公務員 給与 削減。 新型コロナとの戦い「公務員」を切り捨て続けてきた日本のツケ(小谷 敏)

「公務員も下げよ!」民間の今夏のボーナス6.4%減に、ネット民が怒りの声: J

公務員 給与 削減

南アフリカ共和国のティト・ムボウェニ財務相は2月26日、2020/2021年度(2020年4月~2021年3月)予算案を発表した。 経済成長の鈍化に伴う財政状況の悪化に一向に歯止めがかからないことが明らかになった。 政府は当面、公務員の給与削減など歳出減に努めるとともに、増税策を講じるとしている。 2019年の実質GDP成長率見込みは、2018年10月の中期予算方針()で発表した0. 5%から0. 2ポイント下方修正し、0. 3%とした。 その理由として、計画停電が続く電力不足()を挙げた。 2020年の成長率見通しについても、主要貿易相手国の成長鈍化を背景に0. 9%と、前回発表した1. 2%から0. 3ポイント下方修正した。 経済成長率の見直しに伴い、2019/2020年度予算案の想定から約633億ランド(約4,431億円、1ランド=約7円)の税収減となり、2019/2020年度の財政赤字はGDP比6. 3%に悪化すると発表(前年度予算案時点では同4. 5%と予測)した。 2020/2021年度についても、歳出(1兆9,544億ランド)が歳入(1兆5,839億ランド)を上回り、財政赤字はGDP比6. 8%まで拡大するとした。 公的債務(グロス)も2019/2020年度は前年度のGDP比56. 7%から61. 6%に拡大を予測。 さらに、2022/2023年度には71. 6%まで上昇するとした(前年度予算案では59. 7%と予測)。 財政健全化に向け、ムボウェニ財務相は歳出抑制のために向こう3年間で公務員の給与を総額1,602億ランド削減すると発表した。 歳入に関しては、燃料税やたばこ税(加熱式たばこを含む)、酒税の増税策を発表した。 今回の予算案発表直後、最大の労働組合の南ア労働組合会議(COSATU)は公務員給与削減案に断固反対すると表明した(「IOL」2月26日)。 他方、今回の財政赤字拡大の発表を受け、大手格付け会社のうち唯一、南アの長期債務格付けを「投資不適格級」としていない米国ムーディーズは即座の格下げはしないのではないかとする見方が当地では強い。 (高橋史).

