オリーブ オイル オメガ。 オメガ3脂肪酸 効果 オリーブオイルとクルミ まとめ

オリーブオイルを摂ると中性脂肪は下がる?効果と関係性

オリーブ オイル オメガ

人間の脳は油でできてるので、良い油を摂っていれば健康的な考え方ができるけど、悪い油を摂り続けると考え方がおかしくなったり脳の病気になるって事がわかってきました。 油は生で食べるのが健康って説がありますが、油だけでなく全ての食べ物は生で食べるべきなので、オリーブオイルを生で飲まなきゃ!とかそこばっかり気にしすぎてはいけないと思います。 生のものだけでは耐えられないから揚げ物も食べたいし・・・ってなった場合に何をチョイスするかが大事。 不飽和脂肪酸が入っていない油で、トランス脂肪酸を作らない油がベスト。 となると、飽和脂肪酸のココナッツオイルなら調理に使うのには良いのかな?と思います。 ただ、マクロビ的考えからするとココナツは日本で取れるものではなく、暖かい南の島で獲れるものなので体を冷やす陰性だって事を頭にいれとかないといけません。 揚げ物が体を冷やすって考えにくいですが、ココナツ油の場合は米油よりも陰性なので冷え性さんには向いてないと思います。 とは言っても、ココナッツオイルには健康効果があるので、人によってはすごくいいものかもしれません。 ココナツには肌・甲状腺・心臓・免疫に効果があったり、代謝を上げてくれるのでダイエット効果もあるようです。 他の油と違い体内でなんとか代謝でき、余分なものも排出できるので無駄に脂肪として蓄えない、素敵な油だという事がわかっています。 代謝については、食べてすぐエネルギーとして運ばれるんですが、炭水化物(お米や麺など)とほぼ同じ働きをしつつインシュリンは緩やかに上げてくれるので、夕方急にお腹が空いてエネルギー不足になったりとかがないそうです。 高温になっても壊れにくい性質があるので、炒めたり揚げたりするならココナッツ油はおすすめです。 飽和脂肪酸は、太る事を気にせず摂って大丈夫! でも飽和脂肪酸って何に入ってるの?とか思ったので、調べてみました。 お肉や乳製品、パーム油(ヤシ)やココナッツオイルなどです。 ビタミンAやB12、DやEやKなどは脂溶性ビタミンって言って、飽和脂肪の形が一番体に吸収されます。 飽和脂肪酸の食べって油以外はだいたいタンパク質なので、栄養的にも普通に食べていれば優れています。 もくじ• 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸 飽和脂肪酸は、さっきも言ったお肉や乳製品、パーム油やココナッツオイルです。 不飽和脂肪酸は、植物油の事を言っていてオリーブオイルやベニバナ油、亜麻仁などを指します。 不飽和脂肪酸の事をオメガ3・オメガ6・オメガ9って科学構造の違いで分けて言われていたりします。 さらに、不飽和脂肪酸の事を必須脂肪酸と言って家庭科で昔習いましたが、私の考えでは必須じゃないと思っています。 オメガ3と6は体内で作れないからって理由で、必須脂肪酸と言われています。 飽和脂肪酸は体内で作れるので特に摂らなくても生きていけるのですが、食べたからって太る事はないので、体が欲する時に食べたい分だけ食べるのは健康的でいいと思っています。 1:4=オメガ3:オメガ6=リノレン酸:リノール酸 油を摂る時、バランスが一番重要になってきますが、人間の体内の油のバランスが1:4なんです。 