マニアック 類語。 マニアックの意味とは?

類語辞典『日本語大シソーラス』MacアプリとiPhoneアプリの両方を購入

マニアック 類語

「キワモノ」とは? 「キワモノ」の表現の使い方• 「キワモノ」を使った単語と意味を解釈• 「キワモノ」を使った例文や短文など 意味を解釈• 「キワモノ」の類語や関連語 「キワモノ」とは? 「キワモノ」とは、正月の門松・3月の雛人形など 「特定の季節の間際に売り出される一時限りの季節商品」のことを意味する言葉です。 また、 「キワモノ」には 「一時的に人々の興味関心・好みを引き付けるもの」や 「映画・小説・演劇などで実際にあった事件・流行をすぐに取り入れて脚色した作品」という意味があります。 「キワモノ」には 「その時限りの・一時的な 刹那的な ・オーソドックス 王道 ではない」といった意味のニュアンスがあり、俗語の 「キワモノ」の意味は 「 一般受けしない マニアックで際どいもの」になります。 「キワモノ」を人物に当てはめる場合には 「一時的に人々の興味・好みを引きつけているだけの人」や 「本物の実力があるわけでもない一時的に流行に乗っているだけの人」の意味になります。 「キワモノ」と 「ゲテモノ」の違い 「キワモノ 際物 」と 「ゲテモノ 下手物 」の違いは、 「キワモノ」は 「一時的に人々の興味関心・需要を引きつけているだけの商品・人物」や 「マニアックな普通ではないもの」を意味していますが、 「ゲテモノ」は 「一般的な価値観・好みに照らし合わせてみて風変わりなもの、気持ち悪いもの」を意味しているという違いがあります。 「ゲテモノ」は特に食の分野においては、 「昆虫・爬虫類・両生類など一般的に食べ物としては気持ち悪いと感じるものを食べること。 奇食や悪食」を意味していますが、 「キワモノ」にはそういった意味合いはありません。 「キワモノ」は 「人気・興味・需要が長続きせず一時的である」ということに意味の重点がありますが、 「ゲテモノ」は 「一般的な価値観・好みから外れていて風変わり・気持ち悪いこと」に意味の重点があるのです。 「キワモノ枠」 「キワモノ枠」というのは、 「レギュラー枠」の対義語 反対語 のようなニュアンスがある言葉で、芸能界の人材やテレビ番組のキャスティングにおいて 「一般的・長期的な人気や需要があるわけではないマニアックな人たちの枠」という意味になります。 「キワモノ枠」とは、 「一時的な流行・マニアックな人気に便乗しているだけの人の枠」という意味合いがあり、 「長期的に見れば消えている可能性が高い、今この瞬間だけ目立っている個性的な芸人・マニアックなタレント」などを意味していることが多いのです。 そのため、 「キワモノ枠」という言葉は一般的に 「今だけ流行に乗って目立っている人・ちょっと変わったマニアックな芸人 一発屋 」などネガティブな意味合いで使われやすいのです。

次の

マニアックの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

マニアック 類語

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年8月) マニアの語源はで狂気( madness)のことであり、自身のの対象において、周囲の目をも気にしないようなところもある事から、「〜狂(きょう)」と訳され、ほぼ同義のものとされる。 なお下記の分類のうち、「収集家」及び「趣味狂い」に関しては「好事家 こうずか 」と表記される場合もある。 精神疾患としてのマニア で マニア( Mania)とは、熱狂、熱狂の対象あるいは精神疾患の1つである(旧称:)の「もしくは」を意味する言葉であり、で言うところの マニアに該当する言葉には マニアック( Maniac)のほか、 ( Enthusiast。 エンスーと略して使用される)などが挙げられる。 また、日本ではマニアやとほぼ同義に用いられている フリークス( Freaks)というは、英語では「・中毒者」などの意味を持つ。 これから転じて、にで発生したへの熱狂的なブームも「」( Railway Mania。 鉄道を趣味対象とする「」とは異なる語)と呼ばれた。 収集家としてのマニア や活動など、様々な分野のマニアがいる。 特定の品を収集するものを、マニア()と称し、マニア・・ビブロマニア(稀覯本収集家)といったような、様々な物品を収集する人もいるが、これが物品にかかわらず情報に指向した収集も存在する。 趣味狂いとしてのマニア 「キチ」のようにキチ( の省略形。 脚注 [ ].

