失業保険 受給額。 失業保険の受給額がいくらになるかを計算します

失業手当(失業保険)の受給要件・受給額はいくらか・受給期間・申請方法などをわかりやすく解説します

失業保険 受給額

自分が貰える失業保険の金額を計算する あなたが貰える失業保険の「給付日数、日額手当、月額手当、手当総額」を計算できます。 算出に必要なデータは6カ月間の給与総額、年齢、勤続年数、退職理由のみです。 6カ月間の給与(賞与を除く)を半角数字で入力します。 年齢、勤続年数、退職理由を選びます。 計算ボタンを押します。 6カ月間の給与 円 年齢 勤続年数 退職理由 自己都合 会社都合 給付日数 日間 日額手当 円 月額手当 円 手当総額 円 失業保険の給付額は、今まで勤めていた会社から受け取った「退職前の6カ月間の給与」の約50~80%に相当します。 割合に幅がある理由は、賃金の高さで金額に大きな差が生まれないよう、平均的に支給するためです。 賃金が高い人ほど多くの給付金を受け取れはしますが、賃金の低い人ほど高いレートが適用されます。 また、受給者は退職理由で自己都合と会社都合に分類されますが、失業保険の申請者は若い世代では自己都合が過半数を占め、年齢が増えると会社都合の人が増えていきます。 自己都合と会社都合の人では日額手当や月額手当に違いはありません。 ただ、会社都合の人は転職活動の準備がしにくいため、 給付日数が自己都合の人の1. 0~2. 2倍に延長されていて、手当総額が増加します。 年齢で計算式を知る 賃金日額が計算できたら、今度は年齢別の表に賃金日額を当てはめて、 A~Fのいずれかの計算式を知ります。 年齢は「30歳未満、30~44歳、45~59歳、60~64歳、65歳以上」の5つに分類されています。 例えば、年齢が35歳、賃金日額が5900円の人は「C」です。 年齢 賃金日額 計算式 給付率 30歳未満 2499円以下 A 81%以上 2500~5009円 B 80% 5010~1万2330円 C 51~79% 1万2331~1万3630円 D 50% 1万3631円以上 E 49%以下 30~44歳 2499円以下 A 81%以上 2500~5009円 B 80% 5010~1万2330円 C 51~79% 1万2331~1万5140円 D 50% 1万5141円以上 E 49%以下 45~59歳 2499円以下 A 81%以上 2500~5009円 B 80% 5010~12330円 C 51~79% 1万2331~1万6670円 D 50% 1万6671円以上 E 49%以下 60~64歳 2499円以下 A 81%以上 2500~5009円 B 80% 5010~1万0980円 F 46~79% 1万0981~1万5890円 D 45% 1万5891円以上 E 44%以下 65歳以上 2499円以下 A 81%以上 2500~5009円 B 80% 5010~1万2330円 C 51~79% 1万2331~1万3630円 D 50% 1万3631円以上 E 49%以下 情報取得日 2019年7月時点 給付率は基本的には「81%以上、80%、51~79%、50%、49%以下」などと5段階に分かれていて、賃金日額が高い人ほど給付率が下がっています。 これは生活できる水準を考慮しているためで、低所得者ほど相対的に手厚いサポートが受けられる仕組みです。 ただし、給付率は目安になる数値であるため、ここでは重要でありません。 退職理由が自己都合の人は「勤続年数が1~10年未満で90日間、10~20年未満で120日間、20年以上で150日間」となり、年齢に関係なく一律で決まっています。 退職理由が会社都合の人は「勤続年数が1年未満で90日間、1~5年未満で90~180日間、5~10年未満で120~240日間、10~20年未満で180~270日間、20年以上で240~330日間」となり、年齢によって給付期間に幅があります。 データは厚生労働省発表の最新版 失業保険の給付額の計算はが毎年7月1日以降に発表するデータに基づいて、プログラムを組んでいます。 そのため、 現時点では2019年7月時点のデータが最新版です。 毎年データが更新される理由は、雇用保険法第18条の規定により、前年度の勤労統計における平均給与額の変動比率に応じて、その年の給与水準に修正されるためです。 雇用保険制度は「失業した人や教育訓練を受ける人などの生活のサポート、就職や転職活動の促進、社会全体の雇用の安定化」に対して、失業保険などの各種手当を給付しています。 また「失業の予防、雇用状態の是正や雇用機会の増大、労働者の能力の開発や向上、その他労働者の福祉の増進を図るための雇用安定事業、能力開発事業、雇用福祉事業」を行っています。 この雇用保険制度を無駄なく利用して、次のライフステージへの足掛かりにしましょう。 ちなみに雇用保険のわからないことは雇用保険のしおりに詳しく掲載、もしくはハローワークの職員の人たちもていねいに説明してくれます。

