上沼 恵美子 の こころ 晴天 2020。 上沼恵美子、連日会見の小池知事へ「あの人、やっぱりきれいね」/芸能/デイリースポーツ online

「こんなん許したらあかんぞ」“女帝”上沼恵美子の尾を踏んだ渡部建、やはり再起不能か

上沼 恵美子 の こころ 晴天 2020

タレント上沼恵美子(65)が、パーソナリティーを務めるABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜正午)への出演を13日から当面の間、見合わせることになった。 同日、番組内で同局の北村真平アナウンサー(35)が発表した。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受け、局側が配慮したという。 この日の生放送の番組冒頭で上沼とコンビを北村アナが「上沼さんの声が聞こえずに、どうされたんだと思われた方もいらっしゃるでしょうが、私、北村とABCラジオからお知らせがございます」とあいさつ。 同局では、スタジオの消毒の徹底、出演者同士で飛沫(ひまつ)がかからないように距離を確保するなど、対策を講じてきた。 「残念ながらウイルスという見えない敵に感染する危険を完全に取り除いたと、なかなか言い張るのも難しいのが現実です。 そこで上沼さんにもしものことが、万が一にも起こっては絶対にいけないと判断いたしまして、当面の間、番組を上沼さんにはお休みしていだたくことになりました」と報告した。 さらに「上沼さんご自身は今回の決定を残念に思ってらっしゃることだと思います。 世界中、日本中、芸能界からも悲しい知らせが次々と届き、感染者が日に日に増えていることを考えたら、いまはどうかお互いにつらい気持ちはあるんだけども、つらい気持ちは辛抱していただこうという結論に至りました」と説明した。 隔週でレギュラー出演しているお笑いコンビ、シャンプーハットのてつじ(44)、キングコングの梶原雄太(39)も出演を見合わせることを発表した。 またABCテレビが制作する上沼が司会を務めるテレビ朝日系の料理番組「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」(月~金、午後1時30分)の収録を当面、見合わせる。 同番組は6月までの収録を済ませているという。 上沼がレギュラー番組を持つ在阪局も収録の見合わせなどを検討している。

次の

上沼、冠ラジオに来週復帰へ 「こころ晴天」代役アナ「あと1週間だけご辛抱を」/芸能/デイリースポーツ online

上沼 恵美子 の こころ 晴天 2020

「西の女帝」を怒らせた渡部建に復帰の目はあるのだろうか。 上沼恵美子の怒りは収まる気配すらない。 自身の番組で何度も痛烈に批判を続けている。 最初は6月15日の「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)だった。 上沼は渡部の騒動を「後味が悪い」と批判。 「こんなん許したらあかんぞと思いますわ」と厳しい意見を述べた。 さらに渡部を「世間もすべてをなめきってる。 仕事も先輩も視聴者もなめきって『僕は世界一』と思っているような、したたかで鼻もちならんものを感じる」と切り捨てた。 西の女帝の怒りはここで収まらず、6月19日放送の「快傑えみちゃんねる」 関西テレビ でも渡部を痛烈に批判した。 渡部の不貞事件がこれまでの文春砲の中で「一番感じ悪いな」ときっぱり。 一番感じ悪い」と言い放った。 渡部については「最低の最低の下の下の下」とまで断罪している。 さらに6月21日には「上沼・高田のクギズケ! 」 読売テレビ で、これまでにないほど強い口調で渡部を批判した。 「この話はしたくない。 耳が腐っていきそう。 ものすごい引くし、女はモノやない。 多目的トイレは車椅子の方が利用するトイレ。 迷惑やし汚らわしい」と話している。 「これだけに収まらず、俳優の東出昌大とどちらがクズが聞かれた上沼は『比べる方が失礼。 モノが違う。 どっちが夫だったらイヤか、絶対に渡部のほうがイヤやわ』とバッサリ。 嫌悪感を隠そうともしませんでした」 芸能ライター 上沼が渡部を見放したことで、芸能界復帰が絶望的になったのではないかとささやかれている。 「上沼は関西のテレビのキャスティングに大きな力を持っています。 そもそも渡部の芸能界復帰はいばらの道ですが、上沼がこれだけ批判しているのを見ると、西ではもう仕事はないでしょう。 関西方面でレギュラーを持っていたわけではありませんが、この発言は、東のテレビ関係者にも大きな影響を与えるはずです。 上沼はキングコングの梶原雄太でわかるように、寵愛している人物は積極的に起用しますが、嫌われればそれまで。 あの口調だと渡部を許すことはないと思います」 芸能関係者 上沼恵美子の渡部建批判はまだまだ続くのか。 今後に注目だ。

次の

上沼、冠ラジオに来週復帰へ 「こころ晴天」代役アナ「あと1週間だけご辛抱を」/芸能/デイリースポーツ online

上沼 恵美子 の こころ 晴天 2020

「西の女帝」を怒らせた渡部建に復帰の目はあるのだろうか。 上沼恵美子の怒りは収まる気配すらない。 自身の番組で何度も痛烈に批判を続けている。 最初は6月15日の「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)だった。 上沼は渡部の騒動を「後味が悪い」と批判。 「こんなん許したらあかんぞと思いますわ」と厳しい意見を述べた。 さらに渡部を「世間もすべてをなめきってる。 仕事も先輩も視聴者もなめきって『僕は世界一』と思っているような、したたかで鼻もちならんものを感じる」と切り捨てた。 西の女帝の怒りはここで収まらず、6月19日放送の「快傑えみちゃんねる」 関西テレビ でも渡部を痛烈に批判した。 渡部の不貞事件がこれまでの文春砲の中で「一番感じ悪いな」ときっぱり。 一番感じ悪い」と言い放った。 渡部については「最低の最低の下の下の下」とまで断罪している。 さらに6月21日には「上沼・高田のクギズケ! 」 読売テレビ で、これまでにないほど強い口調で渡部を批判した。 「この話はしたくない。 耳が腐っていきそう。 ものすごい引くし、女はモノやない。 多目的トイレは車椅子の方が利用するトイレ。 迷惑やし汚らわしい」と話している。 「これだけに収まらず、俳優の東出昌大とどちらがクズが聞かれた上沼は『比べる方が失礼。 モノが違う。 どっちが夫だったらイヤか、絶対に渡部のほうがイヤやわ』とバッサリ。 嫌悪感を隠そうともしませんでした」 芸能ライター 上沼が渡部を見放したことで、芸能界復帰が絶望的になったのではないかとささやかれている。 「上沼は関西のテレビのキャスティングに大きな力を持っています。 そもそも渡部の芸能界復帰はいばらの道ですが、上沼がこれだけ批判しているのを見ると、西ではもう仕事はないでしょう。 関西方面でレギュラーを持っていたわけではありませんが、この発言は、東のテレビ関係者にも大きな影響を与えるはずです。 上沼はキングコングの梶原雄太でわかるように、寵愛している人物は積極的に起用しますが、嫌われればそれまで。 あの口調だと渡部を許すことはないと思います」 芸能関係者 上沼恵美子の渡部建批判はまだまだ続くのか。 今後に注目だ。

次の