大阪 桐 蔭 中田。 大阪桐蔭高校野球部

大阪桐蔭・西谷監督、中田翔への悔い/4日から連載

大阪 桐 蔭 中田

大阪桐蔭高等学校是大阪府大東市的男女共学的私立校。 有初高中一贯制课程和高中课程。 设置者为学校法人大阪产业大学。 以接收高中生激增期的学生为目的、大阪产业大学高等学校(現・大阪産業大学附属中学校・高等学校)的分校,在1983年(昭和58年)设置大阪産業大学高等学校大東校舎。 此后的1988年(昭和63年)从大阪产业大学高等学校中独立出来。 教育目标是、「鼎立成りて碩量を育む」。 建学的精神是「平凡中的伟大」。 升学指导、在运动教育中加大投入、「挨拶の励行」等人格方面的指导也是教育的重点。 学校环境: 写真の建物は本館と呼ばれるもので、中学校からの入学者(一貫生)と高校からの入学者(高入生)の一部と3年生が使っている。 1・2年の一部の高入生は東館と呼ばれる別の建物で学校生活を送ることになる。 2005年(平成17年)度からは、高校1・2年生の高入生のうち、上級成績のクラス(I類)の2年生は2学期半ばより本館に移り、上級より下のクラス(II類)は東館に残り、学習を進めている。 I類・II類はクラブ活動は週に2日程度となっていて、勉強を最優先できるようにしている。 スポーツ推薦・藝術推薦による入学生は別クラス(III類)となっている。

次の

大阪桐蔭高校(大阪府)の情報(偏差値・口コミなど)

大阪 桐 蔭 中田

夏の甲子園で4度目の優勝を果たした大阪桐蔭は、今やプロ球界でも一大勢力だ。 パ・リーグの強打者・中田翔(日本ハム=25)や中村剛也(西武=31)のほか、阪神には岩田稔(30)、西岡剛(30)、藤浪晋太郎(20)の3人が顔を揃える。 「大阪桐蔭の強さは、西谷浩一監督による全国スカウト行脚にある。 寮でも先輩の洗濯物を後輩に洗わせたりはせず、理不尽なしごきもない。 今年西武に入って3試合連続弾を放った大物ルーキーの森友哉(19)も、1年上の藤浪相手にタメ口で話していた」(在阪スポーツ紙記者) ただそれはあくまで「現役」の話だ。 最近の緩い上下関係に慣れた世代は球界の中心にいるOBたちとどう接すればいいのか気を遣うという。 「森は入団前、藤浪に、同じ阪神にいる西岡とはどう話しているかを聞いていました」(同前) 藤浪といえば昨年、西岡や中田らとともにクルーザー上での合コンに興じる写真を撮られたが、「船内では恐縮しきりで小さくなっていた」(写真誌記者)ともいわれる。 やはり先輩との関係に苦労しているのか。 オフに西岡が大阪桐蔭グループで自主トレを行なうのは恒例行事になった。 それに藤浪や森らが今後参加するかどうかが注目されているという。 「やんちゃな西岡や中田に、藤浪や森ら期待の若手が変な影響を受けないかと、阪神や西武の首脳陣は心配している」(球界関係者) ちなみに「大阪桐蔭ヒエラルキー」で頂点に位置するのは、元中日でNHK野球解説者の今中慎二氏(43)なのだとか。 それもそのはず、今中氏は大阪桐蔭創立時のメンバー。 困ったら、今中氏に一喝してもらえばいいのかも。