次の

ニッチの意味とは?例文と分野別の使い方・類語・対義語を解説!

マニアック 類語

「ニッチ」とは、直訳で「隙間(すきま)」のことを指します。 主に、経済・マーケティング用語として「隙間市場」「ニッチ市場」という言葉で使われています。 ニッチは主にビジネスシーンで使われる言葉ですが、生物学用語でもあります。 また、語源は建築史にあるため、もともとの意味を知っておくことが大切です。 また、「ニッチ市場」「ニッチ戦略」などというように、経営企画・マーケティング分野とも密接な関わりがある用語であるため、ビジネスシーンで聞いて困ることのないように覚えておくと便利です。 そこで今回は、 ニッチの意味や定義を解説しつつ、様々な分野からの意味とビジネスシーンにおける使い方・例文を解説していきます。 また、ニッチの類語・対義語についても解説していきます。 この記事を読むことで、ニッチの意味が一通りわかるようになります。 ぜひ参考にしてくださいね。 INDEX• ニッチの英語「niche」の意味・語源とは? ニッチはもともと西洋建築における壁龕(へきがん)と呼ばれるくぼみのことを表す用語として使われるようになった言葉です。 もともとは、建築分野以外で使われることはありませんでした。 それが後年、生物学の生態的地位を表す言葉として使われるようになります。 また、生物学のうち人が作り出した経済分野にさらに応用されることで、マーケティング分野の「ニッチ市場」という言葉が生まれました。 ニッチという言葉以外にも、ひとつの分野で利用されていた言葉がほかの分野で活用される事例は多いです。 しかし、用法は歴史が長ければ長いほどもともとの意味とズレてくることがあるので、語源をチェックすることがとても大切になります。 カタカナ語におけるニッチの意味とは? 経済・マーケティング用語におけるニッチの意味|「隙間(すきま)」 ニッチは、辞書を観ると様々な意味がありますが、最も一般的に使われているのは「隙間」の意味です。 ニッチ(niche)[名・形動] 1 西洋建築で、厚みのある壁をえぐって作ったくぼみ部分。 彫像や花瓶などを置く。 壁龕 へきがん。 2 ある生物が生態系の中で占める位置。 生態的地位。 ニッチェ。 3 橋・トンネルなどのわきに設けられる非常用の退避空間。 4 《すきまの意》市場で、大企業が進出しない小規模な分野。 また一般に、普通には気づきにくいところ。 「ニッチ産業」「ニッチな趣味」 引用: ニッチとは、直訳で「隙間(すきま)」のことを指します。 経済・マーケティング分野では、企業が参入できる市場のうち、「潜在的な需要があり、誰も手を付けていない隙間のような市場」を「ニッチ市場」「ニッチマーケット」と呼びます。 建築用語におけるニッチの意味|「壁のくぼみ」 ニッチは西洋建築用語「niche」で、壁をえぐって作られたくぼみ部分を指します。 西洋建築では、彫像や花瓶などを壁に置く場所のことをニッチと呼称します。 また、彫像や花瓶のほか、絵画を置く場合もあります。 西洋建築で、壁に花瓶が置かれているスペースをイメージできる方は多いでしょう。 同じような意味で、トンネルや橋のわきに非常用に使える退避空間を指すこともあります。 生物学用語としてのニッチの意味|「生態系で占める地位」 生物学におけるニッチは、とある生物が生息するための役割を果たしている環境や地位を意味する「生態学的地位」を指します。 生息場所や餌、気候などの環境はすべて当てはまります。 また、異なる種族の生物が同じニッチを占めることはできません。 そのため、餌を食い分けたり、空間や時間を分けたりして分化していきます。 これを「ニッチ分化」といいます。 一般的な用語としてのニッチの意味|「一般的ではない物事」を表す表現 これまでの各分野ごとの「ニッチ」の使われ方からわかることは、概念的なものであれ、物質的なものであれ、「隙間」であればニッチと呼ぶことができることと言えます。 