あしざわりゅうせい。 【欅坂46】ラジオ業界の闇!?” あしざわ教頭 ”の妻が意味深投稿で炎上...

あしざわ

あしざわりゅうせい

経歴 [ ] 2014年8月31日、INNOVATIONスーパーフェザー級タイトルマッチで王者の狂平に挑戦し、判定負けで王座獲得に失敗した。 2016年4月29、INNOVATIONフェザー級王座決定戦でアトム山田と対戦し、TKO勝ちを収め王座の獲得に成功した。 2018年6月17日、K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメントに出場。 試合前から挑発的な言動を繰り返し、トーナメント出場選手のに対して「雑魚」「偽物」、に対しては「クソガキ」と罵った。 一回戦でシルビュー・ヴィテズと対戦し、1RKO勝ち。 続く準決勝では西京春馬と対戦し、1Rにダウンを奪われ0-3の判定負け。 2018年9月24日、K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~初代クルーザー級王座決定トーナメント~にて小澤海斗と対戦。 芦澤が上にて小澤に対戦要求をした事がきっかけとなりこの対戦が実現した。 試合前の会見から互いに挑発を繰り返し、6月26の会見では小澤から「ちょっと黙れよナマズ君」と言われた事に激昂し、小澤に殴りかかった事で乱闘沙汰を起こした。 試合では2度のダウンを奪い、大差の判定勝ちを収めた。 2~にてホルヘ・バレラと対戦。 試合前は「俺とバレラじゃ相手にならないと思いますよ。 タイプ的に考えて一番やり易い。 」「俺がお前とやってやるだけありがたいと思え、コノヤロー!今の俺の実力でいけばほっといてもKOになる」などと豪語していたが 、結果は1RKO負け。 2019年6月30日、K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~にてと再戦し、2度のダウンを奪われての判定負け。 以前から対戦を熱望していた戦を見据えてのスーパー・フェザー級契約での試合だった。 試合後には、試合前に公言していたように引退すると表明した。 「人を殴って怒られない場所はこの世にない。 格闘技は人を殴って褒められる世界だから最高」と語っている。 2019年2月、ラッパーのからインスタグラム上にてボクシングルールでの対戦を要求され、芦澤も呼応している。 獲得タイトル [ ]• 第3代INNOVATIONフェザー級王座 脚注 [ ].

