香港 わかり やすく。 【時事問題】香港デモをわかりやすく解説 就活対策シリーズ

サルでもわかる『逃亡犯条例』をわかりやすく解説!争点は一国二制度!

香港 わかり やすく

1ヶ月以上続いた香港でのデモ。 暴徒化して衝突が起きてケガ人が発生しただけでなく、逮捕者も出たり、空港でデモが起きて一時空港が封鎖されるなど、世界中で大きく報道される事態になっていました。 日本でも、たびたび香港デモの様子が取り上げられていましたね。 エンタメばかり優先される日本で、 これだけ社会情勢ニュースが毎日のように報道される時点で明らかな異常事態です。 ただ、 「 なぜ、香港でこんなにデモが起きてるの?」 と思ったかもしれません。 香港の市民は何に怒っていて、何を不満に感じてデモをして、なぜこれほどデモが長期化したのか?それは香港政府の「逃亡犯条例」と中国政府が関係しています。 この記事では、香港でもの裏側をわかりやすく解説します。 また、香港という国がいかに特殊に成立している国なのか。 ここに至るまでの経緯もお話しながら、できる限りカンタンに解説していきます。 「逃亡犯条例」の改正とは まず今回のデモの発端は「 逃亡犯条例」 本条例をザックリいうと、犯罪者の引き渡し条例。 「 もし香港に他の国の犯罪者が逃げ込んだら、要請した場合犯人を逮捕・引き渡ししてね」というのが逃亡犯条例です。 これだけ聞くと、良い条例ですよね。 例えば香港人が日本で犯罪をして、香港に帰ってしまったとする。 日本は犯人の引き渡しを要求するも、条例がなければそれに応じる必要がない。 つまり一旦国を出てしまえば犯人が裁かれない可能性も出てくるわけで、むしろ 逃亡犯引き渡し条例を結んでいない香港が無責任に感じるほどです。 ただ、香港政府は中国とこの条約を結ぼうとしました。 この条例が通ってしまうと 中国:「香港。 お前のところの国、怪しいヤツがいるんだけど逮捕してくれや」 という言い分が通ってしまいます。 後述しますが香港は中国と違う国であり、同じ国でもあるという特殊な立ち位置です。 そもそも民主主義と共産主義では考え方も違うし、香港では独立と併合が常に対立しています。 中国からしてみれば、中国に反発する香港人はジャマでしかない。 そんな邪魔な活動家を「こいつ、中国で起きた事件の容疑がかかってるから逮捕して本土に送って」とカンタンに拘束できるようになってしまうわけです。 だから香港人は、「逃亡犯条例」で自由を失うことを恐れています。 中国に反論する人間は、いいがかりをつけて誰でも投獄されてしまうリスクがある。 そうなければ香港独立の意見を誰も言えなくなるし、いつかは完全に中国に飲まれてしまう可能性が高い。 今まで中国に徐々に圧力を強化されてきた香港。 今回の逃亡犯条例にここまで香港人が反対するのは、「 これ以上はデットラインだ」と香港人が認識しているから。 それほど、香港人にとっては影響のある条例ということですね。 ただし何となく聞いたことがあると思いますが、 香港と中国はほぼ別の国ではあります。 少なくとも「日本のなかの東京」「日本のなかの大阪」みたいなポジションではありません。 そもそも香港はイギリスの植民地として栄えました。 1950年代には製造業のハブとしての役割を果たす東アジア随一の金融センター都市であり、政治的も香港は自由主義陣営。 中国で迫害を受けた人たちを受け入れる役割もありました。 ところが、1997年に香港は中国に返還。 ここで問題なのは、 中国は共産主義国家であることです。 端的にいえば、個人の財産権を認めない政治体制。 香港が中国政府に完全復帰すれば、東アジア随一の金融都市が消滅する可能性もあり、結果的には2047年までの50年間、外交と国防以外は香港政府の自治を認めることになったのです。 「香港政府」とは、香港の自治行政府をさします。 つまり、 中国国内には、中国本土を政治支配する中国政府と香港政府の2つの行政府が存在するわけです。 