赤ちゃん 唸る 原因。 新生児がうなる!赤ちゃんがいきむ原因と対処法は?

睡眠中にうなる原因や対策

赤ちゃん 唸る 原因

授乳中にうなる原因としては、授乳の仕方(飲まされ方)や母乳やミルクの味が気に入らないことが挙げられます。 対策 授乳の仕方が気に入らない場合 母乳やミルクの温度が好みではない、ママの乳頭が陥没している等、飲みにくい状態に置かれている、哺乳瓶が飲みにくい等を訴えるためにうなることがあります。 母乳やミルクの味が気に入らない場合 母乳の味は、ママの食事内容に左右されるため、赤ちゃんが好まない味になるケースがあります。 対策としては、ママの食事内容の見直しが挙げられます。 栄養バランスのよい食事 和食 を心掛ける、脂肪分の多い食事を控える、スイーツ等の糖質を多く含む食品を食べ過ぎない、香辛料等の刺激が強いものを控える、母乳を生臭くしてしまうという刺身を控える等が挙げられます。 ミルクの場合は、使用するミルクの種類を固定せず、いろいろな種類のミルクをあげてみて、赤ちゃんの好みの味を見つける方法が挙げられます。 母乳やミルクの与え過ぎが原因の可能性があります。 母乳やミルクを飲み過ぎると、苦しくて泣き出す、吐き戻しが増える等がみられます。 しかしその状況を見たママは、飲み過ぎたからとは考えず、まだ母乳が足りていないのでは?と考え、さらに追加してしまうケースがあります。 この悪循環により、おなかが苦しい赤ちゃんがうなるようにげっぷをする場合があります。 対策 お腹のマッサージ おなかを時計まわりになるように、優しくさするようにマッサージしてあげましょう。 授乳のやり方に注意 授乳の途中でも中断してげっぷを出すように促してあげましょう。 授乳の回数を調整して、なるべく空気を飲み込まないようにしてあげましょう。 授乳の間隔をあけて、一回の授乳でしっかり飲むようにしましょう。 障害の心配は?.

次の

新生児が苦しそうに唸る(うなる)3つの原因と対処法

赤ちゃん 唸る 原因

お腹にガスがたまっている• 便秘気味• ウンチやゲップをしたい お腹にガスがたまっている 新生児がうなる最も考えられる原因がコレです。 母乳やミルクを飲んだ後にゲップが上手にできないと、空気が腸に行き不快になってしまいます。 授乳後、腸が動き出すタイミングで苦しくなってうなり始め、ママはオッパイを飲みたいのだと思い授乳してさらにお腹に空気がたまる…。 このような悪循環が見えないうちに発生し、赤ちゃんのお腹は空気でパンパンに張ってしまいます。 ゲップで出せない空気はおならで出て行きます。 すると少し落ち着いた顔になり、うなるのも治まっていきます。 便秘気味 便秘気味の赤ちゃんは、便から発生するガスでお腹が張ってしまいます。 授乳時にゲップとして出せなかった空気も便によるガスも、結局は同じような不快感を与えます。 なのでこちらもウンチが出たりおならが出ることで少しスッキリします。 ウンチやゲップをしたい 空気がたまってうなっているのではなく、今まさにウンチ・ゲップを出したいという思いでうなっているときもあります。 赤ちゃんはどうやっていきめばいいのか分からないので、顔を真っ赤にしてうなり始めます。 うなる我が子の対処法 原因を考えてみると、結局そのほとんどは「お腹」にあると分かります。 便が「たまってない」より「たまってる」ほうがうなる原因は増えてしまいます。 ゲップが上手にできるかでもうなる程度が大きく左右されます。 つまりいかにお腹に空気をためないようにするかが大事になってくるのです。 ウンチしたい時にうなるのは大人もさほど変わらないですよね。 なので「1と2の原因」を少しでも解消してあげるのが大事ということです。 ゲップを上手にさせる• 便秘に気をつける• お腹の空気を出してあげる ゲップを上手にさせる 母乳にしろミルクにしろ、飲ませたらゲップをしっかりさせましょう。 母乳は空気を飲む量が哺乳瓶より少ないですが、出過ぎるママの場合は赤ちゃんが吸わなくても出るので、空気をより多く飲んでいる可能性があります。 ミルクの時はよりゲップさせるよう気をつけます。 「必ず出さなきゃ!」という考え方をする必要はありませんが、うなる頻度が高い場合は積極的に出させるように心がけることが大事です。 これは大人でも経験することなので、体感的によく理解できるのではないでしょうか。 お腹が張る感覚は赤ちゃんはよく分からないので、非常に不快に感じているのでしょう。 ウンチの回数や習慣は個人差があるのですが、三日以上出てないようなら綿棒浣腸してうながしてあげるのもいい方法です。 でも新生児のときは、どれだけ注意してても空気はたまってしまうものですよね。 そこで今度はそれを「出す方法」を2つ紹介します。 お腹マッサージ• 軽い運動 一つずつ考えてみます。 お腹マッサージ いわゆる「のの字マッサージ」です。 おへそを中心として「の」の字を描くように優しくマッサージしてあげましょう。 そうすることでウンチ・おならを促すことができます。 強すぎるのはダメですが、皮膚をなでるだけでもダメです。 ほんのわずかにお腹に圧がかかるような力加減で行ってみましょう。 ゆっくりと愛情を込めるほど効果が期待でき(るような気がし)ます。 軽い運動 新生児がお腹に空気がたまりやすい原因として、まだ動くことができないということがあります。 動くことで腸が刺激されますが、寝てばかりなのでおならになって出て行くこともなく、張って苦しくなってしまうんですね。 そこで赤ちゃんの両足を持って運動させてあげます。 一つ目は自転車を漕ぐような動きです。 ゆっくり交互に足を動かしてあげ、腸をしっかり刺激します。 二つ目は足を交差させます。 寝返りできないので腸がねじれる動きがまだできません。 なので足を交互にさせて腸の働きを促進させてあげます。 お腹に空気がたまっている場合、足を動かすと苦しそうにする場合があります。 なので赤ちゃんの様子を見ながら、ゆっくり優しく行うことが大事です。 まとめ.

