ご教授ありがとうございました。。 「ご教授」の意味と使い方とは?類語「ご教示」との違いも解説

オープンキャンパスへのご来場ありがとうございました

ご教授ありがとうございました。

北森俊行先生(東大名誉教授)に足立研セミナーで講演していただきました。 講演題目は 「制御工学における表現と理論の連続性」 でした。 セミナーには足立研学生だけでなく,6月に足立研セミナーで講演していただく石崎先生をはじめとした東工大の方も参加してくださいました。 北森先生にはこれまで2回足立研セミナーで講演していただいたので,今回が3回目のご講演になります。 年齢のことを言うと北森先生に怒られてしまいますが,80歳を超えて若い聴衆に夢を語れる姿に感動しました。 北森先生,ご講演本当にありがとうございました。 北森先生のご講演の「はじめに」の文章を以下に掲載します。 工学とは何かを考えたとき,単なる数学や物理学の応用ではない,工学のアイデンティティーがあるように思われる。 確かに数学は工学のためにあるのではないから,工学のために適合するとは限らなし,物理学も自然のありのままを探求するけれども,ものの造り方を教えたくれるわけではない。 したがって工学はわれわれで創らなければならない。 しかし自然はわれわれに束縛条件として働いてくる。 それと整合をとらなければうまくいかない。 工学ではどんな部品をどのように組み立てて目ざす機能,性能を実現するかということを解決する。 制御工学にもこの問題があると思われるが,今回は実用的な制御系設計理論を考える過程で,連続性ということがいろいろな場面で浮かび上がってくることに気付いたので,そこに焦点を当ててみた。 そのほかに,方程式を立てて考えるということがよい結果をもたらすことも強調したい。 さらに幾つかの分かれ道がある場合にできるだけ全部を吟味することが有効であることにも触れたい。 セミナーの最後に,私が「北森先生のように若さを保つ秘訣を教えてください」と質問したところ,北森先生は,野依良治氏の「国家の衰退は自らのあるべき姿を見失ったときに始まる」という言葉を引用されました。 北森先生はこの言葉を,「自分の老化は自分のあり方を見失ったときに始まる」と言い換えて自分の在り方を見失わないように気を付けています,とお答えになりました。 自分がなれるかどうかまったくわかりませんが,80歳を超えても学生相手に制御やシステム同定,そしてカルマンフィルタのセミナーをできるようになりたいと,心から思います。 なお,ご講演のビデオは Youtube の Keiochannel の 足立研セミナーのページ にアップロードされています。 ぜひご覧ください。

次の

「ご返信ありがとうございます」の使い方・例文・ましたとの違い

ご教授ありがとうございました。

ビジネスで「ご連絡いただきありがとうございます」と伝えることは多いでしょう。 ビジネスだからこそ、ちょっとした一言を忘れないようにしたいです。 いくつか例文をご紹介します。 ビジネスの場合、相手の忙しさや忙しそうな時間帯などにも配慮し、文の中に言葉を入れることで気持ちが伝わるでしょう。 連絡に対してのお礼の言葉と、連絡に対しての返事などを明確にできればきちんとした対応に繋がります。 お礼を伝えることで、感謝の気持ちと連絡を受け取ったという確認にもなります。 相手にも安心感を与えられるでしょう。 冒頭に使うことが多い文ですが、最後に使うこともあるでしょう。 文末に使う場合は「ご連絡いただきありがとうございました」に変えて締めくくると良いでしょう。 「ご連絡いただきありがとうございます」例文1 「ご連絡いただきありがとうございます」を上司に使う場合、どんな使い方があるのでしょう。 「ご連絡いただきありがとうございます」は敬語になっていますので、そのまま使っても失礼ではありません。 上司ですので、一言思いやりの言葉を付け加えるとさらに丁寧に感じられるでしょう。 朝早くの連絡なら「お忙しい中、ご連絡いただきありがとうございます。 」や、仕事終わりの時間帯の連絡なら「お疲れのところ、ご連絡いただきありがとうございます。 」など時間帯によって言葉を選ぶと良いでしょう。 折り返しで早い連絡なら「早速の」を付け加えると良いでしょう。 ほんの一言ですが、あるのと無いのではずいぶん印象が変わります。 その一言で、上司にもしっかりと伝わるでしょう。 連絡に対してお礼を伝えることは面倒だったり忘れがちでもあります。 しかし、確認の意味でも早めに連絡のお礼を伝えたいです。 すぐに電話に出られなかったり、連絡に気付くのが遅かったときなどもお詫びの言葉と共にお礼を伝えましょう。 あまりにも長い間返事が無いと、伝わっていなかったのではないかと相手に心配させてしまいます。 連絡をいただいたことに感謝して、一言付け加えるとさらに気持ちが伝わるでしょう。 相手も忙しい中、わざわざ連絡をしてくれたんだと感じると自然に言葉が出てきます。 日頃の何気ないやりとりではありますが、その小さな積み重ねによって信頼感系を築けたり、信用にも繋がります。 絆も強くなることでしょう。 小さな連絡にも「ご連絡いただきありがとうございます」と伝えられると良いでしょう。

次の

ご連絡いただきありがとうございますって英語でなんて言うの?

