息苦しい。 息苦しい症状について 症状からの病気チェック

息苦しい|家庭の医学|時事メディカル

息苦しい

場所や痛みの状態は個人の感覚によるもので個人差があり、 痛みを感じる位置がずれたり、症状が典型的ではない場合もあります。 異常を感じたときは早急に精密検査を受ける様にしましょう。 胃痛を伴う場合は逆流性食道炎の場合も 胃痛や胃酸の上昇などを伴って背中の痛みがある場合、 逆流性食道炎等の可能性もあります。 逆流性食道炎は、胃液が何度も食道側に逆流して食道に炎症をきたす病気です。 背中痛を同時に訴える患者さんも多くいます。 何科で診てもらう? 体を動かすときに痛みがある場合や体をひねると痛みがある場合等は、筋肉や骨などに異常がある場合が多いです。 整形外科を受診して血流の状態や筋肉の張りやコリを診察してもらいましょう。 その他は内科や循環器科、呼吸器科などに相談してみてください。 ストレスによる背中の痛みにはマッサージも 背中のマッサージは、体全体の血流を良くしてくれます。 体の血流が良くなるとストレスや痛みの緩和にも有効です。 市販の鎮痛剤は長期的な使用を控えて 鎮痛剤で 一時的に背中の痛みがおさまる場合もあります。 しかし、 1週間ほど引き続き痛みがある場合は、原因を確認する必要があるので病院を受診しましょう。 原因不明のまま、痛み止めだけで対処していると、何か大きな病気を見過ごしてしまう可能性もあります。 また、 痛み止めを連用していると、胃潰瘍や腎障害、肝障害などの副作用を引き起こすケースもあります。 さらに、 薬によっては耐性ができ、飲んでも効果が効きづらくなることもあります。 長期的な鎮痛剤の使用は控えましょう。 病気の可能性も 体を動かしたり、背中を使う作業や運動をしたりしたわけではないのに背中が痛み出したり、違和感を感じる場合や、安静にしているのに痛みがある場合は、何か病気が隠れているかもしれません。 特に、痛みが強くなったり、他の頭痛、腹痛、胸痛などの症状が併せてあるようなら、早めに病院を受診してください。

