清少納言 枕草子。 5分で清少納言について!枕草子ってなに?紫式部との関係は?│れきし上の人物.com

枕草子の内容や特徴を中学生向けに解説。作者の清少納言とは?

清少納言 枕草子

清少納言が枕草子を書いた本当の理由 清少納言は、鋭い観察眼と巧みな表現力に恵まれた平安時代の随筆家だと単純に思い込んでいたが、 (山本淳子著、朝日選書)によって、彼女が『枕草子』を書いた本当の理由を知ることができた。 後宮の女房としては清少納言の後輩に当たる紫式部は、『紫式部日記』の中で、『枕草子』は無理に個性に走った作品であり、作者が風流ぶるあまり、現実を無視して殊更に風流ばかりを拾い集めて書いたものだ、と強く批判している。 「清少納言の周辺に起こった何か過酷な事情を、同じ時代を生きた紫式部は知っていた、そして彼女の常識で判断する限り、その過酷さは、風流だの趣だのの入り込む隙などない絶望的なものであった。 だが、そこにおいて清少納言は、紫式部が指摘したとおりに、美や光や笑い、感動やときめきばかりを書いた。 彼女の性格のなせるものという見方もあろう。 実際に、無意識による部分もあるだろう。 だがそれだけではない。 これは清少納言がはっきりと意識的に採った企て、いや紫式部の側からすればたくらみだった」。 「清少納言は正暦4(993)年から一条天皇の中宮定子のもとに仕え、やがて『枕草子』の執筆を始めた。 紫式部が知っていた過酷な背景は、この定子に関わる。 定子は、一条天皇の最愛の后であるとともに、悲劇の后だったのである」。 990年、時の最高権力者・藤原道隆の娘・定子は、14歳で一条天皇の中宮となる。 一条天皇より3歳年上の彼女は明るく知的で、どちらかと言えば内気で学問好きな天皇の心を捉える。 この時、定子と中関白家(なかのかんぱくけ。 道隆の家)は栄華の極みにあったのである。 ところが、995年に道隆が43歳で死亡し、道隆の末弟・藤原道長が最高権力者になったことで、定子の運命は暗転する。 道長が娘・彰子(定子より11歳年下)を一条天皇の中宮に押し込み、彰子が産む皇子を天皇にしようと画策し、定子に辛く当たったからである。 定子は20歳で出家するが、天皇は定子への思いを断ち切れず、後宮に呼び戻す。 内親王、親王(皇子)、内親王と3人の子を儲けるが、24歳で死去。 「この人生を、なんと形容すべきだろう。 浮かぶのはおそらく、波瀾や苦悩という言葉ではないか。 にもかかわらず、定子を描く『枕草子』は幸福感に満ちている。 紫式部が違和感を唱えるのも、決して筋違いとは言えないのではないだろうか」。 清少納言は、なぜ『枕草子』を書いたのだろうか。 「能因本系統の『跋文』からは、次のことが知られる。 この作品がもともと定子の下命によって作られたこと、定子が清少納言独りに創作の全権を委ねたこと、そして二人はこの新作に『史記』や『古今和歌集』の向こうを張る意気込みを抱いていたこと。 下命による作品は下命者に献上するものであるから、執筆した後は、清少納言はこれを定子に献上したはずである。 つまり『跋文』にしたがう限り、『枕草子』とは定子に捧げた作品であったのだ。 『枕草子』の執筆が本格的となったのは、定子が長徳の政変によって出家した後の長徳2年頃のことである。 さぞや定子は絶望的な状況にあったに違いない。 その彼女の前に清少納言は『枕草子』を差し出した。 ならば、それが感動やときめきに満ちたものであったのは、定子を慮ってのことに違いない。 中宮の悲嘆に暮れる心を慰めるためには、今・ここの悲劇的現実に触れないことこそ当然ではないか。 また、本来の企画が定子後宮の文化の粋を表すことにあったことも思い出さなくてはならない。 