へ その ゴマ とる。 へそのゴマをとることに賛否両論分かれてますが、本当はどっち...

国民健康保険 平戸市民病院

へ その ゴマ とる

函館の看護師さんから コメントをいただきました。 さくらんぼさん へ へそのごま・・・ですが、 ゴマといわれるものは垢です。 その垢が長年蓄積されると 本当にボタンくらいの大きさにまでなります。 私のかかった外科の先生は、 心配ならばオキシドールを薬局で買って 綿棒に塗ってとってもいいですよと言われました。 そのようになると炎症を起こし 細菌感染しているので悪臭がします。 そうなった場合は必ず 外科か皮膚科を受診しましょう。 治療は消毒して(ひどい場合は膿をだして) 抗生物質を服用します。 おへそを見ると真っ黒なソラマメくらいのものが見えています。 ドクターがセッシ(ピンセット)でとってもとれません。 もうこうなると自分でとることは不可能です。 局所麻酔で簡単に皮膚とへそのごまを取り外しました。 結局おへその奥まで続いていましたので、 ものすごい幅で ものすごい長さのへそゴマが取れました。 皆さんもへそのゴマは清潔に保ちましょう。 ただ、無理に取ろうとせず、 ベビーオイルなどを使って やわらかくしてからとるといいでしょう。 臍炎(へその炎症)を起こしてしまうと かなり処置で痛みがありました。 2日前に経験した話でした。 形成外科にも へそのゴマの患者さんが いらしたことがありました。 地方の病院に勤務していた時です。 先生、へそにホクロの癌ができたと へそにある、 固い黒い腫瘤(しゅりゅう)を主訴に、 患者さんが受診されました。 函館の看護師さんのコメントのように、 摂子(せっし:ピンセットのこと)で引っぱっても、 びくともしない固い 腫瘤(しゅりゅう)でした。 表面はややザラザラしていて、 真っ黒でした。 確か… 腫瘍(しゅよう)と間違えないように… と書いてあったように記憶しています。 一度見ると 誤診はしませんが、 大都市の大病院で研修しても、 経験できる 疾患ではありません。 一般的な取り方は、 函館の看護師さんが書いてくださったように、 ベビーオイルで柔らかくして、 無理をせず、 少しずつ取るのがベストです。 私のおへその話題はほんとタイムリーで今週初めの話です。 朝起きたらおへそが痛いんです。 でも見ることもせず、夜になってたまたま洋服が汚れていることを発見!! 見てみたらどろーっと膿が沢山・・・ 驚きました。 お風呂に入っていつもきれいにしているつもりだったのに・・・ しかも数年前に手術のためにおへその手入れも聞いていましたし、時々ベビーオイル使っていたのですが、体調も悪く抵抗力が落ちていたこともあったみたいです。 経験者は語る!! おへそから膿が出たらものすごい処置の時痛いです。 炎症を起こしてしまって排膿するのは痛いです。 おへそをぐりぐりってされます。 でもおかげさまで、某病院のおかげで一晩で腫れも炎症もおさまり、膿もなくなりました。 なんだかお恥ずかしいお話です。 へそのごまが 石のように硬くなるのですか?私は迷信だというのに 昔の人は へそのゴマをとると おなかが痛くなるから絶対いじるなといいますし、雷様からおへせをとられるとよく言われました。 たぶん 雷がなる夏は暑くて 腹を出して寝てしまい 胃腸を壊すから おなかをださないで寝なさいという昔の人の教訓だとおもうのですが・・ 父は最近までへそは掃除したことなかったとおもいます。 お腹の手術をした時 手術前に へその掃除を看護師さんがしてくれました。 今の方々は へそに ベビーオイルなどつけて 掃除すると思いますが 年配の方は絶対石のようになってると思います。 なんで垢をごまなんていったんでしょうか?垢のにおいは 臭い〜です。

次の

へそのゴマが溢れてる!

