足 の むくみ を 取る 方法。 足のむくみに良い食べ物

足のむくみがひどい方必見!むくみをとる簡単マッサージ&即効ツボ!

足 の むくみ を 取る 方法

先日、「」というコラムを掲載しましたね? どうでしたか?大丈夫でしたか? 足のむくみというのは、一時的に発生するものではなくて、あなたの日常生活から発生する慢性的なものだと考えていいと思います。 ですから足のむくみをとる場合も、マッサージなどをするという一時的なものではなくて、 「毎日無理なく取り組める方法」じゃないといけません。 それが理想です。 そして、できれば、 無意識レベルで取り組める方法であれば一番いいですよね? やっぱりダイエットでもなんでもそうですが、ガンバリズムは限界が来るのが早いですから/苦笑 足のむくみを取る方法、一番カンタンなのは、、、足を高く上げて寝る これです! 画像引用元: 骨折の時によく見ません?足を天井から釣られていますよね? これが答えです。 結局骨折の時に一番問題になるのは、骨がくっつく問題よりもむくみの問題なんです。 動かさないとどうしても血液や水分が足の方に溜まってしまい、それが深刻なレベルになってしまいます。 これって 骨折の時に限らずに、日常的に発生してしまうのがむくみの怖いところです。 だから解決策も骨折の時と近いものになって当然です。 心臓よりもちょっとでも高ければOK 画像引用元: この動きは効果的ではあります。 しかし、やってみると分かるのですが、足をあまりにも高く上げすぎると、腰がしんどくなってきます。 この動きは一時的にエクササイズとしてやる分には良いのですが、日常的な動きではありません。 目安は、 足のカカトが心臓よりも上にあ るかどうか?です。 画像引用元: これくらいの高さでバッチリです! この状態がキープしておけばバッチリです。 ですから、 寝る時に足下に、布団をまるめて大きい塊みたいにして、そこに足を上げて寝ればそれでOKです。

次の

足のむくみを取る3つの方法!原因&解消法を一挙公開!?

足 の むくみ を 取る 方法

Sponsored Link 年を取ってくると足がむくみやすくなるの? 年齢を重ねるごとに、多少の個人差はありますが若いときよりも足が むくみやすくなっていると思う人は少なくありませんね。 なぜ、高齢になると足のむくみが出来やすくなるのでしょうか。 むくみが出来る原因は、「足の筋力の低下・体の冷え・栄養のバランスの崩れ・ 腎臓や甲状腺などの病気」が主なものです。 腎臓や甲状腺の病気のひと症状ですと病院で専門の治療をしなくてはいけませんが、 内臓の異常がないときのむくみは前三つの生活習慣が多くの原因になって起きています。 若いころは体力や筋力自体があったために、生活習慣が多少乱れていてもどうにか カバー出来てたものの、高齢になって基礎的な体力や筋力が落ちてきて 乱れをカバーしきれずに症状が出てくるのです。 むくみは正しくは「浮腫 ふしゅ 」と言い、全身に巡っている血液やリンパ液が 老廃物や余分な水分を回収しきれずにその場に残ってしまい、 その水分で膨れ上がった状態を指します。 血管やリンパ腺が老廃物や余分な水分を十分に回収するためには、周囲の筋肉が活発に動いて 流れをサポートしなければいけないのですが、高齢になって足の筋肉が落ちていると 常に十分な回収が出来ずにむくみが続いてしまうのです。 また、高齢者になるとどうしても食べられなかったり苦手になる食べ物が増え、 栄養のバランスが崩れてしまうと体が冷えてしまい、体が冷えると筋肉の動きは鈍くなります。 老化が原因なので、むくみが増えること自体は避けられないことなのですね。 Sponsored Link 足の甲のむくみは何故起きるの? むくみが出来るとき、足のふくらはぎに出ることが多いのですが、 足首の先から指の付け根までの足の甲の部分にむくみが出る通称 「クリームパン足」が出来ることがあるのはご存知でしょうか。 足の甲がむくむのには、足の甲の筋肉が凝っている場合と、ふくらはぎのむくみがひどくなり 足の甲にまでむくみが広がっている場合と、病気が原因の場合があります。 足の甲は指を動かす「固有筋」という筋肉がありますが、特に高齢者は歩くことが 減って足の指を動かさなくないますので筋肉が衰えやすいためです。 また、単純に筋力の低下や栄養のバランスが崩れていてるのならば生活習慣を 直すことで改善されるかと思いますが、病気の場合は症状にあった治療をしなければいけません。 足の甲にむくみがでるような病気の場合は、腎臓の機能が低下してしまう「ネフローゼ症候群」、 更年期障害でよく名前が挙がる「甲状腺機能低下症」、立ち仕事を長くしていた人に多い 「下肢静脈瘤」が疑われることが多いでしょう。 ネフローゼ症候群は腎臓の機能が低下する病気で、足から始まり最終的には全身に むくみが出る・尿の排出が悪くなる・高血圧になる・疲れやすくなるという症状が出てきます。 甲状腺機能低下症は、喉にある免疫や代謝などのホルモンを司っている甲状腺の機能が 落ちてむくみやだるさ、無気力が主な症状です。 下肢静脈瘤は足の中でもひざから下に出来る静脈瘤で、特に立ち仕事や足を酷使する スポーツを行っていた人がなりやすい傾向にあり、足のむくみだけでなく痛みを感じる人もいます。 高齢者の足のむくみ解消法は? 高齢者の場合、多くは運動量や筋力の低下、体の冷えが原因ですので、 適度なストレッチやマッサージを行うことによってむくみ解消が期待出来ます。 簡単に出来るストレッチとして、ヨガにある「鷲のポーズ」が ふくらはぎの血流の活性化につながります。 出典:health-to-you. ひざを立てたほうの足の裏に両手を回して、掬い上げるように足を上に伸ばします。 手が伸びないようならば、手を入れるところをタオルで代用してもOKです。 もうひとつやりやすいストレッチで「椅子のポーズ」も手軽に出来てふくらはぎを動かせます。 出典:health-to-you. 次にかかとを上げて息を吸い、ゆっくりひざを曲げながら息を吐きます。 曲げられたら今度は息を吸いながら最初に体勢に戻っていきます。 椅子のポーズは見た目以上にバランスを必要とするストレッチですので、 体勢を作って辛いときは中止してください。 また、足のリンパ腺を刺激するようなマッサージの動画をひとつご紹介しますので、参考にしてください。 動画ではお若い人がやっているためにやや強めに揉んだりしていますので、 高齢者の人が行うときは少し力を弱めるといいでしょう。 むくみは体に悪影響を及ぼす症状ですが、ストレッチやマッサージを無理をして 行うと怪我の元になりますので注意して行いましょう。 まとめ 年を取って足のむくみが出やすくなるのは、加齢によって筋力が低下していたり 生活習慣の乱れが体に出てくるためです。 足の甲のむくみは足の指を動かす固有筋が固まっていたり、 ネフローゼ症候群や甲状腺機能低下症などの多くの原因が考えられます。 足のむくみ解消にはヨガのストレッチや、リンパ腺を刺激するマッサージが有効です。 Sponsored Link•