中関白家と定子は、華やかさと明るさを真骨頂としていた。 それに清少納言独特の個性が重なり、『枕草子』は闇の中に『あけぼの』の光を見出す作品となったのである。 これを読んだ定子や女房たちは、自らの文化を思い出して自信を取り戻すことができたのではないだろうか」。 清少納言は、なぜ定子の死後も『枕草子』を書き続けたのだろうか。 「いくつかの章段に時折現れる過去を振り返る口調からは、定子死後という時間の経過が実感される。 清少納言は定子の死後も、輝かしかった定子サロン文化を書き留めるという執筆方針を変えなかった。 下命者その人を喪っても、定子に捧げるという思いを貫いたのだ。 執筆は、長く続けられた。 ・・・定子の死後、実に9年を経ても、清少納言は『枕草子』を書き続けていたのだ。 紫式部が『紫式部日記』の清少納言批判を記したのは、この翌年のことだ。 ・・・何はさておき、定子のために作ったのだ。 定子の生前には、定子が楽しむように。 その死を受けては、定子の魂が鎮められるように。 皆が定子を忘れぬように。 これが清少納言の企てだった」。 『枕草子』は、喪われたものへの鎮魂の書、すなわち挽歌であると同時に、定子の素晴らしさを世に広める宣伝の書、すなわち讃歌だったのだ。 だが、清少納言一人の企てはやがて世を巻き込み、恐らくは清少納言の予測もしなかった方向へと進んでいくことになる。 「社会はこの作品を、定子の死後も受け入れ、握りつぶそうとしなかった。 定子の生前には彼女を困りもの扱いした貴族社会だが、彼女の死後まもなく、態度を一変させる。 かつて定子を迫害した藤原道長は、罪悪感から怨霊に怯えるようになった。 道長に与した貴族たちは、やはり罪悪感の裏返しだろう、定子への同情を唱えるようになった。 若者たちは、無常感と無力感に駆られて出家した。 定子の死は社会全体に衝撃をあたえたのだ。 そんななか、美しい定子の記憶だけをとどめる『枕草子』は、むしろ社会を癒やす作品として受け入れられたのだと考える」。 定子の死後、後ろ盾のない清少納言は、どのような戦略・戦術を採用したのだろうか。 「『枕草子』は、これらの(道長側からのいじめの)事実には一言も触れない。 なぜだろうか。 それは、この作品を守るためと考える。 『枕草子』は、定子亡き後、道長権力のもとで生き延びなくてはならなかった。 強固な後ろ盾のない清少納言が個人で書き、世にリリースして、広まるのを待つ。 その細々とした営みは作者にとって、事によっては容易に途絶えるものと感じられただろう。 だからこそ『枕草子』の中には、道長への直接の恨み言は一言も書かれていない。 『枕草子』は、世との折り合いをつけて生き延びるために、いま現在権力の側にいる者たちには、ことさらに矛先を向けなかったのだ。 権謀術数の渦巻く中にありながら『枕草子』の視界が清少納言周辺にとどまり、日常の些細な事柄ばかりを描いているように見えるのは、清少納言の関心が日常にあったからという理由によるだけではない。 政治でなく些事を描く。 それこそが、寄る辺なき『枕草子』の取ったサバイバル戦術だったのである」。 清少納言は、彰子については一言も、その影すら『枕草子』に記していない。 紫式部に批判された『枕草子』の現実味のなさには、それだけの理由があったのである。 悲しい時こそ笑いを、挫けそうな時にこそ雅を。 敬愛する定子のためにこの作品を創り出した時の思いそのままに、歯を食いしばりながら、一条朝の最先端を疾走した定子の文化とその人生そのものを『枕草子』に永久保存し、貴族社会に送り続けるという自らに課した使命を全うした清少納言に、あなたは見事にやり遂げましたねと声をかけたい。 Tagged in: タグ: , , , , , , , , , ,.