次の

息苦しい|家庭の医学|時事メディカル

息苦しい

自然気胸とは、何らかの原因で突然肺に穴があいて空気が漏れ、その空気の圧力で肺が縮んでしまう状態のことをいいます。 いくら息を吸っても肺が十分には機能しないため、酸素が足りなくなり、息苦しさを感じます。 いったん起きると、再発の可能性が非常に高い病気です。 肺に穴があく原因とは 肺に穴があいてしまう気胸。 その原因はさまざまです。 事故などで、肋骨が折れて肺にささって穴があく場合もあります。 自然気胸の場合は、肺の胸膜のすぐ内側にできた のう胞の破裂によって、肺に穴があくと考えられています。 のう胞とは 肺の中には、酸素と二酸化炭素のガス交換を行う 肺胞という袋のようなものがたくさんあります。 この肺胞の壁が壊れて隣の肺胞とくっつき、風船状に膨らんだものが のう胞です。 この状態では、通常の肺胞と同じように働くことはできないため、 のう胞が増えると肺の機能低下につながります。 のう胞は、大気汚染や喫煙など、様々な要因によって肺にできると考えられています。 のう胞が肺の内側にできた場合は、破裂の危険はあまりありませんが、肺の表面近くにできた場合は、破裂すれば肺に穴を開けてしまう危険があります。 どのような時にのう胞が破れてしまうのか のう胞は、どのようなタイミングで破れてしまうのか、実際のところ詳しくわかっていません。 激しい運動をしている時などに限らず、テレビを見てくつろいでいるときや、机に向かって仕事している時など、普通に日常生活を送っている時に突如破れて気胸が起こり、息苦しさをもたらすこともあります。 夜寝ている時に のう胞が破れ、息苦しさで目を覚ますということもあるのです。 肺にのう胞があるかどうかの検査について のう胞が1cmくらいの大きさになると、胸部のX線写真で確認することができます。 さらに詳しく調べるには、胸部のCT写真をとると、どこにどういう形の のう胞がいくつあるか、どのように分布しているかなどが細かくわかります。 自然気胸になりやすい人 自然気胸になりやすいのは、以下のような人です。 喫煙者• 中高年• 長身で痩せ型の若い男性• 子宮内膜症がある女性 たばこを長期間吸い続けると、肺胞に炎症が起こり、気管が細くなるため肺に穴があきやすくなります。 また、肺は年齢とともに徐々に衰えて脆くなっていくので、中高年の人はより注意しなければなりません。 さらに、自然気胸は15歳から25歳の若い男性でも多く見られることがあります。 身長が伸びていく成長期で、肺の成長が体格の成長に追いつかず、肺に穴が開いてしまうのではないかと考えられます。 子宮内膜症の人も気胸になりやすいという特徴があります。 一見関係がないようにも見える と気胸ですが、子宮内膜の細胞が肺に運ばれて定着し、生理の時に出血して肺に穴があくというケースが見られます。 自然気胸の治療方法 胸腔ドレナージ術 軽度の自然気胸(肺の縮み方が小さい)の場合、1週間程度安静にしていると、肺にあいた穴が自然とふさがることが多いといわれています。 一方、肺の縮み方が大きい場合は、脇から管を入れて肺の周りに溢れた空気を吸い出す、胸腔ドレナージ術と呼ばれる治療が行われます。 カバーリング術 のう胞が多く、再発の危険性が高い場合は、特殊な繊維でできた網を、内視鏡を使って、 のう胞が多い場所に被せる治療を行うことがあります。 のう胞の発生は防げませんが、 のう胞が破れにくくなるので再発防止になります。 再発率を10%以下に抑えることができるといわれています。 この記事は以下の番組から作成しています•