細胞壁や脳は油でできているのですが、その割合が1対4です。 ですが、駅前の串カツ屋さんや百貨店のお惣菜、居酒屋の揚げ物に使われる油は安価な1:80の恐ろしい油なのが問題です。 現代の日本人は1:80の油を摂りすぎているため、代謝できないオメガ6(リノール酸)が体内に溜まり肥満症が加速しているし、おかしな油を摂りすぎているから脳がおかしくなって脳の病気が増えているんです。 オメガ6が悪いわけではなく、オメガ6も必要だけど同じだけオメガ3をバランスよく摂る事で代謝できたり、体で誤作動しなくなったりするもんなんです。 1:80の油を毎日摂ってる人は、1:4に戻すためにオメガ3(リノレン酸)を摂取した油の20倍摂ることで対処しないと・・・・ DHAやEPAが良いと、サプリ業界が騒いていますが、このDHAやEPAなどがオメガ3に当たる油なんです。 だから、たくさん摂ることで1:4のバランスが整い健康になれるってカラクリ。 オメガ3は熱に弱いので、生で摂らないといけないのですが、生魚ばっかり食べるなんてお金が続かないし、汚染された魚を食べていると他の良くない物質も一緒に摂取することになるのでサプリメントも便利に利用するべきかもしれません。 オメガ3の代表格DHAには、海馬に多く含まれる成分なのでしっかり摂ることでアルツハイマー型痴呆症の予防や記憶力の向上、神経細胞膜の補修などに効果があります。 同じく魚からよく摂れるEPAも、ちゅ性脂肪を減らすことで動脈硬化の予防や閉塞性動脈硬化症、高脂血症に効果があります。 オメガ6をとりすぎている今の日本人は、ロイコトリエンB4という物質が作られるせいで、強いアレルギー反応を起こし、アトピー性皮膚炎や花粉症、喘息などを発症させます。 ロイコトリエンB4はヒスタミンよりも強い作用をするので、すごく厄介。 昔はなかった花粉症やアトピーが増えているのは、実は油のせいなんです。 リノール酸の必要量は1日1~2gなのに、だいたい13gも現代人は摂取しているそうです。 スナック菓子や外食の悪い油、家の揚げ物も日清のサラダ油や体に一番悪い特保の油などを使っているため、どうしても過剰摂取になり代謝しきれずに脂肪に・・・挙句の果てには心臓病や脳の病気を発症、、、。 まずはオメガ3を1日4g摂って、バランスだけでも正しましょう! そして油を減らしましょう。 オメガ9はオリーブオイルやキャノーラ油などですが、私個人的にキャノーラ油や高オレイン酸サンフラワー油の揚げ物を食べると吐いた経験があるので、多分体に良くない油なんだと勝手に解釈してます。 正しい食事をしていると野生の本能が戻って来るので、自分の体に毒なものや必要ないものは体が受け付けないようになってきます。 人間リトマス紙と化した私の体が拒否するものなので、私にはキャノーラ油などは合っていない為オメガ9はオリーブオイル一筋で生きたいと思います。 オメガ9は高温でも変化しにくいので、炒め物や揚げ物には向いていると思います。 マクロビの発想で、地場のものが良いと思っているため米油を使っていますが、オリーブ油の揚げ物もおすすめします。 世界で一番オイリーなイヌイット族が病気にならない訳 結果から言うと、オメガ3をしっかり摂ってるので、心臓病や生活習慣病にならなかったってことです。 魚を食べすぎると毒出しの時に足が臭くなる(また今後書きます)のであまりおすすめしませんが、適量の魚を食べつつオメガ6を減らす(日清のサラダ油は買わないとか)ことが大事だと思います。