これが「一国二制度」と呼ばれるものですね。 だから、分類上香港は中国の一部。 ただし、 中国の指図を受ける必要がない立場にいるため、実質的には使っている文字から政治体制、発展具合までなにからなにまで違うという状況になっているわけです。 本当に香港政府に自治はあるのか? 理屈上、香港は中国に口出しされるポジションではありません。 ただ、お察しの通り 香港の政治には常に中国からの干渉がつきまとってきました。 例えば、香港トップで大統領にあたる「行政長官」の選出方法。 これは有権者のわずか6パーセントからなる選挙委員会により選出されます。 香港に住んでいる一部の人の意見しか反映されないわけですね。 この時点で民主主義とは言えません。 おまけに選挙委員会は中国政府に忠誠を誓わなければならず、中国政府のいいなり…そんな選挙委員会が、香港政府のトップである行政長官を選ぶ。 もはや、 行政長官は中国政府から任命されたも同然です。 また、中国の民主化を主張していた香港のある富豪が中国政府によって拉致されたとのニュースも世間を騒がせました。 香港政府は中国政府からの制裁や強い圧力のもとにあります。 だから議員は自分の立場を守るためには、中国政府の言いなりになるしかない事情があります。 香港市民は自分たちを「中国人」ではなく「香港人」と認識しており、中国と完全に1つの国になることを望んでいるのは一部だとデータにも現れています。 それでも 香港政府が中国よりの政治をするのは、香港で議員として生き残っていくためには あるいは、自分の命を守るためには 中国の言いなりになるしかないから。 という事情があるわけです。 スポンサーリンク 香港デモの背景と本質 香港の事情を知ると、香港人が逃亡犯条例に猛烈に反対した理由。 そして逃亡犯条例が改正されても沈静化しない理由も見えてきます。 香港の返還後、中国はじわりじわりと香港の共産主義化を進めてきました。 自分たちを香港という独立国家の国民と考える香港市民にとっては、今回の逃亡犯条例の制定は銃弾を一切使わない侵略戦争と同じです。 逃亡犯条例の改正案が可決されれば、香港に中国本土の警察権力の行使が可能となり、一国二制度が瞬時に崩壊してしまう可能性が極めて高いからです。 香港人 VS 香港政府&中国政府 今回のデモに限らず、常に香港はこんな状況に置かれているわけです。 だから今回の逃亡犯条例が撤回された もう1回持ち出してくる可能性も十分にあると思いますが としても、香港政府へのデモが続いている理由も中国への不満です。 自治権を維持しようとする香港。 自治権を侵食しようとする中国。 この2つの対立が終わらない限り、今後もまた違う条例でデモが発生する可能性も十分ありますし、今後香港の治安自体が悪化していく可能性もありますね。 香港の特殊性と中国の対立がデモの根本的原因 香港と中国の長きにわたる対立が根本にある以上、逃亡犯条例が撤回されたからすべての不満がキレイさっぱり無くなる…なんてことは一切ありません。 香港デモは長期化することが予想されます。 中国&香港政府:他の方法で、香港の自治権を狭めたい 香港人:これ以上譲歩して、天安門の二の舞は避けたい もっとも、香港は東アジア屈指の金融都市。 中国の辺境の地であるウイグル自治区などは徹底的に弾圧されても世界はそれほど声を挙げませんが、世界中に影響を与えかねない香港への武力行使は中国の信頼に大打撃を与えます。 だからこそ中国も香港に対しておおっぴらな武力行使はできないし、今回のように「武力を伴わない侵略」を上手に使ってきているわけです。 「 香港?中国と何が違うの?」 「 なんでずっとデモなんてやってるの?」 と思ったかもしれませんが、香港の 実質的な 独立。 それは香港人のためでもあり、金融センターが崩壊すれば世界中が大打撃を受けるから、世界のためでもあります。 ぜひこの機に、香港の根本的な中国との対立に目を向けてみてください。

