配送 業者 amazon。 Amazonの配送トラブルが多発している大きな原因「デリバリープロバイダ」って?

【Amazon】デリバリープロバイダ 配送業者一覧と追跡・再配達方法と回避するワザ

配送 業者 amazon

そこでTwitterをチェックしてみると、「配送業者がABFとなっている荷物が届かない」という問い合わせを「Amazon Help」に投げている方がいて、アマゾン側が回答を行っていましたよ! やり取りによればABFは「マーケットプレイスの出品者」が利用することのある配送業者らしく、そのような場合における配送状況の確認や返品の相談等について、アマゾンは受け付けることができないといいます。 「ABFはちゃんとした業者なのか?」との問いに対しては、「ABFはアメリカの配送業者かと存じますが、詳細につきましては出品者にご確認くださいますようお願いいたします」と答えており、アマゾンもABFの実態をつかめていないことが伺えました。 ABFが配送を務めるケースは確実にある様子なのに、なかなか不安を煽る状況ではありますね…。 スポンサーリンク? ABFの追跡方法は!? やはりアメリカの配送業者ということもあってでしょうか、ABF担当の荷物がなかなか届かないという評判は事実のようです。 SNS等をみると、「数週間待ちは当たり前」との声が数多く寄せられていました。 ちなみにアマゾンが提示してくる予定日は、発送元や在庫状況等を参考として自動的に算出されたものなので、ABFに絡んでは余り参考になりません。 そこで別途調べてみたところ、一応を使えば、ABFの荷物は追跡可能のようですね。 トラッキングナンバーを入れるだけなので、操作自体は簡単そうです。 ただし追跡番号がすぐ出ない・反映が遅いといった指摘も出ていますから、どこまで正確な情報が得られるか、疑わしい部分はあるでしょう。 そもそもの部分でABFに関しては謎が多すぎますし、「ABFは荷物をきちんと届けてくれるのか?」以前に、「ABFを利用している出品者は信用できる相手なのか?」という点も気に掛かります。 Amazon HelpはABFの荷物が届かず、出品者へ問い合わせても問題が解決しない場合には、ようアドバイスしていますね。 手持ちの情報でABFを問題のある業者と断定することはできませんが、なかなか届かない荷物を待ちながら「安さばかりに注目するのではなく、出品者・発送元の見極めをきちんと行うべきだった」との心境と吐露する購入者もいますし、確かにアマゾン利用時には値段以外の条件も慎重にチェックした方が良さそうです。 スポンサーリンク?

次の

Amazonの配送業者「デリバリープロバイダ」が使い物にならない件・・・配送時に「ヤマト運輸」「日本郵便」を指定する方法教えます!

