ハーメルンモバイル。 ハーメルンのバイオリン弾きの登場人物

ショートカットキー一覧 ―基本編―

ハーメルンモバイル

これはとある世界線の、個性が無いままにヒーローを目指す少年の物語。 雄英高校受験がついに一年後に迫り、それぞれを取り巻く環境は自然と加速してゆく。 ただ力を求めた少年。 力に人生を歪められた少年……そして、力を与えられなかった少年。 少年達は歩みを止めない。 ただ、この道の先が見たい。 その思いだけを胸に背負って歩き続ける。 「え!?爆豪これ!?うっは、全然変わってねぇ!ハハハハ!」 「アハハハハハ!!!何で爆豪赤ちゃんの頃からふてぶてしいの!?もうちょい可愛げとかさぁ!」 「あ、出久が勝己に泣かされてる……あれ?これも勝己に泣かされてる……あれ!?アレ!?おかしいぞツーショットだと常に出久が勝己に泣かされてる……」 「出久さん出久さん、この写真貰っても良いですか?」 「いやこれかっちゃんのアルバムだし……」 「しかし色んな写真があるなあ……え、これ爆豪の母ちゃん?…………十年前…………え?」 「……お前ら何してんだコラァ……!」 「あ、爆豪帰ってきた!逃げろ!散開!」 「逃がすかアアアアアッ!!!!」 緑谷と爆豪と発目と心操芦戸切島が仲良く中学生活してます。 諸々の事情から心操君と発目さん転校させたり地理を捏造したりしてます。 ソウルイーターの設定をヒロアカの世界観に沿うように改変しているため、ソウルイーターを知らなくても読める……ハズです。 又、サブキャラにまるで関係の無い漫画、アニメのキャラが出てきたりとかします。 中学二年生、春、夏。 2018年10月06日 土 00:00 改 2018年10月06日 土 00:00 改 2018年10月27日 土 00:00 改 2018年11月15日 木 00:00 改 2019年01月10日 木 00:00 改 2019年01月28日 月 00:00 改 2019年03月05日 火 00:00 改 2019年03月22日 金 00:00 改 2019年05月06日 月 00:00 改 2019年05月10日 金 00:00 改 2019年05月18日 土 00:00 改 2019年06月01日 土 00:00 改 2019年07月03日 水 00:00 改 2019年07月16日 火 00:00 改 2019年08月03日 土 00:00 改 中学二年生、秋、冬。 2019年08月14日 水 20:38 改 2019年08月28日 水 00:00 2019年09月20日 金 00:00 改 2019年10月07日 月 00:00 2019年10月12日 土 00:00 改 2019年10月25日 金 00:00 改 2019年11月01日 金 00:00 改 2019年11月11日 月 00:00 改 2019年11月21日 木 00:00 改 中学三年生、春、夏。 2019年11月24日 日 11:29 改 2019年12月04日 水 00:00 改 2020年01月12日 日 00:00 改 2020年01月13日 月 00:00 改 2020年01月14日 火 00:00 2020年01月15日 水 00:00 改 2020年01月24日 金 00:00 改 2020年02月09日 日 00:00 改 2020年03月01日 日 00:00 改 2020年03月25日 水 00:00 改 2020年04月28日 火 00:00 改 2020年05月30日 土 00:00 改 2020年06月06日 土 00:00 改 2020年06月26日 金 00:00 改.