次の

超高性能な布マスクのHKmask(香港マスク)作成方法を写真と絵で一番わかりやすく解説|ヲポポポコめも

香港 わかり やすく

たとえば私たち日本人がツイッターで「安倍マジ最悪さっさと辞めろ」と書いたとしても何の問題もないでしょう。 万が一、犯罪を犯したとしても警察が逮捕するまでにはしっかりとした手続きが踏まれ、自白の強要なども禁止されていますし、濡れ衣を着せられることもありません。 中国ではこれらが当たり前ではありません。 少しでも中国政府を批判した内容をネット上に投稿すれば反乱分子として拘束されます。 拘束されれば、やってもいない罪を着せられて大罪人となってしまい二度と元の生活には戻れなかったり、存在が消されてしまったりするというヤバイ状況にあります。 今までは香港は中国政府が手出しするのに少し時間がかかる場所でしたが、「手続きをスキップしてサクッと中国政府に都合の悪い人間を消しちゃおう!」 というのが、「逃亡犯条例」改正案に香港の人々が必死になって抵抗している理由です。 逃亡犯条例の問題点をわかりやすく解説 私たち日本人が当たり前にできていることをすると、中国では捕まってしまいます。 YouTube、Google、Twitterなど他国のSNSの使用• 言論の自由の主張をすること 本の出版も• 民主主義について話すこと• ゲイ、レズなどの同性愛を認める考えを持つこと そしてもちろん、中国政府の批判と思われる発言をすれば捕まってしまいます。 今までは、この異常な事態が香港には及んでいませんでした。 「逃亡犯条例」改正案が通ることで、中国全土から「自由な考えを持つこと」が奪われることになります。 香港「逃亡犯条例」改正案の抗議デモの理由や何が悪いのか? ざっくりとした「逃亡犯条例」改正案の解説は先にした通りです。 ここからはもう少し細かい解説をしていきます。 逃亡犯条例とは何か? 中国・香港は1997年に中国に返還されるまでの間はイギリスの領土でした。 イギリスは犯罪者が香港に滞在している時に、身柄を他国に引き渡す条件として「司法制度や刑事制度が確立されていて、人権が正しく守られている国には引き渡す」と決められていました。 イギリスの考えを受けて中国政府が締結したものが逃亡犯条例です。 イギリスから中国に香港が返還された後も、逃亡犯条例は生き続けていました。 逃亡犯条例「改正案」が主張された理由は? 香港政府によると、2019年2月に起こった香港人男性が台湾で恋人を殺害した事件での、身柄引き渡しがうまくいかなかったことを理由に、条例の改正が必要だと判断したと主張しています。 香港と中国との間では逃亡犯条例が締結されていましたが、香港と台湾の間では犯罪者の身柄引き渡しに関する条例がなかったこと。 そして身柄が引き渡せないために香港国内で証拠を揃えられた容疑でしか逮捕できなかったこと。 これらが改正案が作られる動機になったと言われています。 「逃亡犯条例」改正案の抗議デモの理由は? 抗議デモが盛んに行われている理由は、いままで香港は中国に属していながらも、イギリスの領土であった背景から「中国であって中国でない自治区」だったのが、「逃亡犯条例」改正案を機にその特異性が失われることへの懸念です。 しかし「逃亡犯条例」改正案が、先のような犯罪者に対してのみ適応されるのであれば、抗議デモは起こらなかった可能性が高いです。 問題となっているのは、引き渡し対象となっている犯罪に制限がないため、今まで中国政府が行ってきた取り締まりという名の粛清の手が香港にも及ぶのではないか?という点です。 「逃亡犯条例」改正案の何が悪いのか・影響は? 中国・香港は世界都市の一つで、経済・金融都市としての地位が確立されています。 その背景にはアジアの中心に位置しつつ、中国政府の介入がすくない香港の特異性も影響していました。 香港に拠点や支社を置く外国企業が中国政府の引き渡しの対象となる可能性があります。 そして中国政府の取り締まりなどを批判している活動家たちが何らかの容疑を着せられて引き渡しの対象となる可能性があります。 まとめ ・逃亡犯条例って何が悪いの? 逃亡犯条例は犯罪者を捕まえやすくするための条例なのにみんなが反対しているのはおかしいという訳ではありません。 ・中国のヤバイ状況と「逃亡犯条例」の関係は? 少しでも中国政府を批判した内容をネット上に投稿すれば反乱分子として拘束されます。 ・逃亡犯条例の問題点をわかりやすく解説 「逃亡犯条例」改正案が通ることで、中国全土から「自由な考えを持つこと」が奪われることになります。 ・逃亡犯条例とは何か? 「司法制度や刑事制度が確立されていて、人権が正しく守られている国には引き渡す」というイギリス の考えを受けて中国政府が締結したものが逃亡犯条例です。 ・逃亡犯条例「改正案」が主張された理由は? 香港政府によると、2019年2月に起こった香港人男性が台湾で恋人を殺害した事件での、身柄引き渡しがうまくいかなかったことを理由に、条例の改正が必要だと判断したと主張しています。 ・「逃亡犯条例」改正案の抗議デモの理由は? 引き渡し対象となっている犯罪に制限がないため、今まで中国政府が行ってきた取り締まりという名の粛清の手が香港にも及ぶためです。 ・「逃亡犯条例」改正案の何が悪いのか・影響は? 香港に拠点や支社を置く外国企業が中国政府の引き渡しの対象となる可能性があります。 そして中国政府の取り締まりなどを批判している活動家たちが何らかの容疑を着せられて引き渡しの対象となる可能性があります。 いつもたくさんのコメントありがとうございます。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 カテゴリー•

