わたり の いて ち キャンプ。 【ブランド初】ザ・ノース・フェイスが満を持して展開するキャンプギアシリーズ

『高ソメキャンプ場を拠点に・・・前編』松本(長野県)の旅行記・ブログ by す〜さん【フォートラベル】

わたり の いて ち キャンプ

アウトドアブーツの定番ブランドとして愛される「Danner()」のサンダル「MIZUGUMO」にカラフルな新色が登場。 フカフカな履き心地で疲れにくく… アメリカ発祥の万能調味料、ロウリーズの「シーズンドソルト」「ガーリックソルト」。 スパイシーで個性的な2つの風味を、豊富なレシピで試作。 家でもキャンプでも… 数あるキャンプギアの中で最もこだわる人も多い、の装備。 シュラフはもちろん、マットやピローなど豊富なアイテムが揃っています。 都市生活におけるアクティブなライフスタイル「アーバニアリ… 洗練されたデザインが人気の「Onway()」から、今シーズンの新作情報が続々と到着。 25年にわたり自社でオリジナルアイテムの開発を続け、多くの名… キャッシュレス決済で5%お得になる消費者還元制度が、6月末で終了。 対象アイテムにはキャンプ用品もたくさんあるのをご存知ですか?テントになど… 「俺はだけじゃない、キャンプ料理だって得意だ!」と豪語する芸人・たけだバーベキューさんに、自慢の腕をふるっていただきます。 誰にでも作れる簡単キャン… 6Pチーズといえば、スモーク、サラダ、サンドイッチなど多彩なメニューに活用できるの定番食材。 そんな人気者を「焼いただけ」の焼き6Pチーズが近ごろブ… 天気予報を裏切る急な雨の救世主、折り畳み傘。 テント一筋40年以….

