国民 年金 の 免除。 国民年金 免除

無職・パート・アルバイト収入が少ない人の年金免除申請方法や条件を確認

国民 年金 の 免除

国民年金が払えない場合がありますよね。 ここでは国民年金の免除の申請方法・対象者・条件・免除の種類についてまとめています。 年金保険料は平成27年度で月額15590円です。 夫婦だと3万円を超えてきます。 低所得の方や失業中の方にとっては大きな負担額になってしまいます。 無理して払うか、無視して未納にするか、という選択肢以外にも実はもう一つの選択肢が存在するのです。 それが保険料を免除してもらうという方法です。 国民年金 免除とは 国民年金には保険料を払うのが困難な人のために、保険料を免除される制度があります。 免除制度は加入期間としてカウントされるだけでなく、保険料の一部を払った事にしてくれるという制度なのです。 国民年金免除対象者とは• 生活保護を受けている人• 障害年金をもらっている人• 経済的な事情で保険料の支払いが困難な人 経済的な事情で保険料の支払いが困難とは、本人の前年所得だけでなく配偶者や世帯主の前年の所得でも判断されます。 失業した場合は 失業した場合でも前年は所得があります。 そのため失業に関しては特例として本人の前年所得は除外して配偶者、世帯主の前年所得のみで判断されます。 もちろん失業を証明するための離職票か雇用保険受給資格者証が必要となります。 免除の種類 免除と言っても必ず全額免除されるわけではありません。 免除には本人、配偶者、世帯主の所得によって「全額免除」「4分の3免除」「半額免除」「4分の1免除」と割合が変わってきます。 また学生納付特例制度といって学生のための制度もあります。 全額免除• 4分の3免除• 半額免除• 4分の1免除• 若年者納付猶予制度• 免除申請の方法 国民年金の免除申請は住所登録をしている市区町村役場の国民年金窓口で行います。 最新情報や詳しくは 支払いが困難だとしても未納状態を作る事によって老後の受給資格に届かなかったり、怪我や病気になった時の「障害年金」や死亡した時の「遺族年金」の受給ができなくなりますので未納状態だけは避けるようにしましょう。 国民年金の免除 申請方法・対象者・条件・免除の種類記事一覧.

次の

国民年金、免除の所得条件はどのくらい?失業・退職特例は使えるの?