次の

バカにもわかりやすく教えてください

香港 わかり やすく

雨傘運動とは?簡単にわかりやすく解説! 香港デモは「雨傘運動」または「雨傘革命」と呼ばれています。 この理由は、デモ隊を排除するために香港警察が催涙弾やゴム弾を使って攻撃するので、デモ隊が雨傘をさして対抗したことからと言われています。 ただ、これだけでは香港のデモについてあまり理解ができません。 今回は、香港の歴史を追いながら、デモの発生した原因と雨傘を使うに至った理由について、簡単にわかりやすく解説しました。 解説するにあたり、次のサイトを主に引用し参考にしました。 BBCサイト:【解説】 なぜ香港でデモが? 知っておくべき背景• Newsweek:イギリスはなぜ香港を見捨てたのか• 日経ビジネス:香港デモは「最後の戦い」 香港はイギリスの植民地だった 香港は150年間イギリスの植民地でした。 1842年のアヘン戦争で勝利したイギリスは、香港島を永久にイギリス領にしました。 しかし香港島は水不足が深刻だったため、1989年にイギリスは水の供給のために「新界」と呼ばれる地域を、当時の清朝政府から99年間租借 外国の領地を借りて一定期間統治すること しています。 seesaa. html イギリスの植民地だった香港ですが、中国本土の貧困・迫害から逃れた人たちが香港に数多く移民することで安い労働力が確保され、自由な経済活動が行われたため、香港経済は飛躍的に発展しました。 1997年に香港は中国に返還された 租借されていた「新界」地域は、1997年にイギリスから中国に返還する予定でしたが、イギリスは香港島まで中国に返すつもりは有りませんでした。 しかし、中国の最高指導者・鄧小平が、軍事介入及び水供給のストップで脅したため、マーガレット・サッチャー英首相は香港島も含めた香港全てを返還することで合意しました。 html 鄧小平はサッチャー首相を恫喝、イギリスは中国に屈した 香港全てが中国に返還されることが決まった時、香港人は大きな不安を持ちました。 なぜなら中国には言論の自由がなく、公平な裁判も期待できません。 自由を謳歌していた香港人にとっては悪夢でしょう。 これは理解できます。 香港デモ、再び衝突 催涙弾で強制排除: 日本経済新聞 天安門事件みたいにならなきゃいいけど…。 香港返還の時「俺は中国人になるんだ」と落ち込んでいた香港人留学生を思い出す。 香港の一国二制度とは? 香港の一国二制度とは、2047年までの50年間は資本主義を採用し、香港人による自治と言論・報道・出版の自由や集会・信仰の自由が認められたものです。 引用元:朝日新聞デジタル これで香港人も安心できますね。 2047年までは中国の影響下から逃れることができます。 また香港人は普通選挙を求めていましたが、2017年に行われる予定の香港特別行政区行政長官選挙を一人一票の普通選挙で行うことが、2014年の8月に中国政府から発表されました。 2014年に雨傘運動が勃発、普通選挙は形ばかりの選挙だった しかし蓋を開けてみると、2017年に行われる予定の香港特別行政区行政長官選挙は一人一票の普通選挙であるものの、中国政府が認定した「指名委員」の過半数の支持を受けた人だけが候補者になれるものでした。 つまり、中国政府の意に沿った候補者しか選挙に出られないのです。 有権者は選挙権が有っても選択肢がありません。 完全に「形式だけの普通選挙」でした。 これに怒った学生が立ち上がり2014年に大規模なデモになりました。 日本で行われるデモは安全で、デモ隊を警察 国家権力 が守ってくれます。 日本では国家に抗議すると言いながら、国家に守られながらデモをしているのですから、単なるパフォーマンスでしかありません。 そもそも日本では普通選挙がありますから、政治に問題があれば選挙で政府を変えられます。 