テラスハウス 自殺。 【テラスハウス】木村花の死去 MC山里亮太がSNS叩き助長の発言か?「今だーやれー!」の真相は?

テラスハウス、コスチューム事件の小林快の現在の職場は?木村花さんが自殺?

テラスハウス 自殺

『テラスハウス』オフィシャルサイトより やはり、「やらせ」はあった。 リアリティショー『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』(以下『テラスハウス』)にも出演中だった女子プロレスラー・木村花さんの死をめぐり、重大な事実が発覚した。 「文春オンライン」のスクープ速報によると、花さんの母・響子さんが、『テラスハウス』の炎上シーンについて「スタッフから指示を受けていた」と明日発売の「週刊文春」(文芸春秋)に証言したのだ()。 花さんの死をめぐっては、『テラスハウス』内での花さんの言動について、SNSで激しい攻撃を受けていたことが死に追い込んだのではないかとされ、ネット・SNS上での誹謗中傷だけに議論が集中してしまってきた。 しかし、本サイトでは、当初より、そもそもこうした花さんに対する誹謗中傷を引き起こしたのは『テラスハウス』というリアリティ番組の責任が大きいと指摘し、今回の木村花さんの死については、まずリアリティショー『テラスハウス』の問題を検証する必要があると訴えてきた。 とくに、花さんの「命より大事」な思い出のプロレスのコスチュームを、男性共演者が洗濯機の誤操作で縮ませてしまったことに花さんが激怒した場面。 このシークエンスは「コスチューム事件」などと名付けられ、もっとも非難と攻撃の的となっていたが、この「コスチューム事件」をめぐる経緯を検証すると、フジテレビが木村花さん攻撃を煽ったという側面が見られた。 また、リアリティ番組をめぐってはこれまで何度も「ヤラセ」が大きな問題になってきた。 実際、この『テラスハウス』シリーズをめぐっても、過去にも「演出」「やらせ」が取り沙汰されたことが何度もある。 今回も、トラブルや悪者を登場させることで視聴者の劣情を刺激し番組を盛り上げたいという製作側の恣意によって、花さんは「悪者」に仕立て上げられていたのではないか。 花さんを悪者扱いするような「やらせ」や「過剰な演出」がなかったのか 「週刊文春」のスクープ速報として「文春オンライン」が本日伝えたところによれば()、まさに問題の「コスチューム事件」をめぐって、生前の花さんが「テラハに出た当初からプロレスラーらしく振舞えって」「コスチュームの件はスタッフにめっちゃ煽られた」と話していたという証言や、友人へのLINEで〈自分の仕事道具壊されて、スタッフにカメラの前でキレろって言われて〉と書いていたことなどが報じられている。 そして母の響子さんは告白を決意した理由を「週刊文春」にこう語っているという。 「このままだと花の死が『暴力的な女子が男性に乱暴を働き、SNSの批判を苦にして自殺した』というストーリーで片付けられてしまう」 さらに詳しい話は明日発売の「週刊文春」を待ちたいが、本サイトが花さんの死の直後5月27日に、『テラスハウス』をはじめとしたリアリティ番組におけるヤラセ問題、フジテレビの責任を追及した記事を以下に再録するので、あらためてこの事件の本質について考えていただきたい。 『テラスハウス』内での言動について、SNSで激しい攻撃を受けていたことが死に追い込んだのではないかとされ、ネット・SNS上での誹謗中傷を規制しようという議論がにわかに盛り上がっている。 高市早苗総務相は、ネット発信者特定のための制度改正の意向も示している。 この機に乗じた政府によるネット規制議論については別稿でもあらためて詳しく検証したいが、ちょっと待ってほしい。 ネット上にあふれているヘイトスピーチやミソジニーがいかに酷いかは本サイトも重々承知だが、今回の木村さんの死については、それ以前に、まずリアリティショー『テラスハウス』の問題を検証する必要があるだろう。 いまネット・SNS上の誹謗中傷だけに議論が集中してしまっているが、そもそも木村さんに対する誹謗中傷を引き起こしたのは『テラスハウス』というリアリティ番組の責任が大きい。 出演者は、俳優の卵やまだ売れていないモデルなど、一般人以上有名人未満が多い。 すでに広く報道されているように、木村さんの「命より大事」な思い出のプロレスのコスチュームを、男性共演者が洗濯機の誤操作で縮ませ色褪せさせてしまったことに木村さんが激怒した場面が「コスチューム事件」などと名付けられ、もっとも非難と攻撃の的となっていた。 この場面が3月31日にNetflixで配信されると、木村さんのSNSアカウントには非難が殺到。 木村さんが亡くなったのは、この動画がアップされた9日後のことだ。 3月時点でかなりの攻撃にさらされていたものを、わざわざ「コスチューム事件」として番組史上でも異例というボリュームの動画をアップしたのは、フジテレビは木村さんが炎上していたことを「バズってる」「話題性のあるネタ」と捉え、さらに盛り上げようという意図があったのだろう。 ようは、木村さん攻撃を煽ったのだ。 さらにその演出においても、木村さんが「悪者」に見えるような撮り方、見せ方をしていたのではないか。 放送を観ずに、「コスチューム事件」の概要だけを見ると、男性共演者に瑕疵があり木村さんが怒るのも当然だろう。 たとえば、男性の大事にしていたフィギュアなどを女性パートナーが不注意で壊したなどの同種のエピソードがメディアで語られることは多いが、たいてい女性が非難される。 それが、木村さんだけが叩かれる事態になっているのは、いくら木村さんの怒りが激しかったとしても、その怒りが理不尽・過剰に見えるような見せ方をしていなければそうはならないだろう。 トラブルや悪者を登場させることで視聴者の劣情を刺激し番組を盛り上げたいという製作側の恣意によって、木村さんは「悪者」に仕立て上げられていたのではないか。

