ポケモン どく タイプ 弱点。 【ポケモンGO】アローラベトベトンには効くのはあのタイプのわざ! あくタイプ複合相性まとめ

ポケモンで、弱点のタイプが1つ、もしくは2つしかないポケモンって...

ポケモン どく タイプ 弱点

概要 毒を持つポケモンや毒そのものでできたポケモンはこのタイプに分類される。 をはじめの手持ちとして使われやすく、悪役のイメージが強い。 大半は紫色をしていて見た目のインパクトも強烈だが、ゴミを食べるといったように汚れを引き受ける設定のポケモンも存在し、必ずしも害があるわけではない。 ではまではタイプ、からまではタイプ、からはタイプに分類されている。 ポケモンとしてのどくタイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ・タイプの技は、効果が抜群となる。 ・・どく・・タイプの技は、効果が今一つとなる。 関係する• が必中する。 相手が姿を消していても有効(から)。 関係する状態(・・)• 状態・状態にならない。 相手が特性を持つ場合はこの限りでない。 どくタイプのポケモンが場に出たとき、味方の場のを解除できる。 関係する• どくタイプのポケモンのみ、で毎ターンHPが回復する。 関係する• とくせいがのポケモンがを持つとどくタイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとどくタイプになる。 過去の仕様• ではむしタイプの技との相性は効果が抜群であった。 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• 00 初出: 一覧• (ガラルのすがた) どくタイプの歴史 能力としてはが控えめなものが多く、耐久面が高い傾向にある。 弱点も少なく、さらに・・・どく・タイプの技を半減できる。 ・を防げることや、ほぼ専用の道具であるを持てることからも、耐久面が安定したタイプと言える。 攻撃面ではくさとフェアリータイプに効果抜群。 メジャーなポケモンの多いフェアリータイプへの抑止力になることができ、で登場したのすべての弱点を突けるのが非常に優秀。 相手をどく状態にすることを得意とする。 技の追加効果や特性(など)の発動率は高い。 また、やのようにどく状態に関連した技や特性が多い。 はどくタイプに限らずほとんどのポケモンが使えるが、どくタイプのポケモンが使えば必中になる。 第一世代 第一世代では最強タイプのの突出ぶりは深刻で、エスパータイプが弱点のどくタイプがその煽りを受けたのは言うまでもない。 しかも、当時の最強技は威力65止まりのと攻撃面でも極めて貧弱だった。 とは言え、97カップにおいては最速の使いおよび当時猛威を振るったをタイプで無効にできるは採用した人がとても多く、さらにはただ一人が、秘密兵器(?)だからとかの理由でも一応エントリーされていた。 この2匹が99カップで使用できなくなった後、優遇されていたタイプと複合のを始め、、そしてが使われるようになっていった。 第二世代 あまりにも強すぎたタイプが弱体化で使用率が落ちたおかげで、環境面でようやく動きやすくなった。 の上位互換としてが追加されたことにより、ようやくまともな攻撃技も手に入れた。 しかし第一世代でどくタイプを弱点にしていたタイプはどく技によるダメージ倍率が1になったことで、遂に弱点を突けるタイプはタイプのみとなってしまい(ただしどくタイプもむしタイプに耐性を持つようになった)、どくタイプを全く受け付けないタイプの登場も加わったため、攻撃面では相変わらず厳しかった。 この世代で特に活躍できたどくタイプはで、他には、時々、の進化系でなどが出る程度であった。 第一世代と比べるとまともになってはいるが、どくタイプ全体での採用率はやはり低いままだった。 第三世代 、はを獲得。 これによってゲンガーは無効3つの流し性能を手に入れ、マタドガスは弱点が実質1となり耐久型としての道を切り開いた。 この世代のではが人気であったため、そちらに対して弱点を突けるは重宝された。 は逆に要員としてルンパッパの味方を務めた。 しかし活躍できたどくはを無効にできるポケモンに限り、それ以外は「じしんゲー」と呼ばれたが主流であったこの世代に適応できなかった。 第四世代 技の・の分離によって、が特殊化した。 新たに加わったどくタイプの物理技は命中率から使い物になりにくい、ヘドロばくだんよりも威力が10低いであった。 このことから多くのどくアタッカーは落ちぶれ、特にマタドガスはどくの物理技を失う格好となったが、の場合は逆にの特殊化により特殊アタッカーとして開花する結果となった。 、の登場によって、トリッキーな動きに磨きがかかった。 どく全体での主力技の弱体化はあったものの、新規のポケモンは、、、と実力者揃いであった。 世代初期の環境ではドラピオン、ロズレイドが注目されていたが、WCS2009環境でドクロッグが活躍したことから、ダブルバトルでドクロッグを使うプレイヤーが以降急増した。 第五世代 、、、が登場。 ヘドロウェーブに関しては限定技に指定されたポケモンもあったため、「資産ゲー」と批判する声もあった。 この世代も追加種族こそ少ないが、特にダブルバトルでの活躍が目立った。 鈍足でに強いうえに、、でのサポートが光った。 また、・がにより火力が上昇し、特殊アタッカーとして確立された。 でもとクロバットが使われる程度で、総じて対戦環境におけるどくは第一世代か第二世代程度の立場であったといえる。 第六世代 この世代から登場するにどくの技が効果抜群となり、フェアリー半減の耐性を持つようになった。 これによって、どくは対フェアリーのスペシャリストとなった。 加えてどくタイプが放つが必中になり、搦め手も深化した。 も命中率の上方修正によって実用化。 唯一の追加組であるは隠れ特性のが解禁されると重火力アタッカーとしての需要を得た。 既存組ではがを獲得し、してよし、自分で攻めてよしのポケモンとなった。 またはの相性仕様強化と強化によってフェアリーに強いあくタイプとして利用されるようになった。 とはいえ、が跋扈していたこの世代の環境ではどくアタッカーの対面性能はそれほどでもなかったため、を獲得した、の2者以外はシングルバトルでの使用率30位以内入選に恵まれなかった。 第七世代 やの登場などの普及ならびに他の状態異常が弱体化したことによってアタッカーとしてのどくや耐久型のダメージ源となる技がますます重宝されるようになった。 特性が持ち味の、耐久特化の、そして初のどくタイプであると、新規勢は粒揃いであった。 ではが追加された。 新規勢ではアーゴヨンがで、ウツロイドがで活躍。 既存勢力ではが特性をナーフされ、も弱体化を受けた。 しかしフェアリーの増加からアタッカーとしての個性が強くなった。 はサブウエポンとして環境に若干定着しており、どくウエポンが普及したからこそタイプが激減したとも解釈できる。 第八世代 が未登場であるなど、以前と比べると弱点をつけるようなポケモンが減ったため、攻撃面では弱体化したと言えるか。 ただし、やなどの相性が悪いポケモンも減ったため、防御面では多少強化されたと言える。 初のタイプとの複合である、初のタイプとの複合であるが登場している。 どくタイプ初の禁止伝説としてが登場。 さらにがから除外されたことで環境全般において数多くの耐久・サポート型のポケモンが弱体化をすることとなった。 ダウンロードコンテンツ解禁前の環境ではでマタドガス ガラルのすがた が偶に使われる程度と、実際はどく不毛の環境となっている。 わざとしてのどくタイプ このタイプを持つわざについてはを参照。 ・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 どく・・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が今一つ。 タイプを持つポケモンに対しては、効果無し。 関係する状態(・・)• 多くのに状態にするを持つ。 関係する• どくわざの威力を上げるとして、・・がある。 どくわざの威力を下げるもちものとして、がある。 はがねタイプの相手でも、を持ったポケモンに対しては技が当たる。 過去の仕様• ではむしタイプとの相性は効果が抜群であった。 までは全てだった。 までは、くさタイプにしか効果抜群で攻撃できなかった上、はがねタイプには無効にされるため、攻撃技としての性能はあまり高くない。 以降、どくタイプのポケモンが使うと必中の効果があるので、しかも新たに追加されたタイプの数少ない弱点を付けるタイプとして、どくタイプは攻撃技としても注目され始めた。 対戦におけるどくわざ 最も広く流通している毒技と言えば、やはりのが挙げられる。 からのため、他タイプの耐久型および耐久型対策に採用されている。 以降、毒ポケモンだけがの必中効果の恩恵を受け、実用性が大幅に上昇する。 これに伴い、毒タイプの必需技となった。 さらに、どくどくで陥る状態は、毎ターン最大HPに対する割合でダメージが入り、耐久値とは無関係にHPが減っていく。 主なとしては、やがある。 前者が威力、後者が命中重視で採用される。 主なとしては、やがある。 やは特別な状況下でのみ高威力で、その状況にするまでターンを要するため単体での採用は稀。 どくタイプを好むポケモントレーナー• ではとタイプを併せ持つポケモンが多かった。 でのタイプ変化を除いた場合、まではこのタイプを持つ性別不明ならびには存在しなかった。