次の

赤ちゃんが低い声で唸る!唸り声がひどい、うるさい。苦しそうに唸る理由と対処法

赤ちゃん 唸る 原因

睡眠中に「ヴー、ヴー」という音を立ててしまう、まるでお経を唱えているかのような音を出しているということを指摘される方は決して少なくはありません。 寝言やいびき、あるいは歯ぎしりとも異なり、なにか外国語のようなことを言っているようにすら聞こえるケースもあります。 このような睡眠中に「うなる」という症状に悩まれている方は決して少なくありません。 睡眠中のうなる症状は、いびきや寝言と比べるとあまり一般的ではありません。 そのため、特に女性の方は友達や恋人とのの旅行の際に強い気兼ねを覚えてしまわれる方もおられます。 睡眠中にうなるという症状は一体どうして起きるのでしょうか。 またどのような対策が考えられるのでしょうか。 睡眠中にうなる原因と対策3つ 睡眠時無呼吸症候群 睡眠中に唸るという症状の原因として第一に考えることが出来るのが、睡眠時無呼吸症候群です。 睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に空気の通り道(上気道)が狭くなってしまい、その結果として、空気と粘膜が摩擦を起こして音が生じるという症状です。 睡眠時無呼吸症候群の場合には、いびきをかく場合が多いのですが、うなるという場合もあります。 睡眠時無呼吸症候群は多くの場合には肥満が原因となります。 肥満によりあご下に蓄積された脂肪が上気道を狭くしてうなるという症状を引き起こしているという可能性が考えられます。 そのため、睡眠時無呼吸症候群によって睡眠中にうなるという症状があらわれているのであれば、肥満解消が根本的な対策となります。 ただ、漠然と肥満解消を目指すのではうなる症状を解消するためには非効率的であるとともに、時間がかかってしまうので、睡眠時無呼吸症候群専門医による診断・治療が効果的です。 睡眠時無呼吸症候群の場合、治療としては、例えばcapaと呼ばれる治療法や特殊なマウスピースを用いた治療などが行われます。 (なお、ごくまれに顎の骨格が原因となり睡眠時無呼吸症候群が引き起こされて唸るという症状が起きていることもあります。 この場合の主要な対策は外科手術となります) カタスレニア 次に、カタスレニアとよばれる症状がうなる原因となっている場合があります。 カタスレニアは2000年代に入ってから報告された睡眠中に起きる症状の一つです。 睡眠中に深く息を吸い、その後、長くうなりながら息を吐くという一種の体質です。 カタスレニアは「睡眠関連うなり」とよばれ、その主要な症状は文字どおり、うなることです。 カタスレニアは睡眠時無呼吸症候群とは異なり、無呼吸となるようなことはないのが特徴です。 カタスレニアは一種の体質なので特に治療方法はないので対策は難しいということができます(厳密にはありえますが、脳を麻痺させる麻酔薬的なものになるなど対策が大げさとなってしまいます)。 原因不明 睡眠中にうなるという症状については、実は原因がはっきりしないというケースも少なくありません。 カタスレニアも広い意味では原因不明のうなりということができるでしょう。 うなるとは言っても、原因不明であれば、特に解消のための対策は取ることはできません。 ただ、うなること自体の治療は難しくとも、睡眠中にうなることについて、 周囲の理解を得るように努めるということは十分に可能と言えます。 うなるということが一種の体質であるのならば、それは、やむを得ないことです。 友人や恋人などと旅行する場合などは「私は睡眠中にうなる癖があるけれど気にしないで。 場合によっては部屋を別にとってもいいよ」などと宣言して、理解を得ることが最良の対策と言えます。 本当の友達・恋人であれば睡眠中にうなるという一事であなたを嫌うようなことはありえないでしょう。 このように原因不明で睡眠中にうなる体質であるのならば、周囲の理解を得ることが何より重要と言えるでしょう。 まとめ:睡眠中のうなりとその原因と対策のまとめ 以上、本文で述べました睡眠中にうなるという症状について、その原因と対策についてのポイントをまとめますと以下のように言うことができます。

次の