ご 家族 の 皆様 の ご 健康 と ご 多幸 を お祈り 申し上げ ます。 「ご健闘」の意味と目上への使い方、「ご活躍」「ご健勝」との違い

年賀状に、「ご健康とご多幸をお祈りします」は失礼?

ご 家族 の 皆様 の ご 健康 と ご 多幸 を お祈り 申し上げ ます

「ご多幸」の読み方と意味 「ご多幸」は「ごたこう」と読みます。 「ご多幸」は「幸せの多いこと」を表す「多幸」という言葉に、接頭語の「ご」を付けた尊敬表現です。 よって「ご多幸」とは、 「相手に幸せがたくさん訪れるように」という気持ちを込めた言葉となります。 また「ご多幸」が示す「幸せ」は、「健康」「長寿」「豊かな生活」など色々な種類の幸福が含まれているので、幅広い場面で使うことができます。 「ご多幸」の使い方 「ご多幸」は基本的に、 結婚式やお葬式などの式典で乾杯の挨拶やスピーチに使われることが多い言葉です。 ビジネスシーンではメールや文書の挨拶のほか、歓迎会・送別会、取引先や顧客への年賀状・暑中お見舞いなどでも使われます。 また「ご多幸」は尊敬表現のため目上の人に対して使う言葉のように感じますが、相手の幸せを願うという意味のため上下関係に関わらず使うことができます。 乾杯の挨拶「当社のますますの発展と社員全員のご多幸をお祈り申し上げます。 それでは乾杯!」 献杯の挨拶「皆様のご多幸をお祈り申し上げますとともに故人に哀悼の意を表し、献杯」 結婚式のスピーチ「お二人の末長いご多幸を心よりお祈り申し上げます」 年賀状の挨拶「皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます」 転職・退職の挨拶「末筆ながら皆様の今後の益々のご発展ご多幸を心よりお祈り申し上げます」 このように「ご多幸をお祈り申し上げます」というフレーズは挨拶文として定型化されているので、 シーンに応じて前後の文章に変化を付けるとよいでしょう。 「ご多幸を祈念いたします」を使った例文 「お祈り申し上げます」によく似た表現に「祈念」という言葉があります。 祈念とは文字通り「祈り念ずる」という意味です。 こちらも「ご多幸」とセットで使われる言葉の一つです。 結婚式のスピーチ「ご両家のますますのご繁栄と新郎新婦の末永いご幸福を祈念いたします」 年賀状の挨拶「皆様のご健康とご多幸を祈念いたします」 「ご多幸をお祈り申し上げます」と「ご多幸を祈念いたします」は意味も使う場面にも、大きな違いはありません。 ですが「お祈り申し上げあげます・いたします」の方が柔らかい印象となり、 「祈念いたします」は堅くかしこまった印象になります。 場面に応じて適宜使い分けてみましょう。 「ご多幸」の類語(言い換え表現) 「ご多幸」以外にも、相手の幸せやよい状況を願う表現は数多くあります。 「ご多幸」と同じような意味を持つ言い換え表現をいくつか覚えておくと、その時の気持ちやシーンに合わせて気持ちを表現することができますよ。 【年賀状の挨拶】 ・I pray for great happiness and health for all of you. 「ご多幸」の使い方や類語との使い分けをマスターしよう! 「ご多幸」は日常会話ではあまり使われない言葉なので、使う場面がわからないという方も少なくありません。 ですがビジネスシーンにおいて「ご多幸」は、相手を気遣う言葉としてパターン化しているため、ぜひマスターしておきたいフレーズの一つです。 使いどころを覚えてしまえば手紙やメール・挨拶文を作成する際、書き出しや締めの言葉に活用できますよ。 ぜひ類語や言い換え表現も覚えて、相手を思いやる気持ちを上手に伝えましょう。