次の

座りながらストレッチ!オフィスで簡単に脚のむくみを解消! [足痩せ] All About

足 の むくみ を 取る 方法

足のむくみを取る方法とは? ドクターメドマーを装着すると、つま先から太ももまでジワジワ、ギュッ、シューという感じで、足をマッサージしてくれます。 その圧迫感が程よくて、エステで施術を受けながら、これが自宅にあったらいいなと思っていましたが・・・ 楽天で見つけちゃいました。 うわ~、ドクターメドマーだ!欲しい~ となったのですが、お値段を見てびっくりです。 興味がある方はこちらからどうぞ。 でも、使ったことがない人が、いきなりこのお値段を出すのは難しいと思います。 むくみの治療で、お医者様からすすめられて購入する方が多いようですね。 私はエステのダイエットコースでドクターメドマーをやってもらい、はまりました。 ドクターメドマーはエステに通っていた当時、施術を受ける時の一番の楽しみでした。 しかし、かなり高価なので何か他の方法を探さねばと思い、むくみ対策を調べましたよ。 足のむくみの原因 足はむくみやすく、中年以降は足のむくみに悩まされる人が増えます。 足は心臓から遠いので血液の流れが悪くなりやすく、さらに重力の関係で水分がたまりやすくなります。 同じ姿勢でいると、血液やリンパ液などの流れが悪くなり、細胞のすき間などに水分がたまるのが原因です。 さらに、中年以降は足の筋力が落ちるのでむくみやすくなります。 ふくらはぎは血液を心臓に戻す役割があるので、筋力が落ちて血液がうまく戻らなくなり、水分が停滞します。 しかし、こうしたむくみは一過性のもので、一晩寝ると治ったり、マッサージなどで改善します。 気をつけなければいけないのは、足のむくみが病気のサインの場合です。 顔や全身にむくみが出る場合は、早めに受診しましょう。 足のむくみを取る方法 足のむくみを取る方法は、やはりマッサージが一番効果的です。 リンパ液の流れをよくするのが目的なので、揉まずに、撫でるようにしてリンパ液を流します。 リンパ液には老廃物を運ぶ働きがあるので、足の疲れも取れますよ。 【脚のむくみを解消すマッサージ】• 両手をひざの両側に軽くあて、脚の付け根にあるリンパ節に向けて、ももを優しくなで上げます。 最初はももの表側を下から上に向けてなでます。 同じように、ももの裏側を下から上に向けてなでます。 次に足首付近に両手をあて、ひざに向かってなでます。 同じように、ふくらはぎをひざ裏に向かってなでます。 最後に、足首付近から脚の付け根に向けて、そっとなでます。 (表側と裏側) 床に座って脚を軽く伸ばし、ひざを少し立てる姿勢をとると、マッサージをしやすくなります。 いずれも力を入れず、10回程度ずつ行います。 足のむくみを予防する方法 足のむくみは嫌なものです。 なんだか、足がもやもやして気持ち悪いし、見た目は象さん。 指でむくんだくるぶしを押してみると、くっきりとへこんで指跡がしばらく戻りません。 なんだか、私のこの太い脚は昔、どこかで見たことがある・・・ そうだ、30代半ばの頃、同僚と並んで電車に座ったときの、並んだみんなの足。 若かった私の足首はキュッとしまっていて、40代と50代前半の同僚の足首は象さんだった・・・ 若い男性社員が並んだ足を見てこっそり一言「年齢の順だね」と言ったのが聞こえました。 同僚の足は、まさに今の私の足でしたね・・・ そのころは、まさか自分の足も象さんになるなんて、夢にも思っていませんでした。 時間は残酷だ~ むくみは年を重ねると誰にでも出るものらしい・・・ むくみのない人はきっとそれなりの運動や対策をしているのでは? むくみ対策の方法を調べてみましたよ~。 