公務員 ボーナス 何ヶ月分 2020。 【2019年】公務員、ボーナス(賞与)~夏と冬で徹底検証!

【2020年】公務員の夏と冬のボーナスは何ヶ月分、日にち、支給額はこれだ!【令和2年】|赤ずきんくんのみんなで公務員になろう

公務員 ボーナス 何ヶ月分 2020

スポンサーリンク 夏と冬のボーナスは何ヶ月分? 2020年のボーナスが夏と冬、それぞれ何ヶ月分支給されるかの予想は以下の通りです。 夏のボーナス 2. 25ヶ月 冬のボーナス 2. 30ヶ月 去年2019年のボーナスは夏冬合わせて4. 5ヶ月分。 直近の6年で連続してボーナスは増額されているため、2020年も前年比で0. 05ヶ月分増額されてトータルで4. 55ヶ月分になることが予想されます。 予想されますというのは、公務員のボーナスは人事院勧告で決定されるのですが、その勧告が行われるのは8月のため2020年のボーナスは8月にならないと決定しません。 なので、2019年より0. 05ヶ月増額という決定がなされた場合、その増額分は冬のボーナスに加算されます。 公務員のボーナスの確定方法 人事院勧告では、毎年大企業から中小企業を含めた民間企業のボーナスを調査して、公務員のボーナスを増やす・減らすの判断をしています。 なので、公務員がもらう給料は民間企業の平均に近い額が支給されているということになります。 世間ではよく「公務員はボーナスもらいすぎだ!」という声を聞きますが・・・ 公務員のボーナスの決定方法を知ると、実際は決してそんなことはないということが分かると思います。 ちなみにですが、どの企業を調査して算出しているか、具体的な企業名は公表されていません。 スポンサーリンク ここ6年間のボーナス支給推移 2014年から2019年までの公務員のボーナス支給推移は以下の通りです。 地方公務員のボーナス支給推移 2019年 4. 5ヶ月分 161万1959円 2018年 4. 45ヶ月分 160万1595円 2017年 4. 45ヶ月分 158万6917円 2016年 4. 30ヶ月分 155万6652円 2015年 4. 20ヶ月分 152万4928円 2014年 4. 5ヶ月分 176万5418円 2018年 4. 45ヶ月分 174万5802円 2017年 4. 45ヶ月分 172万6850円 2016年 4. 30ヶ月分 169万2656円 2015年 4. 20ヶ月分 165万2721円 2014年 4. 10ヶ月分 161万2879円 上記の平均額を見ると、国家公務員の方が地方公務員よりも若干多いことが分かります。 とはいえ、これは町村役場などの地方公務員が平均額を下げているため、政令指定都市などの大きな自治体だと国家公務員に勝るとも劣らない額になっています。 まぁ、どちらにせよ公務員のボーナスは安定していると言えますね。 公務員の年齢別、ボーナス支給データ 2020年、地方公務員の年齢別ボーナス支給額は以下の通りです。 19歳 87万2180円 20歳 94万1650円 21歳 101万1119円 22歳 104万2042円 23歳 107万2965円 24歳 110万3888円 25歳 113万4811円 26歳 116万9911円 27歳 120万5011円 28歳 124万111円 29歳 127万5210円 30歳 131万2310円 31歳 134万9410円 32歳 138万6510円 33歳 142万3609円 34歳 146万2680円 35歳 150万1751円 36歳 154万822円 37歳 157万9892円 38歳 161万4104円 39歳 164万8316円 40歳 168万2528円 41歳 171万6738円 42歳 174万4212円 43歳 177万1686円 44歳 179万9160円 45歳 182万6634円 46歳 184万7553円 47歳 186万8472円 48歳 188万9391円 49歳 191万308円 50歳 192万7127円 51歳 194万3946円 52歳 196万765円 53歳 197万7585円 54歳 198万7992円 55歳 199万8399円 56歳 200万8806円 57歳 201万9213円 58歳 202万9620円 59歳 204万27円 60歳 205万434円 続いて、2020年、国家公務員の年齢別ボーナス支給額は以下の通りです。 19歳 112万8209円 20歳 115万2861円 21歳 118万4934円 22歳 121万7007円 23歳 125万9716円 24歳 130万2424円 25歳 135万8162円 26歳 141万3899円 27歳 145万2358円 28歳 149万817円 29歳 152万9276円 30歳 156万7734円 31歳 160万4013円 32歳 164万292円 33歳 167万6571円 34歳 171万2850円 35歳 174万9129円 36歳 178万1893円 37歳 181万4657円 38歳 184万7421円 39歳 188万185円 40歳 191万2947円 41歳 193万4570円 42歳 195万6193円 43歳 197万7816円 44歳 199万9439円 45歳 202万1060円 46歳 203万9022円 47歳 205万6984円 48歳 207万4946円 49歳 209万2908円 50歳 211万872円 51歳 212万8832円 52歳 214万6794円 53歳 216万4756円 54歳 218万2718円 55歳 220万680円 56歳 221万8642円 57歳 223万6604円 58歳 225万4566円 59歳 227万2528円 60歳 229万490円• 公務員は夏が6月30日、冬が12月10日にボーナスが支給されます• 2020年のボーナスは4. 55ヶ月分になると予想される• 85」• 公務員のボーナスはここ6年間、連続で上昇している 2020年の公務員のボーナスについて色々な話を紹介してきました。 今年も民間企業の景気の良さから、公務員のボーナスは微増すると予想されます。 しかし東京オリンピック以後は景気が衰退していくと予想されているので、2020年以降は公務員の給料はジリ貧かもしれません。 そうなった時に備えて、公務員も投資や副業をして今から収入の柱を増やしておきましょう。

