低音 障害 型 感 音 性 難聴。 急性低音障害型感音難聴の治療方法!自然治癒も可能?!

難聴・耳鳴・補聴器外来|東京医科歯科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科

低音 障害 型 感 音 性 難聴

急性低音障害型感音難聴とは 急に現れ (急性) 低い周波数の音だけが (低音障害型) 聞こえにくくなる (感音難聴)病気です。 次のような症状が出ます• 耳に水が入ったような感じ• 周りや自分の声が響く• 「ゴーッ」という低い音の耳鳴り など ある日、突然、このような耳の症状が現れます。 軽いふらつきが出ることもありますが、ほとんどは上に書いた耳の症状です。 よく似た病気に、突発性難聴、メニエール病があります。 突発性難聴に比べ、急性低音障害型感音難聴は治りやすいのですが、長引いたり、再発を繰り返すことがありますので、自覚症状がなくなったから治ったと考え、治療を中断しないようご注意ください。 原因 睡眠不足、ストレス、体の慢性的な疲れ、風邪などが原因で起こります。 若い人に多い病気と言われていましたが、最近、増えているのが50代、60代、あるいはそれ以上の高齢の方の急性低音障害型感音難聴です。 年齢に伴う動脈硬化、体力の低下が関係しているのではと考えています。 どこが悪いのか 大まかには内耳 蝸牛 のリンパ液の流れが悪くなる場合と内耳 蝸牛 の血液の流れが悪くなる場合の2種類です。 内耳 蝸牛 のリンパ液の流れが滞る場合 睡眠不足、ストレス、体の慢性的な疲れが蓄積すると内耳にリンパ液を溜めるホルモンが過剰に分泌され、内耳がリンパ液でむくんだ状態になります。 そのむくみが原因で難聴となります。 内耳 蝸牛 の血液の流れが悪くなる場合 動脈硬化、低血圧、年齢に伴う体力低下などを原因として内耳の血液の流れが悪くなると内耳の音を聞く細胞の働きが悪くなり、難聴が起こります。 間違えやすいその他の病気 耳が詰まるような症状で、低い周波数の音 低音 が聞こえにくくなる病気には、他の病気もあります。 耳管狭窄症や耳管開放症という耳管の病気は、その中でも比較的多く、ヘッドホンを付けて行う簡易な聴力検査だけではなく、耳の後ろに端子を付けて測る骨導聴力や鼓膜の奥の圧力を測定する検査、耳管の働きを確認する検査も行わないと正しい診断はできない場合が多いです。 治療 <疲れを取る> 睡眠不足、ストレス、体の慢性的な疲れが原因で起こることが最も多いので、心当たりがある場合は、普段よりもゆっくり休むことが基本です。 治療は原因によって異なります。 内耳 蝸牛 のリンパ液の流れが滞っている場合 急性の軽度の炎症が原因でリンパの流れが悪くなっている場合などはステロイド剤が効果を発揮します。 溜まりすぎた内耳のリンパ液を排泄する薬としては利尿剤がよく用いられます。 五苓散はリンパ液を溜まりすぎないように体を整える働きのある代表的漢方薬です。 内耳 蝸牛 の血液の流れが悪くなっている場合 動脈硬化が関係しているような場合、低血圧などの場合は血液の流れをよくする薬も有効ですが、定期的な有酸素運動を心がけた生活習慣が大切です。 食事、運動、睡眠は健康の基本ですので、改善すべき点があればぜひ取り組んでいただきたいと思います。 年齢に伴う体力低下などを原因として内耳の血液の流れが悪くなっている場合や1ヶ月も薬を飲んで治療しているが治らないという難治性の方には人参養栄湯という漢方薬が効果を発揮することがあります。 経過 リンパ液の流れが滞っている場合は10日か14日程で治ることがほとんどですが、血液の流れが悪くなっている場合は1ヶ月、2ヶ月など比較的長い期間が必要になります。 治療の途中で聴力が変動する方は、1ヶ月から数ヶ月かかると考え、気長に取り組んでください。 1年以上、治らなくても、ある漢方薬で完全に治った例もあります。 経過の途中でめまいが出てきた場合は、メニエール病という内耳の慢性病の初期のことがあり、医師の指示に従っての内服に加え、生活習慣の改善が必須です。 いったん治ってもまたなるのではという心配もあるかと思いますが、この病気は症状がなしに進行することはなく、必ず耳に症状が現れますので、症状が出てくればぜひすぐに耳鼻咽喉科を受診してください。

次の

耳鳴りや突発性難聴に【水飲み療法】 急性低音障害型感音難聴にも効果|ケンカツ!