ウォーキングや散歩 やはり、一番いいのは運動ですね。 足のむくみを予防するには、日頃からの心がけが大事です。 ふくらはぎの筋肉が弱ると血液の流れが悪くなり、むくみがでます。 だから、 日頃からウォーキングや散歩で歩くことが大事になってきます。 あと、階段の上り下りは足の筋肉を使うので血行改善に効果的です。 仕事の休み時間に「かかと上げ」などで、同じ姿勢をずっと保っている足のために軽く運動します。 血流の循環を良くしてあげましょう。 私はよく、椅子に座っているときに、足の先を動かしています。 足がもやもやと気持ちが悪いので、私は無意識にやっていたのですが、このかかとを上げ下げしたり、かかとを床につけて、つま先を上げたり伸ばしたりする運動がむくみに効きます。 ふくらはぎを動かすので、血液の流れがよくなるからです。 入浴 ぬるめのお湯に下半身を30分くらいかけてゆっくり入浴すると、老廃物を取り除き美肌効果がありますが、むくみ解消にも効果的です。 まず、ひざ下だけ浸かり、温まったら太ももまで浸かります。 次は腰まで浸かり、最後に全身浸かって温まります。 この入浴方法は体が芯から温まるので血行が良くなり、むくみに効きますし即効性もありますよ。 入浴中は水の浮力で血液を足から心臓へ押し戻しやすいので、足の筋肉量が少なくても、血液を循環させやすいのです。 むくみ解消の栄養素 足のむくみを解消するためには、ビタミンやミネラルが必要です。 カリウムには利尿作用があり、むくみの大敵の塩分を排出してくれます。 海藻・貝類、ウリ科の食物など、カリウムを多く含む食物を積極的に摂りましょう。 そして、水分の摂りすぎには気を付け、食事の際も塩分は控えめにを心がけてくださいね。 むくみ解消の栄養素• ビタミンB1:豚肉、海苔、ゴマ、胚芽米、ピーナッツ等• ビタミンB2:レバー、牛乳、緑黄色野菜、チーズ、納豆、ウナギ等• ビタミンB6:干ししいたけ、かつお、いわし、豆腐、牛乳、レバー等• ビタミンC:みかん・レモンなどのかんきつ類、ピーマン・ブロッコリー等の緑黄色野菜、ジャガイモ等• カリウム:バナナ、ジャガイモ、りんご、セロリ、きゅうり等• カルシウム:牛乳、ヨーグルト、チーズ、ひじき、小松菜、煮干し、いわし等• 食物繊維:ごぼう、こんにゃく、さつまいも、ひじき、切干大根等 足のむくみ 解消 グッズ 最後に私がおすすめするのは着圧ソックスの着用です。 私も以前からむくみに悩まされてきて、いろいろ試しましたが、この recoverysoxに落ち着きました。 このソックスは立ち仕事の代表ともいえる看護師さんやキャビンアテンダントさんの間で人気のソックスです。 しかもイタリア製で縫製もよく、市販のもののような過度な締め付けがありません。 実際に病院でのむくみ治療でも使用されている信用のおける着圧ソックスです。 これを夜着用して寝るとスッキリしますし、私は職場でのデスクワーク時にも着用しています。 イタリア製ですので縫製もきっちりしています。 まず足にこういったアイテムを使用されると血の巡りがよくなり全体的なむくみとりができますよ。 一度試してみてくださいね。 履いている日とそうでない日では足のむくみ具合が全然違いますから。 まとめ むくみとは血流の流れが滞り、起こる症状ですので、まずは血流の流れを良くすることが先決です。 むくみをとるためにはまずご自身の生活習慣の見直しをしてみましょう。 むくみを軽く見てはだめですよ。 おすすめは、着圧ソックスの着用です。 足を、お大事になさってくださいね。

次の