フェリックス アトレティコ。 アトレティコFWジョアン・フェリックス、憧れのカカとの対談に興奮!「まさかこうして話せるなんて…」

ジョアン・フェリックス、そのプレースタイルと能力値、ポジションは? アトレティコの新エースはロナウドにあらず【注目選手分析(8)】

フェリックス アトレティコ

アトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが同クラブで着用する背番号7の経緯を明かした。 スペイン『マルカ』が伝えた。 昨夏、バルセロナへ旅立ったフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの後釜として、ベンフィカからアトレティコ史上最高額の移籍金で加入したフェリックス。 その移籍の経緯もあって前エースが背負っていた背番号7をそのまま受け継ぐことになった。 グリーズマンと同様にセカンドストライカーを主戦場とし、その端正な顔立ちも相まってクラブ関係者やサポーターも、異論は聞こえてこなかったが、最もしっくりきていないのはフェリックス自身のようだ。 フェリックスは『Eleven Sports』のインタビューで、自身が加入時に希望した背番号がベンフィカ時代に背負っていた「79」だったことを明かした。 「本当は79番を付けたかったけど、クラブは僕をそこ Bチーム に所属させたくなかったんだ 笑 」 「その次は FWアンヘル・コレア着用の 10番が良かったけど、すでに使われていたから7番に落ち着いたんだ」 フェリックスが在籍したポルトガルリーグやセリエAなどのリーグは1番から99番の間であれば、クラブが定める永久欠番などを除き自由に番号が選択できる。 しかし、ラ・リーガの規定ではトップチーム登録の選手は1番から25番の背番号を着用することが義務付けられており、リザーブチームやユースチーム登録にならない限り、それ以上大きな番号を背負うことができない。 79番と10番を着用するフェリックスも見たい気もするが、今ではすっかりと7番のイメージが定着している。 フェリックス本人は本意ではないかもしれないが、グリーズマンの真の後継者としてワンダ・メトロポリターノのピッチで躍動する背番号7を多くのアトレティコファンが今後も見ていたいと思っているはずだ。

次の

アトレティコ、錆びついた主力武器セットプレー弾でバジャドリー撃破!シメオネ政権の最低順位3位についに浮上(GOAL)

フェリックス アトレティコ

この記事でわかること 今回はアトレティコ・マドリード所属で、ポルトガル代表フォワードのジョアン・フェリックスを記事にしたいと思います。 この記事には下に書いている 3つの章があります。 選手の経歴では出身地や生まれた年、クラブチームでの活躍さらに代表召集歴をまとめています。 選手のプレースタイルではポジションや身長、利き足のほかに得意なプレーや評価などをご紹介。 最後の まとめでは、選手やチームへの期待をひとことで主観的に書いています。 まとめの下では同じカテゴリーの記事も案内しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。 どうぞ最後までお付き合いください。 主な参考元: — 2020年 1月月4日午後1時47分PST そんなジョアン・フェリックスのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。 本職は少し後ろめの セカンドストライカーです。 利き足は右。 縦関係の2トップなどで持ち味を発揮できますし、左右のウイングでもプレー可能です。 そういった意味では汎用性が高いですね。 ちなみに左サイドに顔を出すことが多めです。 J・フェリックスの 身長は181センチです。 なかなかサイズに恵まれた選手ではありますが、彼の強みは足下のテクニックにあります。 特に際立っているのがドリブルのテクニックです。 ポルトガル人は技巧派が多い印象ですが、J・フェリックスにもその香りがしますね。 彼のドリブルはタッチが細かく、 急な方向転換や鋭い切り返しをよく繰り出します。 守る方からすると、なるべくボールを足下で受けさせたくない選手と言えるでしょう。 ダブルタッチなどの難しい足技を使うこともあります。 軽い対応をするディフェンダー相手だと、食い付いたところを出し抜いたりファウルを貰うことも難しくないのでは。 そういった選手なので、J・フェリックスは スペースよりも足下でボールを受ける傾向が強いと思います。 彼はボールを受けやすい場所に顔を出してきます。 相手のディフェンスラインと中盤の ライン間でボールを受けてターンで前を向くのも上手ですね。 前向きになると決定機に繋がる仕事ができます。 周囲の味方を使いワンツーパスでディフェンダーの背後をとったり。 チャンスメイクが得意 — 2016年12月月3日午後1時47分PST そういったテクニカルな部分に優れたJ・フェリックスですから、キックの精度も良いものを持っています。 サイドからもゴール前に正確なクロスボールを送ることができますね。 他にもエリア手前で前を向いた時などは、 アイデア溢れるパスを繰り出すことができます。 軽く浮かせたチップキックを足先だけ動かして蹴ったり。 難易度高いです。 はリーグ戦だけで9アシストを記録しています。 序盤戦は出番が限られていたことを考えると立派な数字です。 得点力はまずまず キックの精度も良いJ・フェリックスですから、もちろんシュート技術も高いです。 そうでないとヨーロッパリーグの舞台でハットトリックなどできませんね。 上手さに関しては問題ないのでは。 ただ若さもあるでしょう、継続性に関しては波がある印象です。 それだけ、常に点を取り続けることが難しいということですね。 2018-19のリーグ戦は15点を取っているわけで、ポテンシャルは間違いないです。 キャリアを重ねるうちに好不調の波を減らしてくれるはず。 上手し。

