アラレちゃん 最終回。 アラレちゃんの最終回

Dr.スランプ アラレちゃん(TVアニメ動画)の最新話/最終回ネタバレ速報:3ページ目【あにこれβ】

アラレちゃん 最終回

以下、「Dr. スランプ」の最終回の内容に ついて触れます。 未読の方はご留意下さい。 ----------------- ----------------- 最終回は、「最終回用メカ大発明!」です。 千兵衛さんは、 「Dr. スランプの連載がはじまっていらい、 ずっと計画してきた最終回用のメカ」 を完成させます。 感動の大フィナーレをかざるために、その メカを動かそうとします。 千兵衛さんは、ペンギン村の人々を集め、 最終回用メカであるロケットの発射式を 行います。 ロケットは大気圏外に飛び出し、その カプセルがパラシュートにより地球に戻って きます。 ペンギン村の皆が見守る中で、カプセルが 開き、そこから現れた小型ロボットが、 「おしまい」と書かれた旗をふります。 一人感動する千兵衛さんは、皆に避難されます。 最後はページいっぱいにキャラクターが総登場し、 さよならの挨拶をして終わります。 1回目のアニメ化作品であるDr. スランプ アラレちゃん」の 最終回も、多少のアレンジはあるものの、基本は同じ話 です。 また、最後のページでキャラクター総登場というのは、 同時期に「ジャンプ」に連載していた桂正和氏の 「ウイングマン」も同じです。

次の

『Dr.スランプ』登場人物まとめ!何度観ても笑える名シーン添え

アラレちゃん 最終回

鳥山明氏の漫画「ドクタースランプ」(Dr. SLUMP)… この漫画の最終回のあらずじをご存知でしょうか? 最終回でも、いつものように新発明をする千兵衛… アラレが「ほよ?なにつくってんの?」と聞くと、それは天を貫くような超巨大なロケットだったのです。 なんと連載開始時から、最終回で打ち上げるために計画していたとのこと… 4年近くも連載が続くと思わなかったと、悪ぶる千兵衛の態度に不満げな鳥山先生でしたが、最終回を任されたいと作者想いなところもみせる千兵衛に鳥山先生はすべてを委ねることにしたのです。 大フィナーレを飾るために全ての才能を注ぎ込んだすごいロケットだと、ドヤ顔で主張する千兵衛… 打ち上げをみんなで見学するべく、アラレに「キーン」と村をひとっ走りさせてペンギン村の住人を集めさせます。 そして「センベエさんの発明じゃろくなもんじゃない」と言う村人たちの前で、ついにロケットは発射されました。 そして、宇宙から逆噴射で戻ってきたロケットから投下され、パラシュートカプセルには大感動の仕掛けが… のはずが、小さいロボットが出てきて「サイナラ」と言うだけだったのです。 一人大興奮の千兵衛をよそに、あまりのしょーもなさに怒る村人… 結局、いつもと同じ千兵衛の空回りでロケット打ち上げは終了したのでした。 あまりの失敗に思い悩む鳥山先生は結局、アラレに最後のページをお願いするのしかなく… やっぱり「バイちゃ!!」で終ったのです。 最終回を感じさせない、普段と同じテイストのブレないギャグにほっとすると同時に、これで終わり、という寂しさも感じてしまう最終回でした。 Sponsored Links.

次の

本放送 Drスランプアラレちゃん最終回予告とドラゴンボール新番組予告 アニメ ニコニコ動画のニコッター

アラレちゃん 最終回

鳥山明氏の漫画「ドクタースランプ」(Dr. SLUMP)… この漫画の最終回のあらずじをご存知でしょうか? 最終回でも、いつものように新発明をする千兵衛… アラレが「ほよ?なにつくってんの?」と聞くと、それは天を貫くような超巨大なロケットだったのです。 なんと連載開始時から、最終回で打ち上げるために計画していたとのこと… 4年近くも連載が続くと思わなかったと、悪ぶる千兵衛の態度に不満げな鳥山先生でしたが、最終回を任されたいと作者想いなところもみせる千兵衛に鳥山先生はすべてを委ねることにしたのです。 大フィナーレを飾るために全ての才能を注ぎ込んだすごいロケットだと、ドヤ顔で主張する千兵衛… 打ち上げをみんなで見学するべく、アラレに「キーン」と村をひとっ走りさせてペンギン村の住人を集めさせます。 そして「センベエさんの発明じゃろくなもんじゃない」と言う村人たちの前で、ついにロケットは発射されました。 そして、宇宙から逆噴射で戻ってきたロケットから投下され、パラシュートカプセルには大感動の仕掛けが… のはずが、小さいロボットが出てきて「サイナラ」と言うだけだったのです。 一人大興奮の千兵衛をよそに、あまりのしょーもなさに怒る村人… 結局、いつもと同じ千兵衛の空回りでロケット打ち上げは終了したのでした。 あまりの失敗に思い悩む鳥山先生は結局、アラレに最後のページをお願いするのしかなく… やっぱり「バイちゃ!!」で終ったのです。 最終回を感じさせない、普段と同じテイストのブレないギャグにほっとすると同時に、これで終わり、という寂しさも感じてしまう最終回でした。 Sponsored Links.

次の