次の

芦澤 竜誠 選手紹介

あしざわりゅうせい

2019. 29 6月29日(土)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント」6月30日 日 両国国技館大会の前日計量・記者会見が行われた。 スーパーファイト会見は前半・後半に分かれて行われ、前半分には小澤海斗vs鷹大、大沢文也vs里見柚己、小宮山工介vsレオナ・ペタス、大岩龍矢vs芦澤竜誠の8選手が登壇した。 小澤と大沢は「前回しょっぱい試合しちゃったんで」と口を揃え、内容面でも復活をかけた闘いだと強調。 久々のK-1参戦となるレオナは第4代K-1スーパー・フェザー級王座決定トーナメント準優勝の小宮山に勝ち、チャンピオンの武尊への挑戦、さらにKRUSH王座獲りと「2つリーチをかけたい」という意気込みを語る。 また「引退をかけるつもりで戦う」と発言した芦澤に対して、大岩は「引退を宣言した選手には負けないです。 そういう選手には未来もないので。 僕が勝つ」と宣言。 一方の芦澤は「この試合はなにがなんでも勝つ。 それだけ」と勝利への執念を口にした。 各選手のコメントは以下の通り。 小澤海斗 「明日はやるだけです。 前回しょっぱい試合しちゃったんで。 今回はバチコーン!いったろうと思います」 鷹大 「計量が終わってホッとしてます。 初めてのK-1なので、K-1の雰囲気を楽しみたいです。 ここまで来たんで、みなさんも明日試合を見て、色々と感じてください。 フェザー級のチャンピオンを狙っていきます」 大沢文也 「里見選手はK-1が初めてで気合いが入ってるみたいですけど、自分は試合をする場所はどこでも構いません。 試合会場がどれだけでかくてもリングの大きさは変わらないんで。 どの試合でも選手は全力出すだけ。 それをみんな分かってないと思うんで、僕が分からせます。 前回しょっぱい試合しちゃったんで、今回は復活したいと思ってます」 里見柚己 「自分一人じゃ絶対にここまで来れてなくて、たくさんの人にサポートしてもらって感謝してます。 明日、リングに上がるのは自分なんですけど、みんなの気持ちを背負って、初めてのK-1をしっかり楽しんで、ライト級が一番盛り上がるような最高の試合をしたいと思います。 自分はライト級に上げて一発目、里見柚己はチャンピオンを狙えそうだなってみんなに言ってもらえるような試合をして、11月の横浜アリーナ大会にも出たいです」 小宮山工介 「明日は空手の技をいっぱい使うんで、楽しみにしてください。 僕は空手の強さを証明するための試合にしたいと思います」 レオナ・ペタス 「今回の試合はいっぱいトレーニングしてきて、思い出すだけで吐き気がするくらいです(苦笑。 明日は問題なく普通に勝てると思います。 小宮山選手は第4代K-1スーパー・フェザー級王座決定トーナメント準優勝で、小宮山選手に勝てばチャンピオンの武尊選手とやるチャンスができるんじゃないかと思っています。 またKRUSHのチャンピオン(西京佑馬)も過去に僕が勝っている選手なんで、そこも獲りに行けると思っています。 明日勝って2つのベルトにリーチをかけたいと思います」 大岩龍矢 「鎖野郎の大岩龍矢です。 引退を宣言した選手には負けないです。 そういう選手には未来もないので。 僕が勝ちます。 (計量で鎖を投げたのは)鎖のファミリーを作ろうと思っていこうと、軽い鎖を投げました。 この試合に勝って、大阪まで行って皇治選手を倒して、たこ焼き食べたいです」 芦澤竜誠 「規約ができたんで、別に言うことはないっすね。 勝つだけです。 (引退をかけてという発言は)普通に闘うだけです、勝っても負けても。 知ってると思いますけど(選手の)暴言とかダメじゃないですか。 じゃあ俺が記者会見やる必要ないですよね? 勝つだけしか言えないです。 (フラストレーションが溜まる?)溜まってるに決まってるじゃないっすか(苦笑)。 これで罰金になったら敵わないっすよ、今のファイトマネーで。 この試合はなにがなんでも勝つ。 それだけです」.

次の

あしざわ治療院|ホットペッパービューティー

あしざわりゅうせい

芦澤竜誠 芦澤 竜誠(あしざわ りゅうせい)は、日本の男性キックボクサー。 山梨県南アルプス市出身。 K-1ジム総本部チームペガサス所属。 身長175cm、体重57. 5kg。 2018年、K-1 WORLD GP第2代フェザー級王座決定トーナメントに出場。 試合前から挑発的な言動を繰り返し、逆ブロックの小澤海斗に対しては「雑魚」「馬鹿」「偽物」などと罵り、西京春馬に対しては「クソガキ」と語った。 一回戦でシルビュー・ヴィテズと対戦し、1RKO勝ち。 続く準決勝では西京春馬と対戦し、1Rにダウンを奪われ0-3の判定負け。 同年、K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~初代クルーザー級王座決定トーナメント~にて小澤海斗と対戦。 芦澤がTwitter上にて小澤に対戦要求をした事がきっかけとなりこの対戦が実現した。 試合前の会見から互いに挑発を繰り返し、会見では小澤から「ナマズ君」と言われた事に激昂し、小澤に殴りかかった事で乱闘沙汰を起こした。 試合では2度のダウンを奪い、大差の判定勝ちを収める。 2~にてホルヘ・バレラと対戦。 試合前は「俺とバレラじゃ相手にならないと思いますよ。 タイプ的に考えて一番やり易い。 」「俺がお前とやってやるだけありがたいと思え、コノヤロー!今の俺の実力でいけばほっといてもKOになる」などと豪語していたが、結果は1RKO負け。 K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~にて大岩龍矢と再戦し、2度のダウンを奪われての判定負け。 以前から対戦を熱望していた皇治戦を見据えてのスーパー・フェザー級契約での試合だった。 試合後には、試合前に公言していたように引退すると表明した。

次の