコモ)

パトリック ヴィエラ 背 番号

世界最高のセントラルハーフとも評された、 パトリック・ヴィエラ。 やはりアーセナルのイメージが強いでしょうかね? そんな ヴィエラの背番号を歴代で紹介します。 アーセナル時代の4番のイメージが強い選手ではありますが、 4以外の番号を付けてプレーしていたことも多いんです。 【所属クラブ】 1993-1995 ASカンヌ 7,13等 1995-1996 ACミラン 4 1996-2005 アーセナル 4 2005-2006 ユヴェントス 4 2006-2010 インテル 14 2010-2011 マンチェスター・シティ 24 【フランス代表】 1998 ワールドカップ 4 2000 ユーロ2000 4 2001 コンフェデレーションズカップ 4 2002 ワールドカップ 4 2004 ユーロ2004 4 2006 ワールドカップ2006 4 Contents• ヴィエラの背番号を歴代で紹介!【クラブ編】 ASカンヌ【1993-1995】 1993-1995 ASカンヌ 7,13等 ヴィエラは1993年に ASカンヌでプロデビューしています。 フランスのリーグ・アンが背番号固定制になったのは…正確には不明なのですが、恐らく欧州の他の国同様に1995-1996シーズンじゃないかと。 なので、 カンヌの頃は背番号固定ではなかったと思われます。 スタメンに1~11までを割り当てる形となり、試合ごとに背番号が違う…という状態でした。 そのため、この時の背番号は 不明となっていますが…7番や13番という記録がありますね。 ACミラン【1995-1996】 1995-1996 ACミラン 4 1995-1996シーズン途中に ACミランに移籍。 しかしミランでは出場機会に恵まれず… 在籍中わずか2試合の出場となっています。 下記動画はリーグ戦ではなくWEFAカップのものですが、ミラン時代の映像をどうぞ。 ヴィエラはリーグ同様に 4番ですが、バッジョが珍しい9番を付けています。 (リーグでは18番) アーセナル【1996-2005】 1996-2005 アーセナル 4 1996-1997シーズンよりイングランドの アーセナルに移籍。 ここで才能を開花させたと言っても過言では無いでしょう。 アーセン・ヴェンゲル監督の目に止まり、チームの中心選手に成長しています。 アーセナル時代の背番号は、加入から退団までの9シーズンを通して 4番だと思うのですが…。 Wikipediaでは1999-2000までは21番になっていますね…。 加入時にはエディ・マクゴールドリックが21番だったような(秋にはレンタルでいなくなりましたが) そして97-98からはルイス・ボア・モルテが21番だったかと思います。 なのでヴィエラは9シーズン全てて4番じゃないでしょうか? アーセナル時代のプレー映像をどうぞ。 (フランス代表のプレーも多いですが) インテル【2006-2010】 2006-2010 インテル 14 ユヴェントスがカルチョスキャンダルでセリエBに降格したため、2006-2007シーズンより インテルに移籍。 インテルでも中心選手として活躍したものの… この頃から怪我が目立つようになった印象もあります。 原因かどうかはわかりませんが…2006-2007シーズンのミラン戦で 負傷したままプレーしていたのが印象的ですね。 本人は交代を申し出たものの、結局代えることなくプレーさせられた…ということがありました。 インテルでは在籍4シーズン全てで 14番を使っています。 これは4番が…インテルのバンディエラである ハビエル・サネッティの番号だったからでしょう。 そんなインテル時代の映像をどうぞ。 マンチェスター・シティ【2010-2011】 2010-2011 マンチェスター・シティ 24 2009-2010シーズン途中、冬の移籍期間に出場機会を求めて マンチェスター・シティに移籍。 ベテランとなったもののしっかりと出場機会を確保し、2010-2011シーズン終了と共に現役を 引退。 そしてそのままマンチェスター・シティのアカデミーコーチに就任しました。 シティでの背番号は 24番となっており、これは既に4番は ネダム・オヌオハが付けていたからだと思われます。 14番は空いていたハズなので…なぜ24番にしたのかは不明ですが…。 そんなシティ時代の映像をどうぞ。 ヴィエラの背番号を歴代で紹介!【フランス代表編】 ワールドカップ【1998】 1998 ワールドカップ 4 フランス代表にデビューしたのは1997年2月の親善試合、オランダ戦です。 そして 1998年ワールドカップの本戦メンバーにも選出。 ディディエ・デシャンらのバックアップメンバーとして、7試合中2試合に出場しています。 4番は不人気なのか…22歳の若手でバックアッパーながら、希望通り背番号は 4番となっています。 ユーロ【2000】 2000 ユーロ2000 4 続く ユーロ2000ではレギュラーの座を掴んだと言って良いでしょう。 途中交代も含みますが、 6試合全てに出場し優勝に貢献しています。 デシャンと並びフランスの中盤の底を務めました。 この時の 背番号も4ですね。 ちょっと長い動画ですが、ユーロ2000での活躍の映像です。