次の

官僚、地方も「公務員の給与2割削減」急ぎ、コロナ対策費に : 随記:A級戦犯の孫・「安倍・日本会議」と「公明・創価」が日本を壊している。

公務員 給与 削減

「公務員数」や「人件費」について、たびたび議論される日本 日本では、「公務員は数が多過ぎる」とか「公務員の給与が高過ぎる」などの理由から、公務員の数そのものを削減しようという議論や、公務員の人件費を削減しようという議論が、たびたび国会など政界で議論されてきました。 一方で、近年では特に公務員の業務量が増加しており時間外労働が常態化していることが問題視されています。 特に地方公務員では人手不足が深刻化しており、AI等を導入しての業務効率化を図る自治体なども現れています。 人手不足の即戦力として、定年退職後に再就職した職員を頼るという現場も少なくありません。 また 「官制ワーキングプア」といって、公務員の臨時職員や非常勤職員が、貧困状態に陥っているケースがあり、社会問題になっているという指摘もあります。 このような公務員の現場の状況をふまえると、 日本では公務員の数が多いという議論は妥当と言えるのか、疑問に思う方も多いと思います。 日本の「公務員比率」は先進国の中では少ない! 国際的に比較して、日本の公務員の数は多いかについて解説します。 日本の公務員の割合は、国民の全労働人口の中でわずか5%程度というデータもあり、この割合はOECD(経済協力開発機構)に加盟する、いわゆる「先進国」とされている国々の中でも下から2番目の低水準だと言われています。 また、公務員の給与が国民総所得であるGDPに占める割合を見ても、そもそも公務員の数が少ないので、当然ながらOECDの中で最低レベルなようです。 このように、日本の公務員の数と給与は、国際比較すると決して多過ぎるわけではないと言えます。 ただし、日本の国内事情と他国の事情は異なるため、世界と比較して少ないからこのままで良い、とも言い切れません。 日本の行政サービスを行うのに適切な公務員の数の配置と、公務員が安心して働ける環境を整えることが必要だと思われます。 公務員比率の高い国 トップ5について 国によって公務員制度は異なるので、どこまでを「公務員」に含めるのかという定義には国ごとの違いがあります。 例えば、2010年から2014年の「世界価値観調査」をもとに公務員比率を国際比較すると、就業者のうち公務員比率が高い国の1位は、公務員比率78. 42%の「リビア」のようです。 続いて、2位が78. 29%の「ベラルーシ」、3位が77. 99%の「クェート」、4位が76. 39%の「カタール」、5位が63. 83%の「アルメニア」となっており、公務員比率の高い国トップ5には中東の国が多くランクインしています。 newsweekjapan. php 公務員比率の低い国 ワースト5 公務員比率の高い国と同じデータから公務員比率の少ない国ベスト5をご紹介すると、ワースト1位が公務員比率10. 35%の「モロッコ」です。 2位はなんと10. 73%の「日本」、3位が12. 01%の「フィリピン」、4位が12. 68%の「ガーナ」、5位が12. 75%の「チリ」と続きます。 世界的に見ると日本が公務員比率ワースト2位に入っているのです。 公務員や公務員の給与を削減するメリットとデメリット 一般的に公務員を削減し、公務員の給与を削減するメリットとして挙げられているのは、税金の無駄使いの解消や、財政面の負担軽減、などです。 国も自治体も予算は限られているので、人件費を削減することで、財政にゆとりが生じるというのは納得できます。 しかし、公務員を削減することでのデメリットもあります。 たしかに、業務量に対して過剰に職員が配置されているなど、見直しが必要な一部の部署はあります。 しかし、一方でギリギリの人数で業務をこなしてるという部署も多く存在します。 そういった現場の状況を考慮せず、一律で公務員の削減、給与カットをしてしまうと、行政サービスの質の低下を招き、市民生活に大きな影響が出ると考えられます。 このように、公務員の数や給与の削減についてはメリットもあればデメリットもあると考えられます。 今後も様々な視点からの議論が必要だと言えるでしょう。 まとめ このページでは、しばしば日本で議論されている 「公務員の数が多い」という批判について、実際に多いと言えるのかどうか、様々な視点をご紹介しました。 公務員といっても様々な職種と職場があります。 たしかに、世間に批判されるような「ムダな仕事」になってしまっている職場があるのであれば見直しは必要ですが、人手不足の中、むやみに人員削減や給与カットをしてしまうことで、行政サービスが低下し、日本国民の不利益につながる可能性もあります。 公務員の数が多い!と一律に批判するのではなく、それぞれの公務員の現場の状況を踏まえた上で、慎重な議論が進んでいくことが、公務員の職場環境の改善にもつながっていくでしょうし、行政サービスを受ける国民や市民全体の生活の質のアップにつながっていくと考えられます。