次の

運営

ハーメルンモバイル

この項目には、一部のコンピュータやで表示できない文字が含まれています ()。 ハーメルンのバイオリン弾き ジャンル 、、 (・) 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル 発表号 4月号 - 2月号 巻数 全37巻 アニメ 原作 渡辺直明 監督 シリーズ構成 脚本 今川泰宏 キャラクターデザイン 音楽 アニメーション制作 製作 放送局 系 放送期間 - 話数 全25話 - プロジェクト 、 ポータル 、 『 ハーメルンのバイオリン弾き』(ハーメルンのバイオリンひき)は、による、およびそれを原作としたアニメ、ゲームソフトなどの派生作品。 原作漫画はの雑誌『』で4月号から2月号まで連載された。 単行本全37巻、他ガイドブック全2巻。 累計発行部数は計680万部以上。 に化、にが公開され、引き続いて原作をに大幅アレンジしたが1996年からにかけて全25話放映された。 概要 [ ] 元々は読切作品だったが、主人公が金にがめつい外道で、巨大から奏でる(魔曲)の力で敵を倒すという珍しい設定から人気を博し、本格連載となった。 主人公のが北の都に住むを倒すために旅をするという王道ファンタジー作品。 登場人物や地名などの名前は全てや記号に由来し、随所にをモチーフとして組み込んでいる。 なお、また、主人公のハーメルやライエルの使用する魔曲としてクラシックの名曲が登場し、随所に曲にまつわるが披露される。 当初はとして連載されたものの、主人公の出自の謎が明らかになると共にストーリーはが主軸となっていく。 また、キャラ崩壊ともいえるパートを唐突とも言えるタイミングで挟んでおり、これは凄惨な場面もままある展開に一息入れるため。 1995年に版が全3巻制作され、第1巻〜第5巻までの内容を収録。 楽曲はが担当。 1996年に当時の連載段階のサイザーが仲間になったばかりの設定でアニメ映画が制作(陣はドラマCDと同一で、CDブックの実質的な続編)。 同年に放映されたTVアニメ版は殆どのギャグを排して声優陣を一新し、明るく人間賛歌的な原作を反転させたシリアスとして大幅なアレンジを加えた。 劇場版とテレビアニメ版の楽曲はが担当。 また、1996年から1997年まで版が全3巻発売。 11月30日に発売された『』Vol. 2にて本編から10年後(エピローグから数年後)の話が外伝として書かれている。 また、1月18日に発売された『』2008年3号〜2011年21号まで、上記の外伝からさらに数年後を描いた続編『』が連載された。 単行本は全8巻。 現在、により本作の後日談で『シェルクンチク』以前の時代を描いた『』を (無料版が3話まで公開、全話試し読み可能)で連載中。 で単行本が現在13巻まで続刊。 また、本作は現在絶版となっているが、で電子書籍版が全巻販売中(渡辺の有料会員加入者は特典として『続ハーメルン』も併せて全作品読み放題)。 ストーリー [ ] その昔、この世の全てのが封じられた があった。 それをとのハーフである パンドラが開けてしまい、溢れ出た魔族達は「 千億の絶望」と呼ばれ、人間を滅ぼし世界を手中に収めようとしていた。 ハーメルはお供の喋る・ オーボウと共に訪れたスタカット村で天涯孤独の村娘 フルートと出会い、魔族から村を救った報奨金の代わりに旅に同行させることに。 頭に角が生えた子供として産まれたハーメルは母のパンドラと共に迫害されながら育ち、14年前に村人と結託した魔族の罠により目の前でパンドラをさらわれたハーメルは怒りと悲しみで大魔王の血に覚醒、血に飢えた本能の塊と化して村人らを虐殺した「 アンセムの悲劇」を引き起こした過去があった。 ハーメルは母を取り戻して全ての災いを封じるために旅を続けており、和解してハーメルのよき理解者となったライエル、魔界軍に滅ぼされた母国 ダル・セーニョの仇討ちと復興を誓う小さな トロン・ボーンを旅の仲間に加えていく。 