ブレンボ マスター シリンダー。 ブレーキマスターシリンダー交換費用・交換時期・目安・寿命・工賃相場

マスターシリンダー

ブレンボ マスター シリンダー

商品販売事業部 イタリアのブレーキパーツメーカーbremboの日本法人である株式会社ブレンボ・ジャパンの二輪正規代理店です。 正規パーツの販売をはじめ、オーバーホール受付やテクニカルサポート等のカスタマーサービスを行っております。 [フルードに関して] ブレンボのブレーキシステムはブレンボ製のフルード及びDOT4規格のフルードに対応しております。 それ以外の規格のフルードには対応しておりません。 万一使用されますとブレーキシステムに深刻なダメージを及ぼし、重大な危険を引き起こす可能性がございますので絶対に使用されませんようお願い申し上げます。 アイテムによっては新品価格を超える場合もございますので慎重にご検討ください。 並行品や正規品と認められない製品はお受けできません。 )が付いていない状態でお送りください。 付属品が付いている場合は分解手数料をいただくかオーバーホールをお受けいたしかねます。 状態が酷い場合は洗浄手数料をいただくかオーバーホールをお受けいたしかねます。 045-511-7333 [ハードアナダイズドに関して] ハードアナダイズドは染料を使って色を付け酸化被膜を形成する通常のアナダイズドとは異なり、染料は使わず非常に強力な酸化被膜を形成する特殊な処理で、この処理の結果の自然発色になります。 従って染料を使っていない自然発色ゆえに二つとして同じ色は無く、技術的にも全く同じ色にする事は困難です。 また非常にシビアで高い精度が求められる設計寸法のため、切削加工後最後に施されるハードアナダイズド処理の酸化被膜は厚さの管理を最優先で処理が施されるので発色に関しては管理しておりません。 ブレンボとしましてもこの表面処理は高い表面強度と高い精度を目的とした機能の一つとして考えており、着色を目的としておりません。 結果様々な色合いが存在することが本当のハードアナダイズドであり、非常に高い表面強度と精度の証でもあると言えます。 ブレンボのハードアナダイズドのパーツは全て同様となっております。 ブレンボは高い機能・性能を最優先し、安易に見た目に走ることなく、ハイパフォーマンスなブレーキシステムをユーザーに提供することを第一に考えております。 ご理解の上ご検討ください。 ディスクとベルの間を、機械加工の許容誤差を研究し開発された特殊なギロチン型サーフェイス(特許出願中)によってマウント。 径方向及び軸方向のフローティングを可能にするだけでなくディスクの総重量を円形のブッシュを用いた従来型より大幅に低減させ、特にレース中の過酷な動作時に熱的・機械的な応力への耐性を向上させ制動時のトルクをより効率的に伝達する事が出来ます。 また、5. 5mmのディスク厚を維持したまま摺動面を狭める事にも成功し重量を低減させました。 これらの結果、重量と慣性は最小限に抑えられハンドリングを従来よりはるかに快適なものとし、走行性を飛躍的に向上させました。 5mm)、制動面にはドリルホールが配列され、ブレーキング時の性能とコントロール性を向上させると同時に、回転モーメントを減少させ、結果として車両のハンドリングを向上させるのが特徴です。 ブレンボのロゴが削り出されたインナーベルはソリッド・メタルから削りだされ、黒色のアノダイズ処理を施した後、機械加工にて溝を彫り込むことにより、性能のみならず、他には無い、目を引く特徴的なデザインを実現しています。 このフローティング・ディスクは、ストリートやサーキットで最大限の性能レベルを提供するべく特別に開発された製品です。 ソリッドメタルから削り出されたインナーベルとアウターローターが組み合わされ、綿密なFEM解析を行って製造されます。 ディスクローターの制動面にはドリルドホールが配列されており、ブレーキング時の制動力とコントロール性を最大にするのと同時に、回転モーメントを減少させ、結果として車両のハンドリングを向上させるのが特徴です。 10箇所のフランジ部をジュラルミン製のフローティング・ブッシュにより結合されており、レースでの使用にも十分耐えうる製品です。