次の

5分で清少納言について!枕草子ってなに?紫式部との関係は?│れきし上の人物.com

清少納言 枕草子

タグ 聖徳太子 5分で知る偉人! 坂本龍馬 5分で知る偉人! 名言 フリーメイソン トーマス・グラバー 紫式部 清少納言 藤原道長 織田信長 家紋 武田信玄 上杉謙信 濃姫 福沢諭吉 千利休 一休さん 一休宗純 西郷隆盛 近藤勇 徳川家康 豊臣秀吉 徳川光圀 水戸黄門 土方歳三 新選組 明智光秀 本能寺の変 宮本武蔵 巌流島の戦い 佐々木小次郎 真田幸村 小野小町 ねね 細川ガラシャ お市の方 まつ 芳春院 浅井長政 芥川龍之介 夏目漱石 茶々 淀殿 初 江 石田三成 井伊直弼 和宮 北条政子 卑弥呼 東郷平八郎 天武天皇 中大兄皇子 天智天皇 蘇我入鹿 持統天皇 推古天皇 聖武天皇 中臣鎌足 大化の改新 源頼朝 源義経 勝海舟 高杉晋作 北条早雲 北条時宗 直江兼続 小野妹子 足利尊氏 室町幕府 後醍醐天皇 足利義満 伊達政宗 フランシスコ・ザビエル 井伊直政 島津義弘 毛利輝元 細川忠興 前田利家 保科正之 島左近 竹中半兵衛 黒田官兵衛 加藤清正 毛利元就 上杉景勝 新田義貞 二宮尊徳 二宮金次郎 斎藤道三 司馬遼太郎 本居宣長 豊臣秀頼 塙保己一 ヘレンケラー 徳川綱吉 徳川吉宗 大石良雄 天草四郎 大塩平八郎 小林一茶 新井白石 春日局 支倉常長 シーボルト 楠本イネ 黒田長政 親鸞 徳川秀忠 徳川家光 近松門左衛門 伊能忠敬 高野長英 井原西鶴 最澄 空海 平清盛 源義朝 松尾芭蕉 市川団十郎 杉田玄白 青木昆陽 関孝和 滝沢馬琴 行基 鑑真 桓武天皇 石川五右衛門 雪舟 柳沢吉保 都市伝説 藤原秀衡 北条時政 藤原定家 後鳥羽上皇 北条泰時 遠山景元 大岡忠相 江川英龍 緒方洪庵 今川義元 大友宗麟 松平定信 田沼意次 平賀源内 水野忠邦 徳川慶喜 チンギス・ハン フビライ・ハン マルコ・ポーロ 吉田松陰 出雲の阿国 狩野永徳 足利義政 楠木正成 世阿弥 観阿弥 宗祇 山田長政 菱川師宣 シャクシャイン ペリー 岩倉具視 三井高利 大久保利通 明治天皇 ハリス 樋口一葉 新渡戸稲造 沖田総司 伊藤博文 大隈重信 野口英世 板垣退助 井伊直虎 宮崎安貞 葛飾北斎 歌川広重 津田梅子 クラーク博士 陸奥宗光 田中正造 小村寿太郎 北里柴三郎 平塚らいてう 内村鑑三 森鴎外 与謝野晶子 滝廉太郎 高峰譲吉 黒田清輝 幸徳秋水 石川啄木 尾崎行雄 西園寺公望 犬養毅 吉野作造 原敬 島崎藤村 宮沢賢治 小林多喜二 市川房枝 マッカーサー 湯川秀樹 吉田茂 田中角栄 ネタ 前田利常 ペドロインファンテ イケメン ヤン・インゲンホウス 佐藤栄作 マレーネ・ディートリヒ ハー・ゴビンド・コラナ アラン・ペイトン 周有光 ケティ・フラド セルゲイ・エイゼンシュテイン モーツァルト ヴァージニア・ウルフ パウラ・モーダーゾーン=ベッカー アインシュタイン ジョージ・ピーボディ 猿橋勝子 ハナー・グラス マヤ・アンジェロウ マリア・フェリックス エミール・ベルリナー エジソン ジョルジュ・ルメートル クルト・マズア ドナルド・ブラッドマン オスカー・シュレンマー 橋本左内 アンケート いだてん 歴史クイズ タイラス・ウォン 三島弥彦 関ヶ原の戦い ド・レペ 藤田嗣治 バルトロメ・エステバン・ムリーリョ クラリッセ ・リスペクトール テレサ・カレーニョ 田畑政治 高石勝男 薩長同盟 レフ・ランダウ 池田屋事件 君の名は。 瀬織津姫 イグナチオ・デ・ロヨラ お札 煕子 神社 神様 人気の偉人 忠臣蔵 吉良義周 赤穂事件 古代文字 豊臣秀次 土偶 埴輪 最上義光 長谷堂城の戦い 京極高次 戊辰戦争 細谷十太夫 外山脩造 河井継之助 長岡半太郎 会津藩家訓 庄内藩 酒井忠次 酒井玄蕃 大石内蔵助 仁科信盛 解体新書 夏目吉信 源頼政 織田長益 甲陽軍鑑 佐久間盛政 柴田勝家 会津藩 長州藩 宇喜多直家 木曾義仲 渋沢栄一 岡田以蔵 前田慶次 池田輝政 岡潔 松平定敬 松平容保 徳川茂徳 徳川慶勝 河野安通志 押川春浪 橋戸信 三島通庸 小栗忠順 吉田兼見 嘉納治五郎 古今亭志ん生 美濃部孝蔵 河上彦斎 五稜郭 松平乗謨 斎藤利三 明智秀満 相楽総三 キスカ島撤退作戦 木村昌福 樋口季一郎 足利義輝 豊臣秀長 織田信秀 佐々木只三郎 斎藤義龍 ブリュネ 榎本武揚 島津義久 島津歳久 小田氏治 島津家久 藤原不比等 林忠崇 斎藤龍興 稲葉一鉄 氏家卜全 氏家直元 