配送 業者 amazon

Contents• USPSとは? USPSは、 アメリカ合衆国にある郵便局のことです。 ここでは、USPSの基本サービスやお届け日数・追跡方法について解説します。 USPSと日本郵政の違いは? アメリカ合衆国にある郵便局を「USPS」と呼びます。 United States Postal Serviceの頭文字をとっていて、正式名称はアメリカ合衆国郵便公社です。 Amazonで買い物をした際に「USPS」と記載があったときには、アメリカから日本宛てに荷物が届くことを意味しています。 そのため、 日本国内で完結する日本郵政・ヤマト運輸・佐川急便とは異なり、税関でのチェックを間にはさみます。 また、日本郵政の郵便窓口は平日のみの営業ですが、USPSは時間短縮で土曜日も営業しています。 ただし、日曜祝日に関しては休日としている窓口がほとんどです。 荷物の配達は、土日祝に関係なく行われるので安心して下さい。 Amazonの荷物がUSPSで配送になった場合、何日で届く? ひとくちにUSPSと言っても、配達クラスによってお届け日数が変わります。 ・Global Express Guaranteedだと、1~3営業日 ・Priority Mail Express Internationalだと、3~5営業日 ・Priority Mail Internationalだと、6~10営業日 そして、Amazonの配送に使われることは稀ですが、はがきや手紙の送付に使われるFirst-Class Mail Internationalは、お届けまでに2週間程度を要します。 USPSの追跡サービスはリアルタイム反映ではない 日本の配達業者と違い、USPSの追跡サービスはリアルタイムでの反映を前提とはしていません。 そのため、USPSの公式サイトで追跡をしても「NOT FOUND」と表示されることがあります。 発送通知がきたのに、何日待っても追跡サービスに反映されない、というときは差出人に問い合わせを行いましょう。 また、日本郵政の公式サイトにアクセスすれば、日本国内到着から自宅への発送までの追跡は行なえます。 アメリカ内での荷物の移動は追跡できませんので注意しましょう。 配送が増える時期は遅延が起こりやすい 日本の配達業者にも言えることですが、クリスマスや大統領選挙などのイベントによって遅延が起こる場合があります。 荷物の配送量が増える時期や道が混雑する時期は、遅延を考慮しましょう。 また、日本国内に入ってからは日本の配達業者が配送をおこなうため、ゴールデンウィークや年末年始、お盆なども遅延が発生しやすいです。 USPSの配送サービス ここでは、USPSの配送サービスを、日本郵政の配送サービスと比較しながら紹介します。 First Class Mail International-普通郵便 First Class Mail Internationalは、日本郵政の普通郵便、はがきや手紙などの配送にあたるサービスです。 アメリカから発送されて日本のお届け先に届くまで、 2週間ほどの期間を要します。 日本国内に入ってからは普通郵便扱いのため追跡できませんが、アメリカから日本に入るまでの間には追跡サービスがついています。 20ドル切手~ ・約190カ国に配達可能 ・15. 994オンスまでの郵便物に対応 Priority Mail International-国際郵便小包 Priority Mail Internationalは、日本郵政でいう国際郵便小包に該当します。 6~10営業日での発送になるため、First Class Mail Internationalとさほど変わりません。 そして、追跡もアメリカ国内は可能ですが、日本に入ってからは追跡できない仕組みになっています。 ・26. 90ドル~ ・約190カ国に配達可能 ・一部例外を除き、返金保証付き ・定額封筒および小型定額ボックスの最大重量は4ポンド ・中型および大型の優先郵便国際定額ボックスの最大重量は20ポンド Priority Mail Express International-EMS 日本郵政のEMSに該当する、速達国際郵便です。 関税手続きが優先される・土日祝日にも関税手続きが行われるという特徴があり、 3~5営業日でお届け先に到着します。 アメリカ国内・日本国内ともに追跡が可能です。 ・45. 95ドル~ ・約190カ国に配達可能 ・返金保証付き ・最大重量70ポンド ・最大で、長さと胴回りの合計(胴回りは最も厚い部分の周りの距離)108インチの荷物を発送できる Global Express Guaranteed 日本郵政には該当するサービスがありません。 1~3営業日という、最も早い配達が魅力ですが、その分送料が高く、ネット通販ではあまり利用されない配送方法です。 アメリカ国内・日本国内ともに追跡が可能です。 ・67. 80ドル~ ・約190カ国に配達可能 ・返金保証付き ・日時指定可能 ・最大重量70ポンド ・最大で、長さ45インチ・幅35インチ・高さ46インチの荷物を発送できる USPSで送られた荷物を追跡する方法 ここでは、USPSで発送された荷物の追跡方法をお伝えします。 USPSの公式以外でも調べられる方法があるので、英語がわからなくても安心です。 検索窓にナンバーを入力し、「Track」を押します。 ちなみに、表示される英語ですが Shipping Label Created, USPS Awaiting Item -発送業務が終わり、USPSに郵送中 Accepted at USPS Origin Facility -USPSで荷物の受付 Arrived at Regional Facility ~ DISTRIBUTION CENTER-中継地点に到着 Arrived at USPS Regional Facility ~ DISTRIBUTION CENTER -アメリカの税関に荷物が到着 Processed Through Regional Facility ~ INTERNATIONAL DISTRIBUTION CENTER -アメリカの税関を通過 Arrived ~ , UNITED STATES -アメリカの輸出施設に到着 Departed ~ , UNITED STATES -アメリカを出発 という意味です。 日本郵政で追跡 日本国内に入ってからの追跡は、日本郵政でもできます。 当然ながら日本語で状況が見れるので、便利です。 (1)日本郵政ホームページにアクセス (2)郵便・荷物の追跡を選択 (3)個別番号検索を選択 (4)追跡スタート 連番での追跡も可能です。 aftershipで追跡 日本語にも対応しているサイトなので、USPS公式サイトよりは見やすいです。 少し日本語翻訳がおかしいところもありますが、脳内補完で読みましょう。 荷物が追跡できないときは差出人に問い合わせを USPSの公式サイトは、日本のサイトと違って反映がさほど早くありません。 そのため、配達通知がきてからも追跡サービスに反映されないことがあります。 USPSの問い合わせ方法 ここでは、追跡ではなく、荷物状況を問い合わせる方法を解説します。 USPSの問い合わせシステム 荷物に対する問い合わせの際には、USPS公式サイトから「File a Claim」を選択します。 直訳では「申し立て」になりますが、日本でいうところの「お問い合わせ」と同じ意味です。 日本で使われるクレームほど、厳しい意味合いはありません。 荷物の追跡というよりは、紛失時にする問い合わせです。 日本郵政でも、ゆうパックであれば荷物の補償サービスが付与されていますが、それと同義のサービスです。 日本郵政と同じく、基本的には荷物の送り主が問い合わせを行います。 受け取り側で荷物の状況を知りたい・荷物の受け取りに不備があったという場合には、差出人に連絡して問い合わせてもらいましょう。 使用した配送方法によっては、郵便料金の補償だけで、商品代金は保証対象外のものもあります。 追跡番号は ・EA-EZ ・CA-CZ ・HC-HZ ・RA-RZ のいずれかではじまり、USで終了する13桁のナンバーです。 問い合わせができない配送サービス ・Global Express Guaranteed ・First-Class Mail International ・First-Class Package International Service の3種類については、問い合わせの対象外となっています。 また、書留・保険付郵便物、国際小包については、日本から海外への発送・海外から日本への発送ともに、日本郵政でも調査が行なえます。 ただし、海外から日本あての郵便物に関しては、郵便物の受領証の提示が必要になりますので注意して下さい。 問い合わせ方法は、郵便局に調査請求書と本人確認書類を提出することで行なえます。 電話での問い合わせには対応していません。 配送方法によっては発送者しか問い合わせフォームが使えない USPSサイトからの問い合わせは、問い合わせ可能な配達方法が決まっています。 また、受取者でも問い合わせ可能な配達方法であっても、サイトからは発送者しか問い合わせができないシステムになっていますので注意しましょう。 まとめ USPSでの発送と聞くと、追跡はできるのか・届くまでにかなりの日数を要するのではないかと不安になるものです。 しかし、追跡は公式サイトの他、日本郵政ホームページでも行えるので、英語がわからなくても問題ありません。 また、国際郵便とはいえ配送方法によっては1週間未満で届きます。 もちろん、日本国内からの発送と全く同じとはいきませんが、必要以上に不安になる必要もありません。 荷物が届かないなどのトラブルがあれば、差出人に連絡すれば対応してくれますので、安心して荷物の到着を待ちましょう。