次の

キャンプ|ゆめ牧場

わたり の いて ち キャンプ

キャンプ・自然体験 子ども・ファミリー 年齢や発達段階に応じて、様々なプログラムを用意しています。 子どもひとりひとりを大切にしてみていきます。 食物アレルギーがある場合など、お申し出いただくことによって、アレルギー除去食を提供することも可能です。 その他、健康面など心配なことがある場合には、ご相談ください。 新型コロナウィルスの感染予防のため中止。 湖での水遊び、森のたんけん、アーチェリー、野外料理など、キャンプならではの楽しいプログラムはもちろん、興味をかき立てる内容が盛りだくさん。 キャンプ生活全般にわたり、親元を離れるのが初めてのお子様にも様々な配慮をしています。 プログラム以外にも、お食事、お風呂、寝るとき、いつでもグループ担当のリーダーが生活を共にします。 有資格の保健担当者が同行します。 誰にでも初めての体験があります。 わいわいキャンプは、初めてのキャンプ体験、初めての野外体験を安心して行うことができます。 キャンプを通して新しいお友だちを作り、親以外の大人と過ごすことで、子どもたちは大きく成長します。 キャンプで出会うお友達とのキャビンでの共同生活。 経験豊富なキャンプリーダーがプログラムで様々なことを教えてくれます。 湖での水泳、ボート、アーチェリー、自然観察などなど沢山プログラムがあります。 みんなで一緒に参加するプログラムと、いくつかあるアクティビティから自分で選ぶ時間があり、様々に工夫がされています。 プログラム以外にも、お食事、お風呂、寝るとき、いつでもグループ担当のリーダーが生活を共にします。 有資格の保健担当者が同行します。 水泳・アーチェリー・カヌー・自然体験・野外料理以外にも様々なことに『スーパーチャレンジ』するのがこのキャンプ。 初日に、アッセンブリーという会をもち、キャンプで何をやりたいか、キャンパーで意見を出し合ってプログラムを考え、仲間たちと体験していきます。 長期間の女子キャンプなので、仲間たちとのガールズトークも楽しみの一つです。 高校生は毎日カヌーの練習をして、最後は野尻湖をぐるりと周るカヌートリップに出かけます。 大人への一歩手前にある中高生だから、キャンプ場の外にも飛び出して、野尻湖のある信濃町全体が活動のフィールドです。 また世の中の様々な問題をグローバルに考えて自分の視野を広げます。 私たちの住む世界を考える 「平和のプログラム」~ 毎年テーマを決めて、今私たちが住んでいる日本や世界、そして地球のことを考えます。 これまで、野尻の自然環境や生態系のこと、森林のこと、民族紛争のこと、地球環境のこと、などなど幅広いテーマがありました。 有資格の保健担当者が同行します。 経験豊富なキャンプリーダーがお手伝いしますので、保護者の方1名とお子様だ けでも安心してご参加ください。 様々なプログラムが用意されていますが、体調やその日の気分で、参加するしないも自由、のんびり過ごすことができます。 子ども1人をサマーキャンプに出すのは心配という方、たまには親だって行きたいという方にもおすすめ!有資格の保健担当者が同行します。 乳幼児からシニアまで、誰でも宿泊が可能です。 美味しいお食事を食べ、大自然の中でリフレッシュしませんか。 キャンプ場内を散策したり、ゆかりハウスでお昼寝したり、アーチェリーや水泳などのプログラムを楽しんでいただくことも可能です。 ゆかりハウスを拠点にして、信濃町の様々なところに遊びに行くこともできます。 小林一茶記念館、黒姫童話館、ナウマンゾウ博物館。 ちょっと遠出をするなら、小布施町散策、ワイナリーなど、様々な楽しみ方ができます。 初めての方から経験者の方まで、それぞれの経験に合わせて講師が丁寧に指導します。 午前、午後にカヌー講習を行い、夜の時間は参加者同士交流しながら楽しく技術や安全についての講義を行います。 カヌーを漕いで対岸のおしゃれなカフェへ行ったり、最終日には、野尻湖周遊のカヌートリップにも出かけます。 いつも学校で会うお友達の新しい一面に出会えるかもしれません。 知らなかった野尻の自然を発見できるかな。 1泊2日の短い時間ですが、キャンパーがやりたいことをできるだけ盛り込んだ、元気いっぱいのキャンプです。 長年子どもの野外活動に携わるリーダーが、お子様の様子を見ながら指導します。 初心者もキャンプ終了時にはリフトに乗れるようになり、緩斜面をスイスイ滑ることができます。 また、雪合戦や雪上ゲーム大会など、ファミリースキーとは、ひと味ちがう、スキー以外のおたのしみプログラムがいっぱい! 初めてのお泊りでも、グループにリーダーがついて24時間生活をともにするので安心です。 有資格の保健リーダーが同行します。 初心者は少人数で丁寧に指導するので、上達も早いです。 経験者は、継続して参加することでスキー技術のレベルアップを目指しましょう。 講習内検定を行っています。 スキー以外にも夜はゲームをしたり、楽しいレクリエーションプログラムが計画されています。 有資格の保健リーダーが同行します。 ファミリーキャンプ ファミリーならどのような組み合わせでも参加できるキャンプです。 自然の中で一緒に生活することで親子だけでなく大人やファミリー間の交流も生まれます。 今年のGWは都会の喧騒から離れて、家族と一緒に大自然を楽しみませんか。 枝から枝を行き交うリスの姿や野生の動物が見られるかも。 スノーシューをはいて冬の野尻を探検しましょう! 森のそりコースは迫力満点で気分爽快!かまくら作りをしたり、歩くスキーをしたり大人も子どもも一緒になっておもいっきり雪あそびを楽しみましょう ワークキャンプ 東京YWCA野尻キャンプでは、リーダーがキャンプ場づくりに参加しています。 プログラムに携わるリーダーたちの視点を取り入れながら、キャンパーたちが安全に活動でき、また自然あふれるキャンプ場でよい体験ができるよう、時には専門家の指導を受けながら、フィールドづくりに取り組みます。 自分の体力にあったお仕事していただきます。 夕食後のプログラムでは森林や環境、キャンプについてのお話や交流会を行います。 秋の野尻で汗をかいて美味しい食事を食べ、心も身体もリフレッシュしませんか。 お問い合わせ 青少年育成事業部 教育キャンプ課 電話:03-3293-5466 FAX:03-3293-5570 E-mail:petau tokyo. ywca. jp 受付時間:10:00~18:00(土日・祝日を除く).