次の

オメガって何?油の種類【オメガ3とオメガ6とオメガ9の違いとは】

オリーブ オイル オメガ

油を制するものは油だけ!? ダイエットや美容に気を使う方は「油」と聞くと、イメージ的にすべて悪者のように捉えがちですが、 脂質は熱の発散を防いで体温を保ったり、太陽の光を利用してビタミンDを合成したり、脂溶性のビタミンA・D・E・Kなどの吸収を助けたりします。 油 脂質 ほどその摂り方で結果の良し悪しが分かれるものも無いように思います。 少し大げさですが、人生を左右する!? と言っても過言ではありません。 そこで、こちらでは理想的な「油の摂り方」について解説して参りたいと思います。 その前に、まずは簡単に油の種類について見ていきましょう。 脂質の種類について 脂肪には大きく分けて 飽和脂肪酸と 不飽和脂肪酸の2つがあり、飽和脂肪酸は牛肉や豚肉、乳製品など動物性の脂肪に多く含まれています。 不飽和脂肪酸は化学構造の違いから、「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」とさらに細かく分類されます。 ・ 飽和脂肪酸…肉や乳製品などの動物性の脂肪• ・ 不飽和脂肪酸…ベニバナやコーン、オリーブ、亜麻仁など植物性の脂肪 飽和脂肪酸は体内で合成できるため、必ずしも食事からとる必要はありません。 むしろ動物性の脂肪のとりすぎによる弊害のほうが指摘されるくらいです。 一方、不飽和脂肪酸のうち オメガ3とオメガ6はどちらも私達の体内では作り出せないことから、食事などを通して外から補わなければならない「必須脂肪酸」と呼ばれ、摂らないといけない油です。 オメガ3とオメガ6の働き オメガ3必須脂肪酸 オメガ6必須脂肪酸 代表的な油 亜麻仁油、えごま油、チアシードオイル、青背の魚の油、etc. べにばな油、コーン油、ごま油、サラダ油、マヨネーズ、etc. 主な作用 アレルギー抑制、炎症抑制、血栓抑制、血管拡張 アレルギー促進、炎症促進、血栓促進、血液を固める 上記のように、 オメガ3必須脂肪酸とオメガ6必須脂肪酸はそれぞれ逆の作用 拮抗作用 を起こすため、摂取バランスが非常に重要です。 オメガ9等も含めた脂肪酸の働きについてはも合わせてご覧ください。 油の摂り方はバランスが命 結論から言うと「オメガ3:オメガ6」の摂取比率は「1:4」が良いといわれています。 必須脂肪酸が不足したり、理想の摂取バランスが崩れると体の機能は大きく狂ってしまいます。 残念なことに近年の日本人の欧米型の食事ではオメガ6の摂取がダントツで多くなり、1:10~40に及ぶ場合もあります。 私たち、現代人は数十年で急速に食環境が欧米化してしまいました。 そのため厚生労働省が定めた「日本人の食事摂取基準」でも、サラダ油やコーン油、マヨネーズ、べにばな油に代表されるオメガ6必須脂肪酸の過剰摂取が指摘されています。 その一方で、 現代人がもっとも不足している栄養素がオメガ3必須脂肪酸なのです。 オメガ6体質にストップ! オメガ6にはアレルギー促進や炎症促進、血栓促進作用がありますので、オメガ6過多の食生活がアトピーや花粉症などのアレルギー症状の悪化や不調の原因のひとつになっていることは間違いありません。 また、マーガリン、ショートニング、菓子類、ファストフードに大量に含まれる トランス脂肪酸は多量に摂取すると悪玉コレステロールを増加させ心臓疾患のリスクを高めるといわれ、その危険性が周知の事実となっています。 2006年にはニューヨーク市が飲食店での全面使用禁止を条例で定めました。 反対に オメガ3は、アレルギー抑制、炎症抑制、血栓抑制とまったくその逆の働きをしますので、意識的に揚げ物や、ファストフード、菓子類を抑え、良質なオメガ3の油を摂ることが大切なのです。 脂質の摂取バランスの見直しだけで、例えばアトピー性皮膚炎や花粉症が緩和した、という報告は絶えません。 代表的なオメガ3の摂取源として、生の青魚や亜麻の種 フラックスシード 、エゴマの種、クルミなど一部のナッツ類、海藻などがあります。 オメガ3に期待できる働き• 脳の健康維持 うつ、認知症予防 脳の60%は脂質で構成、脳細胞の神経伝達を担う受容体に欠かせない• 炎症を抑える 拮抗作用によりオメガ6由来のロイコトリエンの炎症反応に対抗• 心血管疾患の予防 動脈硬化、心臓病予防 オメガ3由来のプロスタグランジンの抗凝固作用により血栓を防ぐ/赤血球の細胞膜を柔らかくする• がん予防 拮抗作用によりオメガ6由来のプロスタグランジンの ガン細胞の増殖を促す 働きに対抗• 悪玉コレステロール低下 善玉コレステロール HDL を高める、血圧を下げる オメガ3は熱に弱いため、加熱調理用には向きません 油は元来熱に弱く、加熱すると酸化してしまいます。 炒め物などの加熱調理にはオメガ6系ではなく、融点が高く、酸化しにくいオメガ9系のオイル オリーブオイル等 を使用するのがおすすめです。 このように、理想的な脂質バランスに近づけるためには、まずは意識して オメガ6系の油をとらないようにする位で丁度良いと言えるのですね。 おわりに ここまで読むと、オメガ6は全てが悪のような気がしていますが、オメガ3とともに協力して「脂質の役割」を担うほか、様々な生理活性物質を生むなど無くてはならない「必須脂肪酸」です。 例えば血栓ができそうな時は血液の流れを良くするオメガ3の働きが、逆に出血した時は血液を固めようとするオメガ6の働きがそれぞれ必要です。 繰り返しますが、大切なのは摂取バランスなのです。 冒頭で述べた、油 脂質 の摂り方が人生を左右する!? と言っても過言ではない、という意味がお分かりいただけたのではないでしょうか。 参考:『病気がイヤなら「油」を変えなさい』 山田豊文著.