国民 年金 の 免除

国民年金法第八十八条に規定されています。 以下のとおりです。 第八十八条 被保険者は、保険料を納付しなければならない。 2 世帯主は、その世帯に属する被保険者の保険料を連帯して納付する義務を負う。 3 配偶者の一方は、被保険者たる他方の保険料を連帯して納付する義務を負う。 ここで注目すべきなのは、3です(第八十八条第3項)。 世帯主うんぬんではなく、配偶者としての連帯責任があるのです。 ここが盲点。 つまり、別居(世帯分離)していようが、婚姻関係があるかぎりは配偶者。 ご主人から見て、あなたは「配偶者の一方」です。 逆に、あなたから見て、ご主人は「配偶者の一方」です。 それだけのことです。 基本的に、本人・世帯主・配偶者それぞれの収入(厳密には「所得」)を見て、そのうちの、最も額が多い人が所定の基準を満たすか否かで、多段階免除の区分(全額免除、4分の3免除[4分の1納付]、半額免除[半額納付]、4分の1免除[4分の3納付])が決まることになっています。 社会人の息子さんの収入(所得)は、上記の決定には全く関与しません。 本人・世帯主とはあなたのこと。 配偶者とはご主人のことです。 婚姻関係があるかぎり、こうなります。 割り切つていただくしかありません。 別居うんぬんにこだわり過ぎて、判断を誤っているか、理解を誤認してしまっていると思われます。 また、婚姻関係がなくとも(離婚後を含む)、事実婚といって「生活費を相互に融通し合う関係」があるときには、生計同一の判断基準という国の通達により、上記と同様に取り扱われます。 このあたりも注意が必要です。 年金事務所などでお調べになり この制度については、理解している・・・ですね! そうなんです。 無職からも年金取る、専業主婦からも 家族従業員からも取る なんてスタンスなんですけど 実際は、無職からは年金取れない 取れないけど取りたい・・・こまったな、、、 そこで、考えだされたのが 質問者様がお調べになったこと。 この解釈ですが 僕は、質問者様からも年金取るけれど 他の制度で助けてあげる だから、いやだと思うけど年金払ってね と思うんです。 年金制度だけじゃなくて 他の制度も参考にされて、今の自分が有利になるように 生きてゆく。 納得いかない!・・・なんて受け入れずに なにもしなければ、そんなの誰も助けてくれない。 質問者様には権利が確かにあるのだから 助けてください・・・と手を上げてください。 国民健康保険の減免の場合には,世帯主と加入者全員の所得が関係しますが,配偶者の所得は関係ありません。 しかし国民年金の免除の場合には,本人と世帯主と配偶者の所得が関係します。 これは納得がいかなくても,そういう決まりだと思ってもらうしかないのです。 配偶者や世帯主には保険料の納付に関して連帯責任があるというのがその理由なのだと思います。 その代わりに離婚するときは婚姻期間中の厚生年金記録を当事者間で分割することができます。 配偶者があまり稼いでいなかったら,それほど関係ないかもしれませんが... なお,免除されると加入年数に加算されますし,将来の年金額にも半分だけですが反映されます。 申し訳ありませんが、質問の趣旨と違った回答と思ったら、無視してください。 区市町村役場での国民年金の届出は、日本年金機構の代理受付をするだけ、国民年金の届け出があると、日本年金機構に転送するだけです。 だから、区市町村役場では、詳細な回答が出来ないのでしょう。 もし、納得がいかななければ、住んで居る区市町村を担当する年金事務所に行きましょう。 参考に、日本年金機構の下記のサイトにも、保険料免除制度を利用する場合は、本人・世帯主・配偶者の前年所得額と、厚生年金の有無も調査すると有ります。 (もし、配偶者が厚生年金加入なら、もう片方の妻(夫)は第三号被保険者の申請で、国民年金加入と同等の認定をされて、国民年金の保険料を納付せずになるため) それから、離婚届けを書いてもらえないとのことですが、役所は一応「法律婚」の正式な夫婦ですので、夫婦として取り扱うのでしょう。 そして、そもそも、国民年金・厚生年金のことは、日本年金機構(年金事務所)の範疇なのです。 -------------------------- 国民年金は、将来に受給する「老齢基礎年金」は、半分が税金です。 もし、国民年金に「全額免除」の期間や、himiko0415さんの質問の様な「一部納付」の期間があると、その期間は、将来に受給する「老齢基礎年金」も減額するのは、ご存じですか? 前述の最初のサイトの「あり・なし」の表を見てください。 老齢基礎年金の「年金額への反映」が、「あり」なら、将来の老齢基礎年金の半額の「税金の分」は受給が出来ます。 もし、「全額免除」の期間や、「一部納付」の期間があると、残りの半額は、減額となります(つまり、満額の支給にはなりません) 「全額免除」の期間が有れば、その期間は半額は全然出ません。 「一部納付」の期間があれば、その納付の割合に応じた金額が出ます。 つまり、「全額免除」「一部納付」があると、将来の老齢基礎年金も減額となるという事です。 満額にしたいなら、「全額免除」「一部納付」の期限から10年以内に、保険料の納付「国民年金保険料の追納制度」をすると、将来の老齢基礎年金は満額受給となります。 期限から10年以内に、「国民年金保険料の追納制度」で保険料を納付しないと、永久に満額となりません。 60歳で、国民年金の保険料納付が合計40年にならないため、老齢基礎年金は満額受給とならない場合は、60歳からの「国民年金の任意加入」で、年数の足りない分を補うしかありません。 ---------------------- 配偶者が厚生年金加入の場合は、将来の年金は、老齢基礎年金と、老齢厚生年金の2種類が受給となります。 厚生年金の保険料は、勤務先の健康保険の保険料と同じく、給料から天引きなので、保険料の未納はありません。 厚生年金加入に加入中期間中は、厚生年金の保険料は勤務先が半額負担となります。 また、前述の様に、配偶者が厚生年金加入期間中は、もう片方の妻(夫)が一定の収入以下なら、「第三号被保険者」を勤務先を通して申請が出来ます。 「第三号被保険者」と認定されると、厚生年金の期間中は国民年金と同等となって、保険料を免除、将来の老鶏基礎年金も満額受給となります。 そして、厚生年金加入の履歴があると、年齢によって「加給年金」も受給できます。 「加給年金」は、配偶者の年齢によって支給停止となり、代わって、もう片方の配偶者に「振替加算」として受給となります --------------------- もし、最悪、離婚となった場合の「年金分割」は、下記のサイトを参考にしてください。