次の

ZRX1100 ブレンボ ラジアルクラッチマスターに交換~交換手順の解説と必要部品の手引き

ブレンボ マスター シリンダー

純正のピストンサイズに合わせる 今回も例にもれず「ブレンボ」を使います。 皆が付けているから敢えて違うメーカー品に・・・。 とすると必ず後悔しますのでここは定番ではありますがブレンボをお勧めします。 他メーカー品の報告をしますと、交換しても殆ど軽くならない、クラッチが切れない(ピストンが押し切れていない)、リペアパーツが無い・入手困難、フルードが漏れれ気味、等この様な事が多く最終的に全てに於いて高性能なブレンボを推しています。 特に引きが軽くなるのはこのブレンボの代表的な特徴であり、一度それに触れてしまうとあまりの軽さに少々高くてもここにお金をつぎ込みたくなります。 以前のブレンボではピストン径は「16mm」と「19mm」の2種類でしたから16mmの選択肢しかありませんでした。 現在は「17mm」が登場しましたのでお好み2種となりました。 「RCS」とは「 Ratio Click System:レシオクリックシステム」と呼ばれる機構で、レバ-レシオを18mmと20mmから選択することができる非常に優れた物です。 取り付け作業に於いての追加工 どんな部品を取り付けるにしても加工などの修正が必要になってきますが、今回もそれに倣ってひと手間以上に追加加工がありました。 結論から言いますと、ハンドルスイッチのチョークワイヤーの出口とマスターシリンダーのバンジョーボルトがガッチリと干渉します。 ハンドル側チョークを移設する方法もありますが、レバーとワイヤーを新たに用意して更にレバー位置を模索というのも面倒なので、今回はハンドルにスイッチBOXの回り止め穴を追加してやり、スイッチをやや下向きにしてボルトを避ける方法をとりました。 ガムテープを貼って(メッシュが広がらない様にする為)その上からサンダーで切るか、専用の金属用ハサミを使って切断します(画像ではハサミを使っています)。 ホースが被覆でコーティングされている場合は画像の様に「5mm」程被覆を切り取ります。 フィッティングパーツを分解しナット側をホースに通します。 被覆を切った周辺を ラジオペンチなどで軽く潰すと画像の様に綺麗にメッシュが開きます。 これでオリーブの取り付けがスムーズに行えます。 オリーブ(金色の部品)を中心のテフロンチューブとメッシュの隙間に挿入します。 ナット部を万力で挟んで、上からオリーブをハンマーで叩いても良いのですが、私はいつもこの様にラバーマットに押し付けてオリーブの接合面に気を遣いながら組み付けています。 オリーブがテフロンチューブに 底付きするまで押し込めたらナット部品を開口部がスライドするプライヤー「プライヤーレンチ」で挟んで引き出します。 その後ボルト部品(フィッティング先端部品)を締め込んで固定したらホースの完成です。 これがあらゆる整備で活躍する「プライヤーレンチ」です。 メーターリングのカシメもこの工具が大変役に立ちます。 クラッチスイッチkitの取り付け ギヤが入っている状態でクラッチレバーを握ってスターターが回る様にする為のスイッチです。 ブレンボマスターには当然の事ながら付いていませんので、販売されている部品の中から良い物を選んで取り付ける事にします。 今回使ったのは「光研電化」製のスイッチキットです。 価格設定は高めですがブレンボの日本法人で株式会社ブレンボ・ジャパンの二輪正規代理店である事から信頼性が高い商品です。 この時点で定価は「3800円(税抜き)」ですが、今後倍の価格にまで上がると言う事です(2019年4月現在)。 ここで注意したいのはこの「社外品」はその性質上クラッチレバーを離した瞬間にサイドスタンドのスイッチが働いてエンジンがストップする 「スターターロックアウトスイッチ」の作動が遅く、若干走り始めてからのエンジン停止となりますので十分注意しないとなりません。 これは試行錯誤した結果スイッチのストロークを増やさないと修正できないものでした。 かえって危ない部分もありますのでサイドスタンド側、緑と黒の配線を直結してその作動をキャンセルする事も良いかと思います。 ホースの取り回し 純正ではゴムホースの途中が「パイプ」になっていますので固定方法がしっかりとされています。 全てがホースに変更されますので熱対策を考えるともとの通りではエンジンに近く、熱を受けてしまうとブレーキで言う「フェード」を起こしそうですのでこれは避けたいもの。 ですのでキャブレターとエアクリーナーボックスの間、1番と2番ダクトの隙間からフレーム上方へと取り回しを変更しました。 今回用意した部品の数々• カラー : ポッシュ ステー共締め用 ~~~200円• リザーブタンク: ブレンボ S15B スモークタイプ ~~~2200円• ポンプ側フィッティング:アクティブ・グッドリッジ フォージ・45度 ~~~5900円• ポンプ側フィッティング:グッドリッジ バンジョーアダプター・サイド20度~~~2300円• マスター側フィッティング:グッドリッジ フォージ・ストレート ~~~2600円• マスター側フィッティング:グッドリッジ バンジョーアダプター・20度 ~~~1600円• マスター側バンジョーボルト:グッドリッジ ・シングル(P-1. 00) ~~~800円(黒900円)• ポンプ側バンジョーボルト:グッドリッジ・シングル(P-1. 25) ~~~800円(黒900円)•