へ その ゴマ とる

へそのゴマの白い塊はとっていいの? へそのゴマの白い塊は、しっかり取り除いたほうがいいです。 へそのゴマとは、皮膚が生まれ変わるときに剥がれ落ちた古い皮膚のことで、簡単に言うと「垢」なんです。 へそのゴマは黒い方もいますが、ほこりなどがついてしまったために黒く色がついているだけで基本的には白い色をしています。 へそのゴマは、 汗をかきやすいひとや腹部に脂肪が多い方が溜まりやすい傾向にあるようですね。 へそのゴマを長い間とらずに放置していると、へそのゴマが石のように固くなってしまい、臍石(さいせき)と呼ばれる塊になってしまいます。 ここまで固くなってしまうと、なかなか通常のへそのゴマのケア方法では取り除くことができません。 さらに雑菌の繁殖も多くなり、臭いの原因にもなるんです。 爪や指などで無理に取り除いてしまうと、皮膚を傷付けてしまい恐れもあるため皮膚科で取り除いてもらう必要があります。 さらにへその下には腸があり、 へそをいじりすぎてしまうと腸を刺激してしまい、お腹がいたくなる原因にもなるんです。 「へそのゴマをとるとお腹が痛くなる」というのは迷信かと思いましたが、そうではないことがわかりましたね。 へそのゴマが臭い理由って? へそのゴマの白い塊は、なぜあんなに臭いのでしょうか? 原因として考えられるのは、へそのゴマの成分にありました。 へそのゴマは、 皮脂、汗、垢などがへそに蓄積されてできるものです。 これらの身体からでた排出物がずっとへその中にたまっていると、細菌が増殖します。 この細菌の増殖こそがにおいの原因なんです。 へそのゴマの臭いにおいを異常に感じ、不安を覚える方もいると思いますが、臭いのが普通なのでご安心ください。 注意へそのゴマの掃除を毎日行うのはおすすめできません。 過剰な掃除は、 化膿してしまったり腹痛を起こしやすくなってしまう恐れがあります。 そのため、月に一度の掃除にしておきましょう。 へそのゴマの白い塊を簡単に取る方法 では、へそのゴマの白い塊を簡単に取り除く方法を紹介します。 準備するものはこちらです。 オイル(ベビーオイルがおすすめ) まずは綿棒にオイルをしっかりしみこませてください。 手のひらに綿棒を置いて、 オイルを手のひらにためてしみこませるとうまくできますよ。 あとはその綿棒でへそをぐるっと拭っていきましょう。 優しく、ゆっくり行ってくださいね。 綿棒が茶色くなったらとれた証拠なので、あとはへそをお湯で流してくださいね。 また、頑固なへそのゴマの場合はオイルをへそにためて少し待ちます。 こうすることでオイルがゴマになじみ、柔らかくしてくれますよ。 あとは優しく綿棒で取り除いていきましょう!.

次の

へそのゴマの取り方! 取れない時はどうするの?