次の

国民年金の免除 申請方法・対象者・条件・免除の種類

国民 年金 の 免除

国民年金には保険料の支払いが免除される制度があります。 どのような時に免除されるのか、また免除されたら将来の年金はどうなるのか、免除制度についてお伝えします。 免除制度があるのは国民年金保険 国民年金保険料の免除制度が利用できるのは、国民年金第1号被保険者です。 国民年金には第1号から第3号まで被保険者区分が3つあります。 第1号被保険者に該当する人は、個人事業主や学生、フリーター、第2号被保険者は、厚生年金、共済に加入している人、第3号被保険者は、第2号被保険者に扶養されている配偶者です。 このうち、免除制度を利用できるのは第1号被保険者です。 なお、学生は別の特例制度があるため免除制度は利用できません。 第1号被保険者は毎月保険料を納めますが、収入の減少や失業等で納付が困難になった場合は、保険料の支払いを免除できます。 今回の新型コロナウイルスの影響による収入減少についても免除制度があり、ふだんよりも簡易に手続きができます。 免除される金額や所得基準は 免除制度には、全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除の4種類があります。 それぞれ、本人、配偶者、世帯主の前年所得が一定額以下の場合に申請し、承認されると免除される仕組みです。 一定額とは、免除額によって異なりますが、前年の所得が下記の計算式で算出した金額以下であることが、承認基準です。 いずれも、源泉徴収票や確定申告書で確認することができます。 これらの計算式で計算した金額と比較するのは、前年の所得です。 所得とは収入から必要経費を差し引いた金額で、こちらも確定申告書で確認ができます。 給与所得の場合は、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」の欄に記載されています。 所得の審査は本人、世帯主、配偶者それぞれについて行われます。 本人だけの所得が審査対象ではないことに注意が必要です。 なお、免除制度とは別に、50歳未満を対象とした保険料の支払いを延期できる納付猶予制度があります。 この制度では、本人と配偶者の所得が審査対象になります。 新型コロナウイルスで納付困難な場合は そして、新型コロナウイルスの影響で 保険料の納付が困難になった場合の審査についてですが、この場合、前年所得ではなく2020年2月以降の所得の状況から、今年の所得見込みが、上記1~4の計算式の免除基準に該当するかどうかで判断されます。 具体的には、2020年2月以降で収入が減った月の収入を12倍することで年間収入とみなし、所得見込額を算出します。 この計算も本人、配偶者、世帯主それぞれについて行います。 また、失業した場合には、特例免除の制度があります。 失業の場合は、事業廃止届出書の写しや雇用保険被保険者離職者票等の写しが必要です。 免除されたら将来の年金はどうなる 老齢年金を受け取るには、保険料納付済期間と免除期間が合計で10年以上必要です。 つまり、免除されている期間も年金を受け取るのに必要な期間に含まれるということです。 ただし、年金額は満額を納めた場合とは異なります。 とはいえ、全額免除をしたとしても年金がゼロになることはありません。 免除された割合の半分を受け取ることができます。 それは国庫負担があるからです。 2020年の老齢基礎年金の満額は78万1,700円ですから、20歳から60歳まで全期間免除手続きをしていたとすると78万1,700円の半分、39万850円の年金を受け取ることができるということです。 もちろん、全額免除以外の場合も同様、免除された割合の半分が国庫負担として支給されます。 たとえば、4分の3免除なら、4分の1だけ自分自身で納めましたから、4分の1の年金と免除された4分の3の半分、8分の3が国庫負担となり、合計8分の5の金額を受け取ることができます。 なお、納付猶予の場合は年金受け取りに必要な10年に含まれますが、年金額には反映されません。 ところで、年金は老後に受け取るだけではなく、障害を負った時には障害年金、配偶者等が死亡した場合には遺族年金を受け取ることができます。 これらの年金を受け取るためには保険料を滞納していないこと等が要件ですが、免除期間も猶予期間も、もちろん、滞納にはあたりません。 要件を満たせば免除や猶予中でも遺族年金や障害年金を受け取ることができるのです。 未納にはしない 国民年金保険料を払えなくなり、何も手続きをしていないと未納になってしまいます。 未納になると将来年金が減るのはもちろん、受給資格期間にも含まれないので、年金をもらえなくなる可能性があります。 また、遺族年金や障害年金ももらえなくなる可能性があります。 デメリットしかありませんから必ず手続きをするようにしましょう。

次の