次の

クラッチマスターシリンダーのプチオーバーホール@748

ブレンボ マスター シリンダー

ラジアル RCS ブレンボ製RCSラジアルブレーキマスターシリンダーを使用すると、ライダーは、道路条件、天候、個人の感覚的な好み、バイクに対する熟知度に応じて、ブレーキ力と精密さを選択することができます。 この特許取得済みマスターシリンダーは、MotoGPで使用されたユニットに直接由来しており、同じマスターシリンダーで最も要求の高い顧客のさまざまな要件に応えることができる、革新的な調整システムを特徴としています。 ブレンボ製RCSラジアルマスターシリンダーは、特にMotoGPおよびSuperbikeの技術を無数の愛好者に届けるために作成され、技術とスタイルの点で高性能なブレーキ部品の新しい基準を打ち立てました。 RCSシステムは、ブレーキレバーのピボット距離を18 mmまたは20 mmに設定するアジャスターで構成され、ライダーとマシン間の完全なフィードバックが実現されています。 つまり、ピボット距離を20 mmに設定するとブレーキシステムの即応性が向上し、ピボット距離を18 mmに設定するとブレーキシステムのコントロール性の精度が向上します。 2つの設定間の変更は極めて迅速に行えます。 これにより、システム自体の純粋な能力を変えることなく、ブレーキ力の分布が変更されます。 RCSマスターシリンダーのピストン、ガスケットおよびプッシュロッドは、MotoGPおよびSBKの全ライダーが実際に使用したマスターシリンダーのものと全く同じ部品であり、極めて微細な公差で製造され、非常に低い摩擦性が確保されています。 レバーは、2つの主要部品 レーシングレバーガイドと折りたたみ式のレバー自体 で構成されています。 模造品の排除 ブレンボでは、カスタマーサービス部門へ持ち込まれる製品が純正品であるかの識別を行うための革新的なアプローチの開発にも積極的に取り組むとともに、業界では初めてとなる、模造品購入からお客様を保護する取り組みにも力を入れています。 模造品を回避して純正製品の購入を保証するため、ブレンボではこの製品のパッケージ内側に専用の純正製品保証カード(Original Card)を同梱し、オンライン上で製品が純正品であることを確認できるようにしています。 密封されたパッケージ内に入れられたカードには6桁のシークレットコードが記載されており、に入力すると購入した製品の情報が表示されて、その製品が間違いなくブレンボの純正品であることを確かめることができます。

次の