また、フルートの正体が15年前行方不明になった守護の要である スフォルツェンド公国の ホルンの娘と判明し、聖女の血を引くスフォルツェンド王女が持つ癒しのに目覚めていく。 後に魔界軍王のNO. 3・ 妖鳳王サイザーが、赤ん坊の頃魔族にさらわれたハーメルの生き別れのの妹と発覚し、紆余曲折の末に仲間に加え、彼らは「 五つの大きな希望」と呼ばれるようになっていく。 登場人物 [ ] 「」を参照 『シェルクンチク』の各登場人物に関しては、を参照。 コミックス [ ] いずれも、エニックス(現:スクウェア・エニックス)の漫画レーベルから刊行された。 1991年9月22日刊行、• 1992年2月22日刊行、• 1992年7月22日刊行、• 1992年12月18日刊行、• 1993年5月22日刊行、• 1993年8月21日刊行、• 1994年1月22日刊行、• 1994年4月22日刊行、• 1994年8月22日刊行、• 1994年11月22日刊行、• 1995年2月22日刊行、• 1995年9月22日刊行、• 1995年11月22日刊行、• 1996年3月22日刊行、• 1996年8月22日刊行、• 1996年11月22日刊行、• 1997年1月22日刊行、• 1997年2月22日刊行、• 1997年3月22日刊行、• 1997年6月21日刊行、• 1997年8月22日刊行、• 1997年11月22日刊行、• 1998年1月22日刊行、• 1998年3月20日刊行、• 1998年8月22日刊行、• 1998年11月21日刊行、• 1999年3月20日刊行、• 1999年5月22日刊行、• 1999年8月21日刊行、• 1999年11月22日刊行、• 2000年2月22日刊行、• 2000年5月22日刊行、• 2000年8月22日刊行、• 2000年10月21日刊行、• 2000年12月20日刊行、• 2001年3月22日刊行、• 2001年3月22日刊行、• 廉価版• 『ハーメルンのバイオリン弾き 〜最終楽章 歓喜の歌〜』 2008年8月25日刊行、 ハーメル一行と大魔王ケストラーの決戦クライマックスを収録した。 ゲーム [ ] ハーメルンのバイオリン弾き ジャンル アクションゲーム 対応機種 スーパーファミコン 開発元 - 発売元 エニックス(現) 人数 1人 メディア 12 発売日 1995年9月29日 売上本数 - その他 - コンピュータゲーム [ ] 1995年9月29日にエニックスから発売されたで開発は『南国少年パプワくん』のDaftが担当。 プレイヤーがハーメルを操り、フルートを投げたり、着ぐるみを着せたりしながら進んでいく。 ストーリーは全4面で、1面の中に多くのステージを盛り込んでいる。 ストーリーは1巻から4巻までの内容を中心にまとめてあり、テレビアニメ版のシリアスさとは対照的に原作のコミカルな部分を前面に押し出した形となっている。 1面1面が長く進めるのには時間がかかるにも関わらず、はもちろんパスワード形式などの保存方法がなく、全てクリアするには最初から最後まで中断せずに続けるしかない。 しかしそれ故にクリアできた際には相当な達成感が得られるものとなっている。 ハーメルとフルート以外にも、サブキャラクターとしてライエルやオーボウ、サイザーは登場するが、トロンなどは出ていない。 ゲーム中の音楽は基本的に森ヨシユキによるオリジナルだが、アレンジされたやなどのクラシックの名曲もところどころで使われている。 CDブック [ ] 1995年にコミックCDコレクションとして発売された。 全三巻。 第一巻から第六巻分までの内容までが収録。 『 コミックCDコレクション ハーメルンのバイオリン弾き1』 1995年3月10日刊行、• 『 コミックCDコレクション ハーメルンのバイオリン弾き2』 1995年7月28日刊行、• 『 コミックCDコレクション ハーメルンのバイオリン弾き3』 1995年11月10日刊行、 ゲームブック [ ] ゲームブック ハーメルンのバイオリン弾き エニックス文庫(ガンガンゲームブックシリーズ):1996年・初版:580円 アニメ [ ] 劇場版 [ ] 1996年4月20日に「GWアニメフェスティバル'96」として公開された。 