次の

国家公務員の非常勤職員のボーナスはいくら?|公務員試験おすすめ予備校・通信講座比較

公務員 ボーナス 何ヶ月分 2020

スポンサーリンク 2020年冬のボーナスの支給日はいつ!? 冬のボーナスの支給日は・・・• 公務員…12月10日(木)!• 民間企業…12月上旬~12月中旬である事が多い! です。 それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。 1.公務員の冬のボーナス支給日は… 早速ですが国家公務員の2020年の冬のボーナス支給日は 2020年12月10日(木)です! 国家公務員の冬のボーナスは「一般職の職員の給与に関する法律」という法律で定められていて毎年 12月1日の基準日時点で在職している職員に対して 毎年12月10日に支給されることが決められています。 ボーナスは「期末手当・勤勉手当」という名目で支給され期末手当は定率で支給される賞与で勤勉手当は個々の成績に対する賞与です。 ) 公務員の場合は毎年12月10日と定まっているので安心というかお金の計画を立てやすいですよね。 2.民間企業の冬のボーナス支給日は… 民間企業の冬のボーナス支給日はバラつきがあり 12月上旬~12月中旬の支給が多いです。 特に「12月の第1週目の金曜日」や「12月5日」「12月10日」などに支給する企業が多いよう。 私が以前勤めていた会社では「12月上旬の金曜日」にボーナスが支給されていました。 入社や転職したばかりでボーナス支給日がよくわからない方は経理の人に聞くか総務の人などに 社内規定を見せてもらうとより具体的にわかります。 大企業では社内規定に夏と冬のボーナスの支給日が明記されている会社も多いです。 また大企業と違って そもそも中小・零細企業などでは業績等によってボーナスを多く支給出来たり、逆に全く支給出来なかったりする年もあるかと思います。。 スポンサーリンク 冬のボーナスの平均支給額は? 1.公務員の冬のボーナス平均支給額は… 昨年2019年冬の国家公務員(管理職や非常勤を除く)のボーナス 平均支給額は約70万円(平均35. 3歳)でした。 ですので2020年の冬もおおよそ、このぐらいの金額が支給されると思います。 国家公務員の冬のボーナスは基本給の約2. 3か月分と言うことになります。 (夏が約2. 2ヶ月分・冬が約2. 3ヶ月分…年間支給でみると約4. 5ヶ月分) 公務員のボーナスは、人事院勧告 (「人事院」という中立かつ第三者機関である組織が国家公務員の給与等を国会や内閣に勧告しています。 )を受けて、民間企業のデータから同じ条件(仕事の種類・仕事の階級・学歴・年齢…)の人と比較してそれに準拠した形で決定されています。 2.民間企業の冬のボーナス平均支給額は… 民間企業の冬のボーナス支給額は本当に企業の数だけバラつきがあります。 大企業の業績が良い所では、基本給の2. 5ヶ月分~3. 5ヶ月分もらえるところもあるようですし、逆に中小企業などで業績が思わしくない場合はボーナスが出ない、出せないところも少なくありません。 