そのため、主に経済用語の文脈から、小規模で誰も気づかない、マニアックであるという意味に転じて 「ニッチな趣味」「ニッチなもの」という表現でも利用されます。 ビジネスにおける「ニッチ」の使い方 ここでは、ビジネスシーンで用いられるニッチの例文や使い方を解説していきます。 ニッチの使い方1|「ニッチな商品・ニッチな製品」とは 「ニッチな商品を開発する」というときには、潜在的な需要があるニッチ市場に向けた商品を開発するということを指しています。 ニッチな商品、ニッチな戦略、ニッチなマーケティング…などなど、ニッチ市場に向けて商品開発を進めたりマーケティング施策を打っていくときに使う言葉になります。 ニッチの使い方2|「ニッチ市場(隙間市場)」とは ニッチ市場は日本語で「隙間市場(すき間市場)」とも呼ばれ、隙間のように広く一般的なものではない、比較的小規模で特殊な客層により形成されている市場のことを表す言葉です。 ニッチ市場とは、言い換えるなら「大企業にとっては参入する理由がないほど小規模な市場」だったり、「大企業が見つけられていない潜在的なニーズがある市場(潜在市場)」だったりと、ビジネスシーンでも文脈により大きく意味合いが異なる点に注意が必要です。 ニッチ市場は、中小企業が大企業が参入しない領域に特化してビジネスを構築する一つの方法論といえます。 ニッチの使い方3|「ニッチャー」「ニッチャー企業」とは ニッチャーとは、ニッチ戦略を取って市場で優位性を取り、先行者利益(つまり先に参入した企業の利益が最も高い)を得ようする企業のことを指します。 ニッチャーのほか、ニッチャー企業やニッチプレーヤーと呼ぶこともあります。 資本の少ないベンチャーや事業領域を特定したスタートアップ、中小企業はニッチ戦略に基づいて事業を考えていかなければなりません。 ニッチの使い方4|「ニッチ戦略」とは すでに多数の企業が参加している市場には参入障壁ができるため、後から他の企業が市場に参入しても売上を上げることがかなり難しくなります。 一方、隙間のような市場で最初に商品・サービスを提供することができれば、先に見つけた企業が最初に売上を上げることができますよね。 こういったニッチ市場を見つけて施策を打っていくことを 「ニッチ戦略」「ニッチマーケティング」と呼ぶことがあります。 また、ニッチ市場で販売する商品・サービスを「ニッチ商品」「ニッチサービス」と呼ぶことがあります。 しかし、ニッチ市場と言っても規模の大小があるため、企業の戦略によって参入するかしないかを決める必要が出てきます。 「誰も気が付かず市場規模も大きいニッチ市場」は参入することができれば莫大な利益になりますが、商品・サービスを作るのが難しかったり、上手く参入できても大企業が後から参入してきたりする可能性があります。 一方、「誰も気づかないくらい市場規模が小さいニッチ市場」だと、大企業がわざわざ参入してくることがないので売上が取られてしまう危険性はありませんが、せっかく商品・サービスを作っても利益にあまり結びつかないという場合もあります。 このように、ニッチ市場を見つけたあとも、企業の規模や状況に合わせてニッチ市場に参入するかどうかを判断するのが難しい事実があります。 ニッチの使い方5|「ニッチ産業」とは ニッチ産業とは、上記で解説した「ニッチ市場」とほぼ同義の用語で、大企業が参入しない/参入しづらい領域の産業のことを指します。 中小企業では、大企業では参入しないほど小規模だが確実にニーズのあるニッチな市場で産業を営むことや、小口の需要に対して小さな組織による機動的な対応、行動を起こすことが求められます。 ニッチの使い方6|「グローバルニッチ戦略」とは 経営戦略(企業の事業展開などの戦略)用語のひとつとして「グローバルニッチ」と呼ばれる考え方があります。 