次の

“7番”フェリックスが圧巻2発! アトレティコ、ユーヴェ撃破で開幕戦へ

フェリックス アトレティコ

国内リーグ戦に限る。 2020年3月7日現在。 2019年1月6日現在。 ポジションは。 クラブ経歴 [ ] 初期のキャリア [ ] ポルトガルので生まれ 、2007年にオス・ペスティニャスでサッカーを始め、1年後、8歳からのユースチームに加わった。 兼ねてから入団を誘われていたに加わるため、2014年にポルトを退団。 パドロエンセにローンで1シーズン在籍した後、15歳でライバルのベンフィカに入団した。 ベンフィカ [ ] 2016年9月17日、 フレアマンデ戦でにリザーブチームとして出場し、デビューした。 83分にオーレリン・ブタに代わって出場。 試合は無失点で引き分けた。 ベンフィカBでの最年少出場選手となった。 シーズンで13試合に出場し、3得点決めた。 初得点は、2017年2月15日の戦で、チームは2-1で敗れている。 2018年1月30日、とのホーム戦ではハットトリックを達成し、チームは5-0で勝利した。 では、決勝トーナメントで6ゴールを決め、チームの決勝進出に貢献した。 2018-19シーズン [ ] ベンフィカのトップチームに昇格した。 2018年8月18日、戦でデビューし、チームは2-0で勝利した。 1週間後、リスボン・ダービーにて初得点を記録し、チームは1-1で引き分けた。 また、リスボン・ダービーでの最年少プレイヤーとなった。 ブルーノ・ラージが監督に就任した後、より試合で使われるようになった。 2019年4月11日、の戦で、ハットトリックを記録し、チームは4-2で勝利した。 の記録を67日更新して、史上最年少(19歳152日)でのハットトリック達成となった。 リーグ戦では得点ランキングで4位タイとなる15ゴールを決め、チームはタイトルを獲得した。 ヨーロッパのトップリーグ、7リーグで10代の選手として、得点数とアシスト数がとにそれぞれ次いで2位となった。 アトレティコ・マドリード [ ] 2019年7月3日、と7年間の契約を締結し、1億2600万ユーロ(約153億円 )で移籍した。 この額は、史上3番目に高く、ベンフィカ、アトレティコ両チームにおける最高額の移籍金で、10代としてはに次ぐ。 最初の年に3000万ユーロを支払い、残りの9600万ユーロを分割で払う。 ベンフィカとの契約解除金は1億2000万ユーロだが、メディエーションサービスとして、600万ユーロもプラスして支払われる。 背番号は、の着用していた7番に決まった。 2019-20シーズン [ ] 2019年8月19日、戦に出場し、ラ・リーガデビューをし、チームは1-0で勝利した。 ゴールは決めなかったが、ファールを貰い、PKを獲得した。 8月25日、戦での得点をアシストし、チームは1-0で勝利した。 9月1日、戦で初得点を決め、チームは3-2で勝利した。 10月1日、のグループリーグでの戦で得点を決め、チームは2-1で勝利した。 19歳での得点は、チャンピオンズリーグでのアトレティコの最年少選手となった。 21歳未満の欧州最高の選手に贈られるを受賞した。 では、28位にランクインした。 代表歴 [ ] 2019年にとして各年代で招集された。 2019年6月5日、準決勝の戦でA代表デビュー。 人物 [ ]• 両親ともに教師である。 4歳下に弟のウーゴ・フェリックスがおり、ベンフィカU-15チームに所属している。 成績 [ ] クラブ シーズン リーグ戦 カップ戦 国際大会 その他 通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 2018—19 26 15 6 1 9 3 2 1 43 20 通算 26 15 6 1 9 3 2 1 43 20• www. transfermarkt. com. 2020年3月20日閲覧。 www. transfermarkt. com. 2020年3月20日閲覧。 soccerway. com. 2020年4月4日閲覧。 vannyhenrico 2019-05-04 ポルトガル語 , , 2020年4月4日閲覧。 vannyhenrico 2019-05-04 ポルトガル語 , , 2020年4月4日閲覧。 www. record. 2020年4月4日閲覧。 Maisfutebol. 2020年4月4日閲覧。 www. 2020年4月4日閲覧。 www. slbenfica. 2020年4月4日閲覧。 BBC Sport. 2019年4月11日. 2020年4月4日閲覧。 BBC Sport. 2019年7月3日. 2020年4月4日閲覧。 サッカーキング. 2020年4月4日閲覧。 Reuters 2019年7月3日. The Guardian. 2020年4月4日閲覧。 www. slbenfica. 2020年4月4日閲覧。 Impala 2019年7月8日. 2020年4月4日閲覧。 MARCA in English 2019年8月18日. 2020年4月4日閲覧。 BeSoccer 2019年2月11日. 2020年4月4日閲覧。 Fernandes, Mariana. Observador. 2020年4月4日閲覧。 Bonsanti, Bruno. Trivela. 2020年4月4日閲覧。 Semanario SOL. 2020年4月4日閲覧。 BBC Sport. 2019年11月27日. 2020年4月4日閲覧。 web. archive. org 2019年12月3日. 2020年4月4日閲覧。 外部リンク [ ]• - Soccerwayによる個人成績• (ポルトガル語).

次の