ただ… 相場としては基本給の1~2か月分と言うのが多いと思います。 スポンサーリンク 支給額=手取りではありません。 更に引かれます… 上記のボーナスの支給額はあくまでも 企業が個人に支給した金額になります。 実際はその支給額から・・・• 厚生年金• 健康保険料• 介護保険料(40歳から)• 雇用保険料• 所得税 などの社会保険料が引かれた分が口座に振り込まれる 手取りの金額になります。 昔は毎月の給与からのみ社会保険料が引かれていたんですが、2003年からは 総報酬制といってボーナスが出る人と出ない人の不公平感をなくすため、年間の総報酬額で計算されるようになりボーナスからも引かれるようになりました。 支給額の例・・・ これはあくまで例えになりますが・・・人(年齢・業種・毎月の給与・賞与の額・扶養家族の有無)によって控除される社会保険料は様々なので。 1.支給額が100万円だとしても、社会保険料として20万円程度引かれ、手取りは80万円程度• 2.支給額が50万円だとしても、社会保険料として10万円程度引かれ、手取りは40万円程度 になったりします。 ) 次はボーナスの使い道を見ていきましょう! ボーナスの使い道は… ボーナスの使い道は各家庭で様々だと思いますがこのような使い道が多いようです。 (正直ボーナスを何に使おうかなぁ…って考える時が一番幸せですよね…。 ) 1.普通預金や定期預金に貯金する。 貯金はいくらあっても困りません。 家を買う場合の頭金だったり、急遽引っ越ししなければならない事態があるかもしれないし、子供の将来の学費だったり、家電が壊れた時の資金……など、いざという時に必要お金がないと困りますもんね。 2.投資する。 (株・投資信託など…) 調べるとボーナスを使って投資すると言う方も多いみたいです。 我が家は手を出せてないですが投資も勉強と考えれば使い道としては良さそうだなと思います。 増えれば嬉しいですし…増えれば…。 3.旅行・レジャーに行く。 せっかくのボーナスなので、旅行に行って気分転換をするのもいいと思います!!またホテルバイキングなどちょっと贅沢な外食をするのもいいですよね。 人間心の充電は必要です!! 4.欲しかった家具・家電・PC等を買う。 ボーナスで今まで欲しかった家具や家電等を買う(やっと買えるぞっ!!)っていう方も多いと思います。 5.ローン返済や保険や税金・車検費用に 車や住宅のローン返済や、年に1度の火災保険料や自動車税・固定資産税などの支払い、また2年に1回の車検費用に充てている方も多いですよね。 そして残りは今後の車検費用等、家計の必要費に充てる為にとっておくという形になっています。 今回は「2020年冬のボーナス支給日はいつ!?」について見ていきました。 公務員の支給日は12月10日(木)• 民間企業の支給日は12月上旬~12月中旬 が多いということになります。 ボーナスは年に2回頑張ってる方へのご褒美のようなもの。 私も仕事が辛くても、ボーナスがあるからなんとか次の半年間頑張ろう!!とOL時代モチベーションを保っていたように思います。

次の

公務員のボーナスって何ヶ月分くらいもらえるの?支給日は?