次の

どく

ポケモン どく タイプ 弱点

244 なし ドクロッグの詳細評価 特徴的な複合タイプ ドクロッグの特徴は、どく・かくとうという特徴的な複合タイプ。 他のかくとうタイプと違い、フェアリータイプの弱点をつけるのが魅力だ。 かくとうタイプ最強技を覚える ドクロッグはカウンター・ばくれつパンチという、かくとう技最強クラスの技をどちらでも覚えることが可能。 そのためかくとう弱点のポケモンに対して対策ポケモンとして使用することができる。 カイリキーのほうが優秀 ドクロッグはかくとう技で最強クラスの技を覚えることができるものの、種族値は同じ技を覚えることができるカイリキーに劣る。 そのため、カイリキーをもっている場合は、カイリキーを対策ポケモンとして使うのがおすすめだ。 DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし ドクロッグの進化系統.

次の

【ポケモン剣盾】タイプ相性表と弱点一覧【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン どく タイプ 弱点

効果なし 無効 タイプ相性とは? 技とポケモンが持つタイプの相性 タイプ相性とは、放った技と受けるポケモン自身が持つタイプの相性のことを言います。 放った技のタイプが、受けるポケモンの持つタイプと相性がいいとダメージが大きく、相性が悪いとダメージが少なくなります。 相性によるダメージの増減 相性によるダメージの増減は倍率で決まっています。 相性が良い技を放つとダメージの倍率は高くなり、多くのダメージが与えられます。 そのため、ポケモンバトルではポケモンと技のタイプを理解し、有利な技を放つことが非常に重要です。 そのため、どちらも効果が抜群だった場合には4倍のダメージに、どちらも効果が今ひとつだった場合には0. 25倍のダメージになります。 2つのタイプのどちらも効果はばつぐん 4倍 片方が効果はばつぐん、片方は普通 2倍 どちらも普通 or 片方が効果はばつぐん、片方は効果はいまひとつ 等倍 1倍 片方が効果はいまひとつ、片方は普通 0. 5倍 2つのタイプのどちらも効果はいまひとつ 0. 25倍 どちらか片方が効果がない 0倍 無効 関連記事 初心者向け記事一覧 タイプ相性表.

次の