ワイン コルク 抜け ない。 ワインのコルクの開け方(裏技編)!ボロボロになったときの対処法は?

ワインのコルクが固くて抜けません。何かいい方法はありますか?

ワイン コルク 抜け ない

ワインオープナーのいろいろ ワインのコルクを開ける時に使う道具だからワインオープナー。 コルクスクリューやコークスクリューとも呼ばれます。 酒屋さんでワインを購入するとオマケというか景品でついてくる、 簡単な作りのT字型のものはあなたも目にしたことがあるでしょう。 缶切りに付属しているのもありますね。 ワインオープナーは値段も手ごろで種類が多いし、 限定品や未販売の景品が多いことから、コレクションにする人も多いようです。 しかし、これがクセモノ。 ワインのコルクを開けるにはかなりの力が必要ですし、 途中でコルクが折れてしまったり、ボロボロになって折角のワインの中に入ってしまったり・・・ 「コルクが途中で折れてしまってワインを飲む事が出来ない・・・」 なんて苦い経験をした事はありませんか? ちなみに私は何度も経験しています(笑) 「瓶を叩き割って飲もうかな?」 なんて事も思った事があります。 では、ワインオープナーの他に 上手にワインのコルクを抜くにはどのような物があるでしょう。 ソムリエナイフでワインを開ける方法とお気に入りソムリエナイフ では、ソムリエが持っている ソムリエナイフと呼ばれるものはどうでしょう? 瓶の口を覆うフィルムを切るナイフがついていて、 これでワインを開けたらかっこいいですね。 テコの原理を利用するため引き抜く力はT字型より弱くても大丈夫です。 しかし、コルクにソムリエナイフを入れる作業はT字型と同じなので、 曲がってしまったりして上手くいきません。 私のおすすめはなんと言ってもバタフライ型です。 コルクに入れる時にガイドがついているので、 コルクの真ん中にまっすぐ差し込みやすいです。 そして、なんかかわいいところもいいですね^^ カカシみたいです。 カカシの足をコルクにつけて、 頭を回すと両手が少しずつ挙がってきます。 その両手が完全にバンザイしたらコルクにちゃんと差し込まれたよという合図。 両手をグイっと下に下ろすことでコルクの刺さったスクリューが上がってくるのです。 他にもバトラーズフレンドやスクリュープル、 エアポンプ型など色々あります。 本格的にワインを楽しむのであれば、一度使ってみたいですね。 スポンサードリンク ワインオープナーがないときの開け方 「ワインを買ってきたのにワインオープナーが見つからない・・・」 なんて時もありますよね? そんな時のために覚えておいてください。 ワインオープナーがなくてもワインを開ける方法があるのです! 手順は簡単! 壁に瓶の底を垂直に打ちつけるだけ。 瓶の底のくぼみに空気を入れ、その圧力でコルクを抜くイメージです。 その時、厚いタオルなどをクッション材にしてください。 適度な力でトントンと何度か打ちつけると、コルクが徐々に浮いてきます。 最後は手で引き抜いてくださいね。 屋外でバーベキューの時などは、 クッション材を靴で代用するとうまくいきます。 瓶だと割れそうで怖いですが、少しずつ力を強くしてみてください。 私が実践した時は、思ったより強く打ちつけないと動きませんでした。 また、コルクが汚れていないものであれば、 コルクを抜くよりも押しこんだ方が早いですよ。 缶切りでワインを開ける事は出来る? ワインオープナーがないときは、まず缶切りを探してください。 沢山出回っている缶切りにはワインオープナーが隠れています。 缶切りの機能だけのものもありますが、 缶切り、栓抜き、ワインオープナーが三位一体になっているものが一般的です。 スクリューの部分を引っ張り出してT字型として使います。 若い人は意外と知らないようなので、一応予備知識として。