ご教授ありがとうございました。

教授へのメールの書き方と文例が丸わかり! 返信時のポイントも解説 大学教授に送るメールの文面は、目上の人に対するマナーを守って作成することが大切です。 レポート提出、ゼミに関する連絡、課題や卒論についての相談など、大学生活の中で教授にメールを送る機会は何度かあるでしょう。 では、教授に送るメールのマナーとは、どのようなものでしょうか。 今回は、大学生なら知っておきたい、教授に送るメールの書き方について、文例を交えてご紹介します。 【目次】 教授に送るメールの基本マナー まずは基本的なメールの書き方や言葉の使い方など、必ず押さえておきたいポイントについてご紹介します。 個人用メールアドレスではなく、学校のメールアドレスから送る スマートフォンから個人のメールアドレスを使って教授にメールを送るのは避けましょう。 教授はメールのチェックや返信をPCで行うことが多く、学生側も大学から支給されているメールアドレスを使ってPCから送ることが基本です。 ドメイン名が大学以外の場合、迷惑メールと勘違いされて、見てもらえない場合もあります。 特に注意したいのが、携帯電話キャリアによるキャリアメールです。 Docomoやau、SoftBankなどのキャリア・ドメインのメアドで送ると、教授がパソコンから返信したメールが自分のキャリアのスパムメール対策に引っかかり、受信できないなどのトラブルにつながるおそれも考えられます。 もし大学で支給されたメアドが使えない場合は、せめてgmail、hotmail、yahooなどのフリーメールから送るようにしましょう。 スマホからフリーメールで送りたい場合は、メールアプリをダウンロードしておくと楽に送ることができます。 本文の最初でまず名乗る メールを送る際は、本文の最初で自分が誰であるかを名乗るのがマナーです。 教授あてなら大学名、学部・学科名、学年、履修クラス、氏名など、送り主がひと目でわかるように記載します。 その後でメールの本題に入りましょう。 適度に改行して読みやすくする メールの文面は、なるべく簡潔にわかりやすくまとめるのが理想的です。 しかし、どうしても長文になる場合は、適度に改行して読みやすくするように心掛けましょう。 改行は、文章の内容が変わるところで区切りとして入れます。 文面を書き終わったら、読みやすい文章になっているか読み手の立場で全文を読み返しましょう。 改行が多すぎる文章もかえって読みにくいため、注意が必要です。 丁寧な日本語を使う 教授など目上の人に対するメールは、必ず丁寧な文章を心掛けましょう。 例えば、お願いや相談がある場合、「~してください」という命令形の表現は目上の人に使いません。 この場合は「~していただけますでしょうか」など、相手に敬意を示す表現を選ぶのが正解です。 また、身近な人とのメールで使うようなフランクな表現も避けます。 クッション言葉とは、相手にお願い、相談、質問、謝罪をしたり、異論や意見を伝えたりするときに、文章の前置きとして使う言葉です。 例えば、何かお願いをする際は「お忙しいところ誠に恐れ入りますが」「お手数をおかけしますが」というクッション言葉を入れると、送り手の恐縮した気持ちを伝えられます。 また、返信を求める文章なら「ご都合の良いときに」などとひと言添えると、相手の都合を尊重する表現になります。 教授に送るメールの形式 教授あてのメールでは、件名から本文まで、基本的な構造が決まっています。 どのような構成でメールを作成すれば良いかがわかるとメールを書きやすくなりますので、ポイントを押さえておきましょう。 件名 件名は、メールの要件がひと目でわかるように簡潔かつ具体的に書くことが大切です。 ただし、簡潔にしすぎて「ご相談です」など用件がわかりにくい件名は、メールを開いてもらえない可能性があるため注意が必要です。 一方、わかりやすくしようと件名を長くすると、受信リストに表示される際に件名末尾が切れてしまいます。 相談・依頼・連絡・お礼・謝罪といった目的と、何についての連絡なのかという具体的な部分をできる限りシンプルに件名に入れ、メール本文で詳細を伝えましょう。 宛名 メール本文の最初には、宛先として相手の名前を書きます。 学生が教授に送る場合は、「〇〇先生」という書き方が一般的です。 また、仮に教授と親しく、普段の会話ではニックネームなどで呼んでいたとしても、メールでは必ず「〇〇先生」と書くのが礼儀です。 挨拶文 宛先のあとは一行空けてから、挨拶文を一文入れます。 これまでに教授と直接の面識がなければ「初めまして」、授業やゼミなどで接点があれば「お世話になっております」といった挨拶文が一般的です。 ゼミや研究で指導を受ける機会が多い教授なら「いつもご指導いただき、ありがとうございます」など、日ごろの感謝の気持ちを込めて自分らしい挨拶文を添えると良いでしょう。 挨拶文の後には、自分の所属と名前を記載します。 本文 挨拶文から改行をして、いよいよメールの本文に入ります。 本文の最初にメールの目的を簡潔に記載します。 「〇月〇日のゼミを欠席する予定のため、メールいたしました」というように一文でまとめましょう。 