次の

Amazonの置き配で勝手に置かれるトラブルが多発!たった1つの対処法

配送 業者 amazon

FBA納品配送業者を比較!比較対象はこちら ・ヤマト便 ・ヤマト宅急便 ・ゆうパック ・佐川急便 ・エコムー便 ・イプシロン FBA納品でよく使われる配送業者5社6サービスをピックアップしました。 ヤマト便とヤマト宅急便の違いについても、以下の一覧をみていただければ一目瞭然です。 いざ!比較 以下の一覧表は複数個口(5個口)で発送した場合の送料の安い順に並んでいます。 送料 各配送業者を同条件で料金比較してみました。 一覧表内の()内の金額は、FBA納品時に使えるサービスを適用した一番安い場合の送料です。 ヤマト宅急便、ゆうパック、佐川飛脚便も割引サービスがいくつもありますが、ヤマト便には敵わないようです。 サービス内容 各社の基本サービスとFBA納品に関係ありそうなサービスについて調べました。 上下逆さまにできないなど輸送状態に定めがある荷物は1辺の長さが100cmまで。 また、エコムー便の「送り状の作成不要」は手間が省けてかなり魅力的です。 結果発表 送料が安い配送サービスは、サービスの種類も少なくなる傾向がありますね。 とはいえ、せどらー達にとって「FBA納品の送料が安い」というのが何よりも一番のサービスです。 FBA納品におすすめな配送業者は「ヤマト便」 ヤマト便は送り状1枚につき重量25kg超えてないと利用できませんので、何箱か溜めてヤマト便を使うことで大幅にFBA納品の送料を安く抑えられます。 また、他社大手も先方と交渉して特約を組めば表記の送料よりも安くなりますが、ヤマト便は交渉する手間もありません。 なぜヤマト便だと送料が安くなるのか ヤマト便は1箱ごとの重量ではなく 送り状1枚ごとの総重量 とエリアで送料が決まります。 そのため1箇所のFBAに送り状1枚・複数個口で送れば、結果1箱あたりの単価が安くなります。 配送日数がかかる ヤマト便は通常の宅急便+1日時間がかかります。 集荷の時間指定が出来ない なので、手はかかりますが営業所持ち込みだと時間の融通も利くし割引もあるので状況が許せば持ち込みもアリですね。 標準サイズと大型サイズをひとつの送り状で送れない ひとつの送り先に送り状1枚分の数箱を送るわけです。 標準サイズと大型サイズでは指定されるFCが違いますから、サイズ毎に納品を分けなければヤマト便の恩恵は受けられません。 160サイズのダンボールは危険 ヤマト便は送り状1枚毎の総重量と配送先エリアで送料が決まりますが、総重量は「実重量」と「容積換算重量」と比較して重い方となります。 なので160サイズダンボールだと「容積換算重量」が大きくなってしまい危険です。 小さいサイズのダンボールを組み合わせて荷造りすること をおすすめします。 現金決済 ヤマト便は、残念ながらクレジットカード等キャッシュレス決済は出来ません。 まとめ ・数箱まとめて納品できる時 ヤマト便 ・やむを得ず1箱で納品する時 エコムー便 賢く使い分けて、1円でも安い送料でFBA納品しましょう。

次の