次の

ワインボトルのコルクが抜けません

ワイン コルク 抜け ない

ワインを開けるとき。 「 あっ!コルク抜きがない・・・。 」 なんて状態に直面したことはありませんか? 目の前にワインがあるのに開けられない。 切ないですよね~。 最近ではお酒を飲まない人も多いですし、瓶やボトルのお酒もたくさん販売されているのでコルクが家に無いというお家も多いのではないでしょうか。 たまたま家でパーティをした時や、ワインを振る舞われた時など、今すぐ開けたいのにコルク抜きが無い場合はいったいどうすればよいのでしょうか。 なにかで代用することはできないものでしょうか。 ということで今回は、ワインを コルク抜き無しで開ける方法について紹介します。 コルク抜きの代用になるものとは? どんなものならコルク抜きの代わりになるのか。 またはコルク抜きを使わないでワインを開ける方法はないのか。 ここではおすすめの道具や方法を紹介していきましょう。 ナイフを使う 先端が細くて刃渡りの長い ナイフを用意します。 そしてナイフの先端をコルクの真ん中にゆっくり差し込んでいきましょう。 奥まで入ったらナイフを回すようにしながらゆっくりと手前に抜いていきます。 ナイフの刃は鋭いのであまり力強く引くとコルクがボロボロになってワインの中に入ってしまうので、コルクを壊さないように注意して引いていきましょう。 ペティナイフや 果物ナイフがおすすめですよ! ナイフは手を切ってしまう恐れもあるので、取り扱いには注意しましょう~。 ネジとドライバーを使う お次は ネジとドライバーを使う方法。 長さのあるネジとドライバーを用意します。 ネジをコルクの真ん中にゆっくりと回しながら入れていきます。 奥までねじ込んだらドライバーを使って回し出します。 ネジがしっかりコルクに食い込んでいればネジを回せばコルクも一緒に出てきてくれます。 アイスピックを使う あとは、 アイスピックを使う方法があります。 そこそこ長さのあるアイスピックを2本用意します。 コルクの両端から斜めに刺さるようにアイスピックを2本刺していきます。 中でアイスピックがクロスしたらその形のままゆっくりと上に引いていきます。 アイスピックそのものを引き抜こうとするとそのままコルクから外れてしまうので、クロスした形のまま2本同時に引き抜くのがポイントです。 靴の底を使う こちらはちょっとワイルドな方法。 ワインの瓶というのは横にして垂直に壁に何度もたたき付けると空洞現象という物理現象が起きて徐々にコルクが抜ける仕組みになっています。 しかし、そのまま壁などに叩きつけると瓶が割れてしまうので割れないためのクッションが必要になります。 タオルなどでも良いのですが、クッションとして 靴の底を使う方法があります。 ある程度固さがあり、衝撃に強いので靴の底はワインを上けるのに向いています。 実験動画を上げている人も多いですが、靴底がゴムで柔らかいスニーカーなどよりはしっかりした革靴の方が早くコルクが抜けます。 やり方は瓶の底を靴のかかと部分に押し当てて、垂直に壁に叩きつけるだけなのですが、なかなかコツがいる作業なので、動画をよく見てから実践するようにしましょう。 革靴編.

