こん じき の が しゅ。 “金色夜叉”の例文|ふりがな文庫

色名読み方辞典(音訳の部屋)

こん じき の が しゅ

13337• 349• 206• 4705• 130• 1247• 461• 322• 111• 305• 116• 114• 387• 150• 220• 112• 122• 107• 113• 221• 1228• 106• 121• 215•

次の

#E6B422 金色 こんじき

こん じき の が しゅ

13337• 349• 206• 4705• 130• 1247• 461• 322• 111• 305• 116• 114• 387• 150• 220• 112• 122• 107• 113• 221• 1228• 106• 121• 215•

次の

3/25 国+英他:文学(ぶんがく)と「ゴールデン・デーモン」の関係!? ~「夜叉(やしゃ)」と『金色夜叉(こんじきやしゃ)』~

こん じき の が しゅ

色名読み方辞典(音訳の部屋) 色名読み方辞典 最終更新日2015年7月8日 小説を読んでも、科学の本を読んでも色名がたくさん出てきます。なかには聞いたこともないような難しい読み方の色もあります。日本の伝統的な色名を中心に読み方を 五十音順 にまとめました。 重色目(かさねのいろめ・「色々な色」より)/襲の色目(かさねのいろめ・「日本の色辞典」より)についても読み方を調べましたので付け足しておきます。 中国語の色に関してはカタカナで読みを記載しました。 (「色々な色」より) 珍しい色・色々な読み方のある色に関しては、できるだけ色を拾った本の名前を記載しました。 他の本に記載されていないというわけではありません。 調べるときの参考にしてください。 本には色の写真がたくさん掲載されています。 参考に入れておきました。 参考文献にない色名をWEB上で見つけた場合は(WEB と記載して追加しました。 WEB上で色見本を見ることが出来ますのでから訪問してください。 (制作 平松陽子) 色名は伝統的な色名の本・辞典を参考にしています。 実用書を読まれるときには工夫が必要かもしれません。 同じく洋花の読み方にも当てはまらない場合があるようです。 ・奈良時代史料(・美術部) 珍しい読みがあります。 もっとも一般的なのは、袷の衣類での表地と裏地との配色で、合色目ともいいます。 十二単のように何枚も重ね着をする場合の配色もあり、「襲色目」はこれをさすことが多いようです。 -以下略- 襲の色目(かさねめのいろめ) 日本の色辞典(紫紅社)より 平安朝の人々は、俗に十二単といわれる女房装束のように、何枚もの衣裳を重ねた。 そこに、四季おりおりの自然を映そうとしたのである。 このような配色の妙が、いわゆる襲の色目といわれるもので、装束はいうまでもなく、染め紙を用いる懐紙や料紙、几帳などの調度品にも使われた。 13 原色ワイド図鑑 地球と岩石・化石 : 学習研究社 日本の色名-色名の解説- : 京都市染色試験場(現 京都市産業技術研究所繊維技術センター) 色の名前辞典 : 主婦の友社 色見本・襲の色目の見本・よみ別インデックスがあります。 参考図書のご紹介(個人の責任で購入して下さい) 画像がでない時もありますが更新を押したり次に巡回したときに出ます。 画像がでなくてもご安心を! 日本の色辞典 色の名前事典 奇妙な色名事典 日本の伝統色 その色名と色調.

次の