次の

息苦しい(いきぐるしい)の類語・言い換え

息苦しい

2020. 20 急な動悸、息苦しさはストレスが原因?こころと自律神経の関係について、医師が解説します。 運動をしたわけではないのに急に息苦しい、息切れがするとなると、病気ではないかと心配される方も少なくないでしょう。 運動をしているわけではないのに息が苦しくなる時にはストレスが関係している可能性もあります。 今回はストレスと息が苦しくなることの因果関係についてご紹介します。 ストレスでなぜ動悸がしたり、息苦しくなるのか。 この原因はいくつか考えられます。 ストレスによって起こった身体化 1つ目はストレスによって起こった身体化による動悸や息切れです。 身体化とは ストレス反応が身体に現れたものです。 心理的ストレスが加わることにより脳の機能に影響を及ぼし、結果として冠動脈が一時的な痙攣を起こすことがあり、これが動悸や息苦しさの原因の一つであるといわれています。 ストレスによる自律神経失調症 2つ目はストレスによって自律神経失調症となってしまっていることです。 自律神経失調症とは自律神経のバランスが崩れてしまうことによってさまざまな症状が出現する病気です。 そもそも自律神経は、例えば暑い時に汗をかいたり寒い時に震えるといったように、自分の意志と関係なく身体が常に正常に保たれるようにバランスを司っています。 ですが、この自律神経が乱れるとこういった指示を身体の調子に合わせて送ることができず、結果として体に不快をきたすさまざまな症状が出現します。 自律神経失調症で出現する症状は全身に渡って見られ、一か所だけでなく重複して見られることもあります。 ですので、 動悸や息切れが起こるという方もいれば、めまいが起こるという方、腹痛や下痢が起こる方もいたり、肩こりが起こったりする方もいます。 過緊張 3つ目は 過緊張によるものです。 これは特に仕事をしているビジネスマンに多い傾向のあるものです。 例えばプレゼンテーションや重役揃いの会議、大役を任されている時など大切な仕事の時に緊張するということは誰しもあることです。 しかし、この過緊張の場合、緊張状態が長きにわたって持続し、自分で緊張を緩めることができないという状態になり、自律神経の乱れにつながるものと考えられています。 過緊張は職場だけでなく家でも常に緊張をしている状態の方が多いという特徴があります。 これ以外にもストレスによってパニック障害や不安障害などの精神疾患にかかり、結果として動悸や息苦しさを誘発しているということもあります。 チェック方法は? 動悸や息苦しさには病気が隠れている可能性もあります。 動悸や息苦しさが出てくる病気は循環器系の病気が多く、中には放置していると命取りになる可能性もありますが、素人が判断することは非常に難しく、やはり医療機関で検査を受けることが良いと考えられます。 ですが、ストレスか病気かを手軽にチェックしたいという方もいるかもしれません。 ストレスか病気かのチェックとして特に重要視しておきたいのは緊急性です。 緊急で病院を受診された方がよいタイプは 「脈拍数が1分間に40回以下で、身体を動かす時に強い息切れを感じる」という場合と 「動悸が突然始まり突然起こる」というタイプです。 これらの動悸や息苦しさに当てはまるという方は病院を受診しましょう。 また、ストレスによる動悸や息切れは放置しているといずれ循環器の病気へと移行することがあると知られています。 例えば、自律神経が乱れ特に交感神経という神経が活発となることで心臓に負担をかけ、もともと心臓が悪かったという人の心臓の病気が悪化するということが考えられています。 さらに、ストレスが引き金となって動悸や息苦しさを主症状とする病気になっている可能性もあります。 社会的ストレスがある人、抑うつ症状のある人は、そうでない場合に比べて、約1. 5倍心筋梗塞になりやすいということが分かっています。 つまり、今は ストレスが原因であろうと、放置してしまうといずれ本当に心臓の病気になってしまう可能性があるのです。 そのため、ストレスが原因であろうと考えられる場合であっても、症状が長く続く場合には必ず医療機関で検査を受けられることをおすすめします。 サプリメントも効果的? サプリメントでストレスに効果的な成分を摂ることも効果的です。 クリニックフォアが共同開発をしているメディカルブランド「Sui+」では、GABA、L-テアニン、ラフマなどの、 ストレスを軽減し、睡眠の質を高める効果が期待できる成分を配合したサプリメントや、 ストレスやうつの軽減に効果的であり、パーキンソン病の薬としても使用されているムクナを配合したサプリメントを提供しています。 自分自身にはどのような方法がストレス解消へとつながるのか、ぜひ見つけてみてください。 また、ひどい動悸や息苦しさでお悩みの方は一度クリニック フォアグループの医師や看護師へお気軽にご相談ください。 普段の生活から改善できることは? 近年、ストレスが原因でこころに問題や障害を抱える方が増えているという背景を受けて、メンタルヘルスに力を入れる職場も増えています。 そのため、職場でのストレスについては職場のメンタルヘルスの担当者等に相談をして解決できる場合もあります。 ですが、そういった職場ばかりではないかと思いますので、普段の生活の中でストレスを改善していくことがストレスによる動悸や息苦しさを改善させるための近道かもしれません。 同じストレスを受けたとしても、ストレスに対する反応は人によって違うといわれています。 ストレスに弱い人、強い人がいるのもこれによるものです。 何か精神的に辛いことが起こった時に、ストレスへの反応は、ストレスの大きさ、それぞれの人の持つストレスへの耐性、ストレスにさらされている人を援助して緩和してくれる人がいるかなどによって決まりますので、これはあくまで一例としてとらえてください。 日常生活の中でも気軽にできるストレス解消法は入浴、散歩、体操などがあります。 何かのお世話をすることでストレスを解消できる方もおり、ペットの世話や植物の世話をすることでストレス解消できることがあります。 また、人と関わることがストレス解消につながることもあります。 趣味を見つけ趣味を通じた職場以外の友人を作ったり、学生時代など古くからの友人や家族と話をすることもストレス解消へとつながるかもしれません。 公開:5月15日 監修:クリニックフォアグループ医師.

次の