次の

ワインのコルクがボロボロに!抜けずに困った時の対処方法

ワイン コルク 抜け ない

タグ 100均 アイデア アイテム イメージ インク インク消し ウエスト エコ おすすめ お手入れ お茶 カビ キッチン くせ毛 グラス クローゼット ゲーム コツ コップ コピー機 ゴミ ゴミ箱 ゴミ袋 ゴム コルク コンビニ シルバー シンク スーパー ストッキング スピーチ スペース スポンジ セレブ タイミング タッパー データ トイレ ドライヤー ナイロン におい パスポート フラッシュモブ プレゼント プロポーズ ペットボトル ペン ボールペン ポイント ホットプレート ボトル ポリエステル ボロボロ マグカップ まずくなる ママ友 メガネ メリット ユニットバス ラック レーヨン レンズ ワイン 一人暮らし 乗り越え方 予防法 交換 伊達メガネ 余興 作り方 使いやすさ 使い方 便利 保存 保存方法 保護 値段 傷 入り方 内容 再利用 再発行 出す方法 出ない 分離 切って 切れ味 匂い 匂い対策 卒業式 卒業証明書 卒業証書 印象 原因 友達 収納 呼び方 報告 壁 変更 大きい 大学 大学生 女性 妊娠 子供 字 安全性 寂しい 寒い 対処 対処法 対策 小指 布団 帰りたい 弁当 引っ越し 復活 心理 悩み 意味 感動 手入れ 手帳 手紙 指輪 挨拶 掃除機 排水口 整理 料理 断る 新聞紙 方法 日曜始まり 日本人 時期 曲がる 書き損じ 書き方 書けない 書類 服 期間 本 検証 横倒し 気に入らない 水 水性 水筒 油性 注意 注意点 洗い方 洗剤 洗濯機 活用法 湿気 焼肉 煙 爪切り 牛革 特徴 理由 生活費 男性 疲れる 目の色 目安 目隠し 直し方 種類 穴 空気 窓 笑顔 筋肉 節約 簡単 米 紙 紛失 素材 紫外線 結婚式 綺麗 緊張 練習 職場 自炊 花 茶色 蓋 見分け方 親 詰まり 財布 費用 賞味期限 辛い 運び方 違い 遮断 選び方 部屋 防虫 電波 顔 顔写真 髪 鼻パット 一般的なオープナーに比べると、とても高価なものになりますが、毎度失敗してしまう方は自宅に1つ常備しておくことで、失敗を恐れずにすみます。 使い方も簡単で、ボトルに残ってしまったコルクを専用のオープナーで押し付けてボトル内に1度コルクを落とし、ワイヤーで落としたコルクを引き上げるだけ。 初心者でも簡単に扱えるのでおすすめです。 ボロボロになったワインのコルクにも使える「2枚刃式のオープナー」も また、「2枚刃式のオープナー」は、古くなったコルクを抜く時に重宝するものですが、このようなボロボロに割れてしまったコルクにも使用することができます。 コルクとボトルの隙間にオープナーの刃を入れて、ゆっくり引き抜くだけなので、こちらも簡単にコルクを取り出すことができます。 失敗専用のオープナーよりも安く手に入れることが出来ますよ。 器具は必要なし?ボロボロのコルクをワインから取り出す方法 専用のオープナーが自宅にない場合には、緊急事態です。 飲もうと思っていたワインが開かないのですから…。 自宅に専用のオープナーがなくお手上げ状態の時にも、ワインのコルクを抜く方法はあります! 少し雑な開け方にはなりますが、これでコルクが抜けるなら、試してみる価値のある方法だと思います。 道具無しでワインのコルクを取り出す方法• ワインボトルの底に、少し厚手のタオルを巻きます。 コンクリートの壁に、ワインのボトル底を何度も打ち付けましょう。 時間はかかりますが、2~3分すると徐々にコルクが上がってきます。 手で取り出せるまで根気強く行ってください。 ボトルが割れてしまわないか心配になりますが、意外と大丈夫です。 割れないことがわかると、打ち付ける力を強くすることができるようになってくると思います。 ある程度の強さがないと、コルクはびくともしないので、ちょうどいい強さを見極めるのがこの方法を成功させるためのコツになります。 コルクを取り出すタイミングを誤ると、コルクが飛び出してワインが溢れてしまいますので、注意しましょう。 ワインのコルクがボロボロになった時の最終手段 あらゆる方法を試してみても、コルクが上手く取り出せない場合には、コルクをボトルの中に押し込むより他ないでしょう。 ボロボロになったコルクの破片がボトル内に浮遊してしまうので、それを取り除くためにひと手間かかりますが、短時間で作業ができるので、最終手段としてお使い下さい。 ボロボロになったワインのコルクをボトルに押し込む方法• スプーンやフォーク等、金属製の丈夫なものの柄で、コルクをボトル内に押し込みます。 この時、ボトル内に圧力がかかってワインが吹き出すので、シンクの上で、布巾などをかぶせてから行うようにしましょう。 ワイン用のデカンタと、茶こし(コーヒーフィルターも可)を用意します。 デカンタの上に茶こしをセットし、コルクの破片を茶こしで取り除きながら、ワインをデカンタに注いだら完了です。 ワインのコルクを抜く時に毎回失敗を繰り返している方は、その原因がどこにあるのかを知りたいのではないでしょうか。 ここでは、コルクがなぜボロボロになってしまうのか、その原因について紹介していこうと思います。 ワインオープナーの扱い方 まず考えられるのは、オープナーの使用方法が間違っているということです。 一番多いのが、スクリューの扱い方の誤りです。 スクリューは、始めから時計回りに差し込まず、一度反時計回りに回してスクリューの先端をコルクに差し込みます。 その後で時計回りに回せば、スムーズにスクリューがコルクに入りますよ。 スクリューを差し込んだ後は、ナイフを当てて、オープナーの原理を上手く使ってコルクを抜きます。 誤った方向に力を込めたり、無理やり引っ張ってしまうと、コルクが割れてしまうので、注意します。 コルクを真上に引き出すイメージで、原理に従って力を込めましょう。 コルクの問題 ボロボロになりやすいコルクもあります。 作られてから日にちが経っていない若いワインは、コルクもまだ固いです。 また、年代物のワインは、コルクが劣化している場合も多く、このような場合にもコルクがボロボロになりやすいといえます。 コルクがボロボロになる理由はいくつか考えられます。 自身のパターンがどれに当てはまるのか、一度コルクの抜き方を見直してみてはいかがでしょうか。 ワインコルクがボロボロになりそうと感じた時の対策 ワインのコルク自体に問題がありそうな場合には、対策次第でスムーズにコルクを引き抜くことができます。 コルクが固いと感じた場合には、コルクを抜くのを少し待って、次の事を試してみて下さい。 ボトルを横にする コルクが乾燥していたり、若いコルクの場合には、一度ボトルを横に倒してコルクにワインを浸透させます。 水分を含むとコルクは柔らかくなるので、抜きやすくなることが多いです。 空気を入れる ボトルとコルクがぴったりくっついていると、ボトル内に空気がなく密閉状態になっているため、コルクが抜きにくくなっています。 そのため、オープナーのスクリューを貫通させ、ボトル内に空気を送ることで抜けやすくなることがあります。 このとき、スクリューは真っ直ぐ差し込まなければコルクが割れてしまうので、正しい使い方をするようにしてくださいね。

次の