次の

失業保険はいくらもらえる?基本手当の支給額の自動計算はこちら

失業保険 受給額

ただし再就職するまでの失業期間が1年を超えてしまった場合は、その前に加入していた被保険者期間を通算することはできません。 失業保険の給付日数が増える!退職にベストなタイミングとは 会社側が経営難などによる人員整理を行う場合、従業員に対して「希望退職」を募ることがあります。 その場合は、会社都合退職として失業手当を受給できます。 希望退職ならある程度自分で退職のタイミングを図れるため、受け取る失業手当の額を増やせる可能性があります。 失業保険の給付日数は、被保険者期間と退職時の年齢によって大きく異なります。 そのため、給付日数が増える段階で退職するのがベストなタイミングです。 希望退職についての詳細は、次の記事を参考にしてください。 合わせて読みたい! 会社都合退職で失業保険の所定給付日数が特に大きく増えるタイミングは、次のパターンです。 45~59歳の人は、加入年数が1年を過ぎたタイミングまで待てばプラス90日。 20年以上となるタイミングでも60日増やせるのです。 ちなみに離職時年齢60~64歳で被保険者期間が1年以上の場合は、離職時年齢45~59歳よりも失業保険の所定給付日数が減ってしまいます。 60歳を過ぎる前に退職すれば、失業保険の所定給付日数が減ってしまうことはありません。 失業保険の金額を増やす方法は退職前6カ月間の給料を増やすこと! 年齢別基本手当日額の上限額(2020年8月~2021年7月) 離職時の年齢 基本手当日額の上限額 29歳以下と65歳以上 6,815円 30~44歳 7,570円 45~59歳 8,335円 60~64歳 7,150円 「」を参考にして、現在の大体の1カ月分の給料から基本手当日額を計算してみてください。 もしも算出した基本手当日額が上限額に達していた場合は、それ以上の失業手当をもらうことができません。 上限額の場合はいくら残業や休日出勤をしても、退職後の失業手当は増えないので注意しましょう。 健保の任意継続被保険者になると保険料が上がることがある 会社によっては被保険者として退職後に「国民健康保険に加入するか」、「会社の健康保険を任意継続するか」どちらかを選択できます。 会社の健康保険を任意継続する場合は、在職中の4~6月の給料をもとに健康保険の保険料が決まります。 そのため退職前の6カ月間に4~6月が入る場合、この期間の給料を増やすと退職後の保険料も増えてしまうんです。 退職後に健保の任意継続をする予定の人は、できるだけ4~6月の時期を避けて残業や休日出勤することをおすすめします。 退職後にもらえる失業保険の金額の計算方法や、失業保険の給付日数について詳しく解説しました。 失業保険の金額は「退職前6カ月間の給料総額」から「賃金日額」を求めて、さらに年齢や賃金日額ごとによって決まっている公式にあてはめれば算出できます。 失業保険の給付日数は退職理由にもよりますが、辞めた会社の勤続年数と退職時年齢が分かれば、簡単に調べることが可能です。 失業保険の受給額や給付日数についてある程度の知識を身につけていれば、退職する時期をずらすなどして、もらえる金額を最大限にすることができます。 当記事の計算式や表を参考にして、自身の失業保険の受給額や給付日数から退職にベストなタイミングを見計らいましょう。

