たけのこ あく 抜き 重曹。 山菜のあく抜きで重曹を使う方法は?わらび・ふき・こごみに効果的!

たけのこのあく抜きの所要時間と誰も知らない時短技を大公開

たけのこ あく 抜き 重曹

時間がかかる、筍のあく抜きを時間短縮 1年を通して水煮の状態で市場に出ている筍。 桜がちらほら咲き始めると鬼皮が付いた生の筍が出回り、春の陽気を感じます。 生の筍を味わえるのは年間を通してもこの時期だけ。 今年は1回は家で茹でてみるぞ!と決めたものの、結局面倒さが勝って何もしないまま旬が過ぎていく…なんて経験、思い当たる節はありませんか? 新鮮な筍ほど、えぐ味が少なく甘味があり、掘り起こしてから時間が過ぎたものほど、えぐ味が増します。 美味しい筍料理を楽しむには、ぬかを入れてじっくりゆでるのが昔ながらのアクの抜き方でした。 しかし、現在では技術の進歩により鮮度のよいものがスーパーなどで並ぶようになり、短時間でとあるものを使ってゆでるだけで、簡単にアクを抜くことができるようになりました。 「重曹」別名ベーキングソーダとは? そのとあるものとは「重曹」。 別名ベーキングソーダと呼ばれ、自然界に存在する天然の物質です。 最近では入浴剤や化粧品に使われる方も増え、お持ちの方も少なくはないでしょう。 重曹は弱アルカリの性質を持っているため、山菜や筍などのアク成分を溶かし、しっかりとアク抜きができるのです。 重曹を使った筍のあく抜き方法 筍のアク抜きをする場合は、1リットルの水に対して小さじ1杯程度の割合で重曹を入れます。 それを沸騰させ、鬼皮をむいて根元のかたい部分を少し切り落とし、半分に切ったタケノコを入れます。 筍の色も、通常の下処理とはちょっと違った色になります。 水が減ってきたら適宜たし、30分間弱火で茹でます。 竹串をさして、すっと通ったら茹で上がりです。 そのまますぐに料理に使うことができます。 使いきれない分は茹で汁に付けたまま冷まし、タッパーなどの密閉容器に入れて、新しい水に浸けて冷蔵庫で保存します。 茹でた筍からもアクが出てくるため、水は毎日交換しましょう。 筍の少し残るえぐみも旬の味わいです。 今回ご紹介したアク抜き方法をぜひマスターして、この時期ならではの少しビターな大人の風味を、ぜひ楽しんでくださいね。

次の

農家さんでも意外と知らない?たけのこのあく抜きに米ぬかを使うわけ

たけのこ あく 抜き 重曹

時間がかかる、筍のあく抜きを時間短縮 1年を通して水煮の状態で市場に出ている筍。 桜がちらほら咲き始めると鬼皮が付いた生の筍が出回り、春の陽気を感じます。 生の筍を味わえるのは年間を通してもこの時期だけ。 今年は1回は家で茹でてみるぞ!と決めたものの、結局面倒さが勝って何もしないまま旬が過ぎていく…なんて経験、思い当たる節はありませんか? 新鮮な筍ほど、えぐ味が少なく甘味があり、掘り起こしてから時間が過ぎたものほど、えぐ味が増します。 美味しい筍料理を楽しむには、ぬかを入れてじっくりゆでるのが昔ながらのアクの抜き方でした。 しかし、現在では技術の進歩により鮮度のよいものがスーパーなどで並ぶようになり、短時間でとあるものを使ってゆでるだけで、簡単にアクを抜くことができるようになりました。 「重曹」別名ベーキングソーダとは? そのとあるものとは「重曹」。 別名ベーキングソーダと呼ばれ、自然界に存在する天然の物質です。 最近では入浴剤や化粧品に使われる方も増え、お持ちの方も少なくはないでしょう。 重曹は弱アルカリの性質を持っているため、山菜や筍などのアク成分を溶かし、しっかりとアク抜きができるのです。 重曹を使った筍のあく抜き方法 筍のアク抜きをする場合は、1リットルの水に対して小さじ1杯程度の割合で重曹を入れます。 それを沸騰させ、鬼皮をむいて根元のかたい部分を少し切り落とし、半分に切ったタケノコを入れます。 筍の色も、通常の下処理とはちょっと違った色になります。 水が減ってきたら適宜たし、30分間弱火で茹でます。 竹串をさして、すっと通ったら茹で上がりです。 そのまますぐに料理に使うことができます。 使いきれない分は茹で汁に付けたまま冷まし、タッパーなどの密閉容器に入れて、新しい水に浸けて冷蔵庫で保存します。 茹でた筍からもアクが出てくるため、水は毎日交換しましょう。 筍の少し残るえぐみも旬の味わいです。 今回ご紹介したアク抜き方法をぜひマスターして、この時期ならではの少しビターな大人の風味を、ぜひ楽しんでくださいね。

