ぎゅ ぎゅっと。 いわまの栗菓子「ぎゅ」

ぎゅっ

ぎゅ ぎゅっと

お散歩している子ザルのジョジョ。 ゾウやカメレオン、ヘビなど、いろんな動物が「ぎゅっ」っとハグしているのを見ているうちに、だんだんさみしくなってきました。 「ぼくもママと『ぎゅっ』したい!」 そんなジョジョのために、ゾウさんが一緒にママを探してくれることになりました。 ジョジョはママと会って、「ぎゅっ」できるかな……? この絵本のすごいところは、全てのストーリーを、ほとんど「ぎゅっ」という言葉だけで展開していくというところです。 「ぎゅっ」という言葉だけでなぜ物語が伝わるかというと、ジョジョをはじめとする動物たちの「表情」が語ってくれているから。 楽しそうにみんなのハグを見ているジョジョ、でもだんだんとその表情が曇ってきて、とうとう泣き出してしまいます。 心配そうに見つめる動物たち。 そんな感情の移り変わりが、余計な言葉はなくても素直に入り込んできます。 赤ちゃんは、身近な人の表情を真似ながら脳を発達させると言われています。 ページをめくるごとに変化していくジョジョの表情から、どんなことを感じ、吸収していくのでしょうか。 小さな子には「おさるさん、さみしそうだねぇ」、少し大きくなると「これってどんな気持ちなのかなぁ?」、もっと大きな子には「どうしてこんなお顔してるんだろう?」などと声をかけながら読んでいくと、親子でいろんな発見があるかもしれません。 (洪愛舜 編集者・ライター) おさんぽしていたジョジョくん、みんなが「ぎゅっ」としているのをみてママがこいしくなりました。 「ママー!」 どうぶつたちのしあわせそうなかお! おもわず、ぎゅっとしたくなる絵本です。 「ぎゅっ」と言う言葉だけしか ありませんが 何とも 心温まります 動物たちが「ぎゅっ」と抱き合っている姿が とてもかわいいし、 やっと ジョジョがお母さんに 会えた時のうれしさは 孫もうれしか ったようです。 何度も読んで 今は本がボロボロです。 孫と何度も「ぎゅっ」と抱き合えたのは この本のおかげかもしれませ んね (でぶうさちゃんさん 50代・じいじ・ばあば ).

次の

いわまの栗菓子「ぎゅ」

ぎゅ ぎゅっと

お散歩している子ザルのジョジョ。 ゾウやカメレオン、ヘビなど、いろんな動物が「ぎゅっ」っとハグしているのを見ているうちに、だんだんさみしくなってきました。 「ぼくもママと『ぎゅっ』したい!」 そんなジョジョのために、ゾウさんが一緒にママを探してくれることになりました。 ジョジョはママと会って、「ぎゅっ」できるかな……? この絵本のすごいところは、全てのストーリーを、ほとんど「ぎゅっ」という言葉だけで展開していくというところです。 「ぎゅっ」という言葉だけでなぜ物語が伝わるかというと、ジョジョをはじめとする動物たちの「表情」が語ってくれているから。 楽しそうにみんなのハグを見ているジョジョ、でもだんだんとその表情が曇ってきて、とうとう泣き出してしまいます。 心配そうに見つめる動物たち。 そんな感情の移り変わりが、余計な言葉はなくても素直に入り込んできます。 赤ちゃんは、身近な人の表情を真似ながら脳を発達させると言われています。 ページをめくるごとに変化していくジョジョの表情から、どんなことを感じ、吸収していくのでしょうか。 小さな子には「おさるさん、さみしそうだねぇ」、少し大きくなると「これってどんな気持ちなのかなぁ?」、もっと大きな子には「どうしてこんなお顔してるんだろう?」などと声をかけながら読んでいくと、親子でいろんな発見があるかもしれません。 (洪愛舜 編集者・ライター) おさんぽしていたジョジョくん、みんなが「ぎゅっ」としているのをみてママがこいしくなりました。 「ママー!」 どうぶつたちのしあわせそうなかお! おもわず、ぎゅっとしたくなる絵本です。 「ぎゅっ」と言う言葉だけしか ありませんが 何とも 心温まります 動物たちが「ぎゅっ」と抱き合っている姿が とてもかわいいし、 やっと ジョジョがお母さんに 会えた時のうれしさは 孫もうれしか ったようです。 何度も読んで 今は本がボロボロです。 孫と何度も「ぎゅっ」と抱き合えたのは この本のおかげかもしれませ んね (でぶうさちゃんさん 50代・じいじ・ばあば ).

次の

ぎゅっ|絵本ナビ : ジェズ・オールバラ みんなの声・通販

ぎゅ ぎゅっと

お散歩している子ザルのジョジョ。 ゾウやカメレオン、ヘビなど、いろんな動物が「ぎゅっ」っとハグしているのを見ているうちに、だんだんさみしくなってきました。 「ぼくもママと『ぎゅっ』したい!」 そんなジョジョのために、ゾウさんが一緒にママを探してくれることになりました。 ジョジョはママと会って、「ぎゅっ」できるかな……? この絵本のすごいところは、全てのストーリーを、ほとんど「ぎゅっ」という言葉だけで展開していくというところです。 「ぎゅっ」という言葉だけでなぜ物語が伝わるかというと、ジョジョをはじめとする動物たちの「表情」が語ってくれているから。 楽しそうにみんなのハグを見ているジョジョ、でもだんだんとその表情が曇ってきて、とうとう泣き出してしまいます。 心配そうに見つめる動物たち。 そんな感情の移り変わりが、余計な言葉はなくても素直に入り込んできます。 赤ちゃんは、身近な人の表情を真似ながら脳を発達させると言われています。 ページをめくるごとに変化していくジョジョの表情から、どんなことを感じ、吸収していくのでしょうか。 小さな子には「おさるさん、さみしそうだねぇ」、少し大きくなると「これってどんな気持ちなのかなぁ?」、もっと大きな子には「どうしてこんなお顔してるんだろう?」などと声をかけながら読んでいくと、親子でいろんな発見があるかもしれません。 (洪愛舜 編集者・ライター) おさんぽしていたジョジョくん、みんなが「ぎゅっ」としているのをみてママがこいしくなりました。 「ママー!」 どうぶつたちのしあわせそうなかお! おもわず、ぎゅっとしたくなる絵本です。 「ぎゅっ」と言う言葉だけしか ありませんが 何とも 心温まります 動物たちが「ぎゅっ」と抱き合っている姿が とてもかわいいし、 やっと ジョジョがお母さんに 会えた時のうれしさは 孫もうれしか ったようです。 何度も読んで 今は本がボロボロです。 孫と何度も「ぎゅっ」と抱き合えたのは この本のおかげかもしれませ んね (でぶうさちゃんさん 50代・じいじ・ばあば ).

次の