低音 障害 型 感 音 性 難聴

急性低音障害型感音難聴が再発する? 急性低音障害型感音難聴は治った後で、 時間が経過してから 再発することが確認されている疾患です。 再発率は、個人差がありますが おおむね2~4割程度と言われています。 また、 男性に比べ女性の方が再発率が高い傾向があるようです。 再発する頻度は個人差がありますが、 急性低音障害型感音難聴の原因ともされている ストレスなどの精神的負担を多く感じた後に 再発するというケースも確認されています。 ですので、いかに予防に気を付け再発を防止する施策をとるかが 重要になってくるのではないでしょうか。 急性低音障害型感音難聴の再発予防策 前述しましたが、急性低音障害型感音難聴の原因である、 ストレスや睡眠不足はなるべく避けて生活を送ることが 再発防止策として重要とされています。 特に再発防止策とすると• なるべくストレスを感じないように過ごす• 睡眠を十分にとる• 適度な運動をする などがあげられます。 特に適度な運動については、 有酸素運動が最も有効とされており、 1日1時間程度のウォーキングは有効なので、 こまめに運動をするように心がけたいですね。 スポンサードリンク 急性低音障害型感音難聴が発症する原因 原因は不明とされていますが様々な諸説あります。 過度なストレスを感じる• 睡眠不足• 体調不良 などが発症する原因として考えられているようです。 急性低音障害型感音難聴はどこが悪くなって発症するの? 耳には 外耳(がいじ)と 中耳(ちゅうじ)と 内耳(ないじ)という3つの器官があります。 内耳(ないじ)内には 蝸牛(かぎゅう)というカタツムリのような形をしている器官と 三半規管(さんはんきかん)という器官があります。 蝸牛は鼓膜から届いた音を電気信号に変えて脳へ届けるはたらきをしており、 三半規管は身体のバランスを保つ器官とされています。 蝸牛と三半規管にはリンパ液という液体が循環しており、 このリンパ液が適量あることでそれぞれが正常に機能しています。 急性低音障害型感音難聴が起こる原因としては、 この内耳内にあるリンパ液がなんらかの理由で 循環が滞ることでリンパ液が蝸牛内に溜まり、 蝸牛内の水圧が上がることで、蝸牛が正常の機能をしなくなります。 この現象をリンパ水腫(すいしゅ)とも言い、 このリンパ水腫ができることでまず最初に影響が出るのが 低音域の聴力障害であると考えられていますが 明確な原因は不明なままです。 内耳内の問題で難聴が発生することを感音性難聴と呼ばれており、 性低音障害型感音難聴は感音性難聴の部類に属します。 また、その他に外耳や中耳の問題で 難聴が発生することを伝音性難聴と呼ばれており、 感音性難聴と伝音性難聴が複合して発生することを混合性難聴といいます。 平成29年8月末まで対応 補聴器出張センターとは 補聴器出張センターは、 補聴器の出張販売専門で日々活動をしております。 ご自宅や、病院、介護施設などどこへでも 出張料金無料でお伺いしております。 また、 常に複数種類の補聴器をご準備しており、 様々な補聴器を場所を選ばず試して頂くことができます。 主張先で聞こえ方の測定も行えますので、 ご自身の聞こえに合った ピッタリの補聴器のご提案をさせて頂くことができます。 補聴器出張センターは、こんな方々にお喜び頂いております わざわざ補聴器店まで通うのが大変な方 近所に補聴器販売店がない方 自宅などでゆっくりと補聴器の相談をしたい方 普段お住まいの環境で補聴器をつけた聞こえを確かめたい方 自宅で視聴する一番のメリットは 普段お過ごしの環境で補聴器をつけることにより どのように聞こえ方が変わったかすぐに確認をできるということです。 また、ご自宅でゆっくりと補聴器を視聴したいという方にはおすすめとなっています。 対応地域 補聴器出張センターは 各県全域対応! ・愛知県 ・ 長野県 ・ 岐阜県 ・ 滋賀県 ・ 新潟県 ・ 石川県 ・ 福井県 ・ 富山県 各県どの地域でもご自宅まで出張いたします!.

次の

感音性難聴【耳の病気〜症状から調べる〜】

低音 障害 型 感 音 性 難聴

急性低音障害型感音難聴の治療法 急性低音難聴は一般的に6割ぐらいの方が適切な治療を行うことで完治するといわれています。 前回の記事で述べたような初期症状を察知したらできるだけ早く耳鼻科に受診することが大切です。 治療は主に薬物療法によって行われています。 イソバイドというたまった水の排出を促すような薬やビタミン剤、ステロイドホルモンなどが使用されています。 投与期間は数週間ほどと短いので、副作用の危険を心配する必要はありません。 これらの処方された薬を服用するのとともに、軽い運動や健康的な食事を行うことも必要となります。 治療期間は、1週間から2週間程度であることが多いです。 また、自然治癒させることも可能です。 人によりますが、2、3日で勝手に治ることもあります。 しかし、初期症状に気づくことができたら病院で治療してもらうことをおすすめします。 なぜなら、急性低音難聴は後遺症が残ってしまったり、メニエール病に悪化してしまったり、再発してしまう可能性も高いからです。 自然治癒だと完治したという判断を自分でしなければならないので、再発する可能性がより高くなってしまいます。 急性低音障害型感音難聴の予防法 予防法としては、ストレスをためないようにすることが一番です。 ストレスをためないようにするためには、• 睡眠時間をしっかり確保する• 正しい生活リズムを保つ• 適度な運動を行うようにする• 趣味など自分が好きなことを行う などが有効的です。 また、風邪などによって長期間の体調不良にならないようにすることも大切です。 日頃からビタミンなどを多く摂取して免疫力をつけておくようにしましょう。 ビタミンは緑黄色野菜や果物に多く含まれています。 まとめ 急性低音障害型感音難聴の治療法や予防法についてお伝えしました。 発症して難聴が残ってしまう確率は約4割ぐらいと比較的高い数値となっています。 また、急性低音難聴が悪化するとメニエール病という耳の病気にもなりやすいです。 メニエール病についてはこちらで詳しく紹介しています。 突発性難聴のほうが急性低音難聴より症状が重いとされていています。

次の