へ その ゴマ とる

へそのゴマの正体とは そもそもへそのゴマって何? へそのゴマの正体は、垢や皮脂、汗やボディーシャンプーのカスといった汚れ、ごみでできたものです。 へそのくぼみにこれらのごみが入り込んでしまい、それが乾燥して固まることで、黒いゴマの粒のような物体として残留するのです。 へそというのはお腹に空いている小さな穴ですから、どうしても汚れが溜まってへそのゴマができやすいのです。 また、自分からも見えにくい位置にありますから、へそのゴマができていてもなかなか気づくことができないのです。 へそに汚れをため込みすぎると、棒や栓のように巨大化して長くなったりカチカチに固い大きな塊となってしまうことも多くあります。 こうなると簡単には取れないし、掃除や除去がとても面倒です。 へそのゴマは汚い! へそのゴマから採取される細菌がとても多いということはご存知でしょうか。 実は、便器の水に含まれている最近の約4000倍以上と言われています。 トイレよりもへそのゴマのほうが汚いなんてとてもショックですよね。 でも、この細菌は不潔なわけではありません。 無害な菌のほうが多いという研究結果が出ているそうです。 その中には、体にとって有益になる菌も含まれていそう。 そうはいっても、へそのゴマは臭いですよね。 臭いが気になりますから、不潔かどうかよりも、きれいに掃除して除去してしまいたいところです。 へそのゴマを取るとお腹が痛くなる!? いじってはだめ派 VS 掃除するべき派 子供のころ、よくおばあちゃんにおへそはいじってはダメ、へそのゴマをとってはダメと言われていませんでしたか?こうして育った人の多くは、へそを掃除しない派であることが多いです。 実は、へそはきれいに掃除したほうが良いのです。 ただし、ぐりぐりといじりすぎてはだめですよ。 へそをいじりすぎるとお腹が痛くなりやすいために、おへそをいじるなと言われていたのです。 おへそのゴマをとってはいけないわけではなく腹痛を起こすほどならば、無理矢理にとる必要はないですよということを言いたかったのでしょうね。 内臓は腹膜に覆われていますが、そこの神経が非常に過敏なのです。 へそをいじり過ぎてしまうと、そのすぐ下約5mm程度の場所にある腹膜の神経が刺激されてしまいおへその周辺がちくちくしだし、腹痛が起きてしまうことも。 おへそをちょっといじったくらいであれば大丈夫!いじりすぎが良くないというだけなのです。 へそのゴマの掃除方法 お風呂でへそのゴマを取る方法 小さいへそのゴマがあるけどなかなか取れない人にこちらの方法がおすすめです。 ボディーシャンプーなどを含ませたタオルを指に巻きます。 その指先をおへそに突っ込んで、優しくクルリと回してみてください。 これを一回につき3回程度繰り返します。 これを週に3回程度行っていくうちに、おへそはきれいになります。 へそのゴマがなくなっても続けるようにしてください。 そうすれば、この簡単なお手入れできれいなおへそをキープすることができてしまいます。 へその皮膚は薄くてとてもデリケートですから、ごしごしとこするようなことはせず、爪をたてずに優しく洗ってあげましょう。 オリーブオイルと綿棒でへそのゴマを除去 へそのゴマが大きくなりすぎて取れないという方には、オリーブオイルと綿棒を使った除去方法がおすすめです。 オリーブオイルか、ベビーオイル、またはクレンジングオイルなどを用意し、綿棒も用意しましょう。 入浴後がおすすめですが、入浴していないときでも効果はあります。 へそにオイルを塗って、綿棒で優しくへそのゴマの内側を拭いてみてください。 だんだんとへそのゴマがふやけて浮いてきます。 そしたら、その垢を綿棒でからめとってみましょう。 面白いほどにつるんと除去することができます。 汚れた綿棒はきれいなものに取り換えて、へそのゴマがきれいになくなるまで何度か繰り返してみましょう。 おへそがピカピカになりますよ。 どうしてもへそのゴマが取れない! どうしてもゴマが浮いてこないという方は、仰向けに寝転がってへそに直接オイルを注いでください。 その上からラップでふたをします。 そのまま5分~10分程度お待ちください。 これでふやけたへそのゴマをティッシュや綿棒を使って優しく絡めとりましょう。 へそのゴマをとる時の注意! へそのゴマを掃除は毎日のようには行わないでください。 週に2~3回程度にとどめておいてください。 そう簡単に汚れはたまりませんから、普段から優しくお風呂できれいに流すように心がけましょう。 掃除中に皮膚がひりひりしたり、お腹が痛くなるような感覚があるときは掃除を中断しましょう。 まとめ 臭いや汚れが気になるへそのゴマですが、落とすという方法はとても簡単でしたね。 オイルや綿棒などちょっとした準備は必要になるので、入浴の時に日ごろからきれいに洗い流して汚れを溜めない方が楽ですね。 へそのゴマが大きくなってしまったとしても、オイルで浮かせてしまえば、きれいにツルンと取り除くことができてしまいます。

次の