次の

灰汁(あく)とは何?体に悪いから除く?今さら聞けないその理由

たけのこ あく 抜き 重曹

スポンサーリンク たけのこのあく抜きに失敗した時はどうする? 筆者が以前にあく抜きしたたけのこで煮物をしたときに、 エグミが強く残っていてのどがピリピリと痺れるような感じで とても食べられなかったことがあります。 その時に同時にあく抜きした残りがたくさんあり、 捨てるのはもったいなかったのでインターネットでいろいろと 調べてみました。 しかし、いくつかの方法はのっていましたが、 いまいち確実性のありそうな情報がなかったので 実際どうなのかを色々と試してみました。 時間が書いてなかったので丸1日やってみました。 というか、 もともと保存するのに水をはったタッパに入れてあったので、 そのまま継続しただけですなんですけどね。 期待していたんですが、 これもあまり効果がないように感じました。 多少エグミが弱くなりましたが、 大きな違いを感じるほどではなかったです。 もっと時間を長くしたら違ったかもしれませんが。 ただ、新鮮なたけのこ特有の風味が薄れてしまった感はあり、 歯ごたえ的にも少し柔らかくなり過ぎた感じはありますね。 しかし、一度処理したものの再あく抜きはできるのか? 重曹を一掴み入れた水で煮てみました。 重曹はあく抜き効果が高いようなので期待していましたが、 思った通りこれが一番効果が高く、エグミはまったく感じない ほど消えました。 すごい効果でしたね。 ただ、味気ない感じになってしまったのも事実で、 スーパーで売られている水煮と同じようなものになりました。 以上、4つの方法を試しましたが、 米のとぎ汁や重曹水で煮る方法はかなりの効果がありました。 どちらも風味は落ちてしまいますが、 エグミが強くて食べられないよりは何倍もいいですよね。 エグミがどの程度の強さで残っているかにもよりますが、 米のとぎ汁の方が風味は多少なりとも残っていましたので、 オススメは米のとぎ汁を使う方法です。 スポンサーリンク たけのこのあく抜きでえぐみが残った場合の美味しい料理法は? あく抜きに失敗してエグミが残ってしまったたけのこでも、 美味しく食べられる料理をご紹介します。 ポイントは、 油と味付けです。 油はあくを分解してくれるらしく、 炒め物や天ぷらなどにするとエグミの強いたけのこも 美味しく食べられます。 また、 味付けを濃くしてエグミをごまかす方法もあります。 通常よりもダシをきかせたり、濃い味付けにして料理を するとエグミが感じにくくなります。 肉団子のあんかけや、ハンバーグソースの味で エグミは感じませんし、歯ごたえが加わってかなり美味しかった ですよ。 まだ調理していない分は炒め物や天ぷらにするとして、 その調理してしまったエグイたけのこはもう捨てるしか ないでしょうか。 そんな時は、たけのこを薄くスライスして 片栗粉をまぶして揚げてみてください。 「たけのこチップス」のような感じですね。 少し厚めに切って 「たけのこのから揚げ」も いいかもしれません。 でもそんなたけのこも再あく抜きするか、 調理を工夫することによって、無駄にせずに 美味しく食べることができます。

次の