次の

木村花自殺(死亡)でテラスハウス打ち切り確定?過去配信を無料視聴する方法

テラスハウス 自殺

山里:そう考えると、僕たちは視聴者の皆さんと一緒に楽しんでる感じですね。 ただ……最近はネットのみんなが敏腕すぎて、噛みつくタイミングが早くなってきているように感じるかも。 炎上じゃないけど。 YOU:そうするとね……住民が演じだしてつまんなくなっちゃうから、これは……亮太から世界中の人にお願いだね。 山里:ネット上で噛み付くのをちょっと待ってほしい。 もっと住民を褒めて、慰めて、応援して、あなたが正しいと言って泳がせて……熟成させて…最後の最後に調子に乗りまくって妄言をはきまくっている中で、僕と一緒に噛みついてほしい 笑。 SNSでの安易な攻撃はしないで、一緒にこのハウスを肯定的に捉え続けるっていう目線で楽しんでほしい気持ちもあります。 プロレスもそうじゃないですか。 「この技くらい避けられるでしょ」と斜に構えてみるより「すげーな……!」って観戦してるほうが楽しい。 それで躍らせて、調子に乗せて…ね。 YOU:亮太の「GO」を待ってください。 山里:「今だー!!!やれーーー!!」って、噛みつく号令かけますので!(笑).

次の

木村花自殺(死亡)でテラスハウス打ち切り確定?過去配信を無料視聴する方法

テラスハウス 自殺

木村花さんの「刈り取られた人間性」 リアリティショーとして評判の高かった『テラスハウス』ですが、私もここしばらくきちんと観ていなくて、いま向き合っている自分の人生がリアルすぎて時間がなかったんだと言い訳しつつも、亡くなられたと聞いて観直したりしておりました。 ネットが当たり前に使われるようになって、番組とネット SNS とが視聴者によって自由に行き来できる状況になると、ある種「テレビの中の、映像作品上の演出」が、そのまま本人の評判、ブランディングに直結してしまう。 それが本人に対する誹謗中傷では収まらない、非常に強いバッシングに繋がっていってしまうのは往々にしてあります。 テレビ番組出演者の方の本当の人格など分かるはずもないのに、テレビ番組を面白くするために行った編集や演出で、それがその人の本性だと視聴者は思い込んでしまい、気に入らないとバッシングして当然、となってしまう。 番組の中、ネットの向こうにいるリアルな人格と演出で刈り取られた人間性とを重ねてしまうわけですね。 そういう状況で、自らの命を散らしてしまったテラスハウス出演の木村花さん、本当に残念です。 「ネット上での誹謗中傷」とどう向き合うか、それから「リアリティショー」の抱える問題について、でも解説してみました。 photo by Gettyimages いろんな論考が出回っていますけれども、個人的には、誹謗中傷の舞台となったSNSに責任をおっかぶせ、他人を中傷するのはけしからんということは重要だけど、その背景にかかる議論があまりないのは残念です。 もちろん中傷の場となってしまったのはネット上のSNSではありますが、それはあくまで視聴者のリアクションに過ぎないのであって、その原因を作ったのは番組に他なりません。 そして、何よりも、この木村花さんというのはどういう人物であったのかも含めて、きちんと偲んで、散った若い命を惜しむ寄り添い方が少ないように見えたのも、悲しい気分になります。 もしも私の息子たちや、生れたばかりの娘がそういう労苦に苛まれることになったらどうしようとも思います。

次の