その後で「ゼミの開催日が、XX社の最終面接と重なってしまい、申し訳ありませんが出席ができません」など、補足説明をしてわかりやすくします。 相談や質問などが複数ある場合は、「〇〇の研究計画について、ご相談がありメールいたしました」など、メールの目的が相談であることを明記した上で、相談したい複数の内容を箇条書きでまとめます。 締めの文 最後にメールの締めとして、一文を入れます。 「お手数をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いいたします」「お忙しいところ恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします」など、この後で対応してもらうことへの感謝やお詫びの気持ちを込めて締めるのが一般的です。 教授からメールの返信が必要な場合は、「お忙しいところ誠に恐縮ですが、ご返信いただけましたら幸いです」など多忙な教授に配慮をしつつ、返信をお願いする文で締めると良いでしょう。 署名、連絡先 最後に署名と連絡先を入れます。 本文の最初で名乗っていても、必ず最後にも入れましょう。 メールの最後に署名と連絡先を添えるのは社会常識になっているので、メールの受信者が送信者に連絡を取りたいとき、通常はメールの文末を確認します。 大学用の自分のメールアドレスに署名登録をしておけば、以降に送るメールのすべてに自動で署名が記載されるため、便利です。 教授に送るメールの文例 教授に送るメールの具体的な文例を3つご紹介します。 メールの構成や使われている言葉など、基本的なマナーを実際どのように使うのか参考にしてみましょう。 11月25日の締め切りを過ぎての提出となり大変申し訳ありませんが、ゼミレポートを提出いたします。 インフルエンザに罹患していたため、期限までにレポートを完成できず、提出が遅れてしまいました。 誠に申し訳ありません。 今後は健康管理を徹底するとともに、期限までに余裕をもってレポートを作成するようにいたします。 お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認いただけますようお願いいたします。 4月16日(月)~20日(金)、または4月23日(月)~27日(金)のいずれかで1時間ほど、ご相談のお時間をお取りいただくことは可能でしょうか。 現在、卒論テーマを検討中であり、ご相談したい点は以下3点です。 ・候補としているテーマの目的が妥当か ・全体の構成 ・卒論作成に必要な調査とその手段 お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。 10月30日に私から研究進捗に関するメールを送信し、ご返信をお願いしておりましたが、ご確認いただいておりますでしょうか。 10月度のミーティングにてご指示いただいたデータを確認し、まとめてお送りしております。 念のためデータを再送いたしますので、ご確認いただけましたら幸いです。 なお、こちらの手違いでメールが届いていないようでしたら、大変申し訳ございません。 いま一度、ご確認いただきますようお願いいたします。 返信時に気をつけるべきポイントを文例とともにご紹介します。 教授から来たメールには必ず返信する 教授からのメールを受け取ったら、必ず返信しましょう。 返信メールではまず、メールを送ってもらったことに対して、感謝の気持ちを伝えます。 「お忙しいところご返信いただきまして、誠にありがとうございます」といった文章がスマートです。 その後、受けたメールの内容に応じて必要項目を記載します。 提出物の受領確認など、教授からのメールに対する返信がお礼のみの場合は、簡潔に記載するだけで十分です。 件名の「Re:」は付いたままでOK 受信したメールに対して返信すると、件名が「Re:(受信メールの件名)」となりますが、返信時の件名は「Re:」が付いたままで構いません。 受信した件名を残すことで、メールの内容がその後もわかりやすく、一連のやり取りをまとめて見たいときにも検索がしやすくなるためです。 ただし、やり取りが長くなり、用件が移り変わってもそのまま返信し続けるのはよくありません。 内容が変わった場合は「Re:」をやめて、用件に合った件名に書き換えましょう。 お忙しいところ、期末レポートにアドバイスをいただきまして、誠にありがとうございます。 今後ともご指導のほど、何卒よろしくお願いいたします。 社会人でさえ、間違ったマナーでメールをやり取りしている人がいます。 ただし、マナーそのものは難しい内容ではありません。 教授にメールを送る際に意識すべきマナーは、多忙な教授に対しての感謝の気持ちと、迷惑をかけないようにする心遣いです。 多忙な教授が理解しやすいメールを作成しようと気をつければ、大きなマナー違反は避けられるでしょう。 その上で、基本的なメール構成と言葉遣いを理解すれば、書く準備としては十分です。 後は、本記事でご紹介したメール文例を参考に、工夫をしながら自分のメールを作成してみましょう。

次の