次の

侍平田ワクワク 中村剛と中田で大阪桐蔭トリオ結成

大阪 桐 蔭 中田

Ads by Google 目次• 大阪桐蔭高校とは? 大阪桐蔭高等学校(おおさかとういんこうとうがっこう)とは、大阪府大東市にある私立高校。 設置者は学校法人大阪産業大学。 創立1983年の男女共学校。 バスケ部、硬式野球部、吹奏楽部、サッカー部、ラグビー部、ゴルフ部などが全国レベル。 特に硬式野球部が有名で、甲子園春夏連覇も達成していて、数多くのプロ野球を輩出している超名門。 主な卒業生(有名人) 中村剛也(西武 内野手) 岩田稔(阪神 投手) 西岡剛(阪神 内野手) 平田良介(中日 外野手) 中田翔(日本ハム 内野手) 岡田雅利(西武 捕手) 浅村栄斗(西武 内野手) 江村直也(ロッテ 捕手) 西田直斗(阪神 内野手) 藤浪晋太郎(阪神 投手) 澤田圭佑(オリックス 投手) 森友哉(西武 捕手) 香月一也(ロッテ 内野手) 青柳昴樹(DeNA 内野手) 高山優希(日本ハム 投手) 今中慎二(元中日) 宮里聖志(プロゴルファー) 宮里優作(プロゴルファー) 岡副麻希(タレント) 松村沙友理(乃木坂46) 多田修平(陸上・短距離) 津田理帆(朝日放送アナウンサー) 西岡里紗(女子バスケットボール選手) など数多くの有名人がいます。 大阪桐蔭高校サッカー部のデータ 監督 永野悦次郎 コーチ 中垣典明 金正智也 創部 平成17年 練習環境 天然芝タイプの人工芝グラウンド 主将 西矢健人くん(3年生) 出場歴 9大会ぶり2度目 主なOB 満生 充:水戸ホーリーホック(Jリーグ)〜藤枝MYFC 阿部 浩之:ガンバ大阪(Jリーグ)〜川崎フロンターレ 福村 貴幸:京都サンガ(Jリーグ)〜清水エスパルス〜FC岐阜 高須 英暢:川崎フロンターレ(Jリーグ)〜引退 江口 直生:愛媛FC(Jリーグ) 小川 雄生:FK Dinamo Riga(ラトビア1部) 田中 淳一:川崎フロンターレ(Jリーグ)〜FC岐阜 三浦 弦太:清水エスパルス(Jリーグ)〜ガンバ大阪、U-23リオ五輪代表候補 日本代表 白井 康介:湘南ベルマーレ(Jリーグ)〜愛媛FC 丹羽 詩音:愛媛FC(Jリーグ) 久保田 和音:鹿島アントラーズ(Jリーグ)、U-19日本代表キャプテン ------- まだ創部12年と歴史が浅いですが、今回が2度目の選手権出場! 東海大仰星高、阪南大高、興國高、近大附高、履正社高など強豪校が数多くひしめく激戦区・大阪予選を勝ち抜いてきました。 非常に攻守ともにバランスの良いチーム。 特に今岡&菊井のフォワードコンビ&ディフェンダー陣の粘り強い守備に注目です。 大阪桐蔭といえば硬式野球部が有名ですが、サッカーもどんどん力をつけているので、いずれ全国屈指の強豪となる日もそう遠くない気がしますね。 登録メンバー&出身中学(出身クラブ) それでは、「高校サッカー選手権2017-18(第96回全国高等学校サッカー選手権大会)」での、大阪桐蔭高校サッカー部の登録メンバーを確認してみましょう。 コーマラント) 3 田中 智也(アビスパ福岡U-15) 4 大島 遼介 5 深澤 佑太(ガンバ大阪U-15) 14 寺本 哲平 16 寺井 雄紀 17 福島 翔太 18 赤澤 大志(神戸FC) 26 下川 健太郎(川上FC) 28 小池 晴大(セレッソ大阪西U-15) 29 田中 大渉 MF 6 神戸 康輔 7 北田 大亜(ガンバ大阪U-15) 8 西矢 健人(ヴィッセル神戸U-15) 9 大深 拓海(セレッソ大阪西U-15) 15 新 侑大(FC. SETA) 19 白井 拓実 20 西山 翔大 24 鶴 竣介 30 才木 陽太 FW 10 今岡 陽太(ヴィッセル神戸U-15) 11 菊井 悠介(ヴィッセル神戸伊丹U-15) 13 奥田 優人 22 木村 勇大(ヴィッセル神戸U-15) 23 今井 健太(川上FC) 25 新立 聖七 27 山下 風龍 注目選手 注目選手は・・・ 今岡陽太(3年生) 背番号10を背負うエース。 決定力&個人技に注目! 菊井悠介(3年生) 今岡選手とコンビを組むストライカー。 キッカーとしても優秀な選手。 まとめ 「高校サッカー選手権2017-18(第96回全国高等学校サッカー選手権大会)」の出場校である、大阪府代表・大阪桐蔭高校サッカー部のメンバーなどについてご紹介させて頂きました。 今回が9大会ぶり2度目の出場。 激戦区である大阪予選を制したチーム。

次の