次の

【2020年最新】失業保険の金額を計算(自動計算ツール)

失業保険 受給額

失業保険(基本手当)の日額は60歳以上65歳未満の場合、給料(離職前6カ月間の平均)の1日分の45%から80%となっている 【参考】 この 失業保険と年金を両方受け取れたら最高なんですが、残念ながら現在は不可能です。 この2つの制度はどちらか選択ではなく、失業保険を受け取る手続き(求職の申し込み)をした時点で、年金が失業保険を受け取っている期間、ストップする仕組みになっています。 過去は両方受け取ることができた! もし、この記事を70歳以上の方がご覧になっているとしたら、「私は両方受け取れたよ」とおっしゃるかもしれません。 そのとおりで、失業保険と年金は過去、両方受け取ることができました。 平成10年3月までは、両方受け取ることができたのです。 現役世代の給料よりも両方の受取額のほうが多い! という場合も少なくなかったはずです。 いい時代だったんですね。 しかし、これだけたくさん受け取れると、60歳以降に積極的に働こうとはなかなか思えなくなるのも事実です。 本来、 失業保険(基本手当)とは、再就職の意思・能力があるのにもかかわらず職業に就くことができない場合の生活保障です。 リタイア後の老後保障である年金とは支給する主旨が違うわけで、今まで両方支給していたのがおかしいといえばそれまでですが、それだけ年金財政がひっ迫してきたともいえるのでしょう。 「得なほうを受け取る」だけでは失業保険は受け取れない 失業保険と年金を両方受け取れないなら、どちらか得なほうを受け取りたいと思うのが人情ですよね。 どちらがたくさん受け取れるのかは人それぞれですが、注意点があります。 失業保険は「失業の状態」(再就職する意思・能力があるのにもかかわらず、職業に就くことができない状態)にあることが支給の大前提です。 再就職するつもりが全くなく、 「年金よりも失業保険を受け取るほうが得」という理由では失業保険を受けることはできません。 会社を辞めたら失業保険を受け取れるのが当たり前、と思っている方も少なくありませんが、あくまでも「失業の状態であること」が前提となることを十分理解しておいてください。 ハローワークでの再就職の意思があるか否かのチェックも、案外厳しいものがあります。 65歳以降に退職した場合はどうなる? さて、失業保険との関係で調整される年金は、あくまで「老齢厚生年金」で、しかも「60歳代前半に支給される老齢厚生年金」に限られます。 「それなら、65歳以降に辞めれば両方受け取れるの?」と質問する方もいるかもしれません。 65歳以降に退職する場合は、雇用保険から支給される失業保険(基本手当)が 一時金(正式には高年齢求職者給付金)となってしまいます。 例えば雇用保険に20年以上加入していた人(就職困難者は除く)は、 基本手当なら最高150日分受け取れるのに対し、 高年齢求職者給付金の場合は50日分しか受け取れません。 レアケースだが「裏ワザ」があった!? 失業保険が基本手当になるのか、高年齢求職者給付金になるかは退職日で決まります。 退職日が65歳未満(正確には65歳の誕生日の前々日まで)であれば、受け取る時に65歳になっていたとしても、失業の状態である等要件を満たせば「基本手当」を受け取ることができます。 65歳以降に受け取る年金は基本手当との調整がありませんので、基本手当と年金を両方受け取ることが可能となります。 ですから 65歳直前に退職し、失業保険を受け取るのが65歳になってからなら、年金も同時に受け取れるということになります。 ちょっとした「裏ワザ」ですね。 ただ、65歳定年制の会社で65歳の定年直前に辞めたばっかりに、定年退職で受け取れる退職金を受け取れなかった(あるいは減額された)など、両方受け取れること以上の不利益を被る可能性もあります。 この裏ワザを使う場合は、直前で辞めるデメリットもしっかり検討した上で決断する必要があるでしょう。 【関連記事】.

次の