同時上映は『』『』。 CDブック版のキャスト陣が引き続き参加。 ビデオ版購入特典のおまけVHS「劇場版ハーメルンのバイオリン弾き・攻略ビデオ〜特ホウ!?スフォルツェンド公国〜」は原作者・スタッフ・キャストによる楽屋ネタ的な作品となっている。 時系列は原作のどこにも当てはまらず、パラレルになっている。 スタッフ(劇場版) [ ]• 製作 - 田中迪、本橋浩一、八木ケ谷昭次、• 企画 - 、石崎邦彦、中島進、本橋寿一• 音楽 -• キャラクターデザイン・作画監督 -• 美術監督 - 筒井典子• 製作管理 - 真木透、• プロデューサー - 久米憲司、吉田剛、小林正彦• 監督・脚本 -• 音響監督 -• 色彩設定 - 佐藤秀一• 撮影監督 - 平田隆文• 制作担当 - 安形裕篤• 編集 - 名取信一、目黒広志、寺野剛• アニメーション制作 -• 国王 声 - アンディファーナ国の国王。 王妃 声 - アンディファーナ国の王妃。 娘ベルリラを救出する為、剣を取って戦おうとする。 ベルリラ姫 声 - アンディファーナ国の王女。 メデューサの魔法で猫の姿にされ、囚われの身になるが、ハーメル達に救出される。 ハーメルは美しい王女を期待していたが、実際は幼い少女だった。 メデューサ 声 - アンディファーナ国侵攻を指揮した女魔族で、自分を美しいと言っている。 石化魔法でライエル達を石化した。 終盤で冥法王ベースの部下であることが判明する。 ボスモンスター 声 - 冥法軍兵士 声 - 、 住民 声 - テレビアニメ [ ] 10月2日から1997年3月26日まで系で放送された。 全25話。 当時人気を博していたに似たシリアスな作風をというプロデューサーの意向で、原作の持ち味であるギャグシーンを抹消したダークファンタジーとなった。 また、出演声優もホルン女王を除き一新された。 序盤にほんの僅かだがコミカルな描写があるように元々は多少のギャグも盛り込む予定だったが、監督のによるとストーリーのドラマ性を重視した結果入れる余裕がなくなったため、結果的にギャグを省いた形になったという。 第1話、最終話でオープニング、エンディングがカットされているのも、演出というよりは1話分のストーリーが長すぎて尺が足りなくなったため [ ]。 当初は1997年9月までの1年間の放送予定だったが、視聴率が振るわなかったことや、スポンサーが原作に似せた作風を予期していたこともあり、初期で半年までのが決定した。 そのため2クール目中盤で1年ほど話が飛ぶ。 また、そのあおりを受けて本編では強引なストーリー展開が多く見られ、主題歌をとっても前半と後半で全く異なるタイプのものになるなど、作品の方向性についての混乱も見受けられた。 なお、シリーズ全体を通して止め絵が多用され、紙芝居の様なシーンが多く見受けられるが、これは監督インタビュー(アニマックス・創ったヒト)によると低予算やスケジュールとは一切関係なく、意図的な演出という。 ただ、このような当時のアニメーションとしても奇抜ともいえる手法を取った理由として、同時期に放送された『』に感化されたということも監督は述べている。 監督が「大きな悲劇の物語」と形容したように、原作を踏まえた上で原作の人間賛歌的なテーマを反転させた陰鬱なストーリーの数々は、もはやオリジナル作品ともいうべき程に大胆なアレンジが加えられている。 原作者自身は「ギャグを入れるとかえって伝えたいメッセージが霞んでしまう」と、この路線を評価している [ ]。 監督曰く、設定に関する「謎解き」ではなく、登場人物たちの葛藤を軸にした「ストーリー」で見せる作品というコンセプト、との事である。 アニメ版のベースはベースとリュートが同時に声を発するという形式で、二人の声優で演じている。 また、2つの首を持つドラムは声優が一人だがベースのようなステレオではなく、片方が喋り、もう片方が唸り声を上げている演出がされている。 