次の

オリーブオイルと健康~オリーブオイルの健康効果~

オリーブ オイル オメガ

人間の脳は油でできてるので、良い油を摂っていれば健康的な考え方ができるけど、悪い油を摂り続けると考え方がおかしくなったり脳の病気になるって事がわかってきました。 油は生で食べるのが健康って説がありますが、油だけでなく全ての食べ物は生で食べるべきなので、オリーブオイルを生で飲まなきゃ!とかそこばっかり気にしすぎてはいけないと思います。 生のものだけでは耐えられないから揚げ物も食べたいし・・・ってなった場合に何をチョイスするかが大事。 不飽和脂肪酸が入っていない油で、トランス脂肪酸を作らない油がベスト。 となると、飽和脂肪酸のココナッツオイルなら調理に使うのには良いのかな?と思います。 ただ、マクロビ的考えからするとココナツは日本で取れるものではなく、暖かい南の島で獲れるものなので体を冷やす陰性だって事を頭にいれとかないといけません。 揚げ物が体を冷やすって考えにくいですが、ココナツ油の場合は米油よりも陰性なので冷え性さんには向いてないと思います。 とは言っても、ココナッツオイルには健康効果があるので、人によってはすごくいいものかもしれません。 ココナツには肌・甲状腺・心臓・免疫に効果があったり、代謝を上げてくれるのでダイエット効果もあるようです。 他の油と違い体内でなんとか代謝でき、余分なものも排出できるので無駄に脂肪として蓄えない、素敵な油だという事がわかっています。 代謝については、食べてすぐエネルギーとして運ばれるんですが、炭水化物(お米や麺など)とほぼ同じ働きをしつつインシュリンは緩やかに上げてくれるので、夕方急にお腹が空いてエネルギー不足になったりとかがないそうです。 高温になっても壊れにくい性質があるので、炒めたり揚げたりするならココナッツ油はおすすめです。 飽和脂肪酸は、太る事を気にせず摂って大丈夫! でも飽和脂肪酸って何に入ってるの?とか思ったので、調べてみました。 お肉や乳製品、パーム油(ヤシ)やココナッツオイルなどです。 ビタミンAやB12、DやEやKなどは脂溶性ビタミンって言って、飽和脂肪の形が一番体に吸収されます。 飽和脂肪酸の食べって油以外はだいたいタンパク質なので、栄養的にも普通に食べていれば優れています。 もくじ• 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸 飽和脂肪酸は、さっきも言ったお肉や乳製品、パーム油やココナッツオイルです。 不飽和脂肪酸は、植物油の事を言っていてオリーブオイルやベニバナ油、亜麻仁などを指します。 不飽和脂肪酸の事をオメガ3・オメガ6・オメガ9って科学構造の違いで分けて言われていたりします。 さらに、不飽和脂肪酸の事を必須脂肪酸と言って家庭科で昔習いましたが、私の考えでは必須じゃないと思っています。 オメガ3と6は体内で作れないからって理由で、必須脂肪酸と言われています。 飽和脂肪酸は体内で作れるので特に摂らなくても生きていけるのですが、食べたからって太る事はないので、体が欲する時に食べたい分だけ食べるのは健康的でいいと思っています。 1:4=オメガ3:オメガ6=リノレン酸:リノール酸 油を摂る時、バランスが一番重要になってきますが、人間の体内の油のバランスが1:4なんです。 細胞壁や脳は油でできているのですが、その割合が1対4です。 