次の

日本における「国家公務員」と「地方公務員」の種類と人数について│公務員総研

公務員 給与 削減

公務員は新規採用を縮小し、人員削減をしていきます。 なので職員をクビにする選択肢は、現状ありません。 先日Twitterのタイムラインで、流れてきました。 世の中的には「公務員=安定」ですが、僕の独自理論だと「公務員はやがてリストラされ、リストラ後にスキルが残っていないので、人生の難易度が上がりまくる職業」だと思っています。 公務員の方がいたらスイマセン。 しかし、こういった「かなり起こり得る事実」を言う人は少ないので、書きました — マナブ バンコク manabubannai 多くの方は賛同していましたが、 私は公務員は最後までリストラしないと考えます。 公務員を退職後にスキルが無くて苦労するのは同意ですが、リストラは逆かと。 公務員が持つの選挙権の影響は大きいので、最後までリストラはされないと思います。 ただ、給料カットは現実的にありえるので、今の待遇をそのまま継続するのは流石に厳しいですが。。 — 矢駒 元税務署ブロガー兼ライター chibayakoma 1:民間企業でもリストラできる条件はかなり厳しい 民間企業ですら、正社員をリストラするには厳しい条件があります。 リストラにも複数のリストラが存在しますが、一般的には「 整理解雇」がリストラと定義されています。 整理解雇の四要件 整理解雇の要件について東洋酸素事件(東京高裁昭和54年10月29日)で以下の四要件が示された。 人員整理の必要性 余剰人員の整理解雇を行うには、削減をしなければ経営を維持できないという、企業経営上の高度な必要性が認められなければならない。 人員整理は基本的に、労働者に特別責められるべき理由がないのに、使用者の都合により一方的になされることから、必要性の判断には慎重を期すべきであるとする。 解雇回避努力義務の履行 期間の定めのない雇用契約においては、人員整理(解雇)は最終選択手段であることを要求される。 例えば、役員報酬の削減、新規採用の抑制、希望退職者の募集、配置転換、出向等により、整理解雇を回避するための経営努力がなされ、人員整理(解雇)に着手することがやむを得ないと判断される必要がある。 被解雇者選定の合理性 解雇するための人選基準が合理的で、具体的人選も合理的かつ公正でなければならない。 例えば勤務成績を人選基準とする場合、基準の客観性・合理性が問題となる。 手続の妥当性 整理解雇については、労働者に帰責性がないことから、使用者は信義則上労働者・労働組合と協議し説明する義務を負う。 特に手続の妥当性が非常に重視されている。 例えば、説明・協議、納得を得るための手順を踏まない整理解雇は、他の要件を満たしても無効とされるケースも多い。 参照: 平たい話、「 精一杯企業努力をしたけど、これ以上従業員がいると会社が倒産してしまう」と、いう場合に限って、リストラが可能となります。 民間企業でも倒産レベルにならないと、リストラはできません。 公務員で財政破綻したのは夕張市ですが、夕張市でも整理解雇はしていません。 となると、現実に公務員が整理解雇がされる可能性は、極めて低いです。 2:国家公務員は15年間で21万人職員数が減少している 国家公務員は、 15年間で21万人職員数が減少しています。 参考: 参考: 3:国家公務員の平均年齢は年々上昇している 国家公務員の平均年齢は、年々上昇しています。 参考: 参考: 平成13年度は平均年齢は 41. 1歳でした。 ただ、 平成28年度では 平均年齢が43. 3歳まで上昇しています。 現状の公務員の定年は60歳ですので、 平均年齢の上昇は、新規採用者数の減少を意味します。 4:団塊の世代が退職したのに平均年齢が上昇しているのが問題 公務員で問題なのが、 団塊の世代が退職したのに平均年齢が上昇している点です。 公務員は、中途採用がほとんどありません。 定年退職の人員は高卒・大卒の新規採用でまかなう必要があります。 公務員で大きな節目となったのが、 団塊の世代の退職。 平成19年から平成21年は、団塊世代が退職した年で、公務員の若返りのチャンスでした。 しかし、団塊の世代が退職しても公務員の平均年齢が下がることはありません。 なぜなら、 新規採用の職員数を削減したため、 職員の年齢層がいびつになってしまったからです。 5:公務員の職員数が減っても全体の人件費は削減されない 公務員の職員数が減っても、全体の人件費は削減されません。 公務員の給料は右肩上がりなので、 職員数の多い中高年が在籍しているからです。 にも書きましたが、私の 30歳時点の税務署勤務で 年収500万円でした。 50歳までは10年間で150万円くらい給料は増えます。 50歳の公務員なら、年収800万円でも不思議ではありません。 新卒採用の公務員は年収300万円です。 公務員の人員が半分になっても、 人件費が2倍の中高年の職員数が2倍になれば、トータルの人件費が減ることはありません。 6:公務員はリストラではなく給与削減をする未来が現実的 公務員はリストラではなく、給与削減をする未来が現実的です。 公務員の仕事には必要な仕事はたくさんあります。 職員数が減少すれば、その分行政サービスが低下に繋がります。 しかし、 超高齢化社会において公務員の人件費削減は避けて通れません。 となると、 一番現実的な案は、公務員の給与カットです。 職員数が減少している公務員がリストラになることは考えにくいですが、 年収800万円の公務員が、600万円になることは十分考えられます。 今から公務員になる人は、 公務員の平均年収ではなく、 若手公務員の給与を参考にしてください。 平均年収は44歳くらいの公務員の年収ですので、参考にはなりません。 20歳の人が44歳になる時点では、もっと公務員の待遇は悪くなります。 今の公務員の状況だけでなく、 将来も見越した選択が必要です。 ご参考になれば幸いです!.

次の