次の

間違う人も多い「ご健勝」「ご多幸」の意味と違い・使い方と例文

ご 家族 の 皆様 の ご 健康 と ご 多幸 を お祈り 申し上げ ます

ご多幸をお祈りします / 社外文書の末文でよく使用する慣用表現の一つ。 手紙・ビジネス文書の宛先が個人のときに使用するのが一般的。 「ごたこう」と読む。 類語に、「ご多祥」「ご健康」「ご健勝」「ご自愛」などがある。 ご子息ご夫婦の末長いご多幸とご一同様のご繁栄を心からお祈り申しあげまして、私のお祝いの言葉とさせていただきます• お二人の末長いご多幸とご一家のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら、お手紙にてお祝い申し上げます。 最後に、皆様方のご健康とご多幸をお祈り申し上げて、私のあいさつといたします。 どうぞ、末永くご多幸のほど、心よりお祈り申し上げる次第でございます。 皆様のご多幸を祈り、本年も相変わりませずご愛顧のほどお願い申し上げます。 遅ればせながら皆様のご多祥をお祈りしてお礼のご挨拶に代えさせていただきます。 先生のますますのご健康とご幸福をお祈り申し上げます。

次の

年賀状の文例集

ご 家族 の 皆様 の ご 健康 と ご 多幸 を お祈り 申し上げ ます

「ご多幸」は目上に使うのは失礼? 「ご多幸」は、「多幸」に丁寧な接頭語の「御(ご)」がついた表現です。 相手の幸せを願う表現が「ご多幸」ですが、上司や目上の人に使うのは失礼になるという意見もあります。 上から目線での表現と思われているようですが、 「ご多幸は」あくまでも相手の幸せを願う気持であり、上下の関係はありません。 「ご多幸」の使い方 「ご多幸」は、スピーチ、乾杯の挨拶、年賀状・新年の挨拶、誕生日や退職・送別の言葉などで使うことが多いでしょう。 フォーマルなシーンでは、一般的な「ご多幸をお祈りします」を「ご多幸をお祈り申し上げます」や「ご多幸を祈念いたします」のように、 「ご多幸」に続く表現をよりかしこまったものにするのが良いでしょう。 「ご多幸」+「祈念する」は、「神仏に目的を達成することを願う」意味で、大袈裟のように感じるかもしれませんが、公式な文書などでは一般的に使われるものなので、覚えておくと便利です。 「ご健勝」「ご活躍」との違い 「ご多幸」と同じように文末などに使われるのが、「ご健勝」と「ご活躍」です。 それぞれ意味合いが違う部分があるので、違いをみてみましょう。 「ご健勝」とは? 「ご健勝(ごけんしょう)」とは、「体が健康で丈夫なこと(健勝)」の丁寧な表現です。 「皆様のご健勝をお祈りします」のように使われます。 また、「ご健勝とご多幸をお祈りいたします」のように、「ご多幸」と一緒に使われることも少なくありません。 「ご健勝」も相手の健康を願う気持なので、「ご多幸」同様に上下の関係を気にする必要はありません。 語尾を丁寧な表現にすれば大丈夫です。 「ご活躍」とは? 「活躍(活躍)」の意味は、「めざましく活動すること」「勢いよく躍りはねること」で、「ご活躍」はその丁寧語です。 ビジネスにおいては「社会の第一線で活躍する」意味で使われます。 「ご多幸」や「ご健勝」のように「ご活躍をお祈りいたします」と使われてパターンが多くなっています。 「ご多幸」「ご健勝」「ご活躍」の使い方での注意点 「ご多幸」は、様々なケースで使用できる表現ですが、転勤などの人への文面としては、「ご多幸」よりは「ご健勝」の方が相応しい場合もあります。 「ご健勝」は、相手の健康を願う表現なので、ほとんどの文面には使えます。 ただし、 注意しなければならないのは「ご健勝」に似た表現で「ご清栄」との混同です。 「ご清栄」は、個人や会社などに対して使用できますが、「ご健勝」は、あくまでも個人に対しての表現なので、会社や団体に対しては使えません。 「ご清栄」は、どちらかと言えば会社向けに使った方が良いので、「ご健勝」は個人、「ご清栄」は会社と区別した方が良いでしょう。 「ご活躍をお祈りいたします」は、上下の関係なく使えますが、注意したいのが、 「ご活躍をご期待しています」という表現です。 この場合、どうしても上から目線のイメージが強くなり、相手に不快感を与える恐れがあります。 「ご活躍をお祈りいたします」でも抵抗を感じる人がいるかもしれませんので、目上の方には「ご健勝」や「ご多幸」を使った方が無難でしょう。

次の