公務員 ボーナス 何ヶ月分 2020

2020年夏の公務員のボーナス平均はいくら? 2020年夏の公務員のボーナス平均支給額、ボーナス事情を紹介します。 国家公務員のボーナスは民間の給与事情を元に法律によって決められています。 地方公務員のボーナスも国家公務員に準じて決まっています。 それぞれのボーナスの決まり方、気になる支給日についてご紹介します。 2019年夏のボーナスは好調でしたが、2020年はどうでしょうか? 【動画で2020年夏の公務員のボーナス平均を解説】 2020年夏 国家公務員68万 7600円、1. 3%増 まずは国家公務員の前回(2019年冬)のボーナスからみてみましょう。 内閣人事局の発表によると、国家公務員(管理職および非常勤を除く一般行政職)の2019年冬のボーナス(令和元年12月期の期末・勤勉手当)の平均は約68万7700円。 前年同期より3. 1%減少となりました。 その主な原因は、それまでは夏よりも冬のボーナスの金額が多かったものが、夏と冬と同額になったためです。 前年と同比で支給されていても、0. 1%増。 上げ幅は小さく抑えられました。 勤勉手当は年間0. 05か月分アップしたものの、平均年齢が下がった(35. 5歳から35. 0歳)のが減少の原因です。 1人への支給を年間でみると、微増ということになります。 2020年夏の国家公務員のボーナス(期末・勤勉手当)の平均支給額は68万7600円、前年比1. 支給月数が昨年の2. 195カ月分から2. 245カ月分へと増加するためです。 これは、2019年冬のボーナスの原因と同様、夏冬の支給均等化(夏が冬より少なかったのが夏冬均等になった)と勤勉手当のアップが原因です。 6%増 では、地方公務員はどうでしょうか? 地方公務員も国家公務員の支給実態に合わせるところがほとんどです。 公務員(国+地方)の1人当たりのボーナス平均支給額は74万499円と、前年比0. 6%増。 2019年夏が4. というのも、公務員はストライキなどを実行する「争議権」が認められていません。 その代わりに公務員と民間の給与を比較し、公務員給与を民間の水準に合わせようということです。 具体的には、国家公務員の4月分の給与と、民間企業(企業規模50人以上等の条件あり)の4月分の給与と前年8月からその年7月までに支給されたボーナスを比較し、民間の基準に合わせるよう、国家公務員給与の水準を改定、俸給制度・諸手当制度の見直しを行っています。 比較対象となる給与は、同じ条件(仕事の種類、役職段階、学歴、年齢等)の給与とされています。 これらを人事院勧告とし、この結果をもとに給与法が改正されています。 このように、国家公務員の給与やボーナスが決まります。 令和元年人事院勧告でボーナス引き上げ 令和元年8月に発表された人事院勧告の内容をみておきましょう。 民間給与平均は41万1510円。 それに対して国家公務員給与は41万1123円。 その差387円をうめるために、初任給や若年層の俸給引き上げ、ボーナス引き上げ(0. 05カ月分)等改定がされています。 2020年夏 公務員のボーナス支給日は6月30日 気になる、国家公務員の2020年夏ボーナス支給日ですが、これも法律で決められています。 ボーナス(期末手当、勤勉手当)の支給は、 ・基準日(夏6月1日、冬12月1日)に在職する職員に対して (基準日前1カ月以内に退職や死亡した職員にも支給される) ・支給日は、夏6月30日、冬12月10日 (支給日が土曜の場合は前日、日曜の場合は前々日の金曜) と記されています。 2020年の6月30日は火曜ですので、当日6月30日が支給日となります。 地方公務員もこの法律にもとづいて支給されています。 公務員のボーナスは、いわば民間全業種の平均給与やボーナスの鏡ともいえる存在です。 平均年齢が下がっているのにもかかわらず、今年はなんとかキープできたということでしょうか。 ただ、コロナ禍の影響で2020年からの民間のボーナスは間違いなく減少に転じるでしょう。 それらに連動して、公務員のボーナスも減少に転じると思われますが、民間の下げ幅と公務員の下げ幅がどのようになるか、注目したいところです。 【関連記事をチェック】 【関連動画もチェック】.

次の