ですが、駅前の串カツ屋さんや百貨店のお惣菜、居酒屋の揚げ物に使われる油は安価な1:80の恐ろしい油なのが問題です。 現代の日本人は1:80の油を摂りすぎているため、代謝できないオメガ6(リノール酸)が体内に溜まり肥満症が加速しているし、おかしな油を摂りすぎているから脳がおかしくなって脳の病気が増えているんです。 オメガ6が悪いわけではなく、オメガ6も必要だけど同じだけオメガ3をバランスよく摂る事で代謝できたり、体で誤作動しなくなったりするもんなんです。 1:80の油を毎日摂ってる人は、1:4に戻すためにオメガ3(リノレン酸)を摂取した油の20倍摂ることで対処しないと・・・・ DHAやEPAが良いと、サプリ業界が騒いていますが、このDHAやEPAなどがオメガ3に当たる油なんです。 だから、たくさん摂ることで1:4のバランスが整い健康になれるってカラクリ。 オメガ3は熱に弱いので、生で摂らないといけないのですが、生魚ばっかり食べるなんてお金が続かないし、汚染された魚を食べていると他の良くない物質も一緒に摂取することになるのでサプリメントも便利に利用するべきかもしれません。 オメガ3の代表格DHAには、海馬に多く含まれる成分なのでしっかり摂ることでアルツハイマー型痴呆症の予防や記憶力の向上、神経細胞膜の補修などに効果があります。 同じく魚からよく摂れるEPAも、ちゅ性脂肪を減らすことで動脈硬化の予防や閉塞性動脈硬化症、高脂血症に効果があります。 オメガ6をとりすぎている今の日本人は、ロイコトリエンB4という物質が作られるせいで、強いアレルギー反応を起こし、アトピー性皮膚炎や花粉症、喘息などを発症させます。 ロイコトリエンB4はヒスタミンよりも強い作用をするので、すごく厄介。 昔はなかった花粉症やアトピーが増えているのは、実は油のせいなんです。 リノール酸の必要量は1日1~2gなのに、だいたい13gも現代人は摂取しているそうです。 スナック菓子や外食の悪い油、家の揚げ物も日清のサラダ油や体に一番悪い特保の油などを使っているため、どうしても過剰摂取になり代謝しきれずに脂肪に・・・挙句の果てには心臓病や脳の病気を発症、、、。 まずはオメガ3を1日4g摂って、バランスだけでも正しましょう! そして油を減らしましょう。 オメガ9はオリーブオイルやキャノーラ油などですが、私個人的にキャノーラ油や高オレイン酸サンフラワー油の揚げ物を食べると吐いた経験があるので、多分体に良くない油なんだと勝手に解釈してます。 正しい食事をしていると野生の本能が戻って来るので、自分の体に毒なものや必要ないものは体が受け付けないようになってきます。 人間リトマス紙と化した私の体が拒否するものなので、私にはキャノーラ油などは合っていない為オメガ9はオリーブオイル一筋で生きたいと思います。 オメガ9は高温でも変化しにくいので、炒め物や揚げ物には向いていると思います。 マクロビの発想で、地場のものが良いと思っているため米油を使っていますが、オリーブ油の揚げ物もおすすめします。 世界で一番オイリーなイヌイット族が病気にならない訳 結果から言うと、オメガ3をしっかり摂ってるので、心臓病や生活習慣病にならなかったってことです。 魚を食べすぎると毒出しの時に足が臭くなる(また今後書きます)のであまりおすすめしませんが、適量の魚を食べつつオメガ6を減らす(日清のサラダ油は買わないとか)ことが大事だと思います。

次の