しん まい 水戸。 地図 : 彩食亭 心まい

日本料理 真依(日本料理/地図/茨城県水戸市袴塚3

しん まい 水戸

何度目かのがま口財布を確認すると、小銭たちの隙間から、福沢諭吉が 「お仕事頑張ったね」と、にっこり微笑みかけてきます。 「こんなにお金持ちになっちゃって、いいのかクマ!? 今日は、とびきり美味しいものを食べるクマ!!」 そのとき、冷たい風がピュウと吹いてきて、ケルくんは 赤いマフラーを首に巻き直しました。 「今日は、ウメさんがいないから、 鶏肉料理でも、食べようかクマ〜」 ウメッピが剣道の試合に出かけているので、 ケルくんは、なんとなく寂しさを感じつつも、晩ごはんのお店を探し始めました。 「キャッ!?」 歩いていたケルくんは、突然現れた大きな龍に、ビックリ仰天! 龍は、まるでケルくんを狙っているかのように首を下げて、こちらを伺っています。 「はっ!! な、なんだ・・・ 壁画だったクマ・・・」 しりもちをついたケルくんは、ポンポンと汚れを払いながら立ち上がり まじまじと壁画を見・・・ 「?? 何の看板クマ?」 壁画の隣で光っている看板に、興味を示したようです。 「この奥に、お店があるのかクマ?」 トコトコ 「食べ物屋さんだったら、嬉しいクマ〜」 細い道を通り抜け、開けた場所に出ると、 ケルくんの前に、1軒の民家が現れました。 「あっ! ここかクマ?」 玄関風の扉の横には、『商い中』の札が下がっています。 「やってるクマ!」 ケルくんは、嬉しそうに扉をガラガラと開きました。 「いらっしゃいませ!」 「わあ! 家の中に、ごはん屋さんがあるクマ!!」 店内に充満している美味しそうな匂いに、ケルくんは思わず目じりを下げました。 店内に入ると、まず厨房が現れる 「入口は細かったけど、すごく広いクマ〜!!!」 カウンター、テーブル、座敷の席まであるようです。 厨房を囲むカウンターでは、調理の様子を眺めることができる 「今日は僕、のんびりと座敷の席がいいかクマ〜」 座敷の席もある 「お店の人を呼ぶのは、どうすればいいのかクマ〜」 ウロウロとテーブル周りを見回したケルくんは、手元に何か 木の板が置いてあるのに気付きました。 「こ、これは・・・ 『呼』!!!!」 呼び出しボタンが和風で可愛い テーブルに置いてあるメニューを手に取ると、 隅々まで目を通すケルくん。 「いろんなジャンルのメニューがあるんだクマ〜」 メニューを決めたケルくんが早速『呼ボタン』を押すと、 店員さんが駆けつけてくれました。 「肉厚で、たまらんクマ〜」 カツオの刺身 生、焼き、揚げ、様々なバリエーションで、 旬の魚介類を食べることができる 「そうそう、野菜も食べないと、ウメさんに怒られちゃうクマ!」 サラダのお皿から、水菜をパリパリと平らげるケルくん。 「お豆腐も入って、ヘルシークマ!」 豆腐サラダ 「店員さん! あの美味しそうな料理は何かクマ!?」 「あれは、もつ煮ですね!」 「僕も食べたいクマ!」 隣のテーブルで男の人が美味しそうに食べている、 もつ煮を、真似っこして注文するケルくん。 もつ煮込み 「そうそう、今日は一人で来ているから 鶏肉をたくさん食べられるんだクマ!!」 パリパリ 「鶏の皮って、なんでこんなに美味しいのかクマ〜」 鶏つくね 手羽先の甘辛揚げ お店自慢の備長炭で焼き上げた焼き鳥は、まさに絶品です! 「ビンチョータンって、すごいんだクマ〜」 「美味しかったクマ〜! やっぱり締めは、お米が1番クマ!」 締めに焼きおにぎりを頬張りながら、至福の表情を浮かべるケルくんは、 この後、せっかく出会えた福沢諭吉と小銭たちが、まさか全員残らず旅立ってしまうとは、想像だにしていなかったのでした。

次の

日本料理 真依(日本料理/地図/茨城県水戸市袴塚3

しん まい 水戸

割引手形の事務手数料には取立手数料を含みます。 当座貸越の新規手数料は口座より引落となります。 切替プラン、ポケットブック、スマイルサポート、クイックローンビジネスの実行手数料は、必要ありません。 ただし、店外自動機ではお預け入れはできません。 全国の信用金庫ATMを所定の時間帯のみ手数料無料でご利用いただけます。 (一部、本サービスの対象とならないしんきんATMがございます。 なお、お預け入れはできません。 なお、お預け入れ・ローンカードのご利用はできません。 なお、お預け入れはできません。 (注)各ATMによって稼動時間が異なりますので、上記の時間帯でもご利用できない場合がございます。 残高照会の手数料は無料です。 お問い合わせ.