ソフト化は、でそれぞれ全6巻が発売されているが、全5話収録の6巻はLDのみ2枚組という異例の形態になっている。 からまで、DVD-BOX発売の宣伝を兼ねて、でセレクション放送された。 ストーリー [ ] 山間部に位置する平穏なスタカット村。 大きなを持った青年・ ハーメルと幼なじみの少女 フルートは幸せに暮らしていたが、村の星祭りの直前、魔族に襲われ倒れていた魔法王国 スフォルツェンド公国の使者を「よそ者には関わらない」という村の禁忌を破って助けたことで、穏やかな日々は終わりを告げる。 実はフルートの正体は聖なる血筋を受け継ぐスフォルツェンド公国の王女であり、スタカット村は15年前に 女王ホルンの命令で生まれたばかりのフルートを魔族から守るため、スフォルツェンドの忠臣達が法力で外界との間に結界を貼って作ったまやかしの世界に過ぎなかった。 そして、ハーメルの頭に突然現れた角は結界に綻びが生じた印だったのである。 そして星祭りの夜、スタカット村に侵入した魔族に襲われて村人は全滅。 燃え盛る村を後にしたハーメルとフルートはスフォルツェンドを目指して旅に出るが、ハーメルの13年前に失われた記憶の謎と共に不穏な空気を醸し出していく。 原作 - 渡辺道明• 監督 -• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン -• 美術監督 - 加藤賢司• 撮影監督 - 藤倉直人• 編集 - 森田清次、高山智江子• 音楽 -• 録音演出 -• プロデューサー - 渡辺隆• アニメーションプロデューサー - 白井勝也• アニメーション制作 -• 第二次スフォルツェンド大戦 渡辺純央 守岡博 佐藤和巳 10 12月4日 《人》と《魔》の狭間に… 渡辺純央 斎藤哲人 津幡佳明 11 12月11日 真実の鏡 白旗伸朗 清水明 数井浩子 12 12月25日 旅の終わりに 菱川直樹 室井ふみえ 13 1997年 1月3日 戦いの傷痕 守岡博 佐藤和巳 14 1月8日 新たなる旅立ち! 渡辺純央 鈴木芳成 津幡佳明 15 1月15日 別れの港(まち)・センザ 清水明 数井浩子 16 1月22日 滅亡国家・スラー 菱川直樹 室井ふみえ 17 1月29日 魔族として 篠原俊哉 守岡博 佐藤和巳 18 2月5日 ラスト・ショー 渡辺純央 津幡佳明 19 2月12日 心 乱れて… 須永司 清水明 数井浩子 20 2月19日 復讐の幕開け 菱川直樹 室井ふみえ 21 2月26日 ツィゴイネルワイゼン 篠原俊哉 守岡博 佐藤和巳 22 3月5日 最後の『皇帝』 渡辺純央 津幡佳明 23 3月12日 たち切れぬ絆 須永司 清水明 数井浩子 24 3月19日 開かれた箱 菱川直樹 室井ふみえ 25 3月26日 終りなき ひとつの道 四阿蔵志 西村純二 守岡博 佐藤和巳 水曜17:00枠 前番組 番組名 次番組 関連書籍 [ ] ノベルス• 『ハーメルンのバイオリン弾きスペシャル』 1996年2月16日刊行、• 『ハーメルンのバイオリン弾き パーフェクトガイドブック』 1998年3月27日刊行、 フィルムコミックス• 『ハーメルンのバイオリン弾き 劇場映画版コミックス』 1996年5月31日刊行、 ポストカードブック• 『 ピクチャーポストカード ハーメルンのバイオリン弾き』 1996年7月12日刊行、 脚注 [ ] []• (1985年 - 1988年)• シリーズ(1988年 - 1989年)• (1989年 - 1992年)• (1992年)• (1995年)• (1996年 - 1997年)• シリーズ(1996年 - 1997年、1999年)• (1999年)• (2002年)• (2004年)• シリーズ(2004年 - 2006年、2008年 - 2009年)• (2006年)• (2008年)• (2010年)• (2010年)• シリーズ(2012年、2015年)• (2013年)• (2014年)• (2016年)• (2016年)• (2019年) OVA.