次の

パトリック・ヴィエラとは

パトリック ヴィエラ 背 番号

1976-1982 アルヘンティノス・ジュニアーズ 10番 1981-1982 loan ボカ・ジュニアーズ 10番 1982-1984 バルセロナ 10番 1984-1991 ナポリ 10番 1992-1993 セビージャ 10番 1993-1994 ニューウェルズ・オールドボーイズ 10番 1995-1997 ボカ・ジュニアーズ 10番 このように、所属した全てのクラブで 基本的には10番を使っています。 「基本的に」というのは、この時代は今のように 背番号が固定式ではなかったんです。 スターティングメンバーが1番~11番までとなっていましたので、ベンチスタートの際はどんな選手でも12番以降…ということになるんですよ。 マラドーナも当然例外ではなく、ベンチスタートの時は10番以外の番号となっていました。 ということもあり、背番号を全て…となると正式に記録に残っているかどうかも怪しいという感じになりそうです。 しかし、 出場した試合のほとんどが10番だったと言っても過言ではないでしょう。 当時の貴重な映像と共に背番号を見てみて下さい。 1978年にアルゼンチンで行われたワールドカップにも、最終候補の25人の中には残っていたそうで…もし出場していれば 5大会連続だったんですけどね。 マラドーナも成し遂げられなかっただけに、この5大会連続出場というのは本当に珍しい記録となっていまして…2018年のロシアまでで 4人となっています。 メキシコの アントニオ・カルバハル(1950~1966)、ドイツの ローター・マテウス(1982-1998)、イタリアの ジャンルイジ・ブッフォン(1998-2014)、そしてメキシコの ラファエル・マルケス(2002-2018)となります。 イタリアが敗退しなければ…ブッフォンは前人未到の6大会連続だったわけですね。 マラドーナと言えばナポリ!永久欠番が復活? マラドーナと言えばナポリであり、 ナポリの10番と言えば永久欠番となっています。 もちろん マラドーナの偉業を称えてのことですね。 と言うのもマラドーナが来る前のナポリはまさに 残留争い…セリエAでの 最下位付近が定位置のチーム。 それが1984-1985シーズンには8位、1985-1986シーズンには3位、そして 1986-1987シーズンにはスクデット(優勝)と一気に競合へ。 1986-1987シーズンにはコパ・イタリアも制し2冠を達成しているのですが、これは当時トリノとユヴェントスしか達成していない偉業でした。 1988-1989シーズンにはUEFAカップを、1989-1990シーズンには2度目のスクデットと「だけ」ではないですが、 まさにマラドーナ効果。 この大活躍から背番号固定ではなかったものの、代名詞と言える10番が永久欠番となっています。 しかし現在所属する ロレンツォ・インシーニェに10番を与えては?という声が現地で出ているようです。 A post shared by lorinsigneofficial on Aug 1, 2018 at 8:41am PDT 彼は ナポリの出身でもあり、ナポリの象徴的な選手と言えますしね。 それに対するマラドーナの返しがこちら。 『FourFourTwo』によると、同氏はインシーニェに10番を託すか?との問いに対し、「アイツがオレよりゴールを決めたら、10番を背負えるよ」とコメント。 まずは自身が記録したナポリ通算115ゴールを越えろとのことだ。 出典: 恐らくマラドーナなりのジョークであり、 叱咤激励も含んでのこととは思います。 マラドーナ以来のセリエA制覇を成し遂げれば、10番も復活という可能性もあるかもしれませんね。 ここ何年かは惜しいところまではきていますので、2018-2019シーズンこそ久々のスクデットとなるでしょうか? なのですが、インシーニェ自身は10番は光栄であるものの…今の 24番にこだわりがあるということを語っていますよ。 笑 伊『sky Italia』によると、インシーニェは「10番を背負うことに恐怖はないよ。 ただ、いつだってマラドーナはマラドーナだ。 いつの日か永久欠番ではなくなり、全てのストライカーの夢になればいいね。 全ての若手選手も野心を持つべきだ。 個人的には24番に満足しているんだ。 だって妻の誕生日だから。 僕が10番をリクエストしたというのは真実ではないね」とコメント。 出典:.

次の