次の

【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン

わたり の いて ち キャンプ

梅雨が明けると1年の中で最も暑い、夏キャンプの季節がやってきます。 夏のキャンプで一番厄介なのが、虫対策。 「気温が上ってくるとキャンプ場で、いろいろな虫に遭遇します」 蚊やブヨ、アブやアリなどのいろいろな虫がキャンプ場にいて、キャンプ場によっては大量発生することもあります。 特に 蚊は、どこのキャンプ場でも発生します。 蚊に刺されると、小さなお子さんはひどく腫れる場合があり、それは蚊に対する免疫が少ないので腫れやすいんですね。 小さいお子さんがおられる方は、特に虫対策をされた方がよいと思います。 今回はキャンプの虫対策について、気を付けなければいけないことや虫対策を詳しくブログで紹介したいと思います。 夏キャンプをされる方はぜひ参考にして下さいね。 特に小さいお子さんは蚊に対する免疫が少なく、腫れやすいので注意して下さい。 「キャンプ場の中で、蚊が多く発生して注意しなければいけないのが、草や木が多いサイト」 特に気温が下がる朝や、夕方から夜に大量発生するキャンプ場があるので、気を付けて下さい。 蚊対策が必要なのは、気温が下がる朝と夕方から夜の間で、蚊は活発に行動します。 肌の露出部分がなければ蚊に刺されることはありません。 「特に蚊に刺されやすいのが足首」 長袖と長ズボンは暑くて履けないという方は, 半袖でも大丈夫ですが、肌の露出部分には必ず虫よけスプレーをして下さい。 「虫よけスプレーは、ふるだけでは駄目」 虫よけスプレーをふった場所を手で伸ばすと全体的にいきわたり、肌部分に薬剤を塗り込めます。 特に足首は蚊に刺されやすいので虫よけスプレーを重点的にして、虫よけスプレーを手で伸ばして、全体に浸透させて下さい。 気温が下がる朝と夕方から夜にかけては蚊が活発になるので、虫よけスプレーを肌の露出部分に残布すると蚊に刺されにくくなります。 虫よけスプレーは汗をかくと効果が弱まってしまうので、気づいた時に時々散布して下さい。 「蚊取り線香は、1人1個」 ペグを使うと蚊取り線香ホルダーは必要ないので、香取線香を1人1個使えます。 ペグの蚊取り線香ホルダーは簡単で、蚊取り線香を地面に置き、蚊取り線香の真ん中にペグを入れペグダウンします。 蚊取り線香を上にあげていき、下記のようにペグの根本部分に蚊取り線香を固定したらできあがり。 ブヨ(ブユ・ブト)は、刺されると体質によってはアレルギー性の強い腫れやかゆみを引き起こす厄介な虫。 蚊よりも症状が重くなる場合があり、完全に治るまで1~2週間かかる場合もあります。 「ブヨが発生するのは、気温が下がる朝と夕方」 昼間と日が暮れる夜間はブヨが発生しないので、ブヨ対策は必要ありません。 長ズボンを履いていても、服と足の隙間からブヨが入ることがあるので、靴下を履くのが大事。 朝と夕方のみブヨ対策が必ず必要で、朝と夕方だけは長袖と長ズボンに履き替えることをおすすめします。 虫よけスプレーやハッカ油などをふる場合は、頻繁にスプレーをしないと意味がありません。 汗をかくと虫よけの効果が薄れてしまうので、頻繁に虫よけスプレーやハッカ油をし、手で塗り込んでやると効果は大。 虫よけスプレーを使用される場合は、効果と効能の所に書かれてあるブヨ(ブユ)の部分をチェックして下さい。 「ブヨに効かない虫よけスプレーもあるので、確認が必要です」.

次の