次の

ショートカットキー一覧 ―基本編―

ハーメルンモバイル

あらすじ [ ] のにあるとなった旧喰丸小学校に元が住んでいる。 学校は村の音楽仲間の練習場であり、が発掘した遺跡物の保管場所にもなっている。 校長により修繕はされているが、老朽化により取り壊しも決定し、校長は立退きを要求されていた。 県の博物館から遺跡物調査のため野田が派遣される。 野田はこの小学校の卒業生であった。 野田の恩師の綾子先生の娘リツコが営む飲み屋で、野田は綾子が現在高齢者施設にいることを知らされる。 野田は学校の閉校式の日、を埋めた記憶があるが、どこに埋めたかを覚えていなかった。 その閉校式の日にみんなと見ていたはずのの結末も覚えていなかった。 校長も野田たちがタイムカプセルを埋めたことは覚えていたが、埋めた場所は綾子しかわからないという。 閉鎖したも遺跡物の保管場所になっていて、野田は映画館の持ち主である工藤と会う。 工藤はかつて綾子とリツコを捨てた過去をもち、それ以来娘のリツコとは疎遠になっていた。 校長は、リツコから綾子の宝物であった置き時計を失くしたことを聞かされる。 野田の記憶にも残る置き時計は、をモチーフとしたで12時になると「」のオルゴール音が流れるという他ではけして手にはいらないものであった。 村での調査が終わり野田が村から引き揚げる挨拶とともに、野田は置き時計を隠したのは自分でタイムカプセルとともに埋めたとリツコに告白する。 リツコはひさしぶりに工藤と会い、自分のピアノをもらう約束をする。 リツコへ送る準備のためピアノの椅子を取り出そうとした工藤ははしごから転落する。 村祭は雨のため校舎内で行われていて、歌を披露したリツコの元へ工藤の訃報が知らされる。 秋の終わり、綾子を隣町の大きな病院へ移す途中、リツコは綾子を連れて学校を訪れる。 音楽仲間による綾子が大好きなカノンが流れる中、過去の記憶が混在する綾子は学校にいた子どもたちがとつぜんいなくなったことをいぶかしむ。 冬、校長が亡くなる。 村を訪れた野田はタイムカプセルを掘り出そうとする。 そこへリツコが現れ、校長が野田へ渡して欲しいと言ってあずかっていたとカメラと1本のフィルムを手渡される。 フィルムには野田が覚えていなかった人形劇の結末と、授業の合図の鐘を鳴らす綾子先生が映っていた。 撮影 [ ] ロケ地のひとつとなった本宮映画劇場(福島県本宮市)• 制作がスタートしたのが。 翌年、を舞台にロケがスタートした。 その後天候不順や発生などに伴う中断を経て、5年の歳月をかけに完成した。 撮影に使われた旧昭和村立喰丸小学校は撮影開始時で閉校から約30年が経ち解体が予定されていたが、撮影終了まで校舎を保存するという計画が建てられた。 劇中に登場する映画館は、福島県に残るでロケされた。 キャスト [ ]• - 野田• - リツコ• - 校長先生• - 綾子先生(リツコの母)• - 中丸• - 工藤(リツコの父)• - 綾子先生(若い頃)• - 人形使い• スタッフ [ ]• 監督・脚本 -• プロデューサー -• 共同プロデューサー - 、、坪川拓史• 協力プロデューサー -• 撮影 -• 照明 -• 録音 -• 美術 -• 衣装 -• メイク -• 監督補 - 、• 人形制作 -• 音楽 -• 制作・配給 - トリクスタ• 製作 - ハーメルン製作委員会• 特別協力 - 福島県大沼郡昭和村 出典 [ ]• 音楽ナタリー. 2013年8月15日. 2015年9月9日閲覧。 ORICON STYLE. 2011年11月2日. 2015年9月9日閲覧。 外部リンク [ ]• - この項目は、に関連した です。

次の