佐竹義重 本多忠勝 歴史アンケート 石川数正 馬場信春 本多正信 徳川家茂 弥助 榊原康政 鳥居元忠 山本義路 山本帯刀 足利義教 関鉄之介 中川清秀 山本勘助 楢山佐渡 遠藤七郎 秋山真之 日露戦争 小山田信茂 深芳野 お船の方 石原莞爾 町野主水 愛姫 小田野直武 佐竹義敦 小林虎三郎 内ケ島氏 白川郷 ウィリアム・ラムゼイ卿 教師の日 水野勝成 ジョゼフ・プラトー 楠瀬喜多 ナイチンゲール 五郎八姫 伊達成実 ガロン 高松凌雲 義姫 イグナーツ 目次• 清少納言、プロフィール 名前: 清少納言(せいしょうなごん) 本名:清原諾子(きよはらのなぎこ) 出身地:不明 生誕:966年頃 死没:1025年頃 享年:59歳(死因不明) 時代:平安時代 かんたんな経歴、何した人、どんな人? 清少納言 illust・しらす 清少納言は、966年頃に生まれました。 清少納言とは、本名ではなく働く上でのペンネームや芸名のような名前です。 当時は身分の高い女性でない限り本名を公開することはなく、清少納言もその一人で、 本名は清原諾子(きよはらのなぎこ)という名前だったようです。 父親は歌人である清原 元輔(きよはら の もとすけ)、そして祖父も同じく歌人である清原深養父(きよはらのふかやぶ)という インテリ一家に生まれました。 その恵まれた家庭環境の中で、幼き頃より和歌や漢字の英才教育を受けその才能を磨き上げていたのでした。 お年頃になった15歳の頃に、橘 則光(たちばな の のりみつ)に嫁ぎ、のちに歌人となる橘 則長(たちばな の のりなが)を生みますが、性格の不一致により10年で離婚します。 その後すぐに、藤原 棟世(ふじわら の むねよ)に嫁ぎ、また後に女流作家となる上東門院小馬命婦(じょうとうもんいんこまのみょうぶ)を生みます。 清少納言が27歳の頃に、関白の藤原道隆(ふじわらのみちたか)から、一条天皇の奥さんである藤原定子(ふじわらのていし)の教育係としてオファーを受け以後天皇家の定子の元で働くことになりました。 定子の教育係として活躍するも、定子が難産のためにこの世を去ると、夫の元で暮らしました。 紫式部との関係は? 清少納言と紫式部はどんな関係だったのでしょうか? 清少納言は一条天皇の1番目の奥さんである藤原定子(ふじわらのていし)の元で働いていました。 紫式部は一条天皇の2番目の奥さんである藤原 彰子(ふじわらのしょうし)の元で、働いていました。 同じ女流作家であり、同じ一条天皇の奥さんの元で働いていた二人ですから、お互いがライバル視していたように思われがちですが、当時は面識がなく、天皇家で働き始めたのも文学作品を書き始めたのも清少納言が先のようです。 清少納言は紫式部本人に対しては何も残していませんが、紫式部の夫である藤原 宣孝(ふじわらののぶたか)の衣装がド派手であると、枕草子に書いています。 これに対し紫式部は紫式部日記の中で、清少納言の事を、漢字を間違える人間は将来ロクなことがないと反撃しています。 直接対決こそなかったものの、互いに自身の作品を通して相手にツッコミを入れている感覚は作家ならではと思われます。 清少納言と紫式部はなんだかおもしろい関係だったのですね。 こちらの記事で、紫式部について、かんたんにわかり易く紹介しています。 枕草子ってなに? 「春はあけぼの」で有名な 枕草子は、日本三大随筆や世界初の随筆と称され高い評価を得ています。 随筆とは、作者目線の思想や感想を綴ったエッセイのようなものです。 枕草子の 内容は主に2つあります。 1つ目の日常生活や身の回りの事には、「春はあけぼの」の通り、好みの季節から流行のファッション、イケメン貴族の振る舞いや色恋沙汰に至るまでを書いています。 2つ目は、一条天皇(いちじょうてんのう)の奥さんである、藤原定子(ふじわらのていし)のことを中心に、宮中での雅な様子と定子との思い出話が美しく細やかに書かれています。 それまでは漢字のみの文学でしたが、清少納言は平仮名も使い国風文化のポイントとも言える枕草子を書き、平仮名文字の発展に貢献した人物の一人です。 まとめ ということで、 5分で清少納言について!枕草子ってなに?紫式部との関係は?でした。 清少納言をかんたんに語るには ・インテリ文学一家に生まれ、天皇家の家庭教師だった ・国風文化のポイントである平仮名文字を使った枕草子の作者 ・紫式部との直接対決はなく、お互いの文学作品を通して批判していた 最後まで読んでいただきありがとうございます^^.

