ハイエース クルーズ コントロール。 楽ちん巡航 ハイエース200系 後付けクルーズコントロール ~pivot 3

ハイエース好きなんだもん ハイエース専門店BLOG|flexdream blog

ハイエース クルーズ コントロール

ですのでアーティストの息づかいやライブの空気感など、 CDでは聴こえなかった臨場感を感じ取れる、 原音に近い音質になってきます。 レコーディングスタジオやコンサートホールで録音された クオリティーがほぼ忠実に再現されるというわけです。 言わば原音をデジタル化したものです。 ハイレゾ音源は、CDと比べてより細かくデジタル化し 保存しているので、音の波形は原音に近い形を描きます。 ・ 中域から 超高域までを鮮明に再生可能。 ・アルミニウム 合金素材を振動板に使用。 ・ 2. 9cmのスピーカー【トゥイーター口径】を備えてます。 右: リバンプストッパー インナプレート材質および形状を改善し、剛性&耐久性を大幅にアップさせたものになります。 また、ジャッキアップ時や大きくリバンプした際に トーションバーの遊びを防ぎ、脱落を防止するうえでも 非常に重要な役割を果たします。

次の

ハイエースにクルーズコントロール取付(準備編)

ハイエース クルーズ コントロール

応急用タイヤ・タイヤチェーンなどを装着しているとき• 高速道路や自動車専用道路などで使用してください。 シフトポジションがDのとき設定できます。 故意に車線から逸脱して走行するなど、システムの作動を確認する行為は大変危険です。 絶対におやめください。 また、道路状況、車両状況、天候状態および操作状態によっては、システムが正しく作動しないことがあります。 レーントレーシングアシストは自動で運転する装置でも前方への注意を軽減する装置でもないため、運転者は常に自らの責任で周囲の状況を把握し、ステアリング操作で進路を修正し、安全運転に心がけてください。 設定詳細は車種により異なります。 スマートアシストに頼った運転は絶対に行わないでください。 スマートアシストは、ドライバーの判断を補助し、事故被害の軽減を目的としています。 脇見運転やぼんやり運転などドライバーの前方不注意を防止したり、悪天候時の視界不良下での運転を支援する装置ではありません。 また、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。 運転時は常に先行車や歩行者との距離や周囲の状況、運転環境に注意して必要に応じてブレーキペダルを踏むなど距離を保ち、安全運転に心がけてください。 スマートアシストの認識性能・制御性能には限界があります。 ドライバーの運転操作、急カーブ、急勾配、雨等の道路状況、および天候によっては、システムが作動しない、または作動が遅れる場合があります。 雪、濃霧、砂嵐の場合や、トンネル内、夜間、日射しの状況によってはステレオカメラ、ソナーセンサーが障害物などを正常に認識できず、適切に作動しない場合があります。 作動条件下であっても、システムが作動しない場合があります。 このほか、スマートアシストについて重要な注意事項が記載されておりますので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。 VSCが作動したとき• TRCが一定時間作動したとき• センサーが何かでふさがれて正しく検知できないとき• 詳しくは取扱書をご覧ください。 その他の理由で自動解除されるときは、システムが故障している可能性があります。 トヨタ販売店にご相談ください。 高速道路や自動車専用道路などで使用してください。 シフトポジションがDのとき設定できます。 車間距離制御には状況により限界があります。 また、道路状況、車両状況、天候状態および操作状態によっては、システムが正しく作動しないことがあります。 レーダークルーズコントロールはあくまで運転を支援する機能です。 システムを過信せず、必ず運転者が責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転に心がけてください。 設定詳細は車種によって異なります。

次の

ハイエース5型改め 4型後期(4.5型)後付け装備・カスタムで注意すべき事

ハイエース クルーズ コントロール

まずは、車種別専用ハーネスを、アクセルペダルのカプラーに割り込ませる。 一度アクセルペダルを取外して作業した方が樂 次にブレーキペダル上部のカプラーに割り込ませる。 ここは、ペダルの脱着なくスムーズに行える ブレーキハーネスは、そのままカプラーに割り込ますことができる。 トヨタ純正クルコンスイッチの取付は、エアバックを外す必要があります。 エアバックの脱着にはトルクスドライバーが必要なります。 ステアリングは取り外さず、M5のネジ2本で純正クルコンスイッチをとりつけられる。 せっかくエアバック脱着するので、このタイミングでシェイクダンパーも取付けてしまいました。 覚書として、ハイエース4. 5型スパイラルケーブル配線図を作りました。 左の写真をクリックすると拡大します。 コラムカバー内スパイラルケーブルカプラー ハイエース4. 5型スパイラルケーブル配線図のコラムカバー内カプラー15番の空きスペースにリペアワイヤーを入れてクルコン白線に結線する 025型住友TSシリーズメス端子を白線にかしてめたが、うまくカプラーに刺さらなかった。 カシメ方と、配線の硬さ不足だと思われる。 トヨタ純正リペア線の半額程度の配線付き端子(025型NHシリーズ非防水Fターミナル)を使用することにした。 ステアリング内カプラー 一番右の4極カプラー装着箇所に、メインワイヤを刺すのだが、光るクルコンスイッチのイルミが、エンジンOFFでも点灯し続けてしまう為、下記の様に、加工が必要 メインワイヤのカプラーから、ターミナルツールを使って2本の配線(緑線・白線)を端子ごと外します。 面倒な方は、カットして絶縁処理でも可能 私は、安いターミナルツールを使って外そうとしたら、配線だけ抜けてしまう大失敗をしました。 しっかりとしたターミナルツールを使用して下さい。 今後、スパイラルケーブルの空き端子でステアリング内にボタンを設置したいので、カプラーを買いなおしました。 5型スパイラルケーブル配線図のステアリング内カプラー5番の線に割り込ませる 白線 (クルコンMODE) 接続せず クルコン本体は、アクセルペダル奥のボディーに両面テープで貼り付けた。 クルコンスイッチ用ロワカバーの色が、コラムカバーとあっていないのは、ご愛敬 最後に、初期設定を行い、光るクルコンスイッチのONを押して、クルコン本体のコントローラー表示部の右下にドット点灯すれば、取付け完了 スロコン機能もついており、SP7にすると、ハイエースの走り出しの際のモッサリ感も解消できて、すごくいい。 (但し燃費は悪くなるだろう・・・) 取付け位置は、シフトの下にしたが、ハザードスイッチ横に埋め込むのもよさそう 使用工具.

次の