しかし香港人にはまともな選挙権はありません。 デモをするしか政府を変えられないのです。 しかも香港でのデモは、警察 国家権力 がデモ隊を攻撃します。 そこで身を守るために雨傘を弾除けに利用したのです、これが雨傘運動の始まりです。 jiji. 【New! 】香港デモ、黄色の傘を掲げて再び集結 「本物の普通選挙を」(画像集) — ハフポスト日本版 HuffPostJapan 2014年の雨傘運動は結局鎮圧されましたが、2019年に再び香港で大規模デモが発生します。 2019年の香港デモは、2014年とはデモの理由が違う 2019年には再び香港で大規模デモが発生しました。 2019年のデモの目的は、香港の容疑者を中国本土へ移送できるようにする「逃亡犯条例」の改正を阻止することです。 条例が改正されると、中国政府に反対する人々を政治犯として逮捕し、中国本土に移送した上で口封じが可能になります。 実際、2015年には中国政府を批判した香港の書店の関係者が突如失踪して、その後中国に連れ去られていたことがわかりました。 香港の言論の自由を守るために、学生を中心に香港人が再びデモに立ち上がりました。 2014年のデモは今はない「普通選挙」を求めるデモでした。 しかし2019年のデモは今ある「言論の自由」を守るデモになります。 そのため香港の人々の危機感が高く、デモ参加者も170万人とか200万人とか言われています。 香港の人口が700万人ですから、香港人の2~3人に1人が参加していることになります。 このデモの結果がどうなるかわかりませんが、香港の人々が無事であることを祈ります。 香港デモのリーダーかわいいと評判だがどんな人? 2019年の香港デモのリーダーとされているのは、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏(22)と周庭(アグネス・チョウ)氏(22)です。 周庭さんは、香港の民主の女神と呼ばれています。 かわいいですね。 — 2019年 7月月11日午前7時31分PDT WEDGE Infinity より、周庭さんのプロフィールです。 【名前】周庭 チョウ・ティン 【英語名】アグネス 【出身地】香港 【生年月日】1996年12月3日 【年齢】23歳 【大学】香港バプテスト大学 専攻:国際関係 【所属政党】デモシスト 日本のアニメが大好きで、小6の頃から日本のアニメを見たり、アイドルに憧れるようになります。 好きなアニメは『PSYCHO-PASS サイコパス』。 アニメを見たり、日本のメディアに対応しているうちに日本語もペラペラになりました。 引用元:WEDGE Infinity 今ではツイッターを日本語でつぶやいたりします。 香港警察は6月9日から、累計で1800発以上の催涙弾を撃ちました。 Picture from the Internet — 周庭 Agnes Chow Ting chowtingagnes 日本でも、日本語でツイートする周庭さんは有名です。 アグネスチョウさん可愛い。 この後、周庭さんは「香港の民主主義のために闘い続ける」と述べています。 今後も民主化運動を続けられるでしょうが、命の無事を願います。 今回は、香港で行われている大規模デモが「雨傘運動」と呼ばれている理由についてわかりやすく解説しました。 また香港デモのリーダーとされる周庭さんが、かわいいと評判なので紹介しました。 周庭さんは、日本のアニメが大好きで日本語が上手な女性でした。 香港ではデモに参加したという理由で、6月以降に900人以上が逮捕されています。 また中国政府が人民解放軍を香港に投入するのではと言う噂も絶えません。 香港デモが、天安門事件のような悲惨な結末にならないように、香港の人々の民主的な要求が叶えられるように期待しています。 この記事がお役に立ちましたら幸いです。

次の