次の

日本料理 真依(日本料理/地図/茨城県水戸市袴塚3

しん まい 水戸

何度目かのがま口財布を確認すると、小銭たちの隙間から、福沢諭吉が 「お仕事頑張ったね」と、にっこり微笑みかけてきます。 「こんなにお金持ちになっちゃって、いいのかクマ!? 今日は、とびきり美味しいものを食べるクマ!!」 そのとき、冷たい風がピュウと吹いてきて、ケルくんは 赤いマフラーを首に巻き直しました。 「今日は、ウメさんがいないから、 鶏肉料理でも、食べようかクマ〜」 ウメッピが剣道の試合に出かけているので、 ケルくんは、なんとなく寂しさを感じつつも、晩ごはんのお店を探し始めました。 「キャッ!?」 歩いていたケルくんは、突然現れた大きな龍に、ビックリ仰天! 龍は、まるでケルくんを狙っているかのように首を下げて、こちらを伺っています。 「はっ!! な、なんだ・・・ 壁画だったクマ・・・」 しりもちをついたケルくんは、ポンポンと汚れを払いながら立ち上がり まじまじと壁画を見・・・ 「?? 何の看板クマ?」 壁画の隣で光っている看板に、興味を示したようです。 「この奥に、お店があるのかクマ?」 トコトコ 「食べ物屋さんだったら、嬉しいクマ〜」 細い道を通り抜け、開けた場所に出ると、 ケルくんの前に、1軒の民家が現れました。 「あっ! ここかクマ?」 玄関風の扉の横には、『商い中』の札が下がっています。 「やってるクマ!」 ケルくんは、嬉しそうに扉をガラガラと開きました。 「いらっしゃいませ!」 「わあ! 家の中に、ごはん屋さんがあるクマ!!」 店内に充満している美味しそうな匂いに、ケルくんは思わず目じりを下げました。 店内に入ると、まず厨房が現れる 「入口は細かったけど、すごく広いクマ〜!!!」 カウンター、テーブル、座敷の席まであるようです。 厨房を囲むカウンターでは、調理の様子を眺めることができる 「今日は僕、のんびりと座敷の席がいいかクマ〜」 座敷の席もある 「お店の人を呼ぶのは、どうすればいいのかクマ〜」 ウロウロとテーブル周りを見回したケルくんは、手元に何か 木の板が置いてあるのに気付きました。 「こ、これは・・・ 『呼』!!!!」 呼び出しボタンが和風で可愛い テーブルに置いてあるメニューを手に取ると、 隅々まで目を通すケルくん。 「いろんなジャンルのメニューがあるんだクマ〜」 メニューを決めたケルくんが早速『呼ボタン』を押すと、 店員さんが駆けつけてくれました。 「肉厚で、たまらんクマ〜」 カツオの刺身 生、焼き、揚げ、様々なバリエーションで、 旬の魚介類を食べることができる 「そうそう、野菜も食べないと、ウメさんに怒られちゃうクマ!」 サラダのお皿から、水菜をパリパリと平らげるケルくん。 「お豆腐も入って、ヘルシークマ!」 豆腐サラダ 「店員さん! あの美味しそうな料理は何かクマ!?」 「あれは、もつ煮ですね!」 「僕も食べたいクマ!」 隣のテーブルで男の人が美味しそうに食べている、 もつ煮を、真似っこして注文するケルくん。 もつ煮込み 「そうそう、今日は一人で来ているから 鶏肉をたくさん食べられるんだクマ!!」 パリパリ 「鶏の皮って、なんでこんなに美味しいのかクマ〜」 鶏つくね 手羽先の甘辛揚げ お店自慢の備長炭で焼き上げた焼き鳥は、まさに絶品です! 「ビンチョータンって、すごいんだクマ〜」 「美味しかったクマ〜! やっぱり締めは、お米が1番クマ!」 締めに焼きおにぎりを頬張りながら、至福の表情を浮かべるケルくんは、 この後、せっかく出会えた福沢諭吉と小銭たちが、まさか全員残らず旅立ってしまうとは、想像だにしていなかったのでした。

次の