ニッチ市場、ニッチ産業は日本の市場規模だけでは比較的小さく、あまり魅力的に映ることはありません。 一方、グローバルな視点で見ると、ニッチ市場でもある一定程度の市場規模が見込める場合があります。 商品の流通経路やサービスの流入経路を確保する戦略を描き、世界規模の市場をニッチ産業の中で獲得していくことを「グローバルニッチ戦略」と呼びます。 ニッチの使い方7|「グローバルニッチトップ」とは 上記で解説したグローバルニッチな市場で顧客を獲得し、トップ企業として名を連ねている企業を「グローバルニッチトップ(企業)」と呼称します。 ニッチの使い方8|「ニッチ層」とは ニッチ層とは、「ニッチなニーズを持つある一定の層」を指す言葉です。 ビジネス用語として活用されることがあります。 ニッチ層が存在する市場をニッチ市場と呼びます。 その中でも、マーケティング用語としてのニッチは「あまり知られていないけど儲かりそう」という将来性を含めた意味合いがあります。 つまり、ニッチはマイナーでなければなりませんが、マイナーなものが必ずニッチなのかどうかはその都度判断していく必要があります。 たとえば、マイナーな趣味を持つ人が1人いるとしても、それが世界中に何百万人もいなければ市場としては成立しません。 ここまで、ニッチの意味や定義のほか、語源やビジネスシーンにおけるニッチの意味まで、様々な観点からニッチを解説してきました。 マーケティングや経営、企画などの分野では「ニッチ」が多用されるので、今後キャリア・働き方を変えるうえで、ニッチの意味を覚えておかなくてはいけない可能性がある方は、ぜひ参考にしてくださいね。 転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ ここでは、転職を少しでも検討している方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。 1 転職サイト選びは慎重におこなう これから転職活動を少しでも始めたいと考えている方の中には、まだ実際に求人情報を探し始めていない方がほとんどだと思います。 転職活動でいちばん大切なことは「どうやって転職求人を探すのか?」ということです。 しかし、転職サイトといっても様々なものがありますし、利用できる転職者のターゲットや、効果的な活用法が異なります。 転職サイト選びに悩んでしまう理由は、 「そもそもなぜ転職サイトを使うべきなのか?」という根本が分からないからです。 下記記事では、転職サイトのランキングをご紹介しつつ、効果的な活用法や注意点について解説しています。 転職サイトを通じて求人を探したい方は、ぜひ下記記事を参考にして、自分に合った転職サイトを見つけてみてください。 おすすめ記事: 3 転職が初めてなら、「転職エージェント」を使うべき! 転職活動の流れは知っているけど、それでもまだまだ転職は不安…そう感じてしまう人もいるのではないでしょうか? 頭では分かっていても、実際に転職に踏み出す勇気がなかなか出ない人もいるでしょう。 また、単純に仕事が忙しく、転職したいけどできないという方もいると思います。 ただ、そんな人でも転職活動をおこなうことは可能です。 忙しい人や一人で転職活動を始めるのが不安な方は、求人紹介や転職相談、面接対策や日程調整まで様々なサポートを無料でしてくれる「転職エージェント」を活用しましょう。 在職中に転職活動を始めれば、リスク無しで好条件の求人を探すことができます。 もちろん、良い転職先が見つからないのであればムリに転職先を選ぶ必要はありません。 下記記事では、あなたにおすすめの転職エージェントが見つかるよう、転職エージェントランキングをご紹介しています。 ぜひ、自分に合った転職エージェントを見つけてください。 おすすめ記事:.

次の