次の

清少納言が『枕草子』に書かない「闇」の内容

清少納言 枕草子

清少納言は歌人として有名な清原元輔の娘。 993年に、私的な女官として中宮定子に仕えるようになりました。 清少納言は宮仕えする際の女官の名称。 本名は清原諾子(なぎこ)ということが最近の研究で分かりました。 清少納言の「清」は父の姓の清原から。 「少納言」は地位を意味します。 しかし、近い親族に少納言はおらず、どうして少納言と呼ばれたのかは不明です。 知的な会話をする勉強相手として中宮定子に気に入られたのが清少納言。 2人は「あ・うん」の呼吸であったことが「枕草子」にたびたび記されています。 彼女と定子は主従関係にとどまらないソウルメイトのような関係でした。 それを裏づけるかのように、「枕草子」には2人の密接な心のつながりを感じさせる場面がたびたび紹介されています。 ひとつは、中宮定子が亡くなった翌年の1001年に完成したとする説。 この説は、後ろ盾がいなくなった清少納言は、宮中を離れて消息不明となったとする考えによるものです。 経済的にも困窮してかつての栄光は見る影もなかった、最後は物乞いをしていたという言い伝えが、女性の地位が低下した室町時代に登場。 現在も説のひとつとして定着しています。 もうひとつの説は、定子が亡くなったあと、10年ほどのあいだ加筆・修正を続けていたとするもの。 「枕草子」には、定子死去のことは触れられていません。 しかし、定子が亡くなったあとの1008年ごろの出来事は含まれています。 母親を亡くした定子の娘の家庭教師をしていたとする見方も。 そこから清少納言は、定子の死去後も宮中に残って「枕草子」の発信を継続していたと考えられています。 定子の父親である藤原道隆は、関白として天皇に代わり権力を握っていました。 これが摂関政治です。 道隆が亡くなると定子の叔父が関白職を継承。 しかしその叔父も急死してしまいます。 そこで政権は藤原道長に移行。 有力な後ろ盾を失った定子は、一条天皇の后という立場であるにも関わらず、宮中で居場所を失ってしまうのです。 次々と不幸にみまわれた中宮定子は出家することに。 このとき定子は一条天皇の子供を身ごもっていました。 子供を産んだ定子は、一条天皇の強い願いで宮中に帰ります。 しかし、定子の境遇は以前のように恵まれたものではありませんでした。 摂関政治で栄華をほこる藤原道長との勢力争いに敗れた立場を象徴するのが、まさに定子のサロンだったのです。 「枕草子」から見える男女の価値観の違いは現代にも通じるもの。 現代も、働く女性のことをよくなく思う男性がいるものですが、平安時代も同様。 宮仕えをする女性は軽くてけしからん!という男性がそれなりにいました。 それを清少納言は「憎たらしい」と言い切ってしまいます。 宮仕えをする女性は今でいうキャリアウーマン。 宮中で働くことは平安時代の女性たちのあこがれでした。 それを苦々しく思う男性についての記述は、主な読者である女房たちの共感を呼んだのです。 いっぽう 「枕草子」でほめられている男性は、宮中につとめる女性の価値を認め、その姿をほめたたえる男性。 当時の女性たちも、自分の仕事を評価されることを大切にしていたことが分かります。 有名な「春はあけぼの」の章段では、四季おりおりの風景を描写。 現代の私たちが読んでも、清少納言がイメージした風景を思い浮かべることができるほど。 シンプルでありながら共感できる身近なシーンが記述されました。 春は日の出前の景色のすばらしさ、夏は夜の過ごしやすさを表現。 秋にある、V字型になって飛ぶ鳥の姿は、現代でも感動を共有できるシーンです。 冬はとくに寒い日がいい。 観察による知的な文章をつうじて「をかし」が表現されました。 清少納言のうまいところは、 共感させながらときどき意外なことを差しはさむ手法。 自然や季節を巧みに描写したあと、冬の昼間に火鉢の白い粉が残るのが嫌だと言って話をしめます。 漫才